« ベトナム・カンボジア旅行四日目その1(カンボジア入国、夜明け) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行四日目その3(バンテアイ・スレイ、クメール料理、ホテル) »

2011年10月 9日 (日)

ベトナム・カンボジア旅行四日目その2(タ・プローム)

夜明けのアンコールワットを見学し、ホテルに戻って朝食を摂りました。

 

シェムリアップの観光は、ホテルを拠点にして遺跡見学、

またホテルに戻って休憩・・・という形でした。

こちらのリゾートホテルは清潔で、バストイレも整備されています。

 

ホテルの部屋からの眺め

Img_2654  

プール

Img_26532  

 

まずは、タ・プロームという1186年創建の仏教寺院の遺跡を訪ねます。

が有名です。

 

実は、旅行の好きなようこ父が1997年1月にカンボジアを旅していて

旅行の前に写真を見せてもらいました。

後に登場しますが、オールドマーケットという市場の近くのホテルに泊まり、

このタ・プロームやアンコールワット、アンコールトムなどを訪ねたそうです。

 

ここから先の旅は、東京で暮らしているようこ父に

今のカンボジアを伝えたい、という目線になっていたような気がします。

 

さて、舗装された道路を走りながら、ベテランガイドさんに

「私の父は、1997年にカンボジアを訪れました」

と言ったところ、大感激

かみしめるように、

「その頃とはかなり変わりました。お父さんはお元気ですか?」

と何度も繰り返していました。

 

タ・プロームに着くと、子供たちが日本語で

「3個で1ドル」

と言いながら、アクセサリーなどを持って寄ってきました。

 

私はテレビの中国語講座で覚えた

「不要(ブーヤオ)」

といって脱出するのですが、ようこ夫は買うかどうか少し迷ったみたい!?

 

のどかな風景

Img_26582  

Img_26632 

この写真、木の大きさが分かりやすいでしょうか?

Img_26662 

地震ではなく、自然に落下した石だそうです。

Img_26692 

ガイドブックによく出ている有名な木

アンジェリーナ・ジョリーの『トゥーム・レイダー』に出てきたとのこと。

Img_26732_2  

Img_26782  

出口到着 

Img_26812  

全体的に、緑の木々と苔むす感じがとてもいいなと思いました。

 

駐車場近くの売店と政党のポスター

Img_2683  

次の目的地は、バンテアイ・スレイ。

車で一時間ほどもかかる郊外の遺跡です。

|

« ベトナム・カンボジア旅行四日目その1(カンボジア入国、夜明け) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行四日目その3(バンテアイ・スレイ、クメール料理、ホテル) »

コメント

最近はhotelも改装されているところが多くて、快適になりましたねhappy01
私が大学生になったばかりの頃に訪れたパリの某高級hotel
バスタブやコンセントが壊れていて設備に関しては名前負けしてましたdespair
だいぶ後に訪れた時はそのようなこともなくなりましたが…。

中庭の眺めが良いことはポイント高いですよねupプールの滝は
2つあったんですねflairこちらもちょっと遺跡をイメージした
感じがしますねぇnote

木の根っこって本当にすごーく伸びて育つんですねびっくりwobbly
「天空の城ラピュタ」のラピュタを思い出します。似てるなぁcatface

お父様もご訪問されていたとは、今回のようこさんのお話やお写真、
楽しまれたことでしょうねwink

投稿: くらげちゃん | 2011年10月 9日 (日) 22:00

>くらげちゃん
くらげちゃんはあちこちに旅行しているから、
おっとビックリ~な体験もいろいろしているでしょうね。sweat02
パリでもそういうことがあったとは・・・。

ほぉ、ラピュタは主題歌しか知らないのですが
今度会う機会があれば、どう似ているのかぜひ教えてください。paper

この木の根っこのところで、私の父も記念撮影していました。
不思議な感じがします。

投稿: ようこ | 2011年10月10日 (月) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/52943060

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム・カンボジア旅行四日目その2(タ・プローム):

« ベトナム・カンボジア旅行四日目その1(カンボジア入国、夜明け) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行四日目その3(バンテアイ・スレイ、クメール料理、ホテル) »