« 3月らしいひととき | トップページ | 朝食レポート 2011年3月、大震災の前と後 »

2011年3月28日 (月)

ドイツ語ニュースのツイッター

大地震のため、臨時休講になっていたドイツ語教室が

無事に再開されました。

日本に居ながらにして外国語を学べることに感謝しなければなりませんね。

 

休講期間中は、ドイツ語を忘れないようにするために

携帯からドイツ語ニュースサイトのツイッターをのぞいていました。

 

このツイッターで日本が話題になるのは、

首相と外務大臣が代わった時ぐらいなので

その登場回数から、ドイツでの関心の高さがうかがえます。

 

関連する単語が繰り返し出てきました。

 

Katastrophe(女性名詞 カタストローフェ) 大災害

Erdbeben(中性名詞 エアトベーベン) 地震

Tsunami(男性名詞 ツナーミ) 津波

Atomkraftwerk(中性名詞 アトムクラフトウヴェルク)原子力発電所

などなど。

 

原子力発電所は、AKW(アーカーヴェー)と略されることを覚えました。

 

大災害が海外にもこうして広まっていくことを実感する中、

私にとって良かったこともありました。

 

一点目は、大震災一色の日本の報道の渦に巻き込まれて

地球上に日本しかないような感覚になったとき、

他国のことを思い出させてくれました。

 

二点目、日本語で強烈なニュースを読むと衝撃が大きいですが

ドイツ語だと、制限の140文字を読む力があまりにもたどたどしくて

逆に、冷静に文章の意味を考えることができました。

 

今、ネット上にいろいろな情報が流れていますが 

一喜一憂することなく、毎日を過ごすことが大事だなという気持ちで

本日の日記をアップしました。

|

« 3月らしいひととき | トップページ | 朝食レポート 2011年3月、大震災の前と後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/51240687

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語ニュースのツイッター:

« 3月らしいひととき | トップページ | 朝食レポート 2011年3月、大震災の前と後 »