« ついに東京体育館へ! | トップページ | 通信教育、その後 »

2011年8月 6日 (土)

にゅう おいらんず@浅草演芸ホール

8月5日は、浅草演芸ホール昼の部を観に行きました。

 

昼の部主任(トリ)は三遊亭小遊三師匠。

Img_2025  

そして、落語家たちで編成されたデキシーバンドも登場する豪華版!

Img_2027  

音楽が好きなので、一度行きたいと思いつつ、

ようやく今回初めての”にゅう おいらんず”となりました。

ワクワク。

 

私は落&Pでお世話になっている三遊亭遊史郎師匠が出演する

一人手前のところで会場に入りましたが(12時15分頃)

一階席は満席で、あわてて二階席最後列に陣取りました。

 

遊史郎師匠は『たがや』

隅田川にかかる両国橋が舞台で、花火も登場する夏らしい落語です。

声がよく響き、二階でもよくウケていました。

 

このあたりでほぼ満席。(12時45分頃)

 

宮田陽・昇の漫才では、

手のひらで地図上の位置を表しながら何かをスラスラと唱えるネタで

今回は、中国の省や自治区を楽しく紹介しました。

 

続いて、色物のマジックなどをはさみつつ、このような噺を聴きました。

 

☆桂伸乃介『気の長短』

下町のようなパキッとした早口と、

ゆーーーーーーったりした語り口調の気の長い人との会話。

ゆったりさんが、「それを早く言わなくちゃ!」というサゲ(オチ)を

変わりなくスローに言うところで大笑い。

一人で演じているとは思えないこういう噺を生で観られると、本当に面白いです。

 

☆春風亭昇太『短命』

美人の奥さんがいる人は短命で、そうでない人は・・・という分かりやすい噺。

 

超ベテランの落語家が演じると、夫婦の味わいみたいなものが出るのですが

昇太師匠は、マクラの段階から格差をうまく取り入れた切り口で

古典落語がすごく新鮮に感じられました。

 

☆三遊亭右紋『ばばあんち』

右紋師匠の落語を聴くのは、多分初めてだと思います。

駄菓子屋さんの思い出には、色のどぎついお菓子やおばあちゃんがいて・・・。

私も近所のお店を思い出しました。

 

☆桂米丸『ジョーズ』

登場とともにひときわ大きな拍手が起こりました!

86歳とのことですが、まだまだツヤのある声で

古典落語ではなく、映画「ジョーズ」をめぐる創作を披露。

サゲに工夫がしてあって、初めて聴く米丸師匠の落語を堪能しました。

 

☆三遊亭小遊三『引越しの夢』

いよいよ、トリの登場~~。この時点で3時15分。

 

夜中に悪だくみをした番頭たちが、真っ暗闇の中で吊り戸棚を担ぐハメになり、

そのコミカルな仕草が見所の一つでもあります。

シンプルなのに会場大爆笑でした。

 

さて、落語や色物のあとは、休憩をはさんで音楽の時間となります。

 

にゅう おいらんず

トランペット:小遊三、トロンボーン:昇太、ピアノ:伸之介、

サックス:三咲順子(☆コメントをいただき、追記しました)

バンジョー:右紋

ドラムス:高橋徹(プロ) ベース:ベン片岡(落語芸術協会職員、元ベーシスト)

 

さっきまで落語を演じていたメンバーが、雰囲気一変でビ・ツ・ク・リ!!

 

駄菓子について語った右紋師匠とはガラッと雰囲気が変わって

流暢なMCだけでなく、おしゃれにバンジョーをかきならしているし・・・。

ゆったり口調の落語で笑わせた伸之介師匠は、

キーボードできれいな音を奏でるし・・・。

 

トランペットとトロンボーンは大変なんでしょうね。

落語の達者ぶりとはまた別の、一生懸命吹いている様子も良かったです。

 

そうそう、右紋師匠は明治学院大学時代に落語とバンジョーをやっていたそうです。

このことに、会場内で一番驚き、深くうなずいたのは、

明学にいたアルフィーが好きな私であると断言できまーーす。v(^^)v

 

時間を忘れるような、楽しい寄席でした。

夏休みらしい、浅草の豪華な午後ですな~。

Img_2028  

|

« ついに東京体育館へ! | トップページ | 通信教育、その後 »

コメント

ご来場ありがとうございました。おかげさまで連日よく入っています。アルフィーは右紋師匠の後輩なんですね。サポートサックスは女優のみさきじゅんこさんです。自分も字を知らないんですが。

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2011年8月 6日 (土) 11:14

 を、生米丸師匠を観られたんですね。いぃなぁ。
 にゅうおいらんずは何年か前に観ました。その時は、昼席夜席ぶっ通しだったので、頭かウニになった記憶が。:-)

投稿: かめ | 2011年8月 6日 (土) 11:51

>三遊亭遊史郎師匠
隅田川の近くで聴く『たがや』もいいものですね。
みさきじゅんこさん、検索したら三咲順子さんだと判明しました。flair

アルフィーは在学中に芸能活動を始めて大学を卒業していませんが
桜井さんと高見沢さんは高校も明治学院なので
もしかすると同時に在学していたかもしれません。cherryblossom

>かめくん
寄席在席最長記録を達成しました。
昼夜ぶっ通しを達成するには、まだまだ修行が足りません・・・。

米丸師匠の高座は、いつの間にか「え?次どうなるの?」と
ひきつけられます。聴けてよかったです。

投稿: ようこ | 2011年8月 6日 (土) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/52399811

この記事へのトラックバック一覧です: にゅう おいらんず@浅草演芸ホール:

« ついに東京体育館へ! | トップページ | 通信教育、その後 »