« 『第35回 遊史郎の落&P』 | トップページ | 朝食レポート 2012年2月下旬~3月上旬 »

2012年3月 6日 (火)

シュテルンビルト

先日、ドイツ語会話教室で星座について習いました。

ドイツ人は誕生日の星座について話題にするそうです。

私は朝のテレビで「今日の運勢」を漠然と見る程度ですが・・・。

 

ドイツ語で”星”をStern(シュテルン)といい、

Sternbildで”星座”という意味になります。

 

日本と同じ12星座からなります。

・・・と書きながら、日本が西洋の考えを取り入れたんだということに気づきました。

 

聞いたことありそうな単語だと、

Jungfrau(ユングフラウ)がおとめ座、

Skorpion(シュコルピオーン)はさそり座、

うお座のFische(フィッシェ)あたりでしょうか。

ちなみに私はStier(シュティーア)=おうし座。

 

こういう話題をさりげなく取り入れたら、ドイツ人は驚くでしょうねぇ。

今の段階では、アンチョコを見ながらの棒読みになりますが

会話の達人目指して、あせらず徐々に覚えていくことにします。

|

« 『第35回 遊史郎の落&P』 | トップページ | 朝食レポート 2012年2月下旬~3月上旬 »

コメント

ユングフラウというとスイスの登山列車を思い出すので
誰がドイツ語のおとめ座だとすぐ分かるでしょうか。

12星座を全部暗記してアンチョコに頼らないよう
楽しんで会話できるようにがんばってくださいねo(*^▽^*)o

投稿: lilac | 2012年3月10日 (土) 10:57

>lilacさん
そうそう、ユングフラウヨッホでおなじみですよね。
やはりいきなり言うと分からないと思うので
「あなたの星座は何ですか?」
あたりから会話を始めるのがよいみたいです。

友達の星座あたりから暗記していきたいと思いまーす。(^^)

投稿: ようこ | 2012年3月11日 (日) 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/54158887

この記事へのトラックバック一覧です: シュテルンビルト:

« 『第35回 遊史郎の落&P』 | トップページ | 朝食レポート 2012年2月下旬~3月上旬 »