« 3連休のまとめ | トップページ | 朝食レポート 2010年9月下旬~10月中旬分 »

2010年10月13日 (水)

『ミシェル・ベロフ ピアノ・リサイタル』(2010.10.12 紀尾井ホール)

芸術の秋でございます。

紀尾井ホールにて、フランス人ピアニスト ミシェル・ベロフの演奏会を聴きました。

 

ミシェル・ベロフは、NHKの”スーパーピアノレッスン”という番組で

難易度の非常に高い曲を音楽を本格的に勉強している学生に教えていたので

ご存知の方もいらっしゃると思います。

 

私は子供の頃に親に買ってもらったレコードで演奏を聴き、名前を知っていました。

大きなステレオのスピーカーの中の人の演奏を

ついに生で聴く機会にめぐり合えた、というわけです。

 

そして開演。

1階席下手側後方、両手がよく見える位置が私の席です。

ミシェル・ベロフは思ったよりも恰幅のよい方で、

ピアノの前に腰掛けると眼鏡をかけ、鍵盤を覗き込むように弾き始めました。

 

予定と曲順が変更され、1曲目からソナタでした。

(通常はもっと軽めの曲から始まる)

 

■シューベルト ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調

ウィーンで生まれ育ったシューベルトのソナタは、

ゆったりとした第一楽章から、スピード感あふれる第四楽章までの大作でした。

第四楽章は、ウィーンのプラーター遊園地を疾走するミニSLが思い浮かびます。

 

~休憩~

 

■ヤナーチェク ピアノ・ソナタ 「1905年10月1日、街頭にて」

チェコ出身のヤナーチェクの曲は、まるで絵のタイトルのようです。

1.予感、2.死 のどちらもメロディアスで、明らかに現代に近い音楽。

心にすぐ吸収される感じがしました。

  

途中で気づきましたが、この曲はおそらくペダルの使い方が肝となるのでしょう。

響きを残したり、残さないようにキレよくリセットしたり、

ペダルを踏む足元にも注目して聴きました。

 

■ドビュッシー ベルガマスク組曲

4曲からなる組曲で、3曲目の『月の光』はとても有名です。

私は4曲目の『パスピエ』が好きで、きれいなメロディの中で

左手がスタッカートで8分音符を刻み続ける技巧が必要とされます。

もう、目はミシェル・ベロフの左手にクギ付け。

すごい!

百聞は一見にしかず。

 

■バルトーク ハンガリー農民の歌による即興曲

8曲の即興曲が一つ一つ異なる表情を見せながら、

バルトークらしい不協和音の連打。

曲に飲み込まれるように聴いていたら、あっというまです。

 

ミシェル・ベロフの一般的な評価はよく知りませんが

この演奏会を聴いた限りでは、演奏の引き出しをたくさん持っていて

曲の特徴を効果的に表現する方法を提示する、という印象を受けました。

 

アンコールは3回で、1曲目は東欧風の曲、

続いて、ドビュッシーの『アラベスク 第一番』、

『亜麻色の髪の乙女』が演奏されました。

 

”レコードの人”の生演奏を聴けたことが何よりうれしい夜でした。

そして今、私の頭の中はまだ見たことのないチェコやハンガリーの街並み

ぼんやりと浮かんでいるところです。

|

« 3連休のまとめ | トップページ | 朝食レポート 2010年9月下旬~10月中旬分 »

コメント

スーパーピアノレッスンは私には難しすぎて、こんな番組があるんだという
認識をしてた程度でした。
だから失礼ながら、名前も知らず(汗)ピアニストだと言うことも知らず。
もう少し難易度の低いのを教えてたら、馴染みになって
きっと私も聞いてみたい!と思っただろうな。

チェコやハンガリーの町並みを想像してると、来年の長い旅行の行き先に
なるんじゃないでしょうか?
それを楽しみにピアノもドイツ語も勉強するということで。
あれ?チェコやハンガリーってドイツ語圏でしたっけ?

投稿: lilac | 2010年10月14日 (木) 22:21

>lilacさん
スーパーピアノレッスン、
もともと上手な方たちが先生のアドバイスを取り入れると
すごく良くなるのが面白くて、時々見ていました。

有名ピアニストの演奏会は、
必ずしも心地よい音楽だけを演奏するわけではないので
聴くこちらも気力体力が必要だな、といつも思います。

チェコ語とハンガリー語ですね。
文字からして知らないものがたくさんあるので難しそうです。sweat01

投稿: ようこ | 2010年10月15日 (金) 14:36

この人の弾くドビュッシー大好きです。
全集を持っているぐらい!
流麗という言葉がぴったりです。
有名な月の光は明るくて、陰が出来るぐらいの光が差し込んでくる演奏だと思います。

投稿: ギドスパリオ | 2010年10月17日 (日) 00:04

>ギドスパリオさん
私も子供の頃、ベロフのドビュッシーを聴いて育ちました。
生演奏は割と音量が大きめで、流れるように弾いていました。
たしかに、ほの暗くない明るい月の光でした。

投稿: ようこ | 2010年10月17日 (日) 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49729244

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミシェル・ベロフ ピアノ・リサイタル』(2010.10.12 紀尾井ホール):

« 3連休のまとめ | トップページ | 朝食レポート 2010年9月下旬~10月中旬分 »