« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

上野ナポリタン

ピアノ伴奏の仕事をしている知人が出演する演奏会のため、

夕方から上野に出かけました。

ドイツ語教室で一緒だった方で、久しぶりの連絡が演奏会のお誘い。

私が音楽好きだということを覚えていてくれたのが、何よりうれしかったです。

 

たっぷりとドイツ語の歌を聴いた帰り、上野駅のエキュートで遅めの夕食です。

駅の中にレストランもあるとは・・・。

 

上野ナポリタン(ナポリタン+温泉玉子)

Neapel_r1  

玉ねぎを始めとした野菜とキノコがたっぷりです。

唐辛子ニンニクを使わないのが特徴だそうで、あっさりした味でした。

追加したソフトクリームは、コクがあってなかなか美味。

 

駅や電車では、飲み会帰りの人々をたくさん見かけ、

年度末を実感しながら帰宅しました。(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

ミニカーやプラレールで遊んだよ。

会社に勤めていた頃の先輩の家へ、同期のcobuyさんと遊びに行きました。

今は全員退職して、別の道を歩んでいます。

 

かわいらしい男の子が2人、迎えてくれましたよ~。

 

おにいちゃんが3年前に我が家に遊びに来た時には

立ち上がっただけでびっくりしたものですが、もう幼稚園に通っているのだそうです。

初対面の弟くんは、なんとかしておにいちゃんと遊びたい様子。

 

温かい床暖房の上で、”お客さん”の様子をうかがっていた兄弟は

ある瞬間姿が見えなくなったと思ったら、

つっ立っている私の脚の間をトンネル扱いして

ミニカーや自分たちが通って遊んでいました。

 

お昼に野菜たっぷりの手料理をごちそうになり、

3時のおやつまで

「まだー?まだー?」

と、10分毎に催促するおにいちゃん。(^o^)

 

いろいろ遊びました。

ミニカーをおもちゃの大きなトラックに載せたり、

”なんとかレンジャー”の音のするおもちゃを見せてもらったり、

小さいこいのぼりをかくれんぼさせたり、

お絵かきしたり、しまじろう絵本の朗読をしたり、

プラスチックのレールを組み立てて電車を走らせたり・・・。

 

朗読の際には、お父さん、お母さんなどの声を使い分けてみると

おにいちゃんが意味を理解してニッコリするのもかわいいものです。

 

昼寝をする弟くんの横で、おにいちゃんと遊びつつ、

大人たちがおしゃべりする、ゆったりとした午後。

 

夜中まで働いた日もあったねぇ・・・などと話しながら、

今の生活を幸せそうに過ごしている様子が分かりました。

そういえば、全員話し方は変わっていなかったなぁ~。(^m^)

 

タイムスリップできるお付き合いもいいものです。

そのうちまたお会いしましょう。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

『加耒徹 バリトンリサイタル Vol.4 東京公演』(2012.3.25)

バリトン歌手 加耒(かく)徹さんのリサイタルに行きました。

東京オペラシティ近くの新宿区にある角筈区民ホールという会場で

整った感じのきれいなホールです。

 

今回はがロシア民謡が演奏されることを知り、

子供の頃から歌が大好きで

今は趣味でロシア語の歌を勉強している伯母を誘いました。

よって、伯母、ようこ母、ようこ夫、私の4人での音楽鑑賞となりました。

 

歌い手がよく見える席に座り、まずはイギリスの歌から。

英語の歌のふんわりとした響きが心地よいです。

 

『命の家』という6曲からなる歌は、譜読みが難しそうで

不思議な響きの和音、拍のとり方など、

ピアノにもしっかりと耳をそばだてていました。

 

日本歌曲も演奏されました。

季節を感じる花の歌と

をテーマにした歌曲集『海四章』(詩:三好達治)で

日本語を大事にする加耒さんの歌声と

馬車の音など、擬音を巧みに表現する松岡あさひさんのピアノが

よくマッチしていたと思います。

 

そしていよいよ、日本人がロシア語で歌う民謡です。

ヴァイオリンの沖増菜摘さんがステージに加わり、

ロシア音楽の迫力哀愁の世界に引きこまれます。

 

何よりうれしかったのは、伯母が心から楽しそうな様子で

盛大な拍手を送っていたこと。

どれだけ歌が好きなのか、初めて知った気がします。

 

その後のイタリア語によるオペラのアリアはさすが!

歌い慣れているという印象でしたし、

イタリア語が全然分からなくても、

その動きや表情でどんなことを歌っているのか想像できる楽しさがありました。

 

加耒さんのリサイタルに行くたびに思うのは、

必ず新しい魅力が増えていて、またを聴いてみたくなります。

音の粒がとてもきれいだった松岡さん、沖増さんの情熱的な演奏も含めて、

パワーをもらうリサイタルとなりました。(^v^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

のんびりパスタランチ

先日、うさちゃんと一年数か月ぶりに会うことができました。(^o^)

こちらからの突然のお誘いだったけれど、予定が合ってうれしかったなぁ。

 

パスタのお店、ポポラマーマで開始時間遅めのランチです。

まだ結婚して間もない頃、お店がポポラーレという名前だった時代に

夫婦で休日のランチをしに行ったのがとても懐かしいです。

 

私は大盛りのペスカトーレ

今回も、あっという間にお皿が空になってしまいました・・・。(^^ゞ

Img_3604 

セットのサラダも飲み物のマグカップも、当時を思い出させるものでした。

 

私はたくさんの人と出会って、短い時間で人間関係を作り、

いろいろな知識を吸収する日を過ごしています。

しかし、不思議なもので、そういう毎日に慣れれば慣れるほど

ずっと前からの友達に会いたくなるものなのですね。

 

うさちゃんやご家族の近況、私の習い事について話しているうちに

あの話題、この話題を思い出して

時計の針はびっくりするぐらいの勢いでグルグルと周ってしまいました。

 

ケーキもあったので、デザートも頼みましたよー。

Img_3609  

Img_3607  

さて、私はどちらでしょう?

答え:茶色いケーキ、大好き~。(^v^)

 

うさちゃんからは、たくさんのお土産をいただきました。

こちらで紹介するのはほんの一部なのですが・・・。

 

桜の香り(洋服だんすの上に置きました)

Img_3636 

ケチャップ?(かどうかは、写真をじっくりご覧ください)

Img_3640  

一つ一つの品を見ながら、

うさちゃんが私とのランチを

とても楽しみに待っていてくれたことが伝わってきました。

 

時間は作る気になればどうにかなるもの!と思っているので

こういうランチも生活に取り入れていきたいです。

のんびりできた午後をどうもありがとう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

キルシュブリューテンフロント

ブログの更新の間が少し空いてしまいました。

仕事、職場の送別会、ドイツ語ガイド教室など

頭のスイッチを切り替えながら過ごす一週間となりました。

 

ドイツ語ガイド教室のテーマは、桜について。

自分が外国人だったら、桜をどう見るかな~などと考えながら

いろいろな言葉を学びました。

 

ドイツ語で桜をKirschbluete(キルシュブリューテ)と言います。

まもなくニュースに登場しそうな桜前線は、桜+前線で

Kirschbluetenfront(キルシュブリューテンフロント)。

 

なんとなくそんなものかなーと思っていたお花見のことなども

ドイツ語で読むと、とても新鮮に感じられます。

そういえば、一年前はお花見自粛などという雰囲気になりましたね・・・。

 

今のうちに桜にまつわる言葉を覚えておけば、

日本にいるドイツ人と日本の春について話ができるかな~と思っています。

 

あ、お花見のアイテム、日本酒はそのままSake(男性名詞)だそうです。

一つ覚えなくてすんだのはうれしい限り。(^^ゞ

 

さて、今年はどこに出かけましょうか。

その前に、単語の暗記を進めることにしまーす。≡3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

がんばろうふくしま! 大交流フェア

3月20日といえば、1995年に東京の地下鉄が甚大な被害を受けた日です。

こういう日が二度と来ないことを願って家にいたいところですが

イベントのため、ようこ夫と一緒に東京国際フォーラムに行きました。

 

がんばろうふくしま! 大交流フェア (チラシ PDFファイル)

 

人が少なかったら気の毒・・・という気持ちもあったのですが

会場をガラス越しに上から見下ろしたら、この人出でした!

Img_36142  

真ん中の人がぎっしりのところは、左側にステージがあって

トークショーなどが行われます。

 

少し並んで会場に入り、ゆるキャラ あいづじげん(会津慈眼)と遭遇です。

Img_3623_2  

 

料理の屋台もいくつか出ていました。

有名ななみえ焼そばは、長蛇の列で断念。

その代わり、これまたおいしそうなグリーンカレーの列に並びました。

盛り付けもとてもきれいです~。

Img_3625 

 

ここで、会場中央のステージに移動します。

椅子には座れなかったので、立ち見最前列といった位置につきました。

写真撮影は不可。ルールは守りましょう。(^^)

 

スパリゾートハワイアンズのダンサーによるフラ&タヒチアンダンス

俳優 西田敏行さんと福島県知事のトークショーを観ました。

 

郡山市出身の西田さん、とにかく話が面白いのです。

方言と標準語を巧みに織り交ぜながら、

故郷の風景が目の前に広がるような描写、

ハリウッド映画のスタッフたちから見た、世界のFukushima、

もちろん、放射性物質という言葉も正しく使っていて

立ち見ということを忘れて聴き入りました。

 

最後に

(西田さん)「ふくしまから はじめよう。」

(観客一同)「オーッ!」

という合言葉を発するシーンは、NHKのニュースでも流れていました。

 

「オーッ!」の後に、

誰からともなく「がんばれよー」という声があったのは

なかなか感動的です。

 

サインも展示されていました。

Img_3626  

綾瀬はるかさんは、来年の大河ドラマ@会津 の主役を務めるそうです。

Img_3628 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

春色の『赤いスイートピー』

休日の谷間の月曜日、ドイツ語会話教室が休みだったので

月に一度のデイケアセンターでのピアノボランティアに行ってきました。

 

ドイツ語会話教室の関係で、いつもは月曜日以外の活動となるため、

今日は初めて見る顔もちらほら・・・。

なじんで聴いてもらえたらいいな、と思いながら演奏しました。

 

2012年の毎月の目標として、新曲を入れることを挙げていて

3月は、春らしい松田聖子さんの『赤いスイートピー』に挑戦!

 

最近のCMでインストゥルメンタルが使われたのが印象に残り、

家にある200冊以上の楽譜から探し出したのです。

 

あらためて聴くと、春色のふんわりした雰囲気の曲ですねぇ。

 

それにしても、『赤いスイートピー』が

1982年発売=30年前

と知って驚きました。

作曲の呉田軽穂さんこと松任谷由実さん、

そして”聖子ちゃん”も現役でご活躍中なのは何よりなことです。

 

演奏後、初めて私のピアノを聴いてくださった方が、職員を通じて

中島みゆきさんの『時代』(1975年発売)をリクエストしてくれました。

 

いよいよ、1970年代以降の名曲にも目を向けていく時期が来たようです。

こうなったら、AKB48のリクエストが来るまでがんばろうかな~と思った

3月の午後でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

盆栽見学

先日、ドイツ語のガイド教室で盆栽について習いました。

百聞は一見にしかず!ということで

東京の東にある春花園(しゅんかえん) BONSAI美術館に出かけました。

 

お屋敷の入口を「御免下さい」といって通る雰囲気の場所

Img_35452  

普段は庭と家の中の見学ができるそうですが、

この日は飾り付けの関係で、庭だけの見学となりました。

 

そして、ありがたいことに園内写真撮影OKとのことで

高価な盆栽をうっかり倒さないように気をつけながら

たくさんの写真を撮ってきました。

 

尚、パンフレット等は特に配られないので

自前で資料を持っていくと、より楽しめると思います。

 

まずは、枝に針金が巻かれている木です。

Img_35522  

 

盆栽=小さい と思っていましたが

このように、ビンビールのケースに載せるようなサイズもあります。

Img_35552 

 

私が思い描いていた盆栽のイメージ↓

Img_35592_2  

 

緑だけでなく、のついた盆栽も見られました。

Img_35632  

 

ところで、盆栽にはいくつかの形があります。

もともと盆栽については、まったく知識がなかったので

ドイツ語以前に日本語を覚えるのが大変です。(^^ゞ

 

多分、直幹(ちょっかん)だと思います。

根、幹と盆栽の頂上が真っ直ぐです。

Img_35672  

 

んーーー、この形は懸崖(けんがい)だろうか?

Img_3569  

 

斜幹(しゃかん)

大地に踏ん張っている感じが伝わるでしょうか?

Img_35822 

 

この形は、吹き流しでしょうか。

左側から強風が吹いてきたら、こうなりそうです。

Img_35882_2  

 

文人木(ぶんじんぎ)

実際に見ると洗練されていて、

もし私がお金持ちだったら、鑑賞用に一つ買いたいと思いました。

Img_35932  

 

ほうき立ち

とても立派な盆栽でした。

Img_35954  

 

幹の形がとても珍しいです。

白い部分は死んでいる状態で、こういう幹を”舎利”というそうです。

Img_36022  

 

メインステージに置かれていた、おそらく模様木(もようぎ)という形の盆栽。

Img_36002_2  

 

数々の盆栽を見学した後は、修行中の方がお茶を用意してくれて

専門の本や雑誌などを見せてもらいました。

直接質問することもできて、有意義な時間となりました。

 

盆栽の修行には6年もかかるとのこと。 

ドイツ語の果てしない世界にくじけそうにもなりましたが

やっぱり気を取り直して続けよう、と思える盆栽見学となりました。(^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

机の下にもぐる

ドイツ語ガイド教室で

”香川県は盆栽が盛んである”という話を習っていると

グラグラッときました。

 

すぐに落ち着くのを期待してもダメ押しで揺れ、

物が落ちない程度に長々とシェイクされていました。

 

あの3月11日を思い出すような長い揺れに、心臓がバクバク。

「机の下にもぐろう!」

という一言で、クラスメートたちと同じ釜の飯・・・ではなく

同じ机の下にもぐりました。

 

しかし、もぐったつもりがあまり窮屈な感じがせず、

頭がスースーする!?

どうやら、”尻隠して頭隠さず”状態だったみたいで

向きを変えたりして、やっと頭を入れることができました。

 

しっかりケータイを携帯してもぐった方もいて

震源などの情報を聞きながら、揺れが収まるのを待ちました。

公式な情報があると、急に冷静になってくるものですねぇ。

 

それにしても、机の下って意外と狭くて驚きました。

私の体が増大しすぎたのかもしれませんが・・・。

 

帰宅時には、駅も道路もいつもと同じような感じで

こうして無事に家のパソコンに向かうことができ、

ひとまずホッとしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

壮行会@丸ビル

海外に転勤することになった、

ようこ夫の学生時代の同級生たちとの飲み会に私も参加しました。

 

青ゆず寅 丸ビル店

お店の名前が面白いですねー。

豪快な文字で手書きされたメニューが掲示されていました。

 

16名も集まり、

首都はどこ? 直行便はあるの? どんな料理があるの?

などなど、主賓もまだよく分からない質問がいろいろ出ます。

 

とにかく何を食べてもおいしいお店で、

ものすごい舟盛り、かま焼きなどを逃さぬよう、

福島の日本酒 栄川(えいせん)と取り皿を持って席を移動しつつ、

私も多くの方とおしゃべりしました。

 

同じ会社のようこ夫の学生時代のお友達さんも出席していて

久しぶりにローカル話なども。(^^)

 

会の途中では、台北に住む同級生と電話がつながり、

ますます盛り上がりました~。

いつぞやの台北旅行の際にはお世話になりました!(^o^)

 

とても温かい会でした。

お腹をこわさないよう、元気で行ってらっしゃいませ!!

 

それにしても、相当な酒量だったと思いますが、

皆さん翌日は大丈夫だったでしょうか?

 

また海外旅行の拠点が増えてうれしい限りです。

夫婦で押しかけた際には何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

朝食レポート 2012年2月下旬~3月上旬

暖かくなったり寒くなったり、春は少しずつ近づいているのでしょうか。

三寒四温という言葉を思い出す季節です。

2月下旬から3月上旬までの朝食をアップします。

 

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●2/20(月)

ドイツ語会話教室。

すぐに電池がなくなる携帯のバッテリーパックをようやく交換した。

Img_3470_2  

Img_3467  

・寄せ鍋(たら、豆腐、白菜、しいたけ、水菜)、ゆず*
・いちご*
・一保堂 松の緑

 

今年はいちごが高値で、久しぶりに買いました。

 

●2/21(火)

しごと。夜は英語が飛び交う飲み会。

Img_3471  

・帆立、ほうれん草、しいたけのバターソテー
・中玉トマト
・ポトフ(じゃがいも、キャベツ、ニンジン)
・一保堂 松の緑

 

この週は帰宅が遅くなるため、ポトフをまとめて作りました。

 

●2/22(水)

しごと&ドイツ語ガイド教室。

Img_3473  

・ポトフ(じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、ソーセージ)
・中玉トマト*
・一保堂 松の緑

 

前日、しこたま飲みました。

朝はとにかく野菜を食べて出かけよう。

 

●2/23(木)

しごと。寝坊したので、写真はなし。

一週間、携帯の目覚ましが鳴らないと思ったら、

ドライブモードになっていたことが判明。

火曜と水曜は、日頃の習慣だからか?よく自力で起きたと思います。

 

・ポトフ
・クラコット
・中玉トマト
・コーヒー

 

ポトフはこの一週間で一番おいしくなっていました。

クラコットとの相性も最高。

朝からバタバタする私を見て、ようこ夫がコーヒーをいれてくれました。

 

●2/27(月)

ドイツ語会話教室&映画鑑賞。寒ーーーい。

Img_3490  

・子持ちししゃも
・ポトフのキャベツ*
・しじみと豆腐のみそ汁
・デコポン*
・ルピシア 五ヶ瀬 釜炒り茶

 

生協の冷凍子持ちししゃもを焼きました。

なかなかおいしい。

 

●2/28(火)

東京体育館で運動。もっと寒ーーーい。

Img_3494  

・しらすのりご飯
・トマトとアスパラガスのサラダ
・なめこと豆腐のみそ汁
・ルピシア 五ヶ瀬 釜炒り茶

 

しらすご飯は大好物、たまに食べたくなります。

 

●2/29(水)

ドイツ語ガイド教室。

東京にも積雪。朝からテレビは雪情報でもちきりでした。

Img_3497  

・豚肉とほうれんそうの炒めもの
・トマト、アスパラガス、しらすのサラダ*
・バナナ
・福井の豆入り番茶

 

生協の有機ほうれんそうを炒めものにしました。

さすが、味がしっかりしている~。

 

●3/1(木)

あっというまに3月。

Img_3507  

Img_3509 

・高野豆腐とちくわの玉子とじ*
・ゆでアスパラガス*
・まいたけとねぎのみそ汁
・デコポン*
・福井の豆入り番茶

 

ようこ父よりちくわの差し入れがあったので、

東北復興フェアで買った高野豆腐と一緒に玉子とじにしました。

鍋は重曹で洗えるル・クルーゼです。

 

●3/5(月)

ドイツ語会話教室&病院ボランティア。

Img_35182

・真かれいの塩焼き、みつばのせ*
・あおさのりの酢の物(ゆず、しょうゆ)
・まいたけ、ニンジンのみそ汁
・バナナ
・一保堂 松の緑

 

日曜日にデパートの魚屋さんで真かれいを買いました。

シンプルな塩焼きもおいしいです。

 

●3/6(火)

家のこといろいろ。

Img_35232

・紅鮭寒風干し、チェリートマト*
・えのきだけ、油揚げ、みつばのみそ汁*
・福井の豆入り番茶

 

紅鮭は生協の冷凍食品です。

ゆずをかけると、より風味が増します。

 

●3/7(水)

ドイツ語ガイド教室。

Img_35242  

・紅鮭寒風干し、ゆで小松菜*
・チェリートマト
・えのきだけ、油揚げ、ねぎのみそ汁*
・一保堂 松の緑

 

気に入っていたゆずをすべて使ってしまったので

紅鮭にレモンをかけてさっぱりといただきました。

 

チェリートマトとレモンの入っている仕切り付きの皿は、

ベトナムのバッチャン村で購入。旅の思い出ですね~。

 

●3/8(木)

美容院で4時間過ごし、くせ毛をまっすぐにしてもらいました。

Img_35282  

・豚肉のしょうが焼き、チェリートマト、玉ねぎ*
・小松菜、しいたけのみそ汁
・バナナ
・ルピシア 五ヶ瀬 釜炒り茶

 

しょうが焼き用の肉を6枚買ってきたものの、フライパンにのせたら3枚でぎっしり。

一切れが大きかったので、ようこ夫がいつのまにか

ナイフで1.5センチ幅に切ってくれました。

 

---

2011年3月11日から一年が経とうとしています。

一時は食材の流通に大混乱もありましたが、今は普通に手に入るようになりました。

 

写真に出ているご飯は、福島のお米を家で精米して炊いたものです。

産地がどうこうというよりも、バランス良い食事を心がけて

夫婦ともに元気に過ごしたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

シュテルンビルト

先日、ドイツ語会話教室で星座について習いました。

ドイツ人は誕生日の星座について話題にするそうです。

私は朝のテレビで「今日の運勢」を漠然と見る程度ですが・・・。

 

ドイツ語で”星”をStern(シュテルン)といい、

Sternbildで”星座”という意味になります。

 

日本と同じ12星座からなります。

・・・と書きながら、日本が西洋の考えを取り入れたんだということに気づきました。

 

聞いたことありそうな単語だと、

Jungfrau(ユングフラウ)がおとめ座、

Skorpion(シュコルピオーン)はさそり座、

うお座のFische(フィッシェ)あたりでしょうか。

ちなみに私はStier(シュティーア)=おうし座。

 

こういう話題をさりげなく取り入れたら、ドイツ人は驚くでしょうねぇ。

今の段階では、アンチョコを見ながらの棒読みになりますが

会話の達人目指して、あせらず徐々に覚えていくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

『第35回 遊史郎の落&P』

3月3日(土)、ひな祭りの日に、ダイニングでん助にて

今年初めての『遊史郎の落&P』を開催しました。

2006年から始まったこの会も、早いもので35回目となり、

暑い日寒い日、足を運んでくださった皆様には、感謝の気持ちで一杯です。

 

この日も、夜になるとぐっと気温が下がりましたが

会場内は、とても和やかな雰囲気です。

いつものように、私の電子ピアノと三遊亭遊史郎師匠の落語を2部構成にして

音楽→落語、休憩、音楽→落語 という形で進めました。

  

バッハの”G線上のアリア”で会を始める際、

「終わったかどうか分かりにくい曲なので、

私が弾き終わって手を膝の上に置いたら、ぜひ盛大な拍手をしてください」

と言ったところ、笑いが起きましたよー。

落語に向けての準備はOKという感じです。(^^)v

 

2曲目、”冬から春にかけてのメドレー”では、

雪(ゆきやこんこ)、早春賦、うれしいひな祭り、おぼろ月夜、さくら さくら など

生で聴けそうで聴けない曲を選びました。

 

落語『湯屋番』の前のコラボ曲は、

銭湯の番台で都合のよい想像をふくらませる主人公にちなみ、

ピーターパンと童謡をオリジナルミックスアレンジしたものを披露しました。

 

遊史郎師匠の『湯屋番』は、本当にそこに番台があるように思えて

とにかく会場で大笑い。

女性の仕草も見所のひとつです。

 

後半の電子ピアノは、ホイットニー・ヒューストンを偲び、

きらきらと輝いた時代があったんだなぁ・・・と、しんみり演奏。

 

そして、落語『くしゃみ講釈』の前には、

一発芸です」

とおことわりした上で、コラボ曲として料理番組のテーマ曲を2曲弾きました。

 

迷惑をかけられた講釈師に仕返しをするため、主人公が

講釈師の本番中に唐辛子の粉を撒き散らしてくしゃみをさせる、という

庶民的大爆笑系の噺です。

2010年12月にも落&Pに登場しました。

 

遊史郎師匠のくしゃみの様子を見ていると、

まるで、周りに唐辛子の粉が飛んでいるようでした。

 

終演後は、遊史郎師匠も交えての打ち上げ。

お客様同士の交流もあり、温かな雰囲気でお開きとなりました。

 

次回日程が決まりましたら、ブログ等でご案内させていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

さちのかいちご

梅雨のように雨が降る一日は、新宿にちょっと出かけました。

ちょっと=滞在時間40分ほど!

 

2月気分が抜けないままでしたが、デパートはすっかりひな祭りフェア

魚屋さんではまぐりを買おうとしたら、

海鮮ちらしずしの試食タイムが始まり、私も小さなカップを完食しました。(^^)

 

そして、今年は高くてなかなか手が出なかったいちごも並んでいて・・・。

あまおうにするか、栃木のいちごにするか、懐と相談して、

長崎の”さちのか”を選びました。

 

Img_35132 

形がやや細長いのかな?

おやつと称して、早速5粒いただきました。

 

ああ、いちごを食べると、冬を乗り切るパワーが出る感じです。

女の子のいるご家庭の皆様、どうぞ楽しいひな祭りをお迎えください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »