« 『THE ALFEE Neo Universe 2012 Flowers』(2012.5.27 NHKホール) | トップページ | 特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝 »

2012年5月30日 (水)

ブルーシートを敷くために

リビングの補修工事のため、工事業者さんがやってきました。

 

ブルーシートで養生できるように、事前にカラーボックスを動かしました。

いやはや、この部屋に住むようになって10数年、引っ越さないとがたまります。

 

中身の要不要を選別するのに数時間、いろいろな物が出てきましたよー。

棚の組み立て説明書(組み立て終わって使用中)、

本体はもう家にないのにファイリングされていた保証書

どんなに探しても出てこなかったCDのケース、

一時期凝っていたプレステ2のゲームソフト、

12年前の住民票まで出てきました。

 

中でも、この10数年で進化が激しかったと思われるのが録画録音媒体でしょうか。

カセットテープ、ビデオテープ、MD、CD、空のDVDなど

時代の変化についていけない状態で、しまってありました。

 

とにかく、この工事を”捨てるよい機会”と捉え、

45リットルゴミ袋2つ分以上を選び出しました。

たまにはこういう強制力も必要かなーと思った一日でした。

 

無事に養生された部屋

Img_4004  

写真左端にカラーボックスがありました。 

|

« 『THE ALFEE Neo Universe 2012 Flowers』(2012.5.27 NHKホール) | トップページ | 特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝 »

コメント

ほんと、物が溜まる一方....。
片付けるきっかけがないとダメですね。(苦笑)

投稿: olive | 2012年5月30日 (水) 23:03

 Reparieren?
 我が家ではカセットテープやVHSビデオテープがまだかろうじて再生できる一方、MDプレーヤーが一番早く故障して役に立たなくなりました。
 結局、昨年の大掃除でDVDディスク以外はごっそり捨てました。でもどうしても捨てられなかったVHSが一巻だけあって、それが枝雀の「代書」です。

投稿: シブ | 2012年5月31日 (木) 19:36

>oliveさん
物ってどうして増えていくんでしょうね・・・。
引越しか工事でも入らないとなかなか片付きません。>_<

>シブさん
Ja.Es gibt einen Spalt.
やはりシブさんの家にもいろいろなメディアがあったのですね。
再生装置とセットで置かなければならないので、捨てる判断が難しいです。
・・・などと言っていないで
「いつか見るだろう、聴くだろう」
はないものと思った方がよさそうです。
でも、そうやって思いの残るテープを一つだけとっておくのもいいですね。(^^)

投稿: ようこ | 2012年5月31日 (木) 21:14

片付けの時に見当たらなかったものが出てくる事はワタクシもよくありますよ~sweat01
ようこさんはあまりtvgameなさらないのかと思ってましたが、
プレステ2お持ちだったんですねflairWiiやDSライト所持のワタクシ
今はさっぱり使ってませんね~coldsweats01今は某SNSアプリが忙しくてsweat01エヘヘcoldsweats01

ところでリビングの改修って具体的にどういう修繕をされたのでしょうか?
ワタクシ近い将来リフォーム考えているので参考になればと思いまして、
宜しければ教えて下さいませ~paper

投稿: くらげちゃん | 2012年6月 2日 (土) 00:52

>くらげちゃん
PS2は意外でしたか!flair
我が家は結婚した当初だったか、PS2の推理ゲームに凝っていました。
(今はゲームの代わりに、刑事ドラマを見ていますsweat01

リビングの工事は、間取り変更houseといったものではなくて
鉄筋コンクリートのコンクリート部分にひびが入ってしまったので
その改修工事なのでした。
昨年3月の地震の影響がなかったとは言えない感じです。

くらげちゃんの家のこともまた会った時にぜひ聞きたいです。paper

投稿: ようこ | 2012年6月 2日 (土) 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/54836463

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーシートを敷くために:

« 『THE ALFEE Neo Universe 2012 Flowers』(2012.5.27 NHKホール) | トップページ | 特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝 »