« 今年一番の絆 | トップページ | 2011年ボランティア納めは『ブンガワン ソロ』 »

2011年12月25日 (日)

『THE ALFEE Neo Universe 2011 Final Series』(2011.12.23 日本武道館)

年末の恒例行事、アルフィーの武道館コンサートに参加しました。

コンサート中に一年間を振り返る、私の中の忘年会的イベントでもあります。

今回も、いつものコンサート仲間4名が一緒です。

いつもありがとうございます。(^-^)

 

うっかり、電車の乗り継ぎが悪ーーい時間帯に家を出てしまい、

あちこちで時間をロスし、1階南東の席に着いたのは開演時間の18時。

呼吸もおさまらない数分後にコンサートが始まりました。

 

☆ネタバレ注意☆ 以後、一部の演出、曲名、MCの内容について書かれています。

 

 

今回、アリーナ席の上のあたりに面白い照明が登場しました。

運動会風に言うと、”小さな明かりたちのマスゲーム”。

数学風に言うと

x軸、y軸、z軸に座標をプロットし、

明かりの位置を3次元でコントロールすることにより、

空中に立体的な形を作り上げる照明”。

曲に合わせて天使の羽根が羽ばたいたり、星空になったり、色も変幻自在でした。

 

前半にはよく知っている曲(=中学生や高校生の頃に出た曲)が多数。

うわーーい!!と楽しんでいたところで、

厳かな3人のハーモニーによって『祈り』が歌われました。

 

1983年に発表されたこの曲には、「瓦礫」という言葉も使われています。

あれから30年近く経ち、さらに科学技術の進んだ2011年に

この歌を心から感動をもって聴くことになるとは思いもよりませんでした。

 

ふと、アリーナ席の上を見ると、白い光が列をなしていました。

まるでろうそくに火を灯すように、一つまた一つと光が増えていき、

最後は十字架の形になりました。

 

もう、思わず足元に置いたかばんの中からハンカチを取り出しましたよ。

 

アンコールの時には、”タカミー先生”からのお話がありました。

武道館のステージに立ったら、

「みんなからの好き好き光線が飛んでくる」

のだそうです。

そりゃー、いつものようにアルフィーがそこにいたら安心だもんねぇ。

 

そして、について。

自分で動くからこそ、夢をもつことができる、といった内容だったと思います。

私は、来年からやろうと考えていたことについて

金銭的にも体力的にも負担がかかることもあり、迷いもあったのですが

”夢”という言葉を聞いて、やっぱり挑戦することにしました。

 

そしてそれを応援するような歌が2曲。

とても勇気づけられる今年のコンサート納めとなりました。*^^*

|

« 今年一番の絆 | トップページ | 2011年ボランティア納めは『ブンガワン ソロ』 »

コメント

おつかれさまでした。東京ファイナルも無事終了しましたscissors
ファイナルもスキスキ光線でまくりでしたよthunder

夢に挑戦ですかnote
いいですね。きっと大変なのかもしれないけれど、がんばってくださいrock

ことしも終わりですね。
良いお年をお迎えくださいfuji
来年もよろしくねsmile

投稿: ころぼっくる | 2011年12月25日 (日) 20:21

今回の照明は「新兵器導入」と驚かれる人が多かったみたいですね。
それこそナマで見ないとちゃんとは分からない~~。
タカミーの言葉に押されて夢に挑戦!
それで成功したらステキすぎます。
次々と新しいことにがんばってる姿は、タカミーと似てるよね!

投稿: lilac | 2011年12月25日 (日) 23:48

祈りはとても好きな曲です。
ようこさんの文章を読んだだけで涙が滲んでしまいました。
年かな(笑)

投稿: タカダノリコ | 2011年12月25日 (日) 23:59

>ころぼっくるさん
今年も一緒にコンサートに参加できてうれしかったですshine
東京ファイナルも楽しまれたようで何よりです。(^v^)

応援ありがとうございます。
高見沢さんの後押しもあったので(笑)、
やや迷い気味だった夢budに挑戦してみます。

ころぼっくるさんもどうぞよい年をお迎えください。

>lilacさん
今回の照明は、より複雑な表現ができるようになっていましたが
やはり生で見ないと何のことやら???ですよねー。sweat01

タカミーも、いつも現在地をしっかり認識した上で
新しいことにチャレンジしていて、ファン歴30年近くなっても
いつも私にとってすごい存在でいてくれることに感謝しています。good

投稿: ようこ | 2011年12月26日 (月) 21:48

>タカダノリコさん
だんだん涙もろくなるといいますねぇ・・・。
なーんて、レポートを書いた甲斐があります。
古びない歌を作れるからこそ、グループが長続きするのかもしれないとも思いました。

投稿: ようこ | 2011年12月26日 (月) 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/53566534

この記事へのトラックバック一覧です: 『THE ALFEE Neo Universe 2011 Final Series』(2011.12.23 日本武道館):

« 今年一番の絆 | トップページ | 2011年ボランティア納めは『ブンガワン ソロ』 »