« 『童神~ヤマトグチ~』を選んだわけ | トップページ | 『第36回 遊史郎の落&P』 »

2012年6月 7日 (木)

AKB48

ドイツ語のガイド教室に通い始め、早いもので5ヶ月。

授業の他に、自宅で課題のドイツ語長文を読む勉強もしています。

 

ガイドというと、神社仏閣的な話題ばかりかと思いきや、

今回の長文のテーマは、総選挙が終わったばかりの”AKB48”でした。

 

テレビによく登場するのをなんとなく見ていたものの、

いやはや、知らないことばかり!!

 

いずれもこの長文が書かれた時点での内容ですが、

例えば

(1)メンバーは90人(ずっと48人だとばかり思っていた)

(2)ギネスブックに載っている

(3)秋葉原の劇場の入場料は、男性の方が高い

などなど。

 

(3)については、ドイツ語を読み間違えたのかと思って

公式サイトで入場料を確認してしまいました。(^^ゞ

  

面白いのは、旬のアイドルがテーマだと単語が頭に入りやすいこと。(^^)

これが堅い政治の話だったら・・・。

abstimmen(アプシュティメン):投票する

der Stimmzettel(デア シュティムツェッテル):投票用紙

die Haende schuetteln(ディー ヘンデ シュッテルン):握手する

 

der Pony(切り下げ前髪)、das Gruebchen(えくぼ

といった表現も出てきました。

この特徴で、誰のことか分かる人は分かるのでしょう。

 

尚、総選挙のテレビ中継はドイツ語教室にいたため、見ていません。

朝のワイドショーでダイジェストを見てからブログを更新しています。

|

« 『童神~ヤマトグチ~』を選んだわけ | トップページ | 『第36回 遊史郎の落&P』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/54898393

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48:

« 『童神~ヤマトグチ~』を選んだわけ | トップページ | 『第36回 遊史郎の落&P』 »