« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

2010年、ブログ納め

いつもに増してちゃんこ度の高かった2010年、

今年もたくさんの記事を読んでくださり、ありがとうございました。

 

いろいろな出来事があって、走馬灯のように思い出したいのですが

直近に行った走馬灯ならぬ照明器具の清掃や

炊飯器を磨いたことが、最優先で頭に浮かんできます。

 

ピアノ、ドイツ語、落&P、コンサート、仕事、福祉関係、家事など・・・。

他にも、冬季オリンピックのテレビをよく見たり、

サッカーのワールドカップではほぼ徹夜もしました。

混乱しそうになりつつも、ブログに一旦書いて整理することによって

次に進んで行けた気がします。

 

2011年はどんな年になるでしょうか。

 

お忙しい中、ブログにコメントしてくださった皆様、

携帯やPCから静かに読んでくださっていた皆様、

ありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください。

 

私はにぎやかなお正月を過ごしてきます。

来年もよろしくお願いいたします。

 

ちゃんこ風主婦日記  ようこ

(新年のブログは1/3頃再開予定です)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

朝食レポート 2010年11月末~12月下旬分

2010年も残り数日、今年最後の朝食レポートをアップします。

一月分なのでとても長いですが、どうぞゆっくりとご覧ください。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●11/29(月)

ドイツ語教室。

Img_0652_2  

・親子丼
・ほうれんそうと豆腐のみそ汁
・りんご
・つぶまる麦茶(常温)

 

料理番組(チューボーですよ)の親子丼の回を見て、急に作りたくなりました。

玉子の半熟具合がポイントらしいので、火を止めるタイミングに気をつけました。

 

●11/30(火)

一日休養。

Img_0654  

・焼肉、玉ねぎ、しめじ、ほうれんそう、ミニトマト
・里芋の煮っころがし
・ご飯
・りんご
・狭山 やぶきた

 

前日が肉(29日)の日で、デパートで黒毛和牛を半額で買うことができました。

家にあった叙々苑のタレで味付けたら、焼肉屋さんに行った気分です。

20分並んだ甲斐がありました。

 

炒めた玉ねぎも甘みが出ておいしかったです。

 

●12/1(水)

ようこ夫は前日送別会で、朝は柿のみ。

私はゆっくり朝食の準備をして一人ごはん。

午後はジムで走りました。

Img_0690 

・しらすご飯、みつばのせ
・里芋の煮っころがし
・男前豆腐
・ほうれんそうとまいたけのみそ汁
・柿
・深蒸し煎茶 「祭」

 

冷凍のしらすを使ってご飯にのせました。

みつばをのせたさわやかな一品。

 

●12/2(木)

美容院へ行く。

Img_0694  

・鮭のホイル包み焼き、ニンジン、春菊、玉ねぎ、みつば
・さつまいもの栂尾煮
・なめこと豆腐のみそ汁、みつばのせ
・深蒸し煎茶 「祭」

 

ホイル包み焼きの味はなかなかよかったのですが

焼くのにとても時間がかかり、

ようこ夫は出勤時間ぎりぎりに食べ終わりました。

 

●12/6(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

Img_0708  

・鶏なべ(春菊、せり、豆腐、ねぎ、ごぼう、ニンジン、しいたけ、まいたけ等)
・バナナ、シナモンがけ
・一保堂 宇治新茶

 

前日、きりたんぽ鍋をしました。

きりたんぽを入れる直前の鍋を一部取り分けておき、

当日朝、ニンジン、豆腐などを追加しました。

七味をかけたら温まる~。

 

●12/7(火)

ピアノの出番が続く前に、小休止。

京都一泊一人旅です。

Img_0711  

・LE BIHAN(ルビアン)のカレーパン
・タラのホイル包み焼き(玉ねぎ、せり、みつば入り)
・みかん
・フルーツティー

 

京都へ行くため、後片付けのラクな朝食にしました。

新宿のデパートにあるルビアンのパンを買ったのは初めてだと思います。

ようこ夫はメロンパン

 

●12/9(木)

水曜日は旅行のため、朝食をお休み。

木曜日は晴天でしたが寒い・・・。

Img_0782  

・しじみ雑炊、せり入り
・網焼きしいたけ
・トマト
・一保堂 宇治新茶

 

数日間砂抜きしておいたしじみで雑炊を作りました。

せりを入れると色合いも味もよい感じ。

しいたけは、軽くあぶっただけでもおいしかったです。

 

●12/13(月)

ドイツ語教室。

Img_0795 

・ソーセージパン
・じゃことスナップえんどう
・りんご*
・フルーツティー

 

前日のピアノの発表会でいただいた花を飾りました。

食卓が華やかになります。(^v^)

 

パンを京都で買った焼き網で温めたら、

ふっくらカリッとしてすごくおいしかったです。

 

●12/14(火)

しごと。

Img_0804 

・穴子丼
・ゆず大根(京都土産)
・里芋としめじとほうれんそうのみそ汁
・信楽 熟成ほうじ茶

 

穴子はようこ父からの差し入れです。

タレがないことを気にしていたので

千趣会の本で作り方を探したところ、”うなぎ”の欄で見つけました。

アナログ人間なので、ネットでレシピを検索することはほとんどありません・・・。(^^ゞ

 

穴子も京都の焼き網で焼きました。

 

●12/15(水)

しごと。

Img_0808

・あじのいいとこどり焼き、ほうれんそう、ゆず
・湯豆腐(豆腐、しめじ)
・ご飯
・りんご
・信楽 熟成ほうじ茶

 

前日19時頃、仕事帰りにデパートに行ったら魚売場のタイムサービスでした。

刺身用のあじが半額で売られていたので購入。

弱火でゆっくりとオリーブオイルで焼きました。

 

●12/16(木)

ようこ夫の仕事の都合で、連日の遅い夕食です。

とうとうこの日はりんごといちごだけの食卓になりました・・・。

 

●12/20(月)

ドイツ語教室。

Img_0815  

・いわしの梅煮
・ご飯
・白菜、せり、しいたけ、豆腐のみそ汁
・りんご、ヨーグルト
・つぶまる麦茶(温めて)

 

諸々終わり、やっとメニューを考える余裕が出てきました。

魚が高めで、唯一手に入りやすかったいわしを使った煮つけです。

 

●12/21(火)

しごと。

Img_0818  

・大根ご飯、大根の葉のせ
・いわしの梅煮*
・ほうれんそうのおひたし
・りんご
・信楽 熟成ほうじ茶

 

前日夜遅い夕食だったので、朝は軽めにしました。

茨城の野菜を直売所で買い、炊き込みご飯を作りました。

油揚げのコクもあって、冬に合う一品。

 

一日経ったいわしは、味がよくしみていました。

ほうれんそうには、京都の村山造酢の三杯酢をかけています。

 

●12/22(水)

しごと。

Img_0819_2  

・大根ご飯 大根の葉のせ
・鶏肉、里芋、ニンジン、ねぎの味噌仕立て
・茎わかめの酢のもの
・ブルーベリー、ヨーグルト
・狭山 やぶきた

 

ようこ夫が仕事の都合で連日遅い帰宅です。

夜はごく少量の食事しかしないので、朝食の習慣があってよかったです。

 

●12/27(月)

照明器具をきれいにしたりするうちに、一日が過ぎて行きました・・・。

Img_0826

・ローストビーフ、玉ねぎ、トースト
・じゃがバター、ほうれんそう
・りんご、ヨーグルト
・ブラックコーヒー

 

ローストビーフはフライパンを使って作りました。

真ん中は市販品のように赤くないですが・・・、やわらかかったです。

メークインとほうれんそうはせいろで蒸しました。

 

トーストはすっかり調理器具の仲間入りをした焼き網で。

出来上がりはアツアツという感じではないのですが

外側がカリッとして、中はふっくらしてよい食感です。

Img_0825

 

●12/28(火)

ようこ夫の仕事納めに合わせ、我が家も朝食納めにしました。

Img_0830

Img_0828  

・ニンジンのカレー風味いり煮(鶏肉、玉ねぎ、ニンジン)*
・しじみ、豆腐、茎わかめのみそ汁
・りんご
・信楽 熟成ほうじ茶

 

お正月を控え、しばらく口にしなさそうなカレー粉を使った料理にしたくなり、

冷蔵庫にある残り”一本でもニンジン”を見てこのメニューにしました。

 

みそ汁は目立たないながらも、滋味あふれてよかったです。

 

さて、今年もたくさんの朝食をアップしてきました。

読むだけでも大変だと思いますが、お付き合いありがとうございました。

 

12月はピアノ関係の予定がいくつかあり、

練習のために朝食作りやレポートをあきらめようかとも思いましたが

ドクター中松氏が食事の写真を撮り続けているという話を

テレビで見て思い直し、やはり今月もレポートすることにしました。

 

朝食作りは生活のペースを作る役にも立つ気がするので

来年もまたレポートを続けていくつもりです。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

2つのメリークリスマス☆

クリスマスが過ぎると、街の雰囲気も急に年末ムードです。

今日の午前中、ピアノのレッスンに行って無事にレッスン納めとなりました。

 

さて、私のクリスマスは2か所でピアノを弾いていました。

 

23日(祝)は、4月から半年ほど週半日の仕事でお世話になった

福祉系NPO法人のイベントにて。

活動に私財を投じる知り合いからの依頼です。

 

直前までどんな曲を弾けばよいかあいまいで、

イベント自体もあまり時間通りにいったためしがないので

こちらもいろいろ葛藤したのですが、

福祉の世界でピアノを弾く機会を自分で探すのは至難の業。

結局、楽譜を持って出かけました。

 

その会場に着くと、みんながピアノの近くに集まって歌うはずが、

他のイベントがズレこんだために、なし崩し的に中止???

 

しかし、せっかく行ったことだし・・・と、文字通り、自発的(=ボランティア)に

クラビノーバ(電子ピアノ)を鳴らすと

小学校低学年ぐらいの男の子2人が大騒ぎしながら近づいてきました。

音楽が好きなようで、クリスマスの曲やアニメの曲のリクエストに応えました。

 

子どもたちは姪ぐらいの年だったので

「ようちゃん」って呼んでね、と名乗っておきました。

 

すると、後ろの方にそっと現れたもっと年上の女の子。

ピアノを弾いてみたいとのことで席を譲ると、耳コピした曲を弾き始めます。

私がそれに和音を合わせて色づけすると

他の曲も指一本で弾き、即興二人連弾大会となりました。

特別支援学校に通っているそうです。

 

一時間以上弾いたところで自発的に撤収しましょう。

帰り、騒いでいた男の子たちが

「ようっ!!」(多分、”ようちゃん”の呼び捨て)

と叫びながら、見送りに来てくれました。

 

かなりドタバタした感のある活動でしたが、

こういった心に残る出来事もあったのでした。

 

25日(土)は、毎月行っているデイケアセンターでクリスマスコンサートです。

スタッフ手作りの飾り付けの中で

『We Wish You a Merry Christmas』、『ひいらぎかざろう』などを

アレンジをあれこれ変えて披露。

 

そして、先日の発表会で弾いたW杯ベスト4のメドレー

(禁じられた遊び、第九、ラ・クンパルシータ、荒城の月)を弾いたところ、

『ラ・クンパルシータ』では手拍子が聞こえ、

日本代表『荒城の月』では、みんなが一斉に歌い出して驚きました。

 

一人、初めて見る方がいたので、終演後に

「私のピアノを聴くのは初めて・・・ですよね?」

と声をかけると、まだ新人で右も左も分からないとのこと。

 

でも、お迎えに来た方に

「『ラ・クンパルシータ』が聴けた」

と報告していて少し安心しました。

 

以上で、今年のすべての演奏活動が終了です。

指のケガと体調にはものすごく注意した一年間、

とにかく無事に完走できてほっとしています。

 

お世話になった皆様、どうもありがとうございました。

来年もいろいろな経験を積んで、面白いアレンジができたらと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

『THE ALFEE AUBE 2010 NEO UNIVERSE II』(2010.12.23 日本武道館)

12月23日(祝)、年末恒例の行事、THE ALFEEの武道館コンサートに行きました。

 

コンサートの感想を書く前に、記しておきたいエピソードがあります。

 

数週間前、仕事先で後ろの方から雑談が聞こえてきました。

『恋人達のペイヴメント』って誰が歌っているんだっけ?」

「うーん、稲垣潤一かなーと思ったけど、ちょっと違うなぁ、誰だろう?」

 

ファン歴27年、ここで黙っていては全国のファンに申し訳ない。

名前も知らない方たちの雑談に、今年一番の勇気を振り絞って割り込みました。

「アルフィーです!!」

 

向こうは驚きのあまり、一瞬固まりましたが、

意外にもアルフィーのことに詳しく、コンサート中にピックを投げることもご存じ。

 

仕事納めの日、その雑談主が

「武道館行くんですか?」

と声をかけてきたので、しっかりアピール!?したのでした。

 

さて、そのコンサートは今回も4人で参加です。

武道館の席は方角で示されていて、南のW列、すなわち後ろから2番目の列!

 

ステージの真正面で、メンバーの大きさがテレビっぽい!?感じです。

細かいところはオペラグラスを借りて時々チェックさせてもらい、

他は、会場全体を使った照明を楽しんでいました。

 

武道館ならではの熱気の中、いろいろな曲が演奏されました。

 

そして、噂をすれば・・・ではありませんが、なんと!

『恋人達のペイヴメント』(1984年発売のシングル)も歌われました。

沢口靖子さんが自転車で草原を走るチョコのCMを思い出しましたよ~。

 

途中、メインボーカルの坂崎さんにスポットライトが当たったのに

歌が始まらなくて、客席が???となったりも・・・。

熱心なファンがネットでその理由を考えていました。(^^ゞ

 

でも、相変わらずパワフルな3時間20分ほどのステージでした。

 

長い間応援しているグループのコンサートは心がほっとしますね。

”積み重ね”を大事にしたい、というタカミーの言葉を胸に、

今年のライブ納めとさせていただきます。

お付き合いくださった皆様、ありがとうございました~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

2010年、仕事納め

ハケンの仕事が一足早く、仕事納めとなりました~。

今年は勤務地が遠くなる日もあったりして、心配もしましたが

とにかく完走できました。≡3

 

仕事柄、なかなか派遣先で知り合いも増えないのですが

今日は時々雑談をする英語のプロの方のお誘いで

一緒にお昼を食べました。(^^)

仕事で通訳経験もある方で、さすがコミュニケーション能力が高いっ!

 

少ない日数で高いパフォーマンスを出そうとして気を張っていたのでしょうか、

職場を後にしたら急に気が抜けました。

せっかくなので、サントリーホールのあるアークヒルズへプチ散歩。

 

色の変わるイルミネーションがきれいでした。

Tree

アークヒルズで一人忘年会をして帰宅しました。

 

今年もこのハケンの仕事のおかげで、いろいろなことを実現できました。

お正月に英気を養って、来年もがんばります!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

ドイツ語で旅心

月曜日は今年最後のドイツ語教室でした。

 

テーマは、”まだ行ったことのない国/地域について知り合いに尋ねる”というもの。

個性が出るこういう課題はけっこう好きです。

 

まず、日本語でのイマジネーションをふくらませてみます。

行きたい国、行きたい国・・・。

どんなことを聞いてみようか・・・。

 

そしてこちらが私の答えです。

 

Ich will nach Paraguay reisen,

私はパラグアイへ旅したいです

aber ich war noch nie in Suedamerika.

でも私は南アメリカに行ったことがありません

 

知り合いにパラグアイに行ったことがあるかを聞き、

行ったことがあれば、続けてこういう質問しようと思っています。

 

Sind die Preise hoeher als in Japan?

物価は日本より高いですか

 

Kann man im Restaurant Alkohol trinken und rauchen?

レストランで飲酒、喫煙はできますか

 

Sind die Strassen am Abend sicher?

道路は安全ですか

 

夜、ビールを飲みに出かけたいという希望がついつい出てしまったようです。

 

また、物価の質問で、inを入れなかったところ、先生より

日本列島の値段とパラグアイの物価を比べている」

と指摘がありました。(^^ゞ

 

パラグアイに行きたいというのは本当の気持ちで

一度、アルパ(=楽器)やアンデスの音楽を生で聴いてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

誕生日、クリスマス、年忘れ、第29回 遊史郎の落&P

快晴の12月18日(土)、ダイニング でん助にて

三遊亭遊史郎師匠の落語と私のピアノの会、遊史郎の落&Pを開催しました。

ありがたいことに今回も満席です。

 

最初にピアノで冬の曲、クリスマス・メドレーなどを演奏し、

三遊亭遊史郎師匠の落語一席目、『天狗裁き』の前のコラボ曲を発表です。

 

夢をテーマにした陽気で笑える噺なのですが、

全体を包含する不思議なサゲ(オチ)が印象的。

・・・ということで、数ある夢の曲の中からドビュッシーの『夢』(の一部)を選びました。

初めて『天狗裁き』を聴いたときに頭の中で鳴り響いた曲です。

 

休憩をはさみ、2010年を振り返るという意味で

先日のピアノ発表会で弾いた、名曲をベースにしたオリジナルメドレー、

ワールドカップベスト4の曲を電子ピアノ1台で弾きました。

 

「荒城の月」と「第九」が並んで登場する怒涛のアレンジ。

「第九」のあのメロディで年末気分を味わっていただけたでしょうか?

 

そして、落語二席目は『くしゃみ講釈』

気取った講釈師の高座を台無しにしようと、

寄席の最前列で唐辛子を撒きちらす噺です。

 

コラボ曲は一発芸として

「おもちゃの兵隊のマーチ」~「NHK 今日の料理のテーマ」。

「おもちゃの・・・」は、”キューピー3分クッキング”の音楽なので

曲が始まったとたん、クスクス笑う方も。

 

落語は遊史郎師匠のくしゃみっぷりが大ウケ。

くしゃみだけでなく、唐辛子の刺激に眼をしばたたかせる様子が超面白かったです。

 

終演後、12月16日に誕生日を迎えた遊史郎師匠、

そして誕生日の近いお客様3名を歌でお祝いしました。

おめでとうございます!

 

落&Pはここで終わりではありません。

遊史郎師匠と直接お話しして、感想を伝えたりすることができます。

今回も大いに盛り上がり、忘年会の機会のない私は

ここぞとばかりに生ビール5杯とサワーを一杯飲みました。

 

皆様、今年も一年、遊史郎の落&Pを応援してくださって

本当にどうもありがとうございました。

来年はついに30回、これからもよろしくお願いします!

 

ここで遊史郎師匠の高座のご案内です。

2011年1月24日(日)に、遊史郎師匠がジャズ寄席に出演されます。

http://www.jazzyose.com/jazzyose2011.html

ピアノと一緒の会を開いているのが目に留まって、とのこと。

有名ミュージシャンとの共演、楽しみです~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

2010独検2級結果と語学試験歴

ドイツ語ネタが続いて恐縮です。

 

本日、青い封筒が届き、独検2級の合格証書を受け取りました。

名前部分は箸置きのえんどう豆。

Img_0810 

自分のブログを調べてみると、3級に合格したのが4年前のようで

かなり時間がかかったことが分かります。

 

偶然にも、3級の時と結果はほぼ一緒で

2級の合格最低点が62.14点、私は8割の得点でした。

(140点満点を100点満点に換算)

 

ところで、私は語学の学習が好きなほうだとは思いますが

あまり検定試験には強くないようで、例えば英検は4級です。

 

3級も受けたかったのですが、中学生ながら変なプライドがあって

面接のある3級に落ちたくないという理由で受けずじまい。

 

理系の大学に通う頃、英文テクニカルライティングに興味を持ち、

工業英検4級を受けたら合格、英検の反省をもとに3級も受け、

調子に乗って2級に挑戦したら、超難しくて全く解答できませんでした。

このあたりから2級恐怖症になる。

 

就職すると、会社が奨励するTOEICという試験を受ける人が増えます。

少し勉強もしてみたのですが、頭もよくて論文も書ける人たちが

TOEICでも高得点を取る様子を見て意気消沈・・・。

しだいに受験料が惜しくなり、一度も受けないまま今日を迎えております。

 

・・・という歴史を考えると、よくまぁドイツ語を2級までもってきたともいえます。(^^ゞ

 

ドイツ語には他にもいろいろな試験があるとのことです。

いろいろな方の話を伺いながら、ドイツの居酒屋での雑談を目標に

試験も活用しつつ、力をつけていきたいと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

主婦の勉強って。

日曜日のピアノの発表会の翌朝はドイツ語教室でした。

この日はクラスメートたちとスペシャルランチに行く予定もあります。(^^)

 

最近のドイツ語のクラスには

ご主人の仕事の都合でドイツやオーストリアに住んでいた方たちが加わり、

授業の後、先生も含めて7人でのランチ@広尾 です。

 

ツナやさつまいもの入ったパスタは麺がもちっとしておいしかった~。

Img_0797

 

海外在住時代に勉強したドイツ語を帰国後も続けたい、という方たちは

予習もすごく丁寧にしている様子です。

年中無休で自転車操業をしている私はお恥ずかしい限り・・・。

 

これは正社員で働いていた私の感覚ですが、

主婦の勉強って、自分の裁量で使える時間帯がサラリーマンなどより長い分、

いつでもよいとも言えるので

よほど勉強が好きか、よほど意思が強くないと難しい気がするのです。

 

そういう方たちとご一緒させていただくランチです。

やや若手!?として参加する私は、

どんな話題にも耳を傾け、日本語やドイツ語で話を展開させる様子を

すごいなぁと思って見ていました。

 

小さいサイズのデザート、とても手が込んでいました

Img_0799

 

さてさて、おいしいものでパワーをつけたら、ドイツ語の予習をしなければ!

うーん、でも、いつやろう・・・。

ドイツ語以外のアレとコレもやらないといけないし、ちょっと考えてみます~。

 

広尾 ルカデリ http://lucadeli.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

2010南アフリカの思い出~音楽ベスト4はブブゼラと共に~

日曜夕方、冬のピアノの発表会に出演しました。

演奏した曲は、『2010南アフリカの思い出~音楽ベスト4はブブゼラと共に~』

 

かねてから、サッカー強豪国は音楽強豪国でもあると思っていたので

ベスト4に残った国の曲と、あのブブゼラの音程を中心にメドレーをアレンジしました。

プロのベースとドラムと一緒です。

 

では、出場選手をご紹介いたします。

優勝 スペイン代表は、映画「禁じられた遊び」より『愛のロマンス』(スペイン民謡)。

準優勝 オランダ代表に代わりまして日本から

滝廉太郎作曲の『荒城の月』が登場。

第3位のドイツからは、ベートーベンの『第九』の合唱部分が気合い十分でプレー。

 

そしてウルグアイからは、一度は聴いたことのある『ラ・クンパルシータ』

アルゼンチンの曲だと思われることも多いですが、ウルグアイ人が作曲しています。 

ボランティア先で80代以上の方からとても好まれているタンゴです。

 

尚、オランダの出場選手がどうしても見つからなかったため、

有名キャラクター ナインチェ こと ミッフィーのTシャツに出場願いました。

Img_0801

背中に大きな柄がついています。

まぁ、ミッフィー好きな私の自己満足ですが・・・。(^^ゞ

 

さて、アレンジはとても長いものになりました。

譜めくりが2回もある、95%手書きの楽譜です。

Img_0802 

スイングワルツのリズムに乗せてベースが『愛のロマンス』のメロディを奏で

いつしかピアノにメロディが移り、ディスコ調の『荒城の月』、

タッタッタッタタというタンゴで『ラ・クンパルシータ』。

合間にB♭をピアノで弾くブブゼラをはさみつつ、

いつの間にかマーチに変わり、『第九』が始まります。

もう一度、各国の曲が転調、拍数などを変えて現れて

ラストは加速して『第九』の合唱の最後の部分を演奏しました。

 

ラストは息つぎもできないほど次々に和音を弾いていき、

まるでサッカーの選手のような気持ちになります。

演奏後は、本当にゼーゼーハーハーしました。

Img_0791 

一週間前のリハーサルではこちらの演奏がはっきりせず、

ベースもドラムも???だった個所を直し、

本番はうまく合わせていただくことができました。

(Special Thanks:Electric Base 鹿島達彦、Drums 平川象士)

 

私の指導をしてくださっているHOZUMI先生と

くっきりカッコイイ演奏をする川口先生♪

Img_0790  

最後になりましたが、ピアノ教室の仲間たちが

たくさん応援に来てくださって、うれしかったし、心強かったです。

ありがとうございました。

打ち上げのビールも鍋もおいしかった~。

 

準備はとても大変ですが、弾いてみるととても楽しいです。

幸い、どう大変だったのかも忘れてしまうので

また来年も何かメドレーが作れたら・・・と思います。(^^)

Yamahaginza

会場のヤマハ銀座にて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

2010冬の京都2日目(イノダコーヒ、南座、金閣寺)

旅行2日目。青空が広がっています。

 

ホテルをチェックアウトし、一泊分の荷物を持って

京都の細い道を歩きました。

堺町通沿いのイノダコーヒ本店にて、ゆっくりめの朝食です。

Img_0735 

クラシカルな外観にびっくりしました。

 

外の見えるレトロな感じの席で、”京の朝食”。

バターたっぷりのカリカリしたクロワッサンが美味です。

Img_0739

Img_0737_2  

見た目よりも多くの野菜が盛り付けられた一皿は、

ちょっとした宝探し気分になりました。(^v^)

 

少し遠いですが、祇園まで歩きましょう。

 

あ、この建物は、このたびテレビでよく見かけた南座・・・。

Img_0743  

Img_07472  

実はずっと「なんざ」だと思っていました。

テレビの報道で「みなみざ」と読むのだと知りました。

 

さらに京都駅まで歩くともうお昼どき。

コインロッカーに荷物を預け、帰りの新幹線の指定席を念のため取っておきました。

 

続いて、観光地行きのバスに乗ります。

Img_0753 

下車して少し歩いたところで、みんながカメラを向ける方向を見ると

大文字の送り火の文字が見えました。

 

この石の前では、修学旅行生がひっきりなしに記念撮影中。

Img_07552  

さあ、世界遺産 金閣 鹿苑寺に到着です。

 

園内に入ると、いきなりあの有名な建物が登場。

Img_07602 

水面に映る金閣寺にも注目しました。

 

こちらは、高台の上からちらりと見える金閣寺です。

 

Img_07682 

旅の解放感にはしゃぐ中学生たちに混じって見学しました。

 

もう少し歩き、大徳寺の境内を散策。

ここだけでなく、京都のあちこちで紅葉を見かけました。

Img_07732

 

まだ新幹線まで時間がありますが

それなりに距離があるので、京都駅に戻ることにします。

 

大徳寺近くのバス停で京都駅行きのバスに乗ったところ、

市内を大回りする観光バスのようなコースでした。

市バス206系統、時間のあるときにはなかなか楽しいです。

 

そろそろ帰りの時間です。

冬の京都を名残惜しく思いつつ、駅構内のクリスマスツリーを見に行きました。

Img_07752  

ほんの1日半ほどの休暇でしたが、

ぴんと張りつめた冬の空気の中を思う存分散策できました。

これぞリフレッシュ、という感じです。

 

帰りの新幹線は、出張帰りのお客さんで満席。

徐々に現実に引き戻されていき、東京駅に到着しました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

2010冬の京都1日目(買い物、お茶、たわわちゃん)

リフレッシュのため、冬の京都に一泊二日の旅をしてきました。

本当は日帰りのつもりでしたが、宿泊代が安くなる12月を待ち、

少しゆっくりできました。

 

午前中に何とか家を出て、東京駅で発車10分前の指定席を取り、

文字通り、新幹線に飛び乗りました。

 

最初の目的地は、京都御所の南にある辻和金網

Img_07162_2   

雑誌の”こだわりの調理用具”特集などで、よく紹介されるお店です。

お店の中には作業台があり、職人さんが金網作りをしていました。

 

私が選び始めようとしたら、埼玉から来たという母娘が来店。

ノリのよいお母さんのペースに巻き込まれ、私も会話に加わりました。(^^ゞ

テキパキと買い物を済ませた2人が店を出た後、

店主の説明を聞いて、焼き網とあくとりを買いました。

 

早速、焼き網を使ってみました。水分を失うことなく焼き上がるようです。

Img_07792  

 

続いて、徒歩圏内の一保堂茶舗でお茶を飲むことにします。

私は茶道のことはさっぱり分からないのですが、

抹茶はたててもらえるとのことで

抹茶(薄茶)と大福(おおぶく)茶、生菓子のセットを頼みました。

 

薄茶が運ばれ、お店の方に

「飲み方のしきたりなどがあれば・・・」

とおそるおそる尋ねると、にっこり笑って器の回し方などを教えてくれました。

でも、そういうことは気にせず飲んでくださいね、とのことで

こちらもようやくリラックス

 

薄茶を飲み終わると、今度は大福茶の登場~。

こちらは説明を聞いたのち、自分で淹れます。

 

大福茶は、お茶の種類を表す言葉ではなく、

無病息災を願うお正月の縁起もののことで

一保堂では玄米茶を扱っているそうです。

Img_0717_2 

少し苦味があって、シャキンとする感じの味でした。

何煎でもよいようだったので、のんびりするのが苦手な私も

数回おかわりをして、がんばって!?くつろぎました。

 

さて、あたりはすっかり真っ暗です。夜は京都駅付近へ。

Img_0723  

通りすがりに15分ほどのが見られました。

クリスマスソングに合わせて噴水が動き、花火のようで結構きれいでした。

 

Img_0733 

天気がよかったので、京都タワーにものぼってみました。

無料の望遠鏡があり、気の利いたお客さんが

観光スポットに位置を合わせてくれていたので

ライトアップされた名所などをのぞくことができました。

 

記念撮影用エリアのたわわちゃん。リサイタルが始まりそうです。

Img_0728

でも、”京都タワー展望記念”という文字、

ほとんどの外国人観光客には読めないのでは~?と思ったりも。(^^ゞ

 

こんな感じで、旅の一日目はあっという間に過ぎていきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

手作りバスソルト

今日は午前中にドイツ語教室、午後は毎月行っている病院でピアノ演奏でした。

いよいよクリスマスの音楽も登場して、暮れが近づくのを感じます。

 

さて、そんな生活を送っている私は、

ついついお風呂の優先順位が下がって、カラスの行水になりがちです。

 

それもどうかな?と、突然思い始めて

やる気を出すために、バスソルトを作りました。

【材料】

・炭酸水素ナトリウム(服用できるグレードの重曹) 1カップ

・ラベンダーのエッセンシャルオイル 7滴程度

・広口ビン 

Img_07012 

・天日塩 1カップ

Img_0697 

スーパーの塩売場で、一番陽気なパッケージのものを選びました。

 

このように重曹と塩をよく混ぜ、エッセンシャルオイルを加えます。

Img_0702  

 

2,3日なじませたら出来上がり。

Img_0710 

まだ一度しか使っていませんが、強烈なにおいがすることもなく

気のせいかもしれませんが、お風呂の湯がやわらかく感じられました。

 

これを機会に、なるべくゆっくり入浴する方向で前向きに検討したいと思います。

 

参考: 『重曹生活のススメ』

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

リハーサル

一週間後にピアノの発表会を控え、パソコンではなく

クラビノーバの前にいる時間が長くなっています。

 

土曜日は、サポートしてくださるプロミュージシャンとのリハーサルがありました。

私の場合はスタンダードなポピュラー曲ではなく、名曲をベースにしたオリジナル。

事前に楽譜を渡してあるものの、

音楽記号では表せない曲のイメージを自分の言葉で伝える唯一の機会です。

 

ミュージシャンを前にアガらないよう、あらかじめ話す内容を整理し、

(かつてお世話になった上司のように)付箋にメモり、

想定質問を考えたり・・・と、演奏以外の準備も必要でした。

 

リハーサルで見つかった課題を持ち帰り、日曜日朝のピアノのレッスンで改善。

これからは演奏を安定させ、当日を迎えることになります。

こうして書いてみると、開発と似ているかも・・・?

 

リハーサルは緊張するし、パワーをたくさん使う発表会ですが

ステップアップのための筋トレだと思って取り組んでいます。(^v^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

12月がやってきた

早いもので、もう12月です。

忘年会と縁遠くなってもう何年にもなります。

 

・・・と寂しがっている暇もなく、師でもないのに

ピアノを弾きにあちこち走りまわる予定です。

 

今日は師走を乗り切る体力作りのため、ジムで走ってきました。

(筋トレは省略してしまいましたが・・・)

 

しばらくピアノの練習の都合で

禁酒、節酒の日が続くと思いますが、がんばります。

 

さて、今年のトリを飾る『遊史郎の落&P』が12月18日(土)に開かれます。

ご予約受付中です。どうぞよろしくお願いいたします。

この日は終演後にたっぷり飲みますよ~。

-----------------------------------------
「遊史郎の落&P」

12月18日(土)  木戸銭 1500円 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏(YOKO)   
 

17:30 開店 (18:50頃、一旦オーダーストップ)
19:00 ピアノ→落語   「天狗裁き」
19:30 休憩 (19:50頃、一旦オーダーストップ)
20:00 ピアノ→落語   「くしゃみ講釈」
20:30頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・時間は目安です。オーダーストップの時間等につきましては
 当日ご案内いたします。
・ご希望がございましたら、終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
-----------------------------------------

☆ご予約はmixiの三遊亭遊史郎コミュニティ、

 もしくは、私宛(PXN02635アットマークnifty.ne.jp)にお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »