« 朝食レポート 2010年11月中旬~11月下旬分 | トップページ | 壁の油汚れそうじ »

2010年11月28日 (日)

讃アプローズの心づかい

くらげちゃんと 讃アプローズ 帝国ホテル店 に出かけました。

数か月に一度、くらげちゃんお勧めのお店を訪問する豪華ランチ企画です。(^^)

帝国ホテルの近辺は何度となく行く機会がありましたが、中に入るのは初めてです。

 

中二階のゆったりとシックな空間にある、なだ万系列のレストランで

劇場が見える窓側の席に案内されました。

お芝居を観るのが好きそうな年配の女性たちがランチを楽しんでいます。

 

私たちはランチのコース(プレリュード)を注文しました。

すべてではありませんが、いくつかの写真を載せますね。

 

先付のあとの旬菜、

<<木の子と青菜の煮浸し 南瓜テリーヌ 翡翠銀杏 海老牛蒡巻き香味揚げ>>。

料理名だけでも、和食の厳かな感じがしてきます。

Img_0631 

秋の葉が使われた盛り付けは季節感たっぷり。

 

冷菜の次は温菜として<<蕪饅頭 白髭葱 銀あん>>。

Img_0636  

手間がかけられた一品の器の使い方もいいなぁと思いました。

 

こちらはメインの<<鰈(カレイ)唐揚げ 香味野菜 エスニックソース>>です。

Img_0639 

日本酒を入れる”片口”の大きなものに盛られています。

丁寧に炙られたパプリカ(ピーマン?)も甘くておいしかったです。

 

そして、<<栗の釜炊き 香の物 赤だし>>がシメのお食事です。

土鍋で炊かれた栗ご飯と岩のりの赤だし・・・、

でもちょっと並べ方がではありませんか?

Img_0642_2  

もちろん、なだ万さんが間違えるわけもなく、

これは左利きの私に配慮した置き方のはずです。

 

左手で箸を持つと、何度も上げ下げするご飯茶碗が左側にあると

味噌汁を倒しそうになることもしばしばです。

 

テーブル担当の女性の方がにこやかに

しかし、左利きについて言及することなく、そっと配膳しました。

 

何年経っても、初対面の人に悪気なく

「あ、左利きなんだ」

と言われ続けている私にとって、心に残るサービスでした。

 

直接お礼を言いたかったけれど

せっかくのさりげなさをぶち壊すような気がして

おこげの入った栗ご飯をパクパクと食べながら

ブログに書こーーーっと、と思っていたのでした。

 

味が良いのはもちろんですが、こうした心づかいに触れられて

うれしさがこみあげてくるランチとなりました。

くらげちゃん、今回もよいお店をご紹介ありがとうございます。

|

« 朝食レポート 2010年11月中旬~11月下旬分 | トップページ | 壁の油汚れそうじ »

コメント

こんにちは。
私もランチでこの8月に初めて伺いました。
美味しい食事はもちろんの事、
落ち着いた雰囲気の店内と応対が印象的でした。
和食が大好きなので良いお店がまた一つ見つかったと思っています。

投稿: Polo | 2010年11月28日 (日) 15:19

>Poloさん
こんにちは。
あちこちお出かけのPoloさん、こちらのお店にも行かれたのですね。
席と席の間にある大きな炭のような木が落ち着きを醸し出していました。
観劇の際にも便利な立地で、また行ってみたいと思いました。

投稿: ようこ | 2010年11月28日 (日) 18:46

アプローズは喝采という意味でしたね。
サントリーが創った青いバラの名前もそうでした。
バラのローズにかけたとてもいい名前だと思いました。

お料理も良さそうですが心遣いも一流でしたね。
たまにそういう雰囲気に触れることは、心身ともに潤いになるような気がします。

投稿: ギドスパリオ | 2010年11月28日 (日) 22:23

>ギドスパリオさん
そうですか、サントリーの青いバラの名前はそういう由来だったのですね。
花の華やかなイメージも含まれていていいネーミングだと思いました。

味を言葉で伝えるのは難しいですが、
こうしたエピソードをご紹介できてよかったです。
まさに、潤い・・・。(^^)

投稿: ようこ | 2010年11月28日 (日) 22:53

なだ万のHPpcを載せて下さったんですね。こちらはワタクシ初めて
拝見しましたeye。店内の動画もあって分かりやすいですgood

銀杏や栗ごはん、いちょうの葉の飾りといった秋mapleの雰囲気を
感じさせる綺麗な盛り付けや珍しい器など印象的なお料理でしたねshine

さりげない気配りは本当に気持ちの良いものですconfident
フレンチ・イタリアンといった洋食の場合はナイフとフォークrestaurant
途中から逆に置いてくれたりするお店もあってようこさんと同じく
左利きのうちの夫もそういうお店には印象もよりアップupしているようです。

今年もいろんなランチにご一緒いただきありがとうございましたheart04
来年もお楽しみいただけるお店、紹介しますね~happy01

投稿: くらげちゃん | 2010年11月29日 (月) 01:02

>くらげちゃん
検索したら、なだ万のサイトがヒットしました。
私がひそかに気に入った備長炭みたいな木?も見られてうれしいです。(笑)

おかげさまで、季節感のある食事ができました。shine
少量ずつ、さまざまな調理法で提供される一品一品が
試験明けの私へのごほうびpresentのように思えました。

そうそう、ナイフとフォークの位置も左利きには悩みの一つで、
同じ立場の旦那さんのお気持ちがよく分かります。

今年もいろいろなお店をご紹介ありがとう。
たまに行く豪華ランチは仕事に出かけるモチベーションにもなります。
また来年も楽しみにしています。

投稿: ようこ | 2010年11月30日 (火) 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/50149843

この記事へのトラックバック一覧です: 讃アプローズの心づかい:

« 朝食レポート 2010年11月中旬~11月下旬分 | トップページ | 壁の油汚れそうじ »