« 丸ビル”ななは”にて、飲み会 | トップページ | 5年ぶりに携帯機種変更 »

2010年9月 7日 (火)

秋はまだかな・・・、とピアノを弾きに行く。

毎年9月は予定が立て込み、今年は2日連続でピアノを弾きに行きました。

 

月曜日午前のドイツ語教室の後、病院で月に一度のピアノ演奏です。

早いもので、病院ボランティアは6年目に入りました。

 

いつもなら秋らしい曲を選ぶところ、

今年は猛113年ぶりの猛暑なので、何を弾くか

うーーん、うーんと悩み、私の中で秋の予感の曲となっている

ラフマニノフの『ラプソディ』 こと

『パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏』

をぜひ弾きたくて、曲目に入れておきました。

 

続いて火曜日、毎月行っているデイケアセンターでの演奏会。

ここでの活動も10年目に入りました。

光陰矢のごとし!

 

ものすごーーく久しぶりに、イタリアの『帰れソレントへ』を選曲。

8月にイタリアの曲を生で聴き、

今回はその印象(歯切れよく、思い切って)を取り入れて

人前で弾いてみたかったのです。

 

聴いている方たちが、曲を知っているかどうか心配でしたが、

全員が身を乗り出すようにして”知ってるオーラ”を出していました。

 

料理にたとえると、おいしいイタリア料理を食べて

ニンニクとオリーブオイルの使い方のコツをつかみ始めた感じでしょうかね。

 

音楽については毎日が勉強ですが、

こうして発表の場があるのは本当にありがたいことです。(^v^)

またいろいろと曲を仕入れて弾きたいなぁ~と思っています。

 

☆コメントの読み方☆

最近、ブログを読んでくださるようになった方から

質問がありましたので、回答です。(^^)

 

記事の一番下に 固定リンク  コメント() トラックバック()

と書いてあります。

その”コメント()”をクリックすると、コメントがあれば表示されます。

ぜひぜひご覧ください!

|

« 丸ビル”ななは”にて、飲み会 | トップページ | 5年ぶりに携帯機種変更 »

コメント

ピアノ演奏を聴くことが出来る病院やデイケアーセンター・・・私も将来、お世話になるのだったらそういうところがいいです。音楽はささくれた心にも優しく入ってきてくれて癒してくれます。
もう他界してしまった私の父・・・亡くなる前に長く入院していた病院にこのような音楽があったらさぞや喜んだことと思うんです。
ようこさんはいつも選曲にもとても心を配られていていますよね。
ほんとうに素晴らしいボランティアだ思い、いつもこのレポートも楽しみにしている私です。

『パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏』・・・夢のように美しいい曲ですよね~
大好きです!!
私も昔、弾いてみたくてピアノのソロバージョンの楽譜を買ったんですけど、それが結構難しくて早々にお蔵入りしてしまいました。
『帰れソレント』これもちょっと思い出の曲なんです。歌好きの母がよく高らかに歌い上げていました(母はまだ健在です~笑!)

これからも素敵なニンニクとオリーブオイルを追求してくださいね♪

投稿: まろーね | 2010年9月 8日 (水) 08:48

>まろーねさん
ボランティア関係のレポートは、書くのが難しい面もあるのですが
私自身の成長の記録でもあり、書ける範囲で記録するようにしています。
まろーねさんのように、活動の本質を理解した上で
読んでくださる方がいるのは、本当にうれしいことです。

『パガニーニ・・・』、初めて聴いたとき、
世の中にはこんな心を打つ良い曲があるのか!と驚いたものです。
ストリングスの音が出る電子ピアノにもよく合って、秋にはあちこちで弾いています。
イタリアの高らか系の曲も元気が出てよいな、と思いました。

それにしても、楽譜選びが大事だといつも思います。
私にも難しすぎてお蔵入りした楽譜が何冊もあり、
修練の結果、お店で楽譜を開いた瞬間、
難易度を識別できる能力を身につけました~。(笑)

投稿: ようこ | 2010年9月 8日 (水) 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49381193

この記事へのトラックバック一覧です: 秋はまだかな・・・、とピアノを弾きに行く。:

« 丸ビル”ななは”にて、飲み会 | トップページ | 5年ぶりに携帯機種変更 »