« 上野広小路亭の寄席へ | トップページ | ドイツ語の発音 »

2011年7月10日 (日)

追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて~

7月9日の土曜日は新宿でピアノの発表会がありました。

 

演奏した曲は、『追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて~』です。

映画「追憶」の主題歌『The Way We Were』と

パッヘルベルの『カノン』をストーリー仕立てににアレンジして

プロのドラム、ベースと一緒に弾きました。

 

今年の2月までは、映画音楽を組み合わせて

さわやかな夏の香りのする曲をアレンジするつもりでした。

しかし、3月11日の地震と津波によって考えが変わりました。

 

学生時代に青春18きっぷで旅した東北地方を音楽で表現したい。

寄付するお金も瓦礫を片づける力もないけれど

再生への希望と祈りを楽譜に残すことはできないだろうか・・・。

そうした思いを先生と相談しながら数カ月かけて作っていきました。

 

ドラムによる波の音で始まり、

ゆったりとした列車の旅をイメージした『The Way We Were』。

有名な『カノン』につなげ、ベースとピアノが輪唱します。

 

すると、地響きのようなピアノの低音の連打が始まり、

たたみかけるような『The Way We Were』のメロディーが津波となって押し寄せ、

うねりが終わると、再生への祈りのフレーズが16小節。

実はこの16小節、カノンコードと言われる決まった和音の進行があり

それに合わせて私が作曲しました。(^^ゞ

 

再び『The Way We Were』の主題が登場し、

徐々に祈りから元に戻っていく様子を描きました。

 

Img_1924  

演奏前には先生の配慮で、マイクをお借りして曲の説明をさせていただきました。

 

さすがグランドピアノ、音の厚みもあり、

好調にうねうねと津波を演奏した直後、せっかくの再生への祈りのフレーズで

そのテーマの重さに手がプルプルプルプル。>_<

 

とにかくどうにか最後の波の音にたどり着くと、

言いたかったことを言い終えたようなほっとした感がありました。

 

聴いてくださった皆様、サポートメンバーの皆様、本当にありがとうございました。

おどろおどろしくならない、希望の光が見えるような曲に聴こえたらうれしいです。

そしてまた、次回の発表会に向けていろいろな音楽を吸収していこうと思います。

 

会場からの風景

Img_1930

 

Img_1932くらげちゃんから

清々しいお花を

いただきました(^o^)

|

« 上野広小路亭の寄席へ | トップページ | ドイツ語の発音 »

コメント

ベース・ドラムが一緒だとリズミカルな曲を連想しますが、今回の
安らぎの曲もいい感じのトリオ演奏になっていましたねnotes
やはりアノ、ドラムの方が奏でるシンバルの波waveを表現したシャワシャワ~、
ワタクシのお気に入りですhappy01

途中の低音のピアノ伴奏をはさんでで前半・後半2部構成(?)の
ようになっていて、ストーリー性もありましたねconfident
このふたつの曲を組み合わせるのはご自身で思いついたのですか?
その為にはいろいろな曲を知っておかなくてはいけないですね~。
いい曲をたくさん聴いて、ピアノのアレンジに是非また活かしてくださいね。
ブーケtulipも掲載いただきありがとうございますwink
爽やかな雰囲気がそのまま綺麗に撮れてますねshine

投稿: くらげちゃん | 2011年7月10日 (日) 23:21

>くらげちゃん
今年もご来場ありがとうございましたribbon
いただいた花束は、家の中の涼しいところを選んで
時々刻々と移動しつつ(笑)、目を楽しませてくれています。

今回のアレンジ、一番最初に決まったのが波の音で
当日、プロドラマーにこちらの希望を伝えて演奏していただきました。
気に入ってもらえてとてもうれしいです。scissors

はい、選曲した2曲は私が決めました。
『追憶』はボランティア先でリクエストされた曲で
おっしゃるように、いろいろな曲を知っていると
アレンジのアイディアも出やすいかなと思っています。

弾き終わると同時に、次のネタ切れが心配になる発表会、
また新たなアレンジ目指して精進していきまーす。horse

投稿: ようこ | 2011年7月12日 (火) 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/52172045

この記事へのトラックバック一覧です: 追憶のカノン~2011年、海辺の町に思いをよせて~:

« 上野広小路亭の寄席へ | トップページ | ドイツ語の発音 »