« ロシアの歌、世界の歌 | トップページ | 外干し »

2012年1月30日 (月)

『没後150年 歌川国芳展』(後期)

ドイツ語会話教室の後、

森アーツセンターギャラリー@六本木ヒルズ で開催中の

『没後150年 歌川国芳展』(作品入れ替え後の後期)を観に行きました。

先日、入場者10万人を突破した人気の浮世絵展覧会です。

Utagawa_2 

もともと浮世絵についての知識はゼロで

恥ずかしながら、版画ということも知りませんでした。

ちょうど、先週から通い始めたガイド教室のテーマが浮世絵だったので

にわか知識を目で確認してみたくなり、足を運びました。

 

まるで先のとがったペンで描いたような細い輪郭線。

朱色が印象的な鯉や鯨などのダイナミックな作品、

役者絵という、今でいうところのブロマイド、

だまし絵のようなユーモアに富んだものなど、

想像以上に面白くて飽きません。

 

そんな私も一つだけ知っている絵がありました。

人体で人の顔を作る

”みかけハこハゐがとんだいゝ人だ”という作品で

美術の時間に習ったのだと思います。

 

版画だと信じられない人のためかどうかは定かではありませんが、

版木とよばれる、輪郭が彫られた証拠の品も展示されていて

一応、版画だということに納得しました。

 

世の中には優れた技があるものだ・・・と感嘆しながら、

まだこの目で見たものが本当だったのか?と考えてしまう展覧会でした。

(2012年2月12日まで開催)

|

« ロシアの歌、世界の歌 | トップページ | 外干し »

コメント

前期の方がもう少し親しみやすい作品があったような気がするけど、
歌川国芳の作品は素晴らしい上に、ユーモアのセンスが最高ですね♪
福禄寿のあたまの絵もかなりウケます。(笑)

国芳に限らず、歌川広重、葛飾北斎の北斎漫画なども
素晴らしい作品が多いので、観る機会があったらぜひ。

投稿: olive | 2012年2月 2日 (木) 01:07

>oliveさん
見応えのある展覧会のご紹介をありがとうございました。
絵はもちろん、歌川国芳の言葉遊びのセンスも面白くて
絵の題名もしげしげと見てきました。

生の浮世絵は初めてでしたが、興味がもてたので
他の作家の作品もぜひ!!!と思います。

投稿: ようこ | 2012年2月 2日 (木) 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/53863297

この記事へのトラックバック一覧です: 『没後150年 歌川国芳展』(後期):

« ロシアの歌、世界の歌 | トップページ | 外干し »