« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

保冷剤の居場所

梅雨に入りました。

こういう日は、家でおとなしく片づけをすると意外とはかどります。

今日はかねがね気になっていた冷凍庫にある保冷剤を整理しました。

 

小さいビニール袋に入った水を凍らせて使う保冷剤。

おもにデパ地下でもらい、使い捨てしていました。

 

しかし、2ヶ月ほど前に保冷バッグを衝動買いしてからは

買い物に出かける際に、家にあるキンキンに凍った保冷剤を入れ、

よく冷やしたバッグで魚などを持ち帰りました。

 

・・・などとやっていると、冷凍庫の中にはどんどんと保冷剤が増殖するのです。

Img_1671

 

そこで、100円ショップで-20度からOKのケースを購入。

家の広さが決まれば、これ以上増えることはないでしょう。

Img_1676  

開け閉めすると、ケースが移動するという問題点がありますが

それについては、またいずれ考えることにします。

 

尚、後ろにちらちら見えているPinoの箱にはたった3粒しか入っていませんでした。

2粒は、この整理のお駄賃として私がもらったことをご報告します。(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

外食気分

金曜日の午後、デパ地下で買ったおにぎりやサラダ、

そしてPastelのプリンとゼリーを持って(担いで?)

産前休暇中のMOTOKOさん宅を訪問しました。

 

ずーーっと働いていた生活が一変し、

昼間、家にいるのはどんな感じでしょうか。

 

約4時間、話題はあっちに飛び、こっちに飛び、

ミシンや手作りの衣類などを見せてもらっていたら、

あらまぁ通勤ラッシュ直前の時間。

名残惜しいですが、おいとましなければなりません。

 

MOTOKOさんとは、新宿の食べ放題などによく一緒に出かけました。

これからしばらくはそういうお出かけもできないでしょうけれど

ちょっと奮発して惣菜を買い、家の中で外食気分を味わうのも

気兼ねがなくて楽しいものです。

 

また、平日の昼間、時間ができたら遊びに寄らせてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

2011年5月の東京街なか風景

今月の仕事も無事完走≡3

ちょっとほっとしているところです。

同じ会社にいるようこ夫の学生時代のお友達さんとも何度かお会いしましたよ~。

 

今週は街の中に出て、いろいろな景色を見ることができました。

今ならではの写真をアップします。

 

まずは、日比谷公園でのオクトーバーフェスト

都心の緑の拠点に、お店がたくさん出ていました。

ご近所の元同僚のみなさんはお元気でしょうか?

 

午後7時だというのに、臨時のビアホール席はほぼ満席で

私はここの一番人気、細長いグラスのビールを立ち飲み しました。

グラスがよく冷えていて、ずっと持っていると投げ出したくなるほど!

Bier1_11  

Bier22  

 

ビールではありませんが、東北SAKEフェスタに引き寄せられ、

二本松と会津の日本酒を買いました。

Sake  

 

ところ変わって、東京スカイツリー。

まもなく見慣れたクレーンが下ろされるそうです。

 

今度通る頃には、このクレーンたちはどうなっているでしょうか。

Tree2  

 

こちらは駅や電車内で「かーーーわいいーーー!」と思った図柄です。

Poster2  

この絵を見たら、あの車内の熱風

少しはガマンできそうな気がしないでもありません。

また駅のどこかで会いましょう。(^o^)

 

以上、東京の街なか風景をお送りしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

赤坂へ歌を聴きに。

5月22日は、赤坂の閑静な地にあるドイツ文化会館 OAGホール

ようこ夫と一緒に出かけました。

 

『加耒徹リサイタル Vol.3』~ドイツと日本の歌曲&オペラの魅力~

と題された会で、開場前から上品なご婦人の大行列!

 

私たちはピアノの手の見える下手(しもて)側に座り、

バリトン(加耒[かく]徹)、ソプラノ(村元彩夏)、

メゾ・ソプラノ(梁取[やなとり]里)、ピアノ(松岡あさひ)の演奏を聴きました。

 

みなさん、東京藝術大学の大学院を修了した若手の実力派たちです。

 

加耒さんのコミカルな日本の歌、早口言葉のようなオペラの名曲、

端正に歌うドイツリート、それぞれを楽しめました。

以前より、表情豊かになったかな?

 

ソプラノの村元さんは、ツヤのある声で

ドイツの曲にキラキラした色づけがされたようで、とても魅力的です。

 

また、メゾ・ソプラノ梁取さんの歌を聴いていると

ドイツ語がとてもよく耳に入ってきて、詩の意味を考えることができました。

 

松岡さんのピアノは、しっかりとしていて

曲ごとにぱっと雰囲気を変えるクレバーな感じが気に入っています。

歌を聴きつつも、楽譜や手元に思わず目が行きました。

 

これからもどんな引き出しが開くのか、とても楽しみです。

 

帰りはドイツ料理の店に寄り道して

リサイタルのことを話しつつ、ビールで乾杯

音楽のある休日もいいものだと思いました。

 

加耒徹オフィシャルサイト 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

フラガールの心意気☆

5月21日(土)、新宿タカシマヤにフラガールがやってきました。

映画『フラガール』によると、

1965年に常磐炭鉱縮小に伴う町おこしとして発足したダンシングチームです。

フラの先生を東京から呼んで指導してもらうシーンが印象的でした。

 

2011年5月現在休業中のいわき市にあるスパリゾートハワイアンズより、

全国 きずなキャラバンとして避難所を周ったのち、

一般の人に公開される初めての場所が、ここ新宿でした。

 

ようこ夫と私は2日間のショーのうち、一番最初の回を観に行きました。

予想通り、前方の席はとっくに埋まっていて、黒山の人だかり

持ち物などから、フラをやっていそうな方もたくさん見かけました。

Img_1648

 

フラガールたちの掛け声が聞こえる中、始まりを待っていると

まずは社長からの復興を目指すご挨拶。

そして、観光庁長官からの励ましの言葉、

フラガールからのメッセージなどが続き、いよいよダンスです。

 

こちらの写真は、手を一瞬上に挙げて撮影したものです。

Img_1651  

 

Img_1653  

 

この青い衣装のフラが始まったとたん、カメラが頭上ににょきにょき現れました。

私からも人の頭の間から、ちらちらしか見えませんでしたが

静かな曲で、気持ちがよく伝わってきました。

Img_1655  

 

それにしても、何もかも便利になった2011年に全国巡業をするとは・・・。

グチらず、出来ることを実行していくフラガールたちの心意気を感じました。

 

尚、この日は映画『フラガール』で松雪泰子さんが演じた厳しいフラの先生、

カレイナニ早川先生も客席にいらしている、と紹介されていました。

 

いつの日かまた、ハワイアンズの舞台で踊れる日が来ますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

靴がなる♪

昨日は月に一度のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

毎月、季節の歌を3曲取り入れるプログラムなのですが

こいのぼりが過ぎ、梅雨の前のこの時期は歌選びに苦心します。

 

結局、季節を表す言葉のない3曲を選びました。

 

さわやかな朝の風景が描かれた『牧場の朝』

オランダとの交流のあった福島県 岩瀬牧場が舞台です。

 

とぼとぼと道を歩く『叱られて』は、民謡調のシブい歌。

子供時代を思い出すそうで、高齢者に人気があります。

 

♪おーてーてーーつーないでぇーーー で始まる

『靴がなる』は、ピクニックに出かけたくなるような

かわいい感じのメロディーですが、

実は『叱られて』と同じ方の作品です。

(作詞:清水かつら 作曲:弘田龍太郎)

 

・・・などと、いろいろ書きましたが、

10年前にボランティア活動を始める前に知っていた曲はなく、

毎月毎月、童謡全集の楽譜をめくったり、

リクエストを受け付けたりして覚えました。

 

少々大変ではありましたが、

利用者のみなさんが楽しそうに歌っているのを見ると

”歌”という文化を次世代につないでいるようにも思えます。

  

来月は梅雨の歌でしょうか。

降り続く雨はうっとうしいですが、名曲も多いので選びやすそうです。(^v^) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

お酒は好きだけど。

私はお酒が好きで、夕食時に缶ビールを開けたり、

土日のお昼、ラーメン屋さんで中ジョッキを飲んだり、

アルコールのある生活を楽しんでいます。

 

しかし、これがピアノの練習との兼ね合いを考えると

実にマズイ相性で、試合前に体重を落とすボクサーのように、

私も飲酒量を計画的にコントロールしなければなりません。

なんだか大げさな比喩ですが・・・。(^^ゞ

 

眠くなるといったことではなく、お酒を飲むとリラックスして

超楽観主義者になってしまうのですね。

「いやーー、今日は気分がよい。練習は明日でもよかろう。ハッハッハ

ぐらいの気分になるので、自主規制しているワケです。

 

だから、『遊史郎の落&P』やピアノの発表会の後のお酒が

どれだけおいしいか!

 

そんなおいしいお酒が飲めそうな機会は、6月18日(土)です。

しっかりと練習して、ご来場をお待ちしております。

 

-----------------------------------------
「遊史郎の落&P」

6月18日(土)  木戸銭 1500円 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏(YOKO)   
 

17:30 開店 (18:50頃、一旦オーダーストップ)
19:00 ピアノ→落語   「鈴ヶ森」
19:30 休憩 (19:50頃、一旦オーダーストップ)
20:00 ピアノ→落語   「文七元結」 ☆60分近い大作の落語を間近で!☆
21:00頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・時間は目安です。オーダーストップの時間等につきましては
 当日ご案内いたします。
・ご希望がございましたら、終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
-----------------------------------------

☆ご予約は、mixiの遊史郎コミュ、mixiのようこ宛メッセージ、もしくは
 メール PXN02635アットマークnifty.ne.jp  にて受付中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

トウキョウ・ライゼフューラー

いつものドイツ語教室の帰り、

受験を検討している試験の案内をもらうため、東京都庁に出かけました。

 

この試験は、ドイツ語で日本の文化を説明する内容も含まれていて

レベルが自分に合うかどうかを調べているところです。

 

さて、その案内を受け取った後、1階の観光案内コーナーで

ドイツ語の東京旅行ガイド(トウキョウ・ライゼフューラー)を見つけました。

 

以前も、都庁でこの案内を家に持ち帰ったことがあるのですが

あまりにも分からない単語が多くて挫折・・・。(^^ゞ

 

今回は係の方にドイツ語を勉強していることを話し、

多少堂々と!?、名所の説明の載ったリーフレットと地図をいただきました。

Img_1632 

Img_16302  

ふむふむ。

ドイツ語フィルターをかけると、東京が新鮮に見えてきます。

もう少し読んでから、試験への感触を判断しようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

よく読む記事

大震災以来、余震だけでなく原発の様子も気になる日が続きます。

私はこの2ヶ月、新聞のコラムや週刊誌のエッセイをよく読んでいます。

 

こういう大きな出来事があると、筆者の考えがはっきりと出てきて

自分の考えに合うもの、合わないものがあることに気づきました。

 

好きで読んでいる記事は4つあります。

 

日本経済新聞の夕刊に連載されているコラムで

水曜日のドイツ文学者・エッセイスト 池内 紀(おさむ)氏

そして土曜日の脚本家 内館 牧子氏

 

池内氏は、読書が苦手な私もスススーッと読める文体でありながら、

内容はヨーロッパや文学に対する造詣の深さが感じられて

世界の中の日本という目線で読めます。

 

朝青龍との対決が強い印象に残っている内館氏のコラムは、

日本語の使い方や政府の委員会参加を通して、今の世の中を切り取ります。

辛口な中に被災地の苦しみが浮き彫りになるところに唸らされます。

 

毎週のように買っている『週刊文春』にも多くのエッセイが載っています。

 

政治がダメだから系、チャリティ参加系、地震に触れない系などの中、

哲学者 土屋賢二氏の”ツチヤの口車”と

作家 伊集院静氏の”伊集院静の「悩むが花」”は欠かさず読んでいます。

 

”ツチヤの口車”は、ナンセンスなユーモアたっぷりの文章で笑わせます。

しかし、行間には科学リテラシーの高さがうかがわれ、

理系出身の私も、イライラせずに心おだやかに読めます。

 

妻 夏目雅子さんを血液のガンで亡くした伊集院静氏は、

Q&A方式の回答欄でズケズケと、しかし相手に逃げ道を残した口調で

ご自身の考えを述べます。

 

土屋氏、伊集院氏、どちらのエッセイにも現実を受け入れ、

これからどう生きていくのかを考えていく点が共通しているでしょうか。

 

コラムやエッセイの好みはひとそれぞれ。

気に入った作家のものが見つかったら、

一通りウォッチしてみるのも面白いかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

朝食レポート 2011年4上旬~5月上旬分

久しぶりの朝食レポートです。

4月にアップしそびれていたので、5週分となります。

長いですが、どうぞお付き合いください。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●4/4(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

Img_1247  

・まぐろ納豆丼
・小松菜と油揚げの煮びたし*
・きゅうりのぬか漬け*
・しめじとねぎのみそ汁
・土佐文旦
・一保堂 雲露

 

毎朝、ご飯を器によそうのはようこ夫の役目です。

丼ものにしたいので、平たい皿を用意しておいたら

いつもと同じ茶碗を使っていたので、

各自がまぐろと納豆をのせることにしました。

 

きゅうりは近所のスーパーで買った福島県須賀川市のものです。

 

●4/5(火)

たまった家事を片づける日。

Img_1249  

・メゾンカイザーのパン*
・焼きポテト*
・ミニトマト、きゅうり、玉ねぎのサラダ
・土佐文旦
・スターバックスコーヒーのハウスブレンド

 

先週買って冷凍しておいたメゾンカイザーのパンを焼き網であぶりました。

香ばしく解凍できるのが不思議な感じです。

新じゃがも一緒に焼きました。

 

●4/6(水)

上野でお花見、有楽町で東北野菜の買い物。

Img_1251  

・しらす梅しそご飯
・小松菜の煮びたし*
・まいたけとねぎのみそ汁
・一保堂 雲露

 

毎晩、ようこ夫の帰宅が遅く、夜も朝も軽めにしました。

さっぱりしたお茶と一緒にあっさりした食事です。

 

●4/7(木)

新宿で買い物。

Img_1300  

・煮ぬき卵*
・かぶのぬか漬け*
・まいたけとねぎのみそ汁
・いちご
・抹茶黒豆玄米茶

 

煮ぬき卵で使ったみつばいちごは、有楽町の交通会館で開かれている

がんばれ東北イベントで買った茨城産です。

どちらも新鮮でおいしかったです。

 

●4/11(月)

ドイツ語教室。

Img_1331  

・豚肉のソテー、レタス、アスパラガスのドレッシングがけ
・赤えのきとねぎのみそ汁
・いちご*
・一保堂 雲露

 

先日、有楽町で買った野菜などを使った朝食です。

レタスをこれだけバリバリ食べられるのはうれしいことです。

 

●4/12(火)

新橋でのいわきのイベントにお出かけ。

Img_1332  

・ぶり大根、みつばのせ*
・赤えのきうどん(関西風だし)
・いちご*
・加賀棒茶

 

茨城の大根を煮込みました。

煮込んだ後、大きな余震が来たので部屋の中を鍋を持って右往左往・・・。(^^ゞ

 

●4/13(水)

夜は渋谷で飲み会。

Img_1361  

・さつま揚げ、みつばのせ
・レタス、トマト*
・蒸しさつまいも
・赤えのきと大根の葉のみそ汁
・一保堂 雲露

 

さつま揚げは、ようこ父からの差し入れです。

 

トマトはいわきのイベントで買ったもので、皮がやわらかいので

そのまま食べられます。

 

さつまいもはセイロで蒸しました。

ベタっとすることなく、さっぱりとやわらかい蒸し上がり。

 

●4/14(木)

家で内職仕事。

Img_1380  

・ぶり大根、みつばのせ(冷製)*
・いわきのトマト、霞ヶ浦のきゅうり、ぽん酢がけ*
・いちご*
・抹茶黒豆玄米茶

 

ご飯は小さな茶碗を さらに2人で分けました。(^^ゞ

冷やしたぶり大根はさっぱりとして、飲み会翌日にも食べやすい一品でした。

 

●4/18(月)

ドイツ語教室&福祉関係の会計の仕事。

座るヒマもないほどあわただしい一日。

Img_1383  

・豚肉となす、ピーマンのみそ煮
・そらまめ*
・デコポン(写真なし)
・一保堂 雲露

 

なすとそらまめは、駅のコンコースでの出張販売にて購入しました。

少し高いけれど、おいしい野菜です。

ハードな一日のため、スタミナをつけなければー。

 

●4/19(火)

しごと。

Img_1388  

・豚肉となす、ピーマンのみそ煮*
・酢ばす*
・豆腐、まいたけ、ねぎのみそ汁
・デコポン
・加賀棒茶

 

レンコンを買ってきてさっとゆで、酢に漬けました。

こってり系の豚肉料理をさっぱりさせ、よい組み合わせだと思いました。

 

●4/20(水)

しごと。

Img_1397  

・さつまいも
・れんこんの直がつお煮
・まいたけとねぎのスープ*
・りんご
・ミネラルウォーター

 

前日の夕食が終わったのが午前0時。

朝は少なめにしました・・・。

 

●4/21(木)

しごと。

Img_1400  

・しらす納豆*
・なすのぬか漬け*
・れんこんの直がつお煮*
・りんご*
・一保堂 雲露

 

この日も朝を少なめにしました。

ぬか床にカレー粉を少し入れてあるのですが

なすにもかすかにカレー味がついていました。

結構おいしいんです。

 

●4/25(月)

ドイツ語教室。

Img_1418  

・さわらの南部焼き、酢ばす
・ニンジン、豆腐、えのきだけのみそ汁
・加賀棒茶

 

さわらが焦げたように見えますが、黒ゴマとしょうゆの色です。

ずっと高かった旬のさわらが少し手ごろになったので

今年、家で初めて食べました。

 

●4/26(火)

しごと。

Img_1421  

・しらすご飯
・酢ばす
・ニンジン、豆腐、えのきだけのみそ汁
・いちご*
・一保堂 雲露

 

あるものでどうにか朝食を用意しました。

お昼には本格的にお腹がすきました・・・。

 

●4/27(水)

しごと。

Img_1423  

・よもぎ天、酢ばす
・ミニトマト、レタス
・あさりと豆腐のみそ汁
・いちご
・抹茶黒豆玄米茶

 

久しぶりにあさりを使ったみそ汁です。

連休までもう少し。

 

●4/28(木)

しごと。

Img_1425  

・豚肉、えのきだけ、レタスの炒めもの*
・トロワグロのくるみパン*
・いちご、ヨーグルト
・コーヒー

 

翌日から出かけるため、冷蔵庫の中を大整理

トロワグロのパンは冷凍しておいたものを

ガスコンロの上に置いた網でトーストしました。

 

☆連休は朝食をお休みいたします☆

  

●5/9(月)

ドイツ語教室。

Img_1588  

・さわらのキムチ炒め*
・りんご*
・一保堂 雲露

 

料理本に出ていたさわらの炒めものを作りました。

タケノコや豆腐も入っていて、気軽に野菜を摂ることができます。

さわらは和食のイメージがありましたが、

少し歯ごたえのある食感を含めてこういう料理にも合うんですねー。

 

●5/10(火)

銀座で久しぶりの運動。

Img_1604  

Img_1605

・サンマルクのパン*
・卵とトマトのココット
・ブロッコリー
・りんご
・コーヒー

 

前日は、新宿のサンマルク

休みをとったようこ夫とコース料理を食べました。

そのときにおみやげでいただいたパンを焼き網で温めました。

 

ようこ夫は温かいトマトが苦手のようで

怖がりながらココットを食べていました。(^^ゞ

私は酸味があってけっこう好きなのですが・・・。

 

●5/11(水)

家で雑用あれこれ。

Img_1609  

・まいたけご飯
・ブロッコリー
・ゆで卵
・日光の湯葉、しょうがのせ
・わかめとみつばのみそ汁
・加賀棒茶

 

炊飯の失敗は一度もなかった私がとうとうやってしまいました。

ル・クルーゼの鍋で炊いたまいたけご飯。

沸騰する前に火を弱めてしまったみたいで

フタを開けたら芯の残った米が出現しました。T_T

 

鍋の中からどうにか食べられそうな部分を取り出し、

一人前が写真の量となりました。

 

●5/12(木)

渋谷でドイツ語の映画『マーラー 君に捧げるアダージョ』を観る。

今年は作曲家マーラーの没後100年。

ウィーンやオーストリアの緑豊かな景色がきれいな映画でした。

Img_1611  

・ぶりの塩焼き
・ブロッコリー
・日光の湯葉、ゆずこしょうのせ
・わかめ、しめじ、蕗(ふき)のみそ汁
・加賀棒茶

 

前日の炊飯ミスのため、久しぶりに炊飯器を使いました。

 

みそ汁は、前日のものを残しておき、しめじとさっとゆでたを加えました。

ちょっとした苦味が加わっておいしかったです。

 

 

長いレポートは以上です。ありがとうございました~。

 

4月以降、風評被害などを受けた地域があることを思い出しました。

野菜の放射線量など、あまり細かいことを気にしても仕方ないので

むしろ、加熱やまな板の洗浄など、

そういう衛生面を考えながら調理していこうと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

朝から筋肉痛(^o^)

昨日は、ようこ妹の紹介で

スタジオ・ヨギー銀座にて、75分ほど体を動かしてきました。

 

普段一人で行動するのがまったく苦にならない私も

運動となると、初めての場所に単独で参加するのはためらいがあります。>_<

そこで、ダンス業に多忙を極めるようこ妹を拝み倒して付き添ってもらいました。

姉の威厳ゼロ。

 

私が受けたクラスは、未経験者におすすめの

ビューティ・ペルヴィスという骨盤の運動です。

 

インストラクターの指示に合わせて

マットに寝転がって体をゆすったり、膝を左右に倒したりします。

動きがゆっくりのため、私にも何とか理解できました。

 

運動後、じわじわと感じる体の奥からの疲れ。

うーむ、久しぶりで心地よいですな。

激しい動きはなかったはずなのに、今朝は体のあちこちが筋肉痛です。

 

チケットを買ってたまに行くこともできるそうなので

気が向いたらまた行ってみようかと思いました。

 
Icecream2

会場の目の前にある銀座風月堂にて食べたアイスクリーム。

アイスにナッツが入っていてゴーフル付き。

運動の後の甘いものはおいしかったです。v(^^)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

レシピの読み方?

ゴールデンウィークが終わり、今日も朝からドイツ語教室でした。

 

授業の中で、あるテーマについて

「私はこうしています」、「私はこう思います」

といった自分の考えを述べることがあります。

 

一人でいる時間が多い私にとって

いろいろな考え方を聞くよい機会となり、この練習がとても好きです。

 

今日は、新聞やインターネットの記事、説明書などの”読み方”について。

・斜め読み

・ザザッと読んで一部詳しく読む

一字一句細かく読む、

のうち、どんな読み方をしますか?というテーマでした。

 

媒体の一つに、料理のレシピが出てきました。

私は、一字一句、もれなく読んで手順通りに作るので

みんなそうなのかと思ったら・・・。

 

一回目だけしっかり読む方がいたものの、斜め読みが一番人気でした。

大さじ、小さじも使わない、目分量だそうで

今日は、Augenmass(アウゲンマス:目測)という言葉を覚えました。

私は大さじ小さじを使わないと落ち着かないタイプです。(^^ゞ

 

愛用の 千趣会 素材クッキングシリーズ 全14巻。

正社員時代、オフィスに届くシステムで

毎月一冊ずつ買っていたものをずっと使っています。

Img_15982 

 

基本的な料理も、毎回必ず該当ページを開いています。

私の中では、ピアノの楽譜を見る感覚とよく似ています。

Img_16002_2 

時間はかかりますが、びっくりするような失敗がないのが安心です。

 

さて、これからブロッコリーをゆでなくては。

もちろん、この本のブロッコリーのページを開きますよー。(^v^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

連休後半、まとめて報告

連休前半は、那須と日光に出かけていました。

後半は、こまごまと予定がありましたのでまとめてご報告します。

 

■5月2日(月) 平日

午前中はドイツ語教室

連休の谷間とはいえ、高ーーい出席率でした。

みんな、フライスィヒ(勤勉な)です。

 

午後は月に一度の病院でのピアノボランティア。

病院も平常通り営業していました。

音楽好きな方たちに聴いてもらえてよかったです。

 

そういえば、いまの日本には

「ガンバロウ」、「ガンバッテクダサイ」という言葉があふれていますが

ボランティア先で使うことはありませんでした。

 

「音楽を聴きながらおくつろぎください」

「ピアノを聴いてくださってありがとうございます。どうぞお大事に」

そんな言葉をかけることが多いですねぇ。

 

■5月4日(水)

ようこ夫と一緒に、お江戸日本橋亭へ”遊史郎・鯉朝 二人会”を聴きに行く。

 

会場近くの三越前駅直結のマンダリンオリエンタルホテル

差し入れを買うのが恒例となっています。

コレド室町でラーメンを食べてから、会場へ。

 

三遊亭遊史郎師匠の落語はクラシック音楽を聴いているよう。

あらすじは知っていても、今日はどんな演奏になるのかな、という

期待感がわいてきます。

 

5月14日(土)20時~21時、BS11 『柳家喬太郎の粋ダネ!』

遊史郎師匠も出演するそうです。ぜひご覧くださいませ。

Img_1586  

 

■5月6日(金) 平日

以前より歯の検診予約を入れていた歯科へ電車に乗ってお出かけ。

 

朝、少々が出たので、これはイカン!と

キャンセルの電話を入れようとしたところ、話し中でつながらず。

サボろうとしたことを反省して、予約の時間に出かけました。

 

検診の後、歯ブラシと歯磨き粉のプレゼントをいただきました。

子供じゃないけれど、なんだかうれしかったです♪

 

帰り、タリーズで楽譜作成に向けた頭の整理

几帳面に作業しなければならないのですが、出来上がりを楽しみにがんばります。

 

あ、”がんばる”って使ってしまった。自分向けだからいいことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

那須・日光旅行その3(吊り橋、日光東照宮、駅前)

旅行3日目。

翌日は暦通りに予定があるので、早めに帰宅する予定ですが

せっかくなので宿の近くにある吊り橋に行ってみました。

Img_1541  

Img_1544  

 

吊り橋の上から撮影した、鬼怒川っぽい一枚。

Img_1546  

続いて、日光東照宮に向かいました。

 

日光東照宮は子供の頃の家族旅行以来だと思います。

”たくさんの階段”という記憶があり、やはりその通りでした。

雨上がりのもやった空気の中、お参りします。

 

Img_15522

 

五重塔

Img_1554  

有名な「見ざる・聞かざる・言わざる」

もっと怖い顔の猿だと思ったら、丸っこくてかわいかったです。

Img_1556  

 

他にもいろいろな猿がいて、気に入った場面はこちらです。

Img_1561 

”人生がけっぷちでも、頼れる友がいる”といった説明が書いてありました。

友のりりしい顔がいいねぇー。

 

陽明門

Img_1566  

 

門をくぐってから撮影。

あまり大きいとは思いませんでしたが、細かい装飾が施されていました。

このデザインを見ていたら、外国に来たような気持ちになりますねぇ。

Img_15702

さらに、階段を上って拝んだり、天井に描かれた鳴き龍の音を聴いたりしました。

 

いろいろ見どころがあり、あっという間に2時間近くも経ったでしょうか。

外国人観光客が減っているという話は聞いていましたが

今回、私の周りから外国語が聞こえてくることはありませんでした。

 

旅の終わりに、お土産を買うために東武日光駅前に移動。

 

ひんやりした湧き水を一口、手にすくっていただきました。

Img_15752  

Img_15762  

伝統ある金谷ホテルのベーカリーがあったので

カレーパンやクッキーなどを買い物。

 

そろそろ帰る時間です。

渋滞に巻き込まれないうちに東北道経由で東京に戻りましょう。

 

連休前半、短い時間でしたが、

出張帰省や有名観光地訪問ができてよかったです。(^v^)

 

<旅行記 おしまい> ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

那須・日光旅行その2(東武ワールドスクウェア)

那須・日光旅行2日目の午後は世界旅行です。

 

鬼怒川温泉にある東武ワールドスクウェア

世界や日本の観光名所が25分の1サイズで展示されています。

何が面白いのか?と聞かれるとうまく説明できませんが

ミニチュア好きにはたまらない場所でございます。

 

今回初めて目にするのが、東京スカイツリーです。

左奥に東京タワー、右奥に東京ドームが見えますよー。

Img_1459  

 

こちらは本物。2011年1月、墨田区にて撮影しました。

Tree2  

 

ヨーロッパゾーンにはドイツのノイシュバンシュタイン城もありました。

Img_14682  

別角度ですが、本物はこちらです。(2006年9月撮影)

 

パリのサクレ・クール寺院。

Img_1485  

裏側の絵描きさんたちが集まる広場も細かく再現されています。

Img_14882  

 

こちらは凱旋門。

Img_14922 

そろそろ大きさ感覚が分からなくなってきた頃でしょうか?

人と一緒に撮影すると、こんな感じです。

この旅行で外国人観光客を見かけたのは、この時ともう一度だけでした・・・。

Img_14902  

2008年9月撮影のサクレ・クール寺院と凱旋門

 

行ったことはありませんが、バッキンガム宮殿。

赤い隊列は衛兵です。

Img_14702  

ウエストミンスター寺院には、特別バージョンの

ロイヤルウエディングも展示されています。

Img_14962

ちなみに私は、この旅行の最中だったため、

結婚式関係のテレビは全く見ておらず、話についていけません。(^^ゞ

 

アジアゾーンには、台湾 高雄の龍虎塔もありました。

Img_15022  

旅先で見たものはこちらです。2009年9月撮影。デカイッ。

 

日本の名所、京都御所。

Img_15162  

新型インフルエンザ騒動で人出が極端に減った2009年の京都で

本物を見学しました。

 

金閣寺。

Img_15092  

2010年12月、修学旅行生でにぎわう中、見ることができました

 

今まで旅したところを思い出したり、

これから遊びに行きたいところを探したり、

傘をさしながらミニチュアワールドを堪能しました。

 

あちこち旅をして、また5,6年後に来たら面白そうです。

 

この日は鬼怒川温泉のホテルに泊まりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

那須・日光旅行その1(夕食、那須ガーデンアウトレット)

毎年、ゴールデンウィークにはようこ夫の実家、いわき市に帰省していました。

今年もそのつもりが、まさかの大震災・・・。

 

実家、兄、姉の家が無事だったとはいえ、夫婦2人で押しかけるよりも

気分転換を兼ねて小旅行がよいのでは・・・ということになり、

実家の両親、劇の好きな姪のいる兄一家、私たちが那須に集まりました。

 

それにしても、お正月の帰省からずいぶん長い時間が経ったような気がします。

3月に3泊4日で泊まりにきた姪まま、おねえちゃん姪、いもうと姪も元気そう。

 

夕食は、大きい部屋で和食をいただきました。

Img_1428 

 

豆乳のしゃぶしゃぶ。

初めてだと思いますが、味がまろやかで食べやすかったです。

Img_1432  

Img_1434  

姪2人も遊びたそうなのですが、昼間、

乗馬などをしたそうで、眠気に勝てず翌日に持ち越しとなりました。

 

翌朝、いわきの両親がバイキングの朝食をようこ夫のほども食べ、

驚くとともにその食欲に安心しました。

 

午前中はみんなで那須ガーデンアウトレットへ。

Img_1444  

おねえちゃん姪、いもうと姪、私の3人は子供向け文房具のお店へ行き、

ようこ夫たちは大人用の買い物に出かけました。

 

文房具のお店では、なんと、ありがたいことにおねえちゃん姪が

「ようちゃん」へのプレゼントを買いたいとのことで

仲良く3人でカゴを持ってじっくりと見て回りました。

小学生の頃、友達と一緒にサンリオショップに行ったことを思い出したなぁ~。

 

こちらがプレゼントです☆

こんなにたくさん、うれしいです。

Img_1582

実は、ピアノの楽譜を書くときに鉛筆を使うのですが

そのキャップを買いそびれて10年近く。

ずっとアルミホイルを巻きつけていました。(^^ゞ

 

クリアーファイルにも早速手書きの楽譜を入れました。

どれも大切に使います。どうもありがとう。

 

今度どこかに遊びに行ったら、

今回サイフを忘れたいもうと姪も買い物をしたいそうです。

ありがとう。気長におつきあいくださいね。

 

買い物の後は、子供の遊び場で姪ぱぱ、姪ままたちを待ちます。

Img_14482  

↑こういう乗り物?で遊びましたよ~。

 

さぁ、そんな感じで時間はあっという間に過ぎ、

いわきのみなさんは出発する時刻となりました。

一同、夏の再会を楽しみに解散。

 

私たちは世界旅行のため、鬼怒川方面に車を走らせます。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »