« 第41回いわき帰省二日目その3(温泉、花火) | トップページ | 本日の時間割~地理、体育、音楽~ »

2011年8月21日 (日)

『第32回 遊史郎の落&P』~花火や幽霊~

8月20日、ダイニング でん助にて

落語とピアノの夕べ『遊史郎の落&P』を開催しました。

 

落語だけでスタートしたこの会も32回を数え、

電子ピアノが加わって30回目の節目となります。

 

初参加は1組で、他はリピーターのお客様。

1曲目の「ジュピター」を演奏中、道に迷った末、会場に到着したのは

かわいらしい小学生のお嬢さん2人とママでした。

 

映画音楽「夏の日の恋」で過ぎゆく夏の日を振り返り、

三遊亭遊史郎師匠の落語”たがや”の前に演奏するコラボ曲は

「世界の橋メドレー」。

”たがや”は、隅田川にかかる橋の上での花火にちなんだコミカルなバトル噺です。

 

ロンドン、アヴィニヨン、ハワイの橋に登場してもらい、

それぞれ音色を変えて演奏しました。(^o^)

 

さて、オリジナル出囃子で遊史郎師匠を迎えて

落語”たがや”が始まると、小学生たちも楽しそうに笑っています。

一人で群衆を演じる場面も見どころの一つでしょうか。

 

休憩をはさみ、高校野球のテーマ曲をアレンジして演奏しました。

私が30年近く前に高校野球に凝っていた頃の思い出話をすると

その時代を知っている方たちが、ウンウンとうなずいたりも・・・。

 

そして、落語二席目”不動坊”の前に選んだコラボ曲は「アンチェインド・メロディ」

1990年に公開されたアメリカ映画『ゴースト ニューヨークの幻』で使われました。

幽霊が出てくるホロリとさせられる映画でしたねぇ。

なんと、お客様の中で、アメリカで観たという方がいらっしゃいました。

 

落語”不動坊”は、夫を亡くした女性が四十九日も待たずに再婚しようとし、

その話を聞きつけた近所の人たちが夫のニセ幽霊を用意して

怖がらせようとする噺です。

ハチャメチャな幽霊作りとやる気のない雇われ幽霊に大笑い。

 

終演後は、遊史郎師匠も交えて打ち上げとなりました。

今回は一名様での参加も多く、また気軽に足を運んでいただければうれしいです。

ご来場、まことにありがとうございました。

 

次回は10月22日(土)を予定しています。今後とも応援よろしくお願いいたします。

|

« 第41回いわき帰省二日目その3(温泉、花火) | トップページ | 本日の時間割~地理、体育、音楽~ »

コメント

「ゴースト」も「菊次郎の夏」も好きな映画なので、そのテーマソングが聞けて、楽しくしゃべることができました。見終わった瞬間に忘れてしまう映画もあれば、時を経て記憶に残る作品もあります。「菊次郎の夏」は世界一周クルーズの船の中で妻と観ました(旅行ではなく、船内での落語の仕事でしたが)。音楽を聞くと頭の中に映画のシーンがよみがえり、なんとも嬉しい気持ちになります。

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2011年8月22日 (月) 09:15

>三遊亭遊史郎師匠
お疲れさまでした。
ゴースト世代の方も多いんだなーと思いながら弾きました。
映画音楽は、その方の大切な思い出がよみがえるそうで
高座にもよい影響があったとのことで私もうれしいです。
10月もよろしくお願いいたします。

#宝くじに当たったら世界一周クルーズに出かける夢があります。
#落語が聴けたら最高です。

投稿: ようこ | 2011年8月22日 (月) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/52533681

この記事へのトラックバック一覧です: 『第32回 遊史郎の落&P』~花火や幽霊~:

« 第41回いわき帰省二日目その3(温泉、花火) | トップページ | 本日の時間割~地理、体育、音楽~ »