« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

今年もバースデイ・ライブへ。

いつもピアノ教室の発表会でサポートしていただいている

ベーシスト 石澤由男さんのバースデイ・ライブへ出かけました。

ようこ夫も初めての参加です。

 

発表会で顔見知りの方たちも三々五々集合します。

その方たちをようこ夫に紹介しようとして

お名前を微妙に間違えてしまい、全員ズッコケたりしつつ開演を待ちます。

Piano_r1 

前半は、ビールや岩手の地酒を飲みながら(私はおあずけ)

間近で味わいのあるジャズの歌を聴きました。

 

後半は、ピアノ教室の先生や生徒さんも参加してのセッションタイム

お酒を飲みたい私は、今年も最初に2曲演奏させていただきました。

『G線上のアリア~ALL BY MYSELF』と

『追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて』です。

 

ドラムスは、発表会と同じく新井田耕造さん。(ドラムだけの写真ですみません)

Drums_r1 

波の音で始まるカノン、海辺の白い砂の中に光る貝殻が・・・。

よりキラキラ感のあるアレンジになりました。(^v^)

 

集まった生徒さんたちによるジャズなどの演奏もあり、

会場はとても和やかな雰囲気。

これも長きにわたり、発表会をサポートしてきた石澤さんの人柄ですね。

 

歌+ベース+ドラム、そしてピアノの先生も加わっての即興演奏はプロの技っ。

一同、

「すごいものを見てしまった!!!」

と大拍手でした。

 

ライブ後、岩手の日本酒を飲みながら話をしていたら

あららら、23時!すっかり長居してしまいました。

 

また来年も元気で伺えたらいいなと思える、温かな一夜のレポートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

夏休み

7月も残り数日、蒸し暑い日が続きます。

 

今日で今月分のハケンの仕事は無事に終了し、しばらく夏休みになります。

今月は同じ会社にいるようこ夫の学生時代のお友達さんと

何度もお会いしました。(^^)

 

夏休み中には、ピアノをあちこちで弾いたり、

ドイツ語の通信教育を提出する(自主的)予定があります。

 

こうしていろいろな活動ができるのも、少ない日数で働かせてもらえるおかげです。

夏休みにしっかりと栄養を摂って、また元気に仕事に戻れるように努めます。

 

さて、8月20日(土)には、ご好評いただいている『遊史郎の落&P』を開催いたします。

ご都合がつきましたら、ぜひ夏のひとときをらくぴーにてお過ごしください。

-----------------------------------------
「遊史郎の落&P」 (第32回)

8月20日(土)  木戸銭 1500円 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏(YOKO)   
 

17:30 開店 (18:50頃、一旦オーダーストップ)
19:00 ピアノ→落語   「たがや」
19:30 休憩 (19:50頃、一旦オーダーストップ)
20:00 ピアノ→落語   「不動坊」
    終演後、打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・時間は目安です。オーダーストップの時間等につきましては
 当日ご案内いたします。
・ご希望がございましたら、終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
-----------------------------------------
 

お早めのご予約をおすすめいたします。

ご予約は、mixiの三遊亭遊史郎コミュ、

もしくは私(PXN02635アットマークnifty.ne.jp)にて受付中です。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

単語暗記法

いろいろやっていると、何かしらがホコリをかぶってしまう毎日です。

今日は朝からドイツ語教室で密度の濃い授業を受けました。

 

授業の他、私は家で面白そうな単語暗記法に挑戦しています。

 

ドイツ語においては、男性名詞、女性名詞、中性名詞、ならびに複数形を丸暗記し、

的確に活用させると、「てにをは」のきれいな会話になります。

 

Img_1977  

100円ショップで買った箱(かご?)に

”OK”、”まあまあ”、”ダメ >_<”と貼りつけ、

オモテにドイツ語の単語、裏に意味を書いたカードを

トランプを配る要領で、どんどん該当の箱に入れていきます。

 

このやり方は、美容院の女性週刊誌を読んで知ったもので、

ハーバード大学に特待生で入った方が取り入れていたそうです。

そのような頭脳明晰な人の方法を、私も してみむとて するなり。

 

なるほど、真ん中の”まあまあの箱”がポイントのようです。

覚えたとは言い切れないが、全く覚えていないというほどでもない・・・という、

心のあいまいな部分をこの箱が吸収してくれるのです。

 

たしかに、この方法は暗記の助けになります。

より良い箱に単語カードを入れたい、という小さな向上心も芽生えたり。(^^ゞ

 

しかし、一週間ほどサボったため、また覚え直さなければならないことを

このブログ記事をきっかけに知ることに・・・。

 

片づけるとコンパクトになります。

文字通りホコリをかぶらないよう、なるべくこのシステムを使おうと思います。

Img_1979

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

ピアノいっぱいの毎日

ここのところの稼働配分はピアノが多めになっています。

ということで、日記風に活動をまとめました。

 

■7月21日(木)深夜

サッカー コパアメリカのパラグアイvsベネズエラ戦を見ながら

翌日のピアノボランティアに向け、最終選曲作業。

紙に曲目を書き並べて、頭の中でシミュレーションしながら

前や後ろに移動させます。

 

■7月22日(金)

毎月行っているデイケアセンターにて演奏しました。

かわいい雰囲気の『アマポーラ』

タンゴの名曲『ラ・クンパルシータ』が大人気でした。

 

■7月23日(土)

7月末に演奏させていただく予定の曲を猛練習

ちょうど隣の工事現場が2階部分に取りかかったため、

騒音・振動のどさくさまぎれに

こちらも窓を開けて公開リハーサル風に弾きました。

 

工事のおじさんたちの調子が悪くならないように・・・と思うと

なかなか集中できてよかったです。

 

■7月24日(日)

朝からピアノ教室へ。

アブナイ個所を再確認しました。

 

本番当日には、まとまった演奏ができるよう、

練習計画を立てつつ、新しい週に入ります。(^v^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

1日25時間?

今週は久しぶりの仕事でした。

私の仕事は節電に伴う勤務時間変更はなく、いつも通り。

 

しかーし、7月からようこ夫の出社時間が1時間早くなって初めての仕事で

時間配分にマゴマゴする毎日でした。

 

今までは私が先に家を出ていましたが、今月からはようこ夫が先です。

貴重な朝の1時間を朝食の食器洗いやゆっくりとした身支度に使い、

比較的余裕を持って駅に向かうことができました。

 

ところが、帰宅してからが大変!

ようこ夫が1時間早く帰ってくるため(=私が1時間残業したのと同じ状態)

帰宅後に何となくやっていた家のあれこれをやる時間がふっとびました。

 

あの時間はどこへ・・・?

ああ、朝に移動したわけですね。(^^ゞ

1日25時間になったわけではないのかぁ~、と激しく実感。

 

こんな雰囲気でしばらくバタバタして、慣れた頃に

ようこ夫の勤務時間が元に戻る予感がします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

祝優勝☆なでしこジャパン

今朝は3時半に起きて、ドイツでの女子サッカーW杯決勝戦を観戦しました。

 

それにしても、昨夜22時頃から数時間寝ておいてよかったです。

90分+延長戦+PK戦 というフルコースで、

アメリカとの決着がついたのは午前6時をだいぶ過ぎた頃でした。

 

実はこのW杯、私がいつも見ているドイツメディアのツイッター

開幕前からとても盛り上がっていました・・・ドイツが日本に負けるまでは。

 

ドイツが負けた途端、ツイッターからサッカー=Fussballの文字は激減し、

今度は日本にW杯の盛り上がりが移動してきたようです。

 

決勝戦のアメリカは、体も大きいし、しつこくて、

後半、女優みたいにきれいな人がチラチラ映るなーと思ったら、

いきなり得点する手強い選手だった(モーガン選手)・・・などなど、

一瞬も目の離せない試合となりました。

 

日本が勝つかな?と思えたのは、PK戦で

GK海堀選手が空中に飛び、足でボールを蹴り返したシーンでした。

一体、あのタイミングと位置をどうやって合わせるのでしょうか。

  

最後に、ドイツのYahooに出ていた記事の見出しより。

---

Die Japanerinnen schreiben Fußball-Geschichte,

その日本人(選手)たちはサッカーの歴史を書きます。

ihr Triumph ist der erste eines asiatischen Teams bei einer WM.

彼女たちの大勝利は、ワールドカップにおけるアジアのチームの初めてのものです。

---

なでしこジャパン、本当におめでとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

新しいテキスト

ブログにはあまり出てきませんが、私はドイツ語教室だけでなく、

月に3回ペースでポピュラーピアノを習いに行っています。

クラシックピアノから転向してもう10年以上になります。 

 

そして、今日から新しいテキストを使うことになりました。

Img_1951  

 

中を開いて2秒、3秒・・・。

 

ハノン風練習スケール(音階)、ジャズのコード(和音)理論、

ポピュラーのリズム(8ビートやボサノバなど)に合わせた奏法や伴奏の付け方、

うわわわ、盛りだくさん。>_<

 

これをマスターすれば、音楽が立体的に聞こえるような気がしました。

これをマスターすれば・・・。

 

しかし、不思議なものでポピュラーピアノの勉強は、

ドイツ語会話と通じる部分もあります。

 

会話の上達においても、

単語を覚えるだけでも、文法を覚えるだけでも足りなくて

発音や文章全体のイントネーション、その他諸々を気にしなければなりません。

 

いずれにしても、ポピュラーピアノもドイツ語会話も早道はなさそうです。

新しいテキストを使いながら現場で実践しつつ、

音楽の引き出しを増やしていこうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

朝食レポート 2011年6月下旬~7月中旬分

梅雨が明け、暑い日が続きます。

朝食もだんだんと夏仕様になってきました。

元気の素、6月下旬から7月中旬の朝食をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●6/20(月)

ドイツ語教室。

Img_1797  

・牛肉、ニンジン、小松菜、アスパラガスの炒めもの*
・豆腐とオクラのみそ汁
・さくらんぼ*
・一保堂 玄米茶

 

前日、9のつく日に安くなる肉屋さんで並び、牛肉を買いました。

ちょっとリッチな気分です~。

さくらんぼはアメリカンチェリーのような色ですが、国産です。

 

●6/21(火)

しごと。梅雨空。

Img_1800  

・焼き鮭、レタス*
・アスパラガス、うめしそドレッシング
・オクラと豆腐としめじのみそ汁
・さくらんぼ*
・料理屋さんのおばんちゃ(京都 錦市場で購入) 

 

前日のみそ汁にしめじを追加しました。

 

●6/22(水)

しごと。暑ーーーい夏至

Img_1803  

・肉じゃが
・枝豆*
・さくらんぼ
・一保堂 玄米茶

 

枝つき枝豆をゆでました。見た目はおいしそうなのですが

枝があると、鍋の中のお湯にうまく浸かってくれなくて

ハサミで枝を切りながら・・・でした。

 

●6/23(木)

しごと。

Img_1805  

・肉じゃが
・枝豆
・プリンスメロン
・一保堂 玄米茶

 

夏らしい食材が登場するようになりました。

この日の朝は、あまりの寝苦しさにギブアップ!

ご飯なしで、肉じゃがで昼までがんばることにしました。

 

●6/27(月)

ドイツ語教室。

Img_1806 

・はもの湯引き、トマト*
・絹さやとなめこのみそ汁
・とうもろこし
・一保堂 玄米茶

 

はもの湯引きをデパートで買いました。ヒンヤリ。

トマト、とうもろこし、絹さやは駅に売りに来ていたこだわりの野菜屋さんより。

 

●6/28(火)

家でドイツ語やピアノ。

Img_1809  

・そうめん、きゅうり、三陸のめかぶ、トマト、しょうが*
・絹さや入り玉子焼き
・水出し ルピシアの緑茶

 

いただきもののそうめんをゆでました。つるりーーん。

麺つゆは自家製で、前日に作って冷蔵庫で冷やしました。

 

ルピシアのお茶の名前が思い出せず・・・。>_<

九州のお茶だったと思うのですが、あっという間に飲んで袋を捨ててしまいました。

 

●6/29(水)

暑い。家でドイツ語やピアノ。そろそろ三日坊主の予感。

Img_1814  

・納豆、玉ねぎ*
・絹さや、トマトのサラダ*
・しじみのみそ汁
・一保堂 玄米茶

 

ようこ夫が前日飲み会だったため、しじみのみそ汁を用意しました。

全体的にあっさりしたメニューですね。

 

●6/30(木)

避暑を兼ねて丸の内に出かけました。今年も半分終わりです。

Img_1835 

・豚肉のしょうが焼き、玉ねぎ、絹さや、トマト
・しじみとみつばのみそ汁
・プリンスメロン*
・料理屋さんのおばんちゃ

 

玉ねぎと一緒に豚肉を食べるとさっぱりします。

暑い日のプリンスメロンもおいしいです☆

 

●7/4(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

節電関係でようこ夫の出勤時間が1時間早くなり、私も早起きしています。

外はとても明るく、夏を感じます。

Img_1903  

・目鯛の塩焼き、レタス
・ニンジン、豆腐、しいたけのみそ汁
・さくらんぼ
・水出し ルピシアの緑茶

 

旬の目鯛をオーストリア土産ので焼きました。

さくらんぼがおいしい季節です。

 

●7/5(火)

銀座で運動。

Img_1906  

・目鯛の塩焼き*
・ニンジンのぬか漬け*
・ざるそば*
・小松菜と厚揚げの煮びたし*
・さくらんぼ*
・水出し 一保堂 雲露

 

温かいそば用のレシピを見て作ったタレをざるそばに使ったら

ちょっと味が薄かったです。T_T

ニンジンがよい漬かり具合。

 

●7/6(水)

スカイツリーの近くで仕事先の飲み会。

いろいろな方と話ができてとても楽しかった~。

Img_1909  

・豚肉の豆板醤焼き、レタス
・とうもろこし
・小松菜と厚揚げの煮びたし*
・さくらんぼ
・水出し 一保堂 雲露

 

夏の味覚をワンプレートに盛りつけました。

とうもろこしが甘くておいしいです。

 

●7/7(木)

七夕。週末のピアノ発表会に向けて、練習や楽譜作りなど。

Img_1912  

・鮭の寒風干し、レタス、トマト
・小松菜と厚揚げの煮びたし*
・ご飯
・小松菜としいたけのみそ汁
・みかん
・一保堂 雲露

 

飲み会翌日、食事の準備が危ぶまれましたがなんとか間に合いました。

お茶は久しぶりに熱いものを。

 

●7/11(月)

梅雨が明けました。うぉーーー、暑い。

ドイツ語教室。

夜はアロマの香るライブハウスで、二胡や琴などの生演奏を聴きました♪

Img_1939  

・ウニ、海苔*
・ブロッコリー*
・みょうがと豆腐の吸い物、かぼす
・ハウスみかん
・一保堂 雲露

 

いわき市小名浜のお店が扱っているメキシコ産のウニです。

アツアツのご飯にのせてウニ丼風に。

 

かぼすは実家からの差し入れ。少しずつ食卓に登場してもらいましょう。

 

●7/12(火)

いやはや、暑いですな。家にいて、水仕事をいくつか完了。

Img_1943  

・豚しゃぶ、トマト、ブロッコリー、かぼす、そうめん*
・枝豆*
・一保堂 玄米茶(水出し)

 

さっぱりとサラダ仕立てのそうめんにしました。

ようこ夫が前夜に豚しゃぶを外食したそうで

朝からいつもに増してテンション低かったです。(^^ゞ

 

●7/13(水)

新宿のあちこちで買い物がてら涼んできました。

Img_1944  

・ぶりの塩焼き、かぼす
・きゅうりの梅和え*
・枝豆*
・豆腐、しいたけ、みょうがの吸い物
・ハウスみかん、ヨーグルト
・一保堂 玄米茶

 

連日、かぼすの活躍で夏らしいさっぱりとした味になっています。

久しぶりに熱いお茶を用意しました。

 

●7/14(木)

午前3時半から6時近くまで、なでしこジャパンの試合を観戦。

50分ほど仮眠してから朝食の用意をしました。頭グルグル~。

 

午後は涼しさを求めてタリーズでドイツ語を少し勉強しました。

Img_1949  

・キャベツの煮びたし(海老入り)*
・トマト、枝豆*
・ハウスみかん
・ミネラルウォーター

 

サッカーを見ながらダシを取り、仮眠をとった後に

キャベツと海老を煮ました。

残った分を夜に食べると、味がしみてよりおいしくなっていました。

 

---

今のところ、夫婦ともにバテることもなく元気に過ごしています。

原発がらみで食の安全についてもいろいろと報道されていますが、

季節の食材を取り入れ、しっかり栄養を摂って淡々と過ごしたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

三日坊主予報

何をやっても3日と続かない私。

日頃のアクティビティもこの三日坊主を念頭に置いて

計画を立てなければなりません。

 

青空の広がる昨日は、ちょっと多めに家のことをやっておきました。

なぜなら、今日から”家事をやりたくないサイクル”に入る予感がしたからです。

 

屋上に落ちたカラスのフン害に憤慨しながら水洗いしたり、

浴室乾燥機のフィルター掃除をしたり、

エッセンシャルオイルと重曹を使った芳香剤を作ったり、

スーパーに洗濯用洗剤などの消耗品を買いに行ったり・・・。

 

そういった中でひときわ大仕事だったのは、エアコンのフィルター清掃ですね。

何気なくエアコンのふたをカパッと開けたら、

あらまぁ、グレーのホコリが結構たまっています。

 

念のため、家の中のエアコンすべてを確認したところ、

ふとんを扱う寝室のエアコンが最も汚れていました。

 

掃除機で吸い取り、水洗いして乾かして、再びエアコンに設置。

試験運転すると、ふんわりとしたやわらかい風が吹いてきました~。

 

さて、本日は冒頭の予感に従い、家事とは離れたことをしようと思います。

3日もすればまた新鮮な気持ちで家のことをやりたくなるでしょうから、

そのときまでの小休止です。(^v^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

ドイツ語の発音

梅雨が明け、暑い日が続いていますねぇ。

私は東北野菜をモリモリ食べて、元気にしています。

 

さて、土曜日はピアノの発表会、

その余韻も残る月曜日はいつも通りドイツ語教室でした。

 

実は、ピアノの発表会の後にドイツ語を話すチャンスがありました。

 

自分の出番が終わり、ロビーで話していたところ、

私がドイツ語を習っていることを知っているピアノ仲間が、

知り合いのドイツ人と日本人のご夫婦を紹介してくれました。

 

おぉ、なんという突然の幸運

 

「はじめまして。私はピアノを○年間習っています」

から始まり、東京で5年間ドイツ語を習っていること、

住んでいる場所、出身地、いろいろな話をしました。

 

アジアな顔をした私がドイツ語を話すと、向こうも超ビックリ。

日本でドイツ語を話せることについて、とても喜ばれました。

また、Aussprache(ウスシュプラッヘ=発音)に驚いていました。

 

私はドイツ語教室では特に発音がよい方ではなく、

流暢というよりは、少々ぎこちない感じに聞こえるはずです。

どちらかというと、ドイツ語のややこしい文法を

独作文や会話にきっちりと使ってみようとするタイプだと思います。

 

それでも、先生が5年間根気よく直し続けてきた

「イッヒ リーベ ディッヒ

のような語尾を伸ばすことはない(はずだ)し、

ドイツ語の合間に

「えーっと」

と日本語をはさむこともないので、驚かれたのかもしれません。

  

習い始めの頃は、ドイツ在住経験もなく、今後も行く予定のないことを

すごく引け目に思ったりもしましたが、

今は、会話実践の後にダメ出しノートに気付いた点をメモして

次の日本での会話に備える生活もいいかな、と考えが変わってきました。

 

来週のドイツ語教室は祝日のためお休み。

忘れると思い出すのが大変なので、しっかり復習しておきます☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて~

7月9日の土曜日は新宿でピアノの発表会がありました。

 

演奏した曲は、『追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて~』です。

映画「追憶」の主題歌『The Way We Were』と

パッヘルベルの『カノン』をストーリー仕立てににアレンジして

プロのドラム、ベースと一緒に弾きました。

 

今年の2月までは、映画音楽を組み合わせて

さわやかな夏の香りのする曲をアレンジするつもりでした。

しかし、3月11日の地震と津波によって考えが変わりました。

 

学生時代に青春18きっぷで旅した東北地方を音楽で表現したい。

寄付するお金も瓦礫を片づける力もないけれど

再生への希望と祈りを楽譜に残すことはできないだろうか・・・。

そうした思いを先生と相談しながら数カ月かけて作っていきました。

 

ドラムによる波の音で始まり、

ゆったりとした列車の旅をイメージした『The Way We Were』。

有名な『カノン』につなげ、ベースとピアノが輪唱します。

 

すると、地響きのようなピアノの低音の連打が始まり、

たたみかけるような『The Way We Were』のメロディーが津波となって押し寄せ、

うねりが終わると、再生への祈りのフレーズが16小節。

実はこの16小節、カノンコードと言われる決まった和音の進行があり

それに合わせて私が作曲しました。(^^ゞ

 

再び『The Way We Were』の主題が登場し、

徐々に祈りから元に戻っていく様子を描きました。

 

Img_1924  

演奏前には先生の配慮で、マイクをお借りして曲の説明をさせていただきました。

 

さすがグランドピアノ、音の厚みもあり、

好調にうねうねと津波を演奏した直後、せっかくの再生への祈りのフレーズで

そのテーマの重さに手がプルプルプルプル。>_<

 

とにかくどうにか最後の波の音にたどり着くと、

言いたかったことを言い終えたようなほっとした感がありました。

 

聴いてくださった皆様、サポートメンバーの皆様、本当にありがとうございました。

おどろおどろしくならない、希望の光が見えるような曲に聴こえたらうれしいです。

そしてまた、次回の発表会に向けていろいろな音楽を吸収していこうと思います。

 

会場からの風景

Img_1930

 

Img_1932くらげちゃんから

清々しいお花を

いただきました(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

上野広小路亭の寄席へ

いつも落&Pでお世話になっている三遊亭遊史郎師匠が

上野広小路亭7月6日~10日まで昼の部の主任(トリ)を務められるので

8日(金)に出かけました。

 

入口には大きな看板が出ていました。

Img_19192  

バイオリン漫談のマグナム小林さんのところから聴き始め、

楽輔師匠のベテランの味わいで笑ったところでお仲入り(休憩)。

 

空調がよく効いていて、暑さでへばりそうな人にはありがたい環境です。

 

休憩が終わると、高座に講談用の机が用意されていて

講談 神田紫さんの登場です。

真面目な話し方なのに、内容はコミカルな

”張り扇”の使い方説明で、私は結構笑いました。

また、立て板に水のような話し方が印象に残りました。

 

続く、ハデなハワイアン衣装を着た松旭斎八重子さんとプラスワンの奇術。

スカーフを結んだりするシンプルな手品なのに

あの独特~な雰囲気は面白かったです。

 

5月に聴いた瀧川鯉朝師匠は、この日も新作落語でした。

子供が店屋物を頼む冒険をするのだけれど、

ちょっと図に乗って、食べ物ではないものを頼んでしまう・・・という噺。

 

実は前回、高座に扇子と手ぬぐいを忘れて出てきてしまったのですが

この高座では無事に持参していました。

 

三遊亭圓輔師匠の『短命』は、夫婦のあり方で笑える噺。

落語を聴き始めた5年前に比べて、

こういう噺を面白く感じるようになりました。ハハハ。

 

太神楽曲芸の翁家喜楽さん。

傘を回しながら玉を転がしたり、棒の上に器を置いて回したりする曲芸です。

夏らしい水を使った芸が涼しげで良かったです。

 

そして、トリに遊史郎師匠です。

三味線などの楽器の生演奏が噺の途中に入る、

”鳴り物入り”の『蛙茶番』でした。

 

町の人たちが出演する劇を上演するまでの噺で

主人公のふんどしのありかを注意深く聴くのがコツでしょうか。

お客さんたちも、その辺りに注意を払っているようでした。

 

最後、劇の場面では、生演奏と遊史郎師匠の動きがマッチして

より華やかな高座となった気がします。

 

以上、暑い夏の午後、バラエティに富んだ寄席のレポートでした。(^^)

 

Img_1921

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ペルヴィス、再び。

このところ、ドイツ語の勉強負荷が大きくなったドサクサまぎれに

運動する時間が激減してしまいました。

 

さすがにこれではイカンと思って、日中の暑い時間帯に

銀座のスタジオ・ヨギービューティー・ペルヴィスに一人参加しました。

あらまぁ、5月に行って以来です。(^^ゞ

 

マットの上に寝転び、インストラクターの指示に従って

体をねじってみると、メリメリバキバキ・・・というビューティーとは程遠い、

どちらかというと家の解体工事でふすまを壊すような音がしました。

 

辞書を引かなくていいのはうれしーなーーと思いながら、

右に左にゴロゴロと動き、レッスン後半には

「アイスクリーム食べたーい」などと考えるほどにリラックス

 

いやー、たまには運動しないといけませんね。

カフェに寄るとラッシュにあいそうだったので

銀座木村家で大好きな栗あんぱんを買って帰りました。

 

銀座で見かけた、おしゃれな笹の葉さらさら。

お願いするとしたら、体がメリメリいいませんように~、かな?

Tanabata  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

サマータイム中

7月からようこ夫の出社時間が一時間早まり、

今までより早く起きて朝食の用意をしています。

まぁ、早起きといってもすでに明るいので、まさにサマータイムという感じです。

 

今は、その後の貴重な一時間を時間をどう利用するか?を考えているところです。

 

月曜日は洗濯機をかけながら、病院ボランティアで弾く曲を練習をしてみたり、

今日火曜日は、ドイツ語の通信教育の独作文を書いてみたり、

明日、水曜日は三日坊主でウダウダする可能性もあるので

前倒しで通信教育をもう少し進めてみようか、などと計画しています。

 

しかし、正直に言うと、勉強よりも

居間の座椅子に座って、うちわであおぎながら

”変化のあったときにどう対応するか”を考えることだけで

時間を使いたいんですよねぇ・・・。(^^ゞ

 

さて、本日も次の工程に進みましょうか。

水分を摂りつつ、暑さに負けないよう過ごしましょう。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

『太平洋序曲』(2011.7.2夜 神奈川芸術劇場)

神奈川芸術劇場にて、ようこ夫と一緒に

戸井勝海さんが出演するブロードウェイ・ミュージカル『太平洋序曲』を観ました。

 

早めに横浜に行き、マリンタワーなどを観光したのち、

半年前に開館したばかりの劇場へ。

Kaat  

『太平洋序曲』は、鎖国中の江戸時代末期に

黒船がやってくる・・・という場面で始まる

日本を舞台にしたブロードウェイ・ミュージカル

作詞・作曲はソンドハイム、そして今回の演出は宮本亜門です。

 

一人が何役も演じるため、その早変わりや

「あの役者さんはどこ?」と探すのもまた面白いポイントです。

 

香山(八嶋智人)とアメリカ帰りのジョン万次郎(山本太郎)が

浦賀にやってきた黒船(アメリカ艦隊)と交渉するシーンは、

テレビでおなじみ、ちょっとした動きとの取り方で笑わせる八嶋智人らしさ満載。

 

山本太郎は、着物姿が似合っていて

見た目の迫力や機敏な動きで、見応えのある殺陣も披露しました。

 

そして、アメリカに続けとばかり、次々やってくるフランス、オランダ、ロシアに

ついつい開国OKを出してしまうヨワヨワな役を田山涼成が好演。

 

全体的に、歌を聴くとミュージカル経験者かどうかはわかってしまう感じでしたが、

戸井さんは、語りのような歌からハジけたアメリカ司令官の歌まで

幅広いジャンルに対応していました。(^o^)

いろいろな役に化けるので、で戸井さんかどうかを判別したりも・・・。

 

『太平洋序曲』。

歴史おんちの私が理解できるだろうか?という心配もありましたが、

「日本人ならこのぐらい知ってるでしょ」的な常識を求めるものではなかったので

素直にその世界に入り込めました。

 

海風が心地よい浦賀と同じ神奈川県で上演されたのもまた、

作品の満足度を上げたような気がします。

 

マリンタワーよりベイブリッジを眺めて。

Bridge_r1  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

初☆SKYBUS~東京スカイツリー・浅草コース~

昨日の丸の内へのお出かけ、美術館を観たら帰宅するつもりでしたが

通りすがりに東京駅近く 三菱ビル前でSKYBUSを見かけました。

Img_1851  

座れる場所は屋根なしの2階だけ、雨天の場合は傘は使用できず、

ビニール製ポンチョを着て観光します。

 

空模様が怪しかったのですが、家に帰っても暑いだけだし

雨に降られたとしても、ブログネタになるからいいやと

一年ほど前から縁のできた場所をめぐるコースに”衝動乗り”を決定、

出発10分前にチケットを買いました。

 

私は一人で、他2グループ、そしてアテンド(ガイド)と一緒に

東京スカイツリー・浅草コースに参加しました。

すべて車内からの観光です。

 

ガードをくぐる時の高さのイメージはこういう感じです。

Img_1854 

届きそうでも、ガードや標識にさわってはいけない、という注意がありました。

 

Img_1856東京らしい地名

 

 

 

 

 

この後、首都高に乗って隅田川沿いを走ります。

屋根なしでも走行OKなんですねぇ。びっくりです。

Img_1860  

 

スカイツリーがチラチラ見える中、アサヒビール登場!

Img_1868  

 

首都高を降りると、もうそこは浅草周辺です。

隅田川にかかる向こうの赤い橋が、吾妻橋

落語『文七元結』で、登場人物2人が出会う重要なシーンの舞台です。

Img_1869

 

吾妻橋の北にある言問橋を直進すると、東京スカイツリーがまっすぐ・・・、

のはずが、写真の腕前の都合により、曲がってしまいました。(^^ゞ

Img_1875 

 

スカイツリーの上にあるクレーンが、何か資材を吊り上げています。

このような工事風景ももうあと少し。

Img_1876

ツリーの根元を通ったら、東京駅方面に折り返します。

私がよく使う道も通りました。いやーー、なんだかうれしいですねぇ。

 

浅草 雷門。 

Img_1884 

 

 

 

 

 

傘をさしている人が見えます。

とはいえ、終始ポンチョでどうにかしのげる程度のパラパラ雨だったのは幸いでした。

バスから見てもちょうちんは大きかったです。

 

Img_1887合羽橋のビルの上

 

 

 

 

 

 

上野の西郷さんが森の色にまぎれてちらっ。

白い横断幕”まず確認”の右上あたりです。

Img_1889

 

寄席をやっている上野広小路亭が見えました。

来週伺います~。

Img_1891  

 

Img_1893秋葉原

原色系の看板多数。

 

 

 

 

 

 

 

秋葉原の街並みを見たのは・・・学生以来???

 

さあ、一路三菱ビルへ戻りましょう。

Img_1895_2  

 

80分あまりの行程でした。

東京生まれの東京育ちの私ですが、行動半径は新宿などの西側ばかり。

東にある名所をバスの上から一度に観光できて面白かったです。(^v^)

 

スカイバス http://www.skybus.jp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »