« 日本の歌、イギリスの歌 | トップページ | 定点観測☆ »

2011年6月13日 (月)

勉強の芸風

今日はドイツ語教室の後、かなりラッキーなことに

クラスメート全員の予定が合ったため、半年ぶりにランチをしました。

 

ダシの効いたおいしいカレーとナンを楽しみながら、

いつドイツ語を勉強しているのか?

おいしーー。

どんなことを勉強しているのか?

おいしーーー。

など、いろいろな話ができました。

 

まとめて緻密に学習する方、

特に積極的な目標はもっていないけれど、能力の高さでカバーする方、

勉強自体が好きで、時間があればドイツ語と向き合う方、

それぞれの話を興味深く聞きました。

 

メンバーの中に鋭い観察眼の方がいて、

「めげずに向かっていきますよねーーー」

とのこと。

 

自分の芸風はあまり客観的に分かっていないのですが

たしかに、言いたいことがあると、何か文章を作って

どうにか伝えようとする傾向はあるかもしれません。

 

そして、修正された個所やよりよい表現を忘れないように

表紙に「これは私のノートです」と書いた”ネタノート”にメモっています。

 

勉強の仕方は人それぞれ。

私はちゃんこ風な向かっていく性格を活かして

ホコリをかぶりはじめた通信教育の教材にも手をつけましょうかね・・・。(^^ゞ

|

« 日本の歌、イギリスの歌 | トップページ | 定点観測☆ »

コメント

ドイツ語、自然体で楽しく続けていらっしゃいますね♪
やっぱりお仲間がいると良い刺激をいただいたり、差し上げたりすることが出来ますね。
先日の「通信講座」の日記も興味深く読ませていただきました。
在独中に仲良くしていたピアノの先生に日本の文化を紹介するときにちょっとお役立ちだった本です。(狛犬も出ていましたよ~)
「難訳語中心 日本文化紹介小和独事典 」
辞書スタイルになっていて、なかなか面白い本です。でも絶版なのかしら・・・アマゾンだと出品者からの購入が出来るようです。
外国人と異文化を紹介し合うというのは、とても楽しいことですよね!!


私も今後、ドイツ語とどのように向き合うか・・・考えています。
何か舞台(試験?)という目標がないとなかなか身が入らない「芸風!?」なのですが、ゲーテも独検も次なるハードルとなるとなかなか「楽しんで勉強」と言うには少々(いや、かなり)高くなってしまっているので、迷いどころです。
まずは翻訳の通信教育を再開しようかな・・・(私が以前やっていたものと、ようこさんが始められたものと同じ学校のもののようですね!!)

投稿: まろーね | 2011年6月14日 (火) 07:26

>まろーねさん
こんにちは。
熱心なクラスメートに引っ張られて、何とか続いています~。

本のご紹介ありがとうございます。flair
残りわずかだったので、あわててアマゾンから注文しました。
最後は自分の言葉で説明するとしても、観点のヒントがあると助かります。

独検やゲーテの上級資格は、なかなか難しそうです・・・。
興味のある内容を”ちょっと大変、でも楽しい”ぐらいで
勉強できる目標(舞台)があるといいのですがねぇ。

まろーねさんと同じところの通信教育book、がんばります。

投稿: ようこ | 2011年6月14日 (火) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/51936178

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強の芸風:

« 日本の歌、イギリスの歌 | トップページ | 定点観測☆ »