« よく読む記事 | トップページ | お酒は好きだけど。 »

2011年5月16日 (月)

トウキョウ・ライゼフューラー

いつものドイツ語教室の帰り、

受験を検討している試験の案内をもらうため、東京都庁に出かけました。

 

この試験は、ドイツ語で日本の文化を説明する内容も含まれていて

レベルが自分に合うかどうかを調べているところです。

 

さて、その案内を受け取った後、1階の観光案内コーナーで

ドイツ語の東京旅行ガイド(トウキョウ・ライゼフューラー)を見つけました。

 

以前も、都庁でこの案内を家に持ち帰ったことがあるのですが

あまりにも分からない単語が多くて挫折・・・。(^^ゞ

 

今回は係の方にドイツ語を勉強していることを話し、

多少堂々と!?、名所の説明の載ったリーフレットと地図をいただきました。

Img_1632 

Img_16302  

ふむふむ。

ドイツ語フィルターをかけると、東京が新鮮に見えてきます。

もう少し読んでから、試験への感触を判断しようと思います。

|

« よく読む記事 | トップページ | お酒は好きだけど。 »

コメント

私も区役所に中国語で書かれた生活ガイドがあったのでこっそりともらってきました。
そしてもちろん挫折中です。coldsweats01
あくまで中国語を使う人のためのガイドであって、学習者向けの内容ではないからしょうがないですが。
中国人は漢字で書かれているものはすべて中国語の音で読んでしまいます。大阪は「だーばん」、新宿は「しんすー」と発音しないと通じません。固有名詞も中国語読みという点が他の言語のガイドさんとは違う点かなと思うところです。
おまけ: 東京タワーは「とんちんたー」(东京塔、東京塔)、東京スカイツリーは「とんちんてぃえんこんしゅー」(东京天空树、東京天空樹)です。

投稿: けいいち | 2011年5月17日 (火) 14:52

>けいいちくん
さすが”ライバル”、外国語のガイドをもらっていたとは!(笑)
生活ガイドの方が、旅行ガイドよりややこしいことが書いてありそうです。

なるほど、中国語だと、日本語の地名を中国語の読み方で発音するのですね。
ドイツ語はなるべく日本の発音に合わせようとしますが、
Marunouchi=マルノウヒ、Shinjuku=シンユク など
ドイツ語風になることがあります。

東京タワーは Der Tokio Turm(デア トキオ トゥルム)、
こういう地名への考え方も文化を学ぶことにつながって興味深いです。

投稿: ようこ | 2011年5月18日 (水) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/51688051

この記事へのトラックバック一覧です: トウキョウ・ライゼフューラー:

« よく読む記事 | トップページ | お酒は好きだけど。 »