« ベトナム・カンボジア旅行五日目その1(アンコールトム) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行 ★目次★ »

2011年10月13日 (木)

ベトナム・カンボジア旅行五日目その2(カンボジアグルメ)

遺跡の見学を終えると、夕方まで部屋が使えるホテルを拠点に

ガイドさんの案内で昼食を摂ったり、お土産を買ったりして過ごします。

 

ここで初めて、カンボジアのあいさつを教えてもらいました。

お寺で拝む時のように手を合わせて

「チョムリアップスオ!」

という、日本人にも言いやすいフレーズです。

通じたら楽しくなって、あちこちで連発してしまいました。(^^ゞ

 

フランス料理のレストランで昼食

Img_2869_22  

Img_28662  

 

きれいな盛り付けにもご注目ください。(^^)

Img_2857 

ラタトュイユと白身魚

Img_2859 

せっかくのビールをようこ夫はお腹の都合により、

ほんの一口だけしか飲めませんでした。

お酒を飲まないようこ夫は、まるでクリープのないコーヒーのよう。

Img_2862  

デザート付き

Img_2863  

観光客しか来られないんだろうな・・・と少し申し訳なく思いながらも

緑に囲まれたレストランでの食事を楽しみました。

 

ホテルに戻ると・・・。

Img_28742  

ASEAN(東南アジア諸国連合)会議の後片付けをしているところでした。

ここがアジアだと強く感じたワンシーンです。

Img_2875  

 

お腹が一杯なのですが、ホテルにてハイティーのサービスがありました。

最上段はホテルの日本料理店の寿司で、おいしかったです。

Img_2877  

 

お腹が一杯なのですが、

シェーク屋さんにてマンゴーシェークのサービスがありました。

実がたっぷり入っていて、トロピカルなおいしさ。

ほんの少ししか味見できなかったようこ夫が、とても残念がっていました。 

Img_2880  

※シェークが小さいのではなく、後ろのかぼちゃが大きい。

 

ここはMADAM SACHIKOさんという日本人のお店です。

ホームページによると、カンボジア人に働く場を提供して

援助ではない報酬を得るように、という考えのもと開かれたそうです。

スタッフは日本語を少し話していました。

 

ホテルでは流暢な英語を話すスタッフばかりだったので

こうした場所で”本当のカンボジア”の様子を垣間見ることができ

またひとつ社会勉強をした気がします。

 

飛行機の時間が近づいてきました。

シェムリアップ空港に向かう車の中で、ベテランガイドさんは

1997年にカンボジアを訪れたようこ父について

「お父さんはどんな仕事をしていましたか?」

「今は何をしていますか?」

「またお父さんとカンボジアに来てください」

と、名残を惜しむように言っていました。

 

空港到着。

しかし、ガイドさんは建物の中に入ることはできないので、ここでお別れです。

年間100回、アンコールワットを案内しているとのこと、

きっと、今日も明日もあの急な階段を上り下りしていることでしょう。

いつまでも元気でご活躍ください。

 

---

ホーチミン経由で無事に帰国すると、徐々に現実に戻っていきます。

4泊6日という短い旅ではありましたが、ブログ18回分の物語がありました。

ハノイ、シェムリアップの思い出を胸に、私も東京で出来ることをやっていきます。

 

皆様、長い旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

追伸:ようこ夫は帰国後、「なおった」のたった一言で

    無事に復活したことをご報告いたします。

 

(旅行記 完)

|

« ベトナム・カンボジア旅行五日目その1(アンコールトム) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行 ★目次★ »

コメント

 お帰りなさいまし。
 カンボジアがフランスの影響を受けてきたことがわかりますね。その一方で、ティールームのスコーン?の最上段に寿司というのが笑えます。
 ご主人ビールが飲めずに残念でございました。得てして帰宅すると治るものなんですよね。
 ところで、タイで洪水の被害があって大変なようですが、隣国のカンボジアは大丈夫でしょうか…ちょっと気になりました。

投稿: シブ | 2011年10月13日 (木) 21:47

>シブさん
ブログの旅から帰ってきました~。

外観は熱帯風、中はフランスにいる気分になるレストランでした。

ハイティー、面白いですよねー。
先にしょうゆ皿が来て、シュウマイでも出るのかと思ったら寿司でした。

カンボジアでは、スコールが降った後でも
道路の水はけが悪いところは冠水状態になっていました。
これからはタイ、ラオス、カンボジア、ベトナムのニュースにも
アンテナを高くしてみようと思います。

投稿: ようこ | 2011年10月14日 (金) 01:31

hotelrestaurant・遺跡と短いながらも充実で楽しいことが盛りだくさんでしたね~happy01
アンコールトム、ホンモノのお写真は初めて拝見すると思います。
細かい壁画(?)も当時の方々は器用だなぁと思いましたart

美味しそうなお料理ばかりですねぇup綺麗な盛り付けの前菜のサラダは
以前ご一緒した「タテルヨシノ」の庭園風サラダを思い出させますconfident
お寿司の載ったハイティーはユニークnoteでも他のスイーツcake
馴染んでいますよ~delicious

東南アジアは手を合わせて挨拶しますよねwinkワタクシも10年ほど前に行った
バリ島で同じ光景を目にし、またそのポーズで写真も撮りましたcamera
JALWAYSairplaneに乗るとタイ人の客室乗務員も居て同じような光景を
見ることがたまにありますよんeye
珍しいお写真やお話楽しませていただきましたhappy01
お腹が回復されたご主人様にもどうぞよろしくpaper

投稿: くらげちゃん | 2011年10月14日 (金) 02:13

>くらげちゃん
長い旅行記にたくさんのコメントをありがとうございました。
どうにか最後までたどり着いてほっとしています。

そう、遺跡の建物は大きいのに、
レリーフの細かさには私も驚きました。

この日記を編集していて、私もくらげちゃんとのランチを思い出しましたよ~。
”カンボジアでお寿司”なんて想像もしなかったので
お腹一杯でしたが、最優先で食べました。restaurant

バリも手を合わせる挨拶をするんですね。
私は神社仏閣めぐりも好きなので、違和感なく溶け込めました。

ありがとう。すっかり元気なようこ夫にも伝えておきます。paper

投稿: ようこ | 2011年10月14日 (金) 17:00

旅行日記楽しませていただきました。オークン!
旦那様は大変でしたが、みいやんはまったくお腹壊さず?かしら。
いまは本当に観光都市になってきたようですねぇ。
私も二週間後に出発♪洪水の影響など気になりますが…楽しみです。

投稿: sally | 2011年10月16日 (日) 17:02

>sallyちゃん
こちらこそ、最後まで読んでくれてオークン!です。
sallyちゃんの出発までに旅行記を書き終えられてほっとしています。(笑)

そう、私はお腹をこわすことはなく、
あっちでこっちでモリモリ食べられました。restaurant
二週間後の旅行、楽しんできてね!

投稿: ようこ | 2011年10月17日 (月) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/52982905

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム・カンボジア旅行五日目その2(カンボジアグルメ):

« ベトナム・カンボジア旅行五日目その1(アンコールトム) | トップページ | ベトナム・カンボジア旅行 ★目次★ »