« 冬の七夕ペンギンさん | トップページ | 『第34回 遊史郎の落&P』 »

2011年12月16日 (金)

独検準1級、不合格体験記

11月に受けたドイツ語検定準1級の結果が届きました。

結果は不合格、100点満点換算で46点台でした。

(合格最低点は55.03点)

 

試験後すぐに自己採点した時には、正解数が4割ぐらいだったので

おそらく配点の高い設問の正答率がややよかったのかもしれません。

不合格体験記で恐縮ですが、分析と感想をメモしておきます。

 

【筆記試験】

試験時間は90分。

人によって各設問ごとに時間の配分方法はありそうですが

長くても15分~20分で解答しなければ間に合わないと思われます。

 

設問1.慣用句

ほとんど全滅!

知らないものは知らないので、ここはしっかり試験用に学習した方がよさそう。

 

設問2.2つの文章が同じ意味になるように穴埋めする問題(記述式

独作文が好きだからか、意外と正解していました。

もう少し語彙を増やすと、安定して答えられそうです。

 

設問3.文章の一部の語順

会話教室に通っているからでしょうか、カンもはたらき

全体で最も高い正解率でした。

 

設問4.長文読解(宗教の現状)

キリスト教とイスラム教に関する内容が出題されました。

かつて、ドイツ語の先生がモシェー(Moschee:モスク)について語ったことがあり

そのことを思い浮かべて解答したからか、内容は割と正確に把握していました。

しかし、接続詞の穴埋め問題は、接続詞の意味自体が分からず

語彙不足をひしひしと感じました。

 

設問5.長文読解(水の消費量に関する話題)

ドイツ語で書かれた円グラフなどの統計データを含む長文でした。

やはり、接続詞や名詞の穴埋めは語彙不足でほぼ全滅。

逆に統計データを解釈して、内容の正誤を判断する問題はできていました。

 

設問6.インタビューの並び替え

トルコ人の子供たちが、ドイツ語とトルコ語を学習することについて

5行程度の7つの選択肢をインタビューが成立するように並べ替える問題。

内容を全部読む時間がなかったので、出てくる単語から順番を推定しました。

このやり方はそこそこ正解しますが、やはりきちんと読んで答えたいですね。

 

設問7.長文読解(福祉について)

"Wohnen fuer Hilfe"(助けるために住む)プロジェクトの話題でした。

大学生が高齢者の家に安く住み、

料理や買いものなどの手伝いをする・・・といった内容で

どうやら文章の後半には起承転結の”転”があったようです。

 

この問題は、"Wohnen fuer Hilfe"を知っていると

より速く正確に読めたのではないかと思います。

しっかり辞書を引いて復習しなければ・・・。

 

【聞き取り試験】

試験時間は30分。短いようですが、これが集中力の限界かも?

 

第1部 カレーソースのレシピについて

料理に関する語彙が出てくる長い文章を聞き、

問題用紙に書かれている設問に答えます。

答えは4択でしたが、選択肢は耳で聞いてメモを取る形式でした。

 

読み上げるスピードは、ドイツ語教室で習うよりもゆっくりめ

最初に書いた答えはほとんど合っていたのに、自信のなさから

2度目に読みあげられたものを聞きながら、ほとんど書き換えてしまいました。

・・・と書くと惜しそうですが、これも実力のうちです。

 

第2部 コンピューターと子供たちについて

インタビューを聞き、9つの選択肢から内容が一致するものを選びます。

語彙は比較的知っているものが出てきましたが、

選択肢がすべてドイツ語だったため、それを読むのに時間がかかりました。

聞き取りも選択肢の理解もどっちつかずな感じに・・・。

 

試験問題は以上です。

 

思ったよりひどくなかった、とも言えますし、

次回に向けて、どんなところを強化すればよいかが見えたのも収穫でした。

 

でも、試験中一番強く感じたのは、合否はさておき

こういう長い文章をすらすらっと読めたらいいなぁという、

外国語に対する尊敬とあこがれの気持ちでした。

 

来年の合格を目指してがんばります。

長々とお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 冬の七夕ペンギンさん | トップページ | 『第34回 遊史郎の落&P』 »

コメント

試験お疲れさまでした。不合格は残念ですが次回は受かりそうですね。
こういうふうに大きな問題を部分ごとに分析していく、ようこさんはなんかドイツ人っぽく感じます。happy01
中検2級でも慣用句が出題されるようです。ほんと、知らないと答えが出ないのが慣用句ですからね。私もしっかり準備したいと思います。

投稿: けいいち | 2011年12月16日 (金) 16:52

 受験お疲れ様でした( ^^) _旦~~
 90分で7問もあって大変ですね。
 準1級ともなると話題の内容が高級ですね。Wohnen fuer Hilfeですか。ドイツ人はwohnenにはこだわりが強いのでいろいろ話題がありますね。私の習った文例でWohngemeinschaftというのがありました。
 ぜひ次回の合格に向けて頑張ってください。準1級になると口述試験もあるようですね。
 DDJは一回だけ(18年前)チャレンジして、2級は不合格になり、3級のUrkundeだけが手もとにあります。今は全くしゃべっていないので3級どころではアリマセン。ハイ。

投稿: シブ | 2011年12月16日 (金) 19:57

うーん惜しい、というところでしたねpencil
ワタクシから見たらこれだけ高度な試験でありながら、初回挑戦で
半分近くの正解ならすごいupといった感想ですrock

うちの夫も駐在中に中国語検定を何度か受けたようですが、レベルが
上がるほど得意・不得意分野の出来具合が顕著だったみたい…sweat01

なーんてワタクシが分析するのはおこがましい話ですが、ご自身で
次回の対策がしっかりできているようですから、ようこさんのいつもの
やる気なら次は好成績が期待できそうですねconfident

投稿: くらげちゃん | 2011年12月16日 (金) 23:50

レポありがとうございます!!
た~いへん興味深く読ませていただきました。
問題数も多くなかなか手強そうですが、ようこさん、十分歯が立っているではありませんか~さすがだわ!!
こうしてきちんと分析してらっしゃるし、次回までの勉強も的が絞りやすそうですね。
長文読解はやっぱり語彙を増やす努力が必要なんだろうな・・・って、私も思って一時期はやみくもに単語の暗記をしたりしましたけど、ある程度の基本的な語彙のあとは、どうやら「どれだけ文章を読むか」にかかっているような気がしています。
長文を読みながら、わからない単語に遭遇してもいちいち辞書を引かずに、とにかくまずはせめて「段落ごと」くらいまで読み通しながら、ぼやっとでも内容を把握しながら読み進めるようにしなさい・・・っていつも先生に言われていました。
辞書大好きな私には、けっこう忍耐が必要でやっぱり苦しいんですけど・・・
↓↓↓コチラ、ご存知かもしれませんが、聞き取りと読解の練習に良さそう、と思って「お気に入り」に入れたのを久しぶりに思い出した私です(笑!)
http://www.dw-world.de/dw/0,2142,8030,00.html
例の6000円お支払いしたので、ぼちぼちがんばらねば・・・です。期限は3月中まで延びましたけど、あっという間ですよね、きっと。。。
引き続き、ドイツ語楽しんで学びましょうね~♪

投稿: まろーね | 2011年12月17日 (土) 08:51

>けいいちくん
ありがとうございます。
一度試験を受けてみると、今後受かりそうかどうかの感覚がつかめますね。
(3級に落ちた時は、数年間は無理だと思ったので)

”ドイツ人っぽい”なんて、うれしい言葉をありがとうございます。(笑)
分析が三度の飯より好きなもので・・・。

中検にも慣用句が出るんですね。
そこで生活でもしていないと、丸暗記するしかないかもしれませんが
準備の効果が出ますように!

>シブさん
湯気の出たお茶でねぎらいありがとうございます。
90分なんて長いなーと思ったら、一瞬で終わってしまいました。

シブさんは2級を受けたことがあるのですね。
今の準1級が当時の2級相当です。

ドイツは高齢者との関わり方など、福祉の面でもwohnenにこだわりがあるようで
幸い私の関心も高いので、そのあたりも勉強していきたいと思っています。

投稿: ようこ | 2011年12月18日 (日) 17:40

>くらげちゃん
通訳案内士の試験では得点率を教えてもらえないので
今回、点数が分かる独検受けました。
やはり、正解と得点が分かると分析pencilもしやすいですねぇ。

>>うちの夫も駐在中に中国語検定を何度か受けたようですが、レベルが
>>上がるほど得意・不得意分野の出来具合が顕著だったみたい…

おぉーー、それは心強いです。
実は、難しくなるほど得意不得意がごちゃごちゃになって
対策のしようもなくなるのかな・・・とも思っていただけに
ビジネス級の方と同じ印象をもてて光栄です。shine
次回、がんばりますねー。

>まろーねさん
レポを熟読ありがとうございます。
問題を持っていない方にも伝わるように・・・と情熱をこめて(笑)書きました。

>>まずはせめて「段落ごと」くらいまで読み通しながら、
>>ぼやっとでも内容を把握しながら読み進めるように
>>しなさい・・・っていつも先生に言われていました。

そうでしたか!
私も速読するためにはどうすればよいか、
いつもアドバイスいただいている方に相談したら
「段落ごと」、「前から順番に」という勉強方法を教えていただきました。
これから試してみるので、そのうちブログにレポートbookしますね。

Deutsche Welleは、私も時々聴いていまーす。
あのスピードに慣れたら、準1級は大丈夫だと思いました。
まぁ、何を話しているか理解できたら、の話ですが。sweat01

6000円支払ったのですね。完全提出をかげながら応援しています!

投稿: ようこ | 2011年12月18日 (日) 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/53496608

この記事へのトラックバック一覧です: 独検準1級、不合格体験記:

« 冬の七夕ペンギンさん | トップページ | 『第34回 遊史郎の落&P』 »