« フラガールの心意気☆ | トップページ | 2011年5月の東京街なか風景 »

2011年5月23日 (月)

赤坂へ歌を聴きに。

5月22日は、赤坂の閑静な地にあるドイツ文化会館 OAGホール

ようこ夫と一緒に出かけました。

 

『加耒徹リサイタル Vol.3』~ドイツと日本の歌曲&オペラの魅力~

と題された会で、開場前から上品なご婦人の大行列!

 

私たちはピアノの手の見える下手(しもて)側に座り、

バリトン(加耒[かく]徹)、ソプラノ(村元彩夏)、

メゾ・ソプラノ(梁取[やなとり]里)、ピアノ(松岡あさひ)の演奏を聴きました。

 

みなさん、東京藝術大学の大学院を修了した若手の実力派たちです。

 

加耒さんのコミカルな日本の歌、早口言葉のようなオペラの名曲、

端正に歌うドイツリート、それぞれを楽しめました。

以前より、表情豊かになったかな?

 

ソプラノの村元さんは、ツヤのある声で

ドイツの曲にキラキラした色づけがされたようで、とても魅力的です。

 

また、メゾ・ソプラノ梁取さんの歌を聴いていると

ドイツ語がとてもよく耳に入ってきて、詩の意味を考えることができました。

 

松岡さんのピアノは、しっかりとしていて

曲ごとにぱっと雰囲気を変えるクレバーな感じが気に入っています。

歌を聴きつつも、楽譜や手元に思わず目が行きました。

 

これからもどんな引き出しが開くのか、とても楽しみです。

 

帰りはドイツ料理の店に寄り道して

リサイタルのことを話しつつ、ビールで乾杯

音楽のある休日もいいものだと思いました。

 

加耒徹オフィシャルサイト 

|

« フラガールの心意気☆ | トップページ | 2011年5月の東京街なか風景 »

コメント

とってもドイツな休日だったんですね・・・♪
ドイツリートってイタリア語の歌曲とまた違った落ち着いた風情が魅力ですよね~
私は意味が理解出来るほどのドイツ語力がないのが残念ですが(笑)、聞き覚えのある単語が登場するだけでも、なんとなく耳に心地良いというかなんというか・・・
ドイツ料理、住んでいるときはあまり有難く感じませんでしたけれど、今となっては懐かしいメニューが目に浮かびます。
最近、なんだかドイツホームシック(!?)かも・・・

投稿: まろーね | 2011年5月23日 (月) 21:53

>まろーねさん
ドイツの歌曲はあまりよく知らなかったのですが
メロディーもとてもきれいで、落ち着きました。
明るくパワフルなイタリアの歌もよかったです♪

今日は日比谷公園のオクトーバーフェストで
ブラートヴルストやザワークラウトなどを食べました。
所用のため小一時間ぐらいしかいられませんでしたが、
公園の中がドイツっぽくなっていて楽しかったです。

投稿: ようこ | 2011年5月24日 (火) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/51750209

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂へ歌を聴きに。:

« フラガールの心意気☆ | トップページ | 2011年5月の東京街なか風景 »