« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

同窓会と新年会

金曜日と土曜日は、2日連続の飲み会でした。

私にとっては、盆と正月が一緒にやってきたようなものですねぇ。

  

まず、金曜日は吉祥寺にある沖縄料理の店、いちゃりばえんにて

入社2年目頃にお世話になった方たちとの同窓会でした。

シーフードやサラダがおいしいお店です~。

 

あの頃は、年上のお兄さまたちと同じ職場で、

仕事が終われば飲みに行ったりカラオケに行ったり、

とてもかわいがってもらえた時代でした。*^^*

 

あれから十数年、ちょうどみなさん働き盛りの世代です。

参加したい気持ちはヤマヤマでも、仕事の都合で来られなかったりして

それでも9人が集まって、近況報告や思い出話ができました。

 

来年還暦を迎えるとは思えない若々しい辰年の上司に

それぞれが今何歳かを言ったら、上司が一番驚いていたような・・・?

私はお兄さまたちとあまり歳が離れていないことにビックリ。(^^ゞ

 

また、特許事務所に転職した、私と同い年仲間は、

見事に弁理士試験に合格したそうです。

発明したような気がしたら、相談料をもって事務所に伺います≡3

 

またの機会には(見た目はアレですが)心は新入社員♪で参加したいと思います。

 

翌日、土曜日は私の実家との新年会でした。

私の実家は超近いため、帰省というものがなく、

近所の中華料理店でぐるぐる回るテーブルで食事をすることが多いです。

 

ようこ父とようこ夫、私の3人で紹興酒ボトル2本とデキャンタを空け、

ようこ母とようこ妹はしっかり食事をしました。

 

胃袋が満たされたところで、1月はまもなく終了。

寒さがやわらぐ日が待たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

『白鳥』は目を閉じて聴きましょう

ぽかぽか陽気の中、毎月行っているデイケアセンターでピアノを弾きました。

暖かいと利用者もとても元気で、こちらも張り合いがあります。

 

雲ひとつない青空を背に、雪にまつわる曲、冬の歌などを伴奏し、

次の曲、大人気のサン=サーンスの『白鳥』の解説をしました。

 

「『白鳥』は、バレエでもよく踊られる曲です。

美しいバレリーナがつま先で立って、瀕死の白鳥を演じます。

・・・よって、皆様、ぜひ目を閉じてバレリーナを想像しながら聴いてください」

と言った途端、一同大爆笑。

 

あのーーーー、笑 い 過 ぎ なんですけどぉ・・・。(^^ゞ

 

本当に目を閉じて聴く方多数の中、

会社時代にペンギンとあだ名されていた私は、

無理を承知で瀕死の白鳥になりきって、心をこめて演奏します。

 

演奏終了後、目を開けた利用者には

血色のよいペンギンが視界に入るわけですが、

何とかみなさん、拍手をする気力はあるようでした。

 

笑いのあるピアノ演奏会。

このような感じで、今月も無事おひらきとなりました。(^o^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

んんん語

火曜日のお昼、電車に乗って後輩、も(み)さん宅へ遊びに行きました。

たまに二人でご飯を食べたりしたことはありましたが、

今回は、一歳になったばかりのお子さんに初めて会いました~♪

 

まずは、「んんんーー」とごあいさつ。

やわらかい食事を食べる様子を見せてもらったり、

ぐるぐる歩き回るお子さんから大人の食事をガードしたり、

全体重をかけて背中をほぐしてもらったり、

音の出るおもちゃで遊んだりしました。

ジーパンのベルトを通す縦の細い布に興味があったようです。

 

お子さんとのやりとりは、”んんん語”を使いました。

私が抑揚をつけて

「んん、んんーーーん、んん?」(疑問文)

と言うと、わりと長文の返事をしてくれます。

 

ある時は驚愕の「んん!!」、

ある時はダメ、という意味のコワイ「んんーーー」。

 

そんな中、お子さんは眠い目をこすりながら、

お母さんと楽しそうにしゃべっている”お客さん”の近くをぐるぐる回り、

夕方、予定より一時間遅れで昼寝に突入。

 

いつも大人しかいない世界にいる私には新鮮な体験でした。

「ようちゃん」という名前が分かる日が待ち遠しいです。

ありがとうございました。(^v^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

ついに電子化!~電子辞書を買う、の巻~

ドイツ語会話の勉強を始めて早や丸5年。

長らく紙の辞書を使ってきましたが、本日ついに電子辞書に切り替えました。

紙の辞書は本棚に殿堂入り。お疲れさまでした。

 

CASIOのEX-wordというシリーズのドイツ語辞書が内蔵されている機種です。

Img_1036  

Kneipe(クナイペ=飲み屋)という単語を引いた画面。

Img_1033  

今まで、いろいろな方に何度勧められても

ガンとして”字引く書なり”を使い続けたアナログ人間

なぜ急に電子辞書に変えたか?

 

それは、プロの通訳(英語)の方と話をした時に

ふと電子辞書のことを聞きたくなり、

そのメリットと使い心地などを教わったのがきっかけでした。

 

決め手は、一単語を調べる時間が短くなり、

時間当たりに引ける単語数が増えるということ。

 

まもなく2011年モデルが出るとのことでしたが、

気が変わらないうちに、ドイツ語教室の帰りに量販店で購入しました。

 

少しいじってみたところ、洗濯板とたらいを使っていた人が

洗濯機を目の前にしたような驚きがあります・・・。(^^ゞ

 

次回のドイツ語教室で、机の上でカパッと開けるのが楽しみです。(^v^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

『Jazz寄席2011 アクティブ・バラエティー』(2011.1.23 横浜にぎわい座)

横浜にぎわい座にて開かれたJazz寄席にようこ夫と一緒に出かけました。

Img_1025_2  

3日連続の催しで、中日の1/23はアクティブ・バラエティーの日。

落語、クラウン、手妻(日本の奇術)、ボードビル、曲独楽など

さまざまな分野のプロフェッショナルが集まり、

プロミュージシャンとのセッションを繰り広げます。

#サックス 梅津和時、アコースティックベース 立花泰彦、

#ピアノ スガダイロー ドラム 小山彰太

Img_1026  

今回、いつも落&Pでお世話になっている三遊亭遊史郎師匠が出演しました。

演目は『天狗裁き』という、夢にまつわるファンタジックな噺です。

 

まずは、ジャズの「ALL OF ME」が出囃子として軽やかに鳴り、

遊史郎師匠の登場です。

 

初めて遊史郎師匠の落語を聴く方もいる中、

マクラは自己紹介に最適な二ツ目時代の名前についてでした。

 

サックスでイビキの音を出したり、ゴッドファーザー風のフレーズ、

ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」風のフレーズなどが入り、

ポップで明るい感じの『天狗裁き』に味付けされていました。

 

藤山晃太郎さんによる、日本の奇術 手妻にもびっくりでした。

”手を稲妻のように動かす”から手妻というそうで、私は初めて観ました。

動きに合わせて生のBGMが入ります。

 

見得を切るようなポーズがあったり、使われる小道具に和の香りが漂っていたりして

外国人にも喜ばれそうな演目だと思いました。

 

それにしても、いろいろなコラボがあるものですねぇ。

生演奏や芸の迫力を感じた一日でした。(^v^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

Accessの自主トレ

金曜日の午後、2時間サスペンスの再放送を見たい気持ちをガマンし、

派遣会社に出向いて、OAスキルの自主トレを行ってきました。

 

勉強するのはAccessというデータベース系のアプリケーションです。

たまにいじる機会があるのですが、実はAccessのことをほとんど知りません。

ピアノとドイツ語の稼働が少ない今のうちに、基礎を学習しようと思ったのでした。

  

1人用のブースに座り、2時間の持ち時間の中で

自主トレソフトの解説を聞いたり、問題を解いたりします。

 

しかし、開始30分後ぐらいに頭がもやーーんとしてきて、マ、マズイ!!

しかたなくペースを緩め、姿勢を保つことに重点を置くと

その20分後にはコーヒーを飲んだわけでもないのに、

逆にシャキンとなってメモも取ったりしました。

デザイングリッドという言葉を覚えましたよ~。

 

分量が多くて一回では終わらず、また行かねばなりません。

 

初めて経験したOAスキルアップ支援。

世の中にはいろいろなサービスがあるものだと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

気持ちよく仕事ができるのは。

今週のハケンの仕事が無事に終了し、ほっとしているところです。

 

今のところはとても働きやすい場所で、その理由を考えてみたところ、

ねぎらいの気持ちがあるからだ・・・という結論になりました。

 

先日も、”単純作業”と言える仕事を依頼されて

私は、単純がゆえにミスのないように気をつけました。

 

この作業がなければ、大きな仕事が成り立たないことも

これまでの経験で理解しているつもりなので

モクモクと対応したところ、上の方がわざわざ時間を割いて

その背景を説明してくださいました。

 

背景を知った喜びというよりは

単純作業をフォローしようという心遣いがうれしかったですねぇ。

 

また、こちらが行ったことに対して、仕事の難易度に関わらず、

素直に感謝の気持ちを表すところもいいなぁと思いました。

つい、難しい仕事に対してだけ丁寧にお礼を言いがちですが・・・。

 

こういう体験は、私がどこかで何かをするときにもぜひ役立てたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

温かい拍手

東京は寒くて乾燥した日々が続きます。

2011年も次々と活動開始、月曜日はドイツ語と病院のボランティア始めでした。

 

ドイツ語教室では、休みの間に動きが鈍くなった口の動きを

ドイツ語仕様に戻すべく、イントネーションなどを復習しました。

 

その後は病院へ移動して一時間のピアノ演奏。

数名の方がピアノの近くに座り、熱心に聴いてくださいました。

 

ピアノに向かっていると、聴いている方たちの姿はちらりとしか見えません。

でも、その空気感で、どんな気持ちで聴いているのかがよく伝わってきます。

 

看病の緊張を一瞬ゆるめ、話をしたがる方、

楽しい音楽と一緒に遊びたがる子供たち、

弾く様子を見ているうちに、かつて習っていたピアノを弾きたくなる方、

残念ながら音楽が騒音に聞こえる方・・・、本当にいろいろです。

 

今日は、ちょっと姿勢を正して生演奏を聴いてみよう、といった方たちでした。

いろいろと話すよりも、冬に聴きたくなる曲を弾いた方がいいかな、と思って

映画音楽や外国の歌などを選びました。

 

最後に一曲だけ、『川の流れのように』のリクエストを受けました。

あいにく手持ちの楽譜がなかったので

サビの部分に、ピアノ教室で習ったアルペジオのコードをつけ、

たまたま楽譜を持っていた『りんご追分』につなげてメドレー仕立てに。

2曲とも美空ひばりさんのヒット曲です。

 

温かい拍手をいただいたからか、帰りは寒さも気にならずに家に着きました。

来月の選曲が今から楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

文房具の名前?

今日はピアノ教室始めです。

 

今年は五線譜に楽譜を書く機会が増えそうなので

レッスン帰りに、それを助けるグッズを買いに大きな文房具店に寄りました。

 

実はその文房具、物は何度も見たことがあるものの

名前を知らないので、自力で探し当てようとしました。

しかーし、所望の物が見つからず、詳しそうな店員に聞かざるを得なくなりました。

 

「あのー、物の名前が分からないのですが、探している物があります。

A4ぐらいの大きさで、端にあるクリップで紙をパチンととめられて・・・。

横の物と縦の物があるはずですが・・・」

 

変な説明でしたが、すぐに理解してもらえて

クリップボードという名前を教わりました。

 

街角のアンケートなどでも使われているコレ↓です。

Img_1011  

右利きの方だと違和感のある写真かもしれません。

 

短い辺にクリップがついている品物だと

気を利かせて左側に紙ズレ防止の枠があったりして

左利きの私には使いづらそうでした。 

よって、長い辺にクリップがついている物を縦に使うことにしました。

 

これがあれば、電子ピアノと机をいちいち行き来しなくても

♪をメモることが出来そうです。(^o^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

仕事始め

数日間ブログの更新ができていませんでしたが、元気にしております。

 

今週は2つの仕事始めでした。

ハケンの仕事は今まで通りおだやかに始まり、

もう一つは、NPO法人の会計の仕事です。

 

この会計の仕事は、昨年週一回通っていた福祉施設に関するもので

パソコンに会計のデータを入力します。

 

私は会計についてはまったく素人ですが

パソコンでいくつかのアプリケーションを使う仕事なので

この世界で、そういった人材を見つけるのも難しいことは理解できます。

 

結局、会計についてプロの方からアドバイスをもらえるという条件で

有償で引き受けました。

頻繁に通う必要もないので、当面続けようと思っています。

 

でも、こういう仕事をするとボランティア活動というものは、

「人を楽しませる」といった抽象的な意味ではなく、

限られた予算を(ボランティアへの謝礼ではなく)他のことに回せるという点で

金銭面で役に立っていることが見えてきます。

 

出来る範囲で、今年もいろいろな形で社会と関わっていきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

福岡日帰り旅行

今日は私の仕事始めでした。

今年もフルタイムではありませんが、派遣のシフトをしっかり守れるよう、

健康管理などに気をつけていたいと思います。

 

さて、連休最終日の昨日は福岡に日帰りしてきました。

数時間しかいられませんでしたが、その思い出をご報告いたします。

 

朝早く、モノレールから富士山が見えました。

Img_0945  

 

羽田空港から福岡へワープ!

気温1℃、雪がちらつきます。

Img_09492  

お酒がめちゃくちゃ強い方とようこ夫と3人で

ちゃんぽんを食べ、それぞれ生ビール中ジョッキ2杯をあけました。

 

そして、タクシーでレベルファイブスタジアムへ・・・。

 

せっかくだから地元トークをしようと思って、タクシーの運転手さんに

このスタジアムがホームグラウンドのアビスパ福岡が

サッカーJ1に昇格したことを言うと、えらく喜ばれました。

 

それまで静かだった運転手さんが、堰を切ったようにしゃべりだし、

ネーミングライツによって福岡のソフトウェア会社、

”レベルファイブ”の名前がつけられていることなど、熱心に語ってくれました。

レイトン教授のゲームを手掛けた会社だそうです。

 

スタジアムに到着してまず探したのはお湯割りの屋台です。

さすが福岡、期待通りの場所にテントがあり、芋焼酎を買いました。

「東京から来ました~」と言ったら、焼酎を多めに注いでもらえました。

 

・・・いきなりお酒の話ばかりになりましたが、

スタジアムではラグビー トップリーグの試合を応援です。

生観戦は幼稚園の頃にようこ父と行って以来でしょうかねぇ・・・。

 

コカ・コーラ ウエスト レッド スパークス vs NTTコム シャイニングアークス

どちらもトップリーグに残れるかどうかがかかった試合です。

Img_0954

広いグラウンドを所狭しと走り回ります。

Img_0961 

Img_09632  

ハーフタイムの間に、前の席へ移動。

フォーメーションは見づらくなりますが、選手が近くに見えて迫力があります。

Img_09752  

途中経過↓

Img_0983_22

 

大差はつかなそうな試合でしたが、シャイニングアークスは追いつけず、

結局、19-14でコカ・コーラが勝ちました。

Img_09882

恥ずかしながら、ラグビーのルールはよく理解できていませんが、

ボールを持って力強く走る様子が印象に残りました。

 

とても立派なスタジアム、今年はサッカーJ1もやってくるのですね。

Img_0991_22 

 

帰りはなだらかな下り坂を福岡空港まで歩き、魚の店で一杯。

有名な”呼子のイカ”も頼みました。甘くてやわらかくて感動!!

Img_0993 

地域限定のあまおうリラックマストラップも購入しました。

Img_1001  

 

ふたたび羽田に飛んで一日が終わります。

 

あっという間だったので、旅行した実感もわきにくいのですが

写真を見ながら、たしかに自分は福岡にいたんだ・・・と思い返しているところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ロールキャベツ

帰省みやげに大きなキャベツをもらいました。

Img_0937  

おおっ、キャベツをたくさん使うメニューにしなければ・・・。

ということで、ちょうどテレビで見たばかりのロールキャベツを作ることにしました。

 

鍋にギュウギュウ詰めに入れると形がくずれしないと聞き、

パズルのように配置しました。

後から重曹が使えるよう、フィスラーのステンレス鍋を選びましたよ~。

Img_0938  

 

チキンスープで煮込むこと15分。

さらにトマトピューレを加えて煮込みましょう。

 

(あれこれ手間取り、標準時間を大幅に超えて)できあがり~。

Img_0943 

キャベツに甘みがあったおかげで味もまろやか、2人ですべてを食べきりました。

 

まだキャベツは残っているので、朝食で使おうかなーと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

第40回いわき帰省三日目、四日目(初詣、畑で収穫)

帰省先で元旦を迎え、近くの小さな神社に初詣に行きました。

年々、おさいせんの額に対して願い事が多くなっている気がします。

今年は健康関係を追加。

Img_09012  

ここで初詣をするのも14回目になりますが、を見たのは初めてです。

馬単独で歩いているのではなく、前に人がついています。

 

午後はショッピングセンターに行き、初売りの様子を見てきました。

いわきサンシャインマラソンのポスターがあちこちに貼ってあり、

走る文化を着々と作っているようでした。

 

翌日、帰省四日目は、ようこ夫の実家の人々で箱根駅伝をテレビ観戦。

特に、5区を走るいわき市出身柏原選手(東洋大)と

会津出身猪俣選手(早稲田大)を応援しました。

 

その後は、米を精米したり、畑で収穫したりの天然生活ターーイムッ。

Img_0908 

Img_0902  

投入口に玄米を入れて白米にする機械です。(有料)

 

こちらはようこ夫の両親が手入れしている畑。

Img_0913  

収穫好きな私のために取っておいたという、ゆずです。

 

こちらは何の作物でしょうか?

Img_09172  

 

大根でした~。私も一本ひっこぬきました。

Img_09202  

ようこ夫は、実家のこういった作物にはあまり関心がないようで

車の中で静かに待機していました・・・。

 

さあ、そろそろ東京に戻る時間です。

今年も温暖ないわきで年末年始を過ごすことができました。

実家に行けるうちに行こう・・・と思って40回。

50回もそのうち何となーくやってきそうです。(^^)

 

<旅行記 完> 

ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

第40回いわき帰省二日目その2(地魚、劇の小道具作り)

帰省二日目の大晦日、鴨川観光を終え、

外房沿いに車を走らせ、昼食は銚子の回転寿司をつまんで

ようこ夫の実家、いわきに向かうつもりでした。

 

しかし、何度カーナビを設定してもそのルートは成立せず???

どうやら、鴨川から銚子が遠すぎるらしく、

一旦、都内の葛西ジャンクションに戻り、常磐道に乗るのが最適そうです。

 

となると、お昼をどこかで摂らねばなりません。

車を走らせ、旅番組に出てきそうな御宿(おんじゅく)の食事処に入ってみました。

時計を見ると、営業時間終了2分前・・・。

 

そんな通りすがりの旅人に快く食事を提供してくださった

石松さん、ありがとうございます。

店の名前を覚え、後から検索したらホームページ発見!

Img_0898 

分厚い刺身の数々、ツマも海藻もおいしくいただきました。

 

パワーをつけたら、一路いわきへ・・・。

 

何とか夕食どきまでには到着し、2人の姪たちと再会しました。

ビールを飲む間もなく、恒例のを準備開始。

 

今度は、おねえちゃん姪の意向で

台本小道具を作ってからの上演となりました。

大人は、これは一日で出来るわけない、と見積もるわけですが・・・。

 

まずは、どんな劇にするかの話し合いから始まります。

こちらが何か言うたび、小学校高学年のおねえちゃん姪が

「やだーー」

というので、とうとう”ようちゃん”(=私のこと)は

「やだーーっていうときは、”こうしたい”というのを言わないとダメ~」と要求。

 

話し合い方を改善した結果、オペラ『トゥーランドット』のように

3つの無理難題を提示するストーリーに決まりました。

 

となると、今度はその小道具作り。

海に映る月、ユニコーンの角、あと何だったかな。(^^ゞ

おばあちゃん(=ようこ夫の母)から紙コップや輪ゴムを借りて

作り始めること1時間、2時間・・・。

 

ようやく、いもうと姪にユニコーンの角をセットし、練習が始められます。

 

おねえちゃん姪「ようちゃん、ユニコーンから角をもらうときは何て言うの?」

ようちゃん「ユニコーンの大事なものをもらうのだから、丁寧にね。

  『ユニコーンさん、お願いがあります。あなたのその角をいただけませんか?』

  って言おう」

 

熱心にメモをとるおねえちゃん姪。

ユニコーンの好物、木の実と交換するという話にして

緑色のチラシで木の実を作成しました。

 

とうとう除夜の鐘が鳴る頃、ようこ父があらかじめ送っておいた

年越しそばが出来上がり、みんなで食べました。

 

おねえちゃん姪は作業続行を主張しましたが、

いくらなんでもタイムオーバーということで、台本だけ清書し、

ゴールデンウィークに持ち越しとなりました。

 

最後に、おばあちゃんに輪ゴムを返すとき、

おねえちゃん姪がおばあちゃんに無言で渡そうとしたので

ようちゃん「『おばあちゃん、輪ゴムありがとう』って言ったほうがいいね」

と、劇の台本のように言ったら、

その通りにしておばあちゃんにほめられていました。

 

だんだん難易度が高くなる劇、いつまで続くのでしょうか?

飽きていなければ、続編はゴールデンウィークにご報告いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

第40回いわき帰省二日目その1(鴨川シーワールド、仁右衛門島)

帰省二日目~。(といっても、実家に行く前の鴨川旅行です)

 

やはり、名物の鴨川シーワールドには行っておかねば・・・と

開園のタイミングに合わせて訪問しました。

 

開園40周年だそうです。大阪万博と同じ年にできたのですね。

Img_0850 

 

イルカやシャチ、アシカのショーなどが

効率よく見られるように時間割が組まれています。

 

イルカのジャンプ!

Img_0855  

たくさん撮影した中で、唯一イルカが写っていたものです。(^^ゞ

 

大きくて迫力あるシャチのショーを見た後は、

ほのぼのアシカ家族のお芝居

Img_0862 

アシカらしいポーズも見られてかわいかったです。

Img_0863  

 

ショーの合間に売りに来るマンボウカステラが子どもたちに大人気で

私たちも欲しくなりました。

マンボウの形をしたホットケーキみたいな焼きたてのお菓子で

あまり間食しない私もおいしくいただきました~。

Img_0876  

 

続いて、仁右衛門島(にえもんじま)に行きましょう。  

この島は、一周30分程度、仁右衛門さんの家が一戸だけあります。

島の草花や海岸の風景、句碑などを観賞することができます。

 

手漕ぎの船に乗って5分ほどで到着します。

テレビ東京の旅番組の世界ですねぇ。

Img_0877

Img_0879  

島に着くと地図が出ています。

Img_0880  

 

どこを歩いても空気のおいしい島。

小高い丘の向こうにごつごつした海岸が見えてきます。

Img_08872  

Img_08882  

Img_0890  

水原秋桜子の句碑

Img_08922  

仁右衛門島から船を見ています。

Img_08952  

 

まだまだあちこちに宝探しのように見どころがありそうです。

今まで体験したことのない、コンセプトの面白い島でした。

 

途中で昼食をとり、一路いわきへ進みます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

第40回いわき帰省一日目(海ほたる、鴨川)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

新年早々、ブログを訪問くださりありがとうございます。

三が日もまもなく終了ですね。

私は年末から鴨川1泊、ようこ夫の実家のいわきに2泊してきました。

旅の報告を数回に分けてお送りします。

 

-----

12/30に東京を出発し、海ほたる経由で鴨川に向かいました。

海ほたるは出来たての頃、一度だけ木更津→川崎方面で行ったことがあります。

今回は川崎から木更津方面というルートです。

 

木更津を見ています。

Img_0840  

 

売店や”あし湯”など、いろいろな施設がある海ほたるで

屋台のおいしそうな海鮮焼を食べました。

いいだことつぶ貝。注文してから焼いてくれます。

Img_0836 

 

おめかししたスヌーピーもたくさんいましたよ。

Img_0833 

帽子がかわいかったので、特別に一枚アップで撮影。

 

Img_0834

 

この後、有料道路を何度か使って外房(そとぼう)の鴨川市に到着。

観光は翌日にして、近くを散歩したりするうちに夕食の時間です。

 

やはり海のものがおいしく、夕食にもふんだんに出てきました。

Img_0842  

 

鯛のかぶと煮。つけあわせの野菜も美味です。

Img_0844 

鯛しゃぶ

鍋で生の鯛をしゃぶっとし、ピリ辛のタレでいただきます。

野菜もおいしい千葉、いいですねぇ。

Img_0846  

 

この日は生ビールと日本酒の熱燗を飲んでくつろぎました。

2日目はイルカを見たり、島に上陸したり・・・です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »