« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

オーストリア旅行5日目(ザルツブルク市街めぐり)

旅行5日目、ウィーン西駅から列車に乗り、

約3時間かけてモーツァルトの出身地、ザルツブルクへ移動します。

ザルツブルク-ミュンヘン(ドイツ)が 1時間なので、ドイツにとても近い街です。

 

ぎっしり満席の列車内には、私たちと同世代の英語が堪能な中国人、

(耳ダンボにしていたところ、米国で働いているようです)

その中国人に片言の英語で話しかけるオーストリア人がいました。

 

14年前のザルツブルク駅は工事中でしたが、

14年経った今も、あっちこっち工事中・・・。(^^ゞ

 

2年前に開業したという駅前のホテルに荷物を預け、

日本の東北地方を思わせるようなひんやりした空気の中を

中心部に向けてのんびりと散策します。

Img_0216

名門ホテル、HOTEL SACHER SALZBURGを眺めて・・・、

Img_02172  

エメラルドグリーンのザルツァッハ川を渡ると、旧市街になります。

駅から徒歩15分程度でしょうか。

Img_0221  

 

まんず、昼食にすっか。

ザルツブルクはビール文化が盛んなようで、濁りありのビールを選んだべよ。

Img_0223

Img_0227

温かい豚肉のサンドがうまいべー。 

 

急に言葉が変わってしまいましたが、「サルツブルク」といった風に

ウィーンよりもほんわかしたドイツ語のように聞こえました。

 

ゲトライデガッセというメインストリートを通りつつ、

かわいい看板を撮影~。

Img_02332 靴屋さんかな?

 

 

 

 

Img_0237TOMMY HILFIGER

 

 

 

 

Img_0239ZARA

 

 

 

 

Img_0241シーフードの

NORDSEE

 

 

 

 

上を向いて歩いていたら、店構えを見そびれてしまいました・・・。

 

そして、この通りの超分かりやすい位置に、黄色い名所が現れます。

Img_0243  

モーツァルトの生家です。

なぜこんなに変な角度から撮影したか?

それは、普通の角度から写すと、世界の観光客のばかりになるからです。

 

モーツァルトの偉大なる軌跡を学んだ後、

もう一つの名所、ケーブルカーにてホーエンザルツブルク城塞にのぼりました。

Img_0253  

 

 

 

 

 

 

 

 

地元小学生の遠足でごった返す中、

やっと着いた上からの眺めは素晴らしかった~~!

やはり、川カーブはいいなぁ。

Img_0254

 

ホテルに戻り、英語の苦手そうなフロントの若いお姉さんと

日本でドイツ語を習っている話をしてチェックイン。

 

夕食は、ビヤホールでグャーシュ?グーラシュ?という

ハンガリーから伝わったシチューのような料理を選びました。

Img_02652

14年前にも見たことのある、大きなかたまりが添えられています。

日本語の数字が分かる陽気な店員さんが対応し、

お腹の調子もよく、ビアホールの雰囲気も含めて楽しい食事となりました。

 

本日のテクテク→14760歩

 

翌日は、展望台や博物館などの観光です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

オーストリア旅行4日目その2(プラーター遊園地)

4日間のウィーン滞在の最後を飾る観光地は、

映画『第三の男』(1949年)の舞台になったプラーター遊園地です。

JR恵比寿駅の発車メロディはこの映画のテーマ音楽です♪

 

U-Bahnのプラーター駅スグ、入場無料の遊園地には

映画で有名になった大観覧車があり、私は14年ぶりに乗りました。

Img_0201 

 

乗る部分が大きく、大人が10人ぐらい入れます。

Img_0177  

 

 

 

 

 

ウィーン市街が見えました。

Img_0187 

遊園地の中にはたくさんのアトラクションがありましたが、

平日だからか?日本のような行列はなく

お客さんが来たら遊具を動かしているようでした。

Img_01912 

Img_01952

ウィーンで

唯一見かけた

飲み物の自動販売機

 

 

 

 

 

 

 

20分も走るミニSLなどで楽しんでいたら、がポツポツ・・・。

名残惜しいですが、このタイミングで帰ることにしました。

 

プラーター駅で銀座発見!

Img_0172  

ROLLING SUSHIではないようです。

 

夕食は、タイ+中華+韓国+日本料理のお店にて。

翌日はいよいよ列車に乗ってザルツブルクへ出発します。

 

4日目は14422歩。よく歩きました~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

オーストリア旅行4日目その1(シューベルトの生家、べルヴェデーレ、中華料理)

ウィーン4日目。ついにウィーン観光最終日となりました。

通常のツアーだと、もう他の街に移動している頃でしょうか。

この日は、市街からほんの少し離れた場所を訪れます。

 

まず、音楽の都ウィーンらしく、作曲家の家へ・・・。

いくつもの家の中から、今回はシューベルトの生家を選びました。

路面電車Ringに乗って、開館時間直後に見学する予定です。

 

シューベルトはウィーン生まれの都会っ子。

”ます”は音楽の授業で習ったかもしれません。

 

住宅街にこのような看板が出ていました。

Img_0141  

Img_0146

 

Img_0149♪わーらーべーはー

みーたーりーーー

 

 

 

 

”野ばら”の楽譜です。今もなお、ボランティア先で人気の高い曲。

Img_0154 

1階(→日本でいう2階)には、光が降り注いでいます。

見学者は私たちだけで、有名作曲家の家を静かに見られました。

 

ウィーン西駅へ立ち寄り、翌日乗車するザルツブルク行きのFahrkarteを購入。

窓口へ行き、聞かれそうなことをすべてノートに書き、

グリュースゴット(こんにちは)とあいさつしつつ、

メモを見てもらうやり方で切符を無事入手しました。

 

今度はべルヴェデーレ宮殿へ移動しましょう。

なだらかな坂のある敷地に宮殿があり、

内部には、オーストリアのクリムトやエゴン・シーレなどの絵画が飾られています。

Img_0162  

金ピカのクリムトの絵は大きくて、構図や色遣いに迫力を感じました。

 

ちなみに、宮殿!?は日本にもあり、

東武ワールドスクウェアと焼肉のタレの工場で見られます・・・。

 

Ringに乗り、メインストリート ケルンストナー通りに戻ったら

久しぶりに中華料理店で米の食事です。

Img_0166

英語とドイツ語と中国語ができる黒髪の店員がテキパキと仕切り、

炒飯もパラパラでとてもおいしいっ。

 

ただ、箸で炒飯を食べるのは難しく、

「スプーン(Loeffel)を2つ使いたいです」

とドイツ語で言ってみると

希望通りスプーンが出てきたので、通じたようです。

 

会計のとき、

「マイタン。ハオチー」(お勘定。おいしいです)

と旅行の際に覚えた中国語を言うと、テキパキした店員が

「ハオ、ツー

と発音を訂正。

どこの中国語なんだろう?

 

ゆったりペースのウィーンの街で、久しぶりにアジアな空気を吸いました。(^^)

 

次は、映画で有名な遊園地へ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

オーストリア旅行3日目その2(お茶、ホイリゲ)

旅行3日目のヴァッハウ渓谷オプショナルツアーから

腹痛を抱えてホテルに戻り、痛みの原因を考えたところ、

朝から冷たいものを食べたことだろう、という結論になりました。

 

この日の夜は、ウィーン郊外にあるグリンツィングという場所の

ホイリゲ(ワインの出る居酒屋)に行くつもりだったので

とにかく体調を元に戻さねばなりません。

 

まず、温かい飲み物を摂るために

ホテルのロビーでカモミールティーを飲みました。

冷たい飲み物は売店でも比較的手軽に手に入るのですが

温かいものは、カフェに入らないとなかなか見つかりません。

Img_01222 

ふぅ。ようやく胃が落ち着きました。

 

ドイツ語にもだいぶ慣れてきて、

腹痛であっても口が勝手に動いて注文できます。

 

ま、慣れた頃が一番危ないのですが・・・。

 

さて、予定通り、ホイリゲに向かうことにしました。

U-Bahnとバスを乗り継ぎ、30分ほどのところ。

Ringでも行かれます。

 

14年前にも、ドイツ語が分からないながらもホイリゲを訪ね、 

にぎやかな雰囲気とアコーディオンで演奏される音楽などが

印象に残っています。

 

バスを降りると、当時のにぎやかさに比べ、ずいぶん静かな感じ???

 

ようこ夫といくつかの店を見てから、

奥の方でアコーディオンの鳴るレストランに決めました。

 

入口でまず、若いイケメン風の店員にたばこを吸うか吸わないかを聞かれ、

「nicht rauchen」(吸わない)

と答えると、老夫婦が食事をしている静かな席に案内されました。

 

ここでドイツ語が上手なら

「喫煙席OKなので、奥のにぎやかな席に変えてください」

と言えるのでしょうが、想定外のことはとっさに作文できず、

腹痛直後ということもあり、おだやかな食事を楽しむことにしました。

 

英語も小さく併記されたメニューを見て、注文の品を考えていたら

その若店員が、おすすめ料理のページの中の一品、Hirschを指し、

「フィッシュ」

と言いました。

 

ふむ、フィッシュ(Fisch=魚)ね。

いいかも・・・と思って英語表記を見るとdeerと書いてある!?

若店員、英語でも「ディアー」と言っていました。

 

しかし、耳と思い込みは止めようがないもので

ドイツ語のdir(ディア duの3格=君に)と勘違いしてしまいました。>_<

ほぉ、この店員は私にフィッシュを勧めているのか~、と。

 

一呼吸おき、持ち歩いていた辞書でHirschを調べると

”シカ”と書いてありました。

こちらはますます混乱。

 

もしかすると、ドイツ語の肉(Fleisch=フライシュ)と聞き違えたのかと思い、

他の店員に、メニューを指しながら

"Ist das Fisch?"

と尋ねると、やはり、「フィッシュ」という返事。

 

首をかしげながらも、お店のおすすめだろうからと注文。

 

そして、運ばれてきたのはこちら。

Img_01262 

手の込んだソースのかかったシカ肉でした。

多分、私がシカ肉を口にするのは初めてですが

ハーブオレンジも添えてあり、やわらかく、

病み上がりのお腹にもやさしい味です。

 

お腹を温めるため、ウィーンの伝統的なスープも。

Img_01242

牛肉のダシがよく出たスープに野菜も入っていて

とても気に入りました。

 

さっぱりした白ワインと赤ワインとともに、珍しい食事をした夜となりました。

 

食後、お店の外に”ジビエ週間”の看板を発見!

Img_0127_2  

そうかぁ、あのシカ肉が旬の一押し料理だったのですね。(^^)

心に残る、旅のハプニングです。

 

ところで、なぜ聞き間違えたか?について

後日出会ったオプショナルツアーの

ドイツ語堪能な日本人ガイドさんに聞いてみました。

 

Hirschは ヒルシュ と発音しますが、

少しなまって フィッシュ に聞こえたのではないか?

とのことでした。

発音を実演してもらって納得。

もう、Hirschという単語だけは忘れないぞ~~~!

 

4日目、ウィーン観光最終日、シューベルトの家や中華料理です。

 

追記:3日目は、9191歩でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

オーストリア旅行3日目その1(メルク修道院、ドナウ川下り)

旅行3日目・・・の前に、2日目の歩数を発表します。

なんと、21573歩

足首がちょっと痛くなったぐらいなので、まだまだいけそうです。

 

そして3日目は、日本から予約しておいたオプショナルツアー

ワインが名物というヴァッハウ渓谷めぐりです。

日本語ガイドつきのバスに乗って出かけるので、個人旅行も小休止といったところ。

 

朝食を売店で買ったサンドイッチで簡単に済ませ、

大型バスにて、ウィーンから西へ一時間あまりの

メルクという街に向かいました。

 

ここで修道院を見学&昼食ののち、ドナウ川の遊覧船に乗り、

ウィーン寄りの小さな町デュルンシュタインを散策するコースです。

 

メルク修道院の門をくぐると

Img_0054 

 

中庭のようになっていました。この写真はそのうちの一面。

Img_0055  

11世紀に建てられた修道院を18世紀に建て直したとのことです。

やはりこのイエローが使われています。

 

グループごとに入場時間を予約し、

先にいるグループを抜いてはいけないらしく、

前にいる陽気なイタリア人グループ

せっかちな私たち日本人が何度も待つことになりました。

 

長い廊下

Img_0061  

 

展示方法は現代アートのようで、一同びっくり。

Img_00621  

 

Img_0065教会

ちょうどミサのタイミングでした

 

 

 

 

 

 

 

修道院からのどかな街並みと川が望めます。

Img_00682 

天井画、10万冊の蔵書ともいわれる本の間などを

興味深く見ることができました。

 

敷地内のレストランでツアーの方たちと食事をすませ、船着場へ。

バスは陸路で私たちを追いかけます。

 

Img_00853メルク

 

 

 

 

 

 

 

洗練された遊覧船

Img_00832  

 

ドナウ川の風を感じながら、沿岸の景色を撮影。

他の日本人ツアーも乗船していました。

Img_0088  

 

せっかくなので、船内のカフェレストランで白ワインを注文。

Img_0093_4

ぶどう畑を見ながら乾杯です。

Img_0095  

 

約1時間半後、目的地デュルンシュタインが見えてきた!

Img_0108 

青い教会と左上のケーンリンガー城跡が町の名所だそうです。

 

Img_0110町の看板

 

 

 

 

 

 

 

メインストリート

Img_0113 

後からガイドブックを見たら、人口880人とのこと。

 

小道に並ぶお店のうち、リキュールショップに入ると

試飲用の小さなプラスチックのカップがあったので

"Kann man das probieren?" (試飲できますか?)

と尋ね、お店の方と簡単な会話をしてから

アプリコットリキュールを一つ買いました。

 

散策を終え、再びバスに乗り、一路ウィーンに戻ります。

 

しかし、実は船を降りた頃からお腹の調子がどうも良くない。>_<

団体行動を乱すわけにもいかず、帰りのバスは冷や汗をかきながら

ただひたすら時が過ぎるのを待ち、やっとの思いでホテルに戻ったのでした。

 

というわけで、私の記憶はかわいい町並みまで。

残念ながら、帰りのバスからの車窓はまったく覚えていません・・・。

 

ホテルでのお茶、ホイリゲでの夕食に続く。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル)

ウィーン市内観光を終え、Ringという路面電車に乗ってホテルに戻りましょう。

こまめに停留所のあるRingをようこ夫が気に入り、以後、何度となく乗りました。

 

ドナウ運河の上を走るRing

Img_0043  

 

夜、初のウィーンミュージカルの前にお腹を満たすため、

ホテル近くの売店で、ケバブ(鶏肉)入り焼きそばとビールを買いました。

割りばしも、ふつーーに出てきます。

Img_0050トルコ+中華料理?

 

 

 

 

 

 

 

Img_0048麺は超薄味ですが、

鶏肉の塩味が

口に合いました

 

 

 

 

さて、ミュージカルは、日本でも上演されたことのある『TANZ DER Vampire』

Img_0045  

会場のローナッハ劇場。外側だけ工事中でした!

Img_9846  

海外ミュージカル大ファンの方が、事前にこの劇場でチケットを購入、

そのチケットを日本で受け取り、また私がウィーンに持って行きました。

ありがとうございます。

 

ドラキュラの格好をした係の人に、はるばる旅したチケットを見せて

ようこ夫一緒に、前から2列目に座り、幕が上がると・・・。

 

まず、出演者の声がを鳴らしたように響くのに驚きました。

曇らない、というか、明瞭でとても音楽的。

 

ドイツ語はごく一部しか聴き取れなかったけれど

ドラキュラの世界と人間の世界を行き来する様子は伝わります。

 

端正で美しいミュージカルが終わり、一度会場を出たものの、

やはり記念にパンフレットが欲しくなり、すぐに引き返して

"Ich moechte ein... ごにょごにょ kaufen."

と、ドラキュラさんに声をかけて買うことができました。 

 

その日その時にしか観られない、生の舞台

端正で美しいミュージカルを堪能した2日目の夜でした。(^v^)

 

次は、ヴァッハウ渓谷ツアー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

オーストリア旅行2日目その2(アラビアータ、自然史博物館、カフェ)

迷路で遊んだ後は、地下鉄に乗って街中に戻りましょう。

まずは昼食を・・・ということで、麺(スパゲッティ)を食べられる店を探しました。

 

500mlのビールとスパゲッティアラビアータで乾杯~☆

Img_0005  

Img_0007  

麺は日本の方がアルデンテだと思いましたが、

唐辛子のピリ辛トマトソースをおいしくいただきました。

 

お店の方も、こちらが話そうとするドイツ語にきちんと耳を傾けてくれて

短い時間で語学体験をしなければならない私には、よい思い出となりました。

 

ここから歩いて、2つの博物館が向かい合うエリアへ。

美術史博物館

Img_0012_2  

自然史博物館

Img_0027 

こういった場所を見学するには、休館日のチェックが重要ですが

事前にやっておかなかったため、美術史博物館は休みと判明。

自然史博物館だけに入ります。

 

重厚な雰囲気の理科室のような館内は、写真撮影もできました。

 

はるか彼方昔の葉っぱ

Img_0019  

 

恐竜って本当にいたんですね・・・。

Img_00232

風格ある建物にて、自然の歴史をゆっくり丁寧に振り返ることができました。

 

さぁ、たくさん歩いたので、カフェでお茶をしましょうか。

Img_0033  

Img_0031  

うわーい!温かいりんごのケーキとバニラアイスクリームです。

なかなか大きくて食べごたえがありました。

 

もう一ヶ所、このエリアの名所を見ておかなくては!

Img_00392  

ちょっとアップ過ぎました。(^^ゞ

 

ト音記号の花とモーツァルト像

Img_00352_2  

ト音記号に気を取られたら、写真が斜めになってしまいました・・・。

 

ここで一旦ホテルに戻ります。夜はミュージカル観賞♪なのです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

オーストリア旅行2日目その1(NORDSEE、シェーンブルン宮殿)

旅行2日目、この日も自力でウィーン市内観光です。

 

見学場所の詳細説明は割愛させていただき、

その場でのエピソードなどをご紹介したいと思います。

 

雨上がりなのでしょうか、朝の市立公園は芝生が青々としています。

Img_98712 

朝食は私の希望で、ケルントナー通りにあるNORDSEE(ノルトゼー)という

シーフードサラダや惣菜量り売りとサンドイッチなどを

カフェテリア的に扱っているお店で摂ることにしました。

 

テイクアウトもできるお店のカウンターには、迫力のあるおばさんが待機中。

聞き取れない早口のドイツ語で話す勢いを感じたので

こちらの希望を先にまくし立てることにしました。

 

私たちは中で(drinnen)食べたい。

これ一個(einmal)、あれ一個。

エビのサラダを100g(einhundert Gramm)ください。

飲み物(Getraenke)はどこで買えるのですか?

アイスコーヒーとアイスティーをください。

 

そして、会計の後、なぜかアイスコーヒーがありませんでした。

ようこ夫がレシートを確認すると、コーヒー代は入っていなかったので

それでよいことにしました。

多分、「アイスコーヒーはない」と言っていたのでしょうが・・・。

Img_9876_2  

日本人の口にも合う、ねぎ入りのサラダをさくっと食べて

店を出ようとすると、担当は優しそうなおねえさんに交代していました。(^^ゞ

でも、なんだか印象に残るやりとりだったなぁ~。

 

ここで、ウィーンの名所へ地下鉄U-Bahn(ウーバーン)に乗って出かけましょう。

 

ジャーーン。

Img_9881  

あ、ちょっと壁がふにゃっとしていますね。

工事中のシートがユニークだったので、写しました。

 

この庭園をくるりと振り返ると・・・。

Img_9887

 

シェーンブルン宮殿です!

Img_9888

内部も見学でき、私たちは22室見学できるImperial Tourを選択。

耳に当てる日本語音声ガイド付きで、内容はわりと面白いのですが

「ハープースーブールークーはーー」

と、超スロー解説で、どうがんばっても足のほうが速く進んでしまい、

最後まで聞くことはできませんでした。

 

Img_9900  

式を挙げたと思われる日本人の新郎新婦が記念撮影していました。

 

ここでもう一つ、私のたっての願いで宮殿内の迷路で遊びましたよー。

Img_98931  

要入場料。気乗りしないようこ夫の分は私のおごりです。

 

Img_98952  

人の背丈ほどの垣根の中をぐるぐる回って楽しんできました。(^v^)

 

まだまだ続く、昼食と名所めぐり・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

オーストリア旅行1日目その2(夕方のウィーン)

ヨーロッパ方面の1日目は、時差の関係でとても長く感じます。

メインストリート、ケルントナー通り周辺を散策しつつ、夕食の時間を待ちます。

 

馬車の音を聞きながら、厳かな建物にたどり着きました。

Img_98432 

歴史に造詣の深い方なら、この絵を見て展示内容に思いをはせるのでしょう。

 

さらに歩くと、有名な市立公園 シュタットパークです。

14年前、この近くのホテルに泊まりました。

Img_9852  

Img_98542立派な花時計

 

 

 

 

 

 

こちらは人気のヨハン・シュトラウス像です。

観光客がひっきりなしにシュトラウスの横で記念撮影していました。

Img_9856  

 

さぁて、そろそろ日も暮れかけてきました。

知人のアドバイスにより、旅先ではお客さんの多い店を選ぶようにしています。

 

結局、再びケルントナー通りに戻り、写真つきメニューのある店に入りました。

ビールの相場は500mlで400円ぐらい。日本よりずっと安かったです。

 

ヴィーナーシュニッツェル、薄いとんかつに似た料理

Img_98602  

 

私はなぜか辛いものが食べたくなり、タイ料理のやきとり。

ピリ辛ソースがぽかぽかしておいしかったです。

Img_9857  

 

今日の歩数(24時間+7時間=31時間)は、9340歩でした。

2日目はもっと歩きますよ~。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

オーストリア旅行1日目その1(空港からウィーン市街へ)

夏休みをいただき、オーストリア6泊8日の旅をしてきました。

オーストリアは、1996年に高校の同級生と一緒に行った場所です。

 

やりがいのある仕事をしていた20代、英会話教室にも通い、

モリモリと英語を勉強していた私が出会ったドイツ語圏の国。

どこでも英語で通そうとしたものの、

その国の言葉=ドイツ語ができたら・・・という

”いつかの目標”という名の心残りができ、14年が経ちました。

 

そして今年は、ドイツ語会話学習歴4年半の成果を楽しみに、

ようこ夫と個人旅行することになりました。

 

ウィーン4泊、ザルツブルク2泊というゆったりスケジュールで

ミュージカル観賞にドナウ川下りや湖遊覧、

博物館めぐりに急な腹痛、ああ聞き間違いのドイツ語失敗談など、

盛りだくさんのエピソードを織り交ぜて、旅行記をお届けしたいと思います。

 

1日目、オーストリア航空に乗り、ウィーン直行です。

愛用の歩数計も空港の手荷物チェックを受け、旅行中の歩数も数える予定です。

Img_98152  

 

飛行機に乗ると、まず時計を目的地に合わせるのですが

私の腕時計は一日一回、自動的に時刻を調整する電波時計・・・。

勝手に針をぐるぐる回してもいいのだろうか?と心配になり、

高度一万メートルで悩んだ結果、歩数計の時計を現地時間に合わせ、

せっかくの電波時計はカバンにしまうことにしました。

 

さて、11時間ほどのフライトでウィーン到着。

日本との時差は7時間、ウィーンに着くと一日が7時間長くなります。

通貨はユーロ(Euro=オイロと発音)、

成田での両替レートは1ユーロ111円ぐらいでした。

 

ウィーンの空港では、ホテルまでの送迎タクシーを日本から予約しておきました。

ドイツ語を話してみたくて、私たちの名前の紙を持ったオーストリア人運転手に

「Wir heissen ○○.」(私たちは○○です)

と言ってみると、ドイツ語を話せるのか?と聞かれ、

ホテルまでの道のりをドイツ語で話しながらのドライブとなりました。

 

日本の高速道路のことに詳しかったので

日本に来たことがあるのかと尋ねると

そのドライバーは、日本に来たことはないが、同僚が日本人だった、

とのことでした。

何とか言葉が通じそうなので、ほっと一安心です。

 

ホテルにチェックインし、ウィーン市街を散策。

気温はこの日を含め、15度前後 でした。

 

街の中心部、シュテファン寺院に近づいてみましょう。

Img_9825  

ふもとに馬車

Img_9827 

なぜか空の色が大違いですが、この写真もシュテファン寺院です。

工事中の部分は、寺院の絵の描かれたシートがかぶせてありました。

Img_9832_2  

中には入らず、メインストリート ケルントナー通りを歩き、国立オペラ座へ。

Img_98402 

プッチーニのオペラ、『ラ・ボエーム』の看板が出ていました。

 

まだまだ市内観光は続きます。(その2へ)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

朝食レポート 2010年8月末~9月上旬分

9月だというのに、まだまだ日中は暑いですね。

8月末から9月上旬の朝食、2週間分をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●8/30(月)

ドイツ語教室。

Img_9724  

・鶏ガラスープうどん
・冷奴 かつおぶしのせ*
・ミニトマト*
・梨*
・水出し 一保堂 雲露

 

Gute Reiseの家主さんからの贈り物のうどんです。

鶏ガラスープに小松菜、ピーマン、しめじを加え、焼いたささみをのせました。

鶏ガラスープは、うどんにもよく合います。

 

●8/31(火)

しごと。8月最終日だというのに、のぼせるような暑さ・・・。

Img_9728  

・へぎそば、薬味(ねぎ)
・冷奴 かつおぶしのせ*
・めかぶ、ミニトマト*
・バナナ(シナモンがけ)
・鹿児島新茶

 

この日もまた、Gute Reiseの家主さんからの贈り物のへぎそばです。

朝、めんつゆを作り、粗熱をとったものを使いました。

暑くて食欲が落ちるときにもおいしく食べられる一品!

 

●9/1(水)

しごと。

9月になりました。日差しが強いですが・・・。

 Img_9737

・焼き鮭、ミニトマト
・納豆、めかぶ*
・ご飯
・じゃがいもとしめじのみそ汁
・水出し 一保堂 若柳

 

いかにも和風な食卓にしたくなりました。

鮭がすごくおいしかったです。

もっとゆっくり食べられればよいのですが、あわただしく出勤。

(私の仕事のある日は、ようこ夫よりも早く家を出ます)

 

●9/2(木)

しごと。超寝苦しい夜。

Img_9740_2  

・へぎそば 薬味(刻み玉ねぎ、おろししょうが)
・焼き鮭
・だだちゃ豆
・ご飯
・パイナップル
・一保堂 若柳

 

いろいろ作ろうと思っていた計画を変更し、さっぱりとそばにしました。

生協の有機玉ねぎを刻んで、めんつゆにつけたら

甘味とピリッとした味が広がっておいしかったです。

 

●9/6(月)

ドイツ語教室→病院でピアノ演奏。

Img_9744 

・タンドリーチキン(玉ねぎ、なす、トマト入り)
・ご飯
・巨峰*
・水出し 信楽 熟成ほうじ茶

 

ヨーグルトやカレー粉につけておいた鶏肉を野菜と一緒に炒めました。

鶏肉がヨーグルトの効果で、とてもやわらかくなっています。

巨峰が甘くておいしいーーー。

 

●9/7(火)

ピアノボランティア。

Img_9748_2 

・えぼ鯛の塩焼き*
・冷奴、しそ、みょうがのせ
・ご飯
・なめこ、めかぶのみそ汁
・巨峰*
・水出し 一保堂 若柳

 

グリルからえぼ鯛を取り出す際に、しっぽが・・・。

でも、淡白でありながら身がたっぷりで、すごくおいしかったです。

冷奴のが絶品でした。うーん、夏の味!

 

●9/8(水)

休み。朝からものすごく久しぶりの

Img_9752  

・小酔うどん(自家製関西風だし)
・しそ、みょうが
・焼き秋鮭(ハーブソルト、レモン風味)
・トマト、きゅうりのぬか漬け
・ヨーグルト
・水出し 信楽 熟成ほうじ茶

 

朝はなかなか起きられず、温かいうどんを作りました。

 

トマトは福島 南郷村のものです。

親戚が住んでいた夏に遊びに行き、

雪深い冬を想像させる道の両脇のポールなどが印象に残っています。

 

●9/9(木)

休み。新宿で買い物。

Img_9762  

・豚肉のしゃぶしゃぶ、小松菜、しめじ添え*
・ご飯
・なすのみそ汁
・梨、ヨーグルト
・水出し 信楽 熟成ほうじ茶

 

しゃぶしゃぶ用豚肉を安く買えたので、さっと火を通しました。

ぽん酢を切らしてしまい、焼肉用のタレをかけました。

多分、ぽん酢の方が合うと思います・・・(^^ゞ

 

なすのみそ汁は前の日の夜作ったものです。

一日経ち、味がしみておいしくなっていました。

 

---

さて、遅ればせながら、夏休みをとらせていただきます。

ブログ再開は、9月21日頃を予定しています。

楽しいことが報告できるよう、いろいろな体験をしてこようと思います。

 

では皆様、またの閲覧をお待ちしております。

 

☆コメントは一定期間、承認制とさせてください。

 投稿したのに表示されない場合は、

 しばらーーーーくお待ちくださいますようお願いいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

肩かけバッグ

今日は新宿で買い物をしました。

一番大きな物は、LESPORTSACにて購入した

肩から斜めにかけられるバッグです。

 

ポップなデザインのバッグが多い中、

ふーっと吸い寄せられるように、こちらのデザインに決めました。

Img_97732  

和のテイストもあって、お寺めぐりにも使えそうです。

 

それにしても、このバッグの色合いをどこかで見たような???と

首をひねりながら帰宅し、パソコンの左上を見て納得。

Img_97703_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くらげちゃん手作りのお花と雰囲気が似ているのでした。

6月の発表会の時にいただき、落ち着いた清涼感が気に入って

パソコンや電子ピアノから見える位置に飾っておきました。

細かいものを手作りできるなんて、すごいなぁ・・・。

 

意外なところで影響を受けるものですね。(^^)

繊細なお花ちゃんは連れ出せませんが

代わりにバッグが見聞を広めたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

5年ぶりに携帯機種変更

東京は朝から雨が降り、あえて雨足が強いタイミングに

ドコモショップへ行ってきました。

5年ほど使っていた携帯電話が1分と持たなくなり、

ついに私も観念して、新しい機種に変えるためなのです。

 

案の定、ショップは空いていて、展示してある端末を見ていたら

ほどなく私の番になりました。

 

メールとGPS機能を使ったゲームができればいいかな~というぐらいで

デザインの希望も何もなかったのですが、展示のうちの一つに

”ドラマ 「美丘」の真矢みきさんが使用”と書いてあり、

手に取ったら、なかなかシックな感じで気に入り、すぐに決めました。

ようこ夫からは、らくらくホンを勧められていたのですが・・・。

 

SH-06B ベージュ

Img_9758  

 

5年間で端末もこんなに薄くなり、

ケータイにまつわるサービスも増えていて

小さなケータイの向こうに小宇宙が広がっているようです。

Img_9754  

 

そして・・・。

今回、一番実感したのが、かわいい色だなと思っても

「女子高生に人気」といった説明があったりして

そういう意味でも時の流れを感じました。(^^ゞ

 

目下、文字入力や設定などを実施中。

本格稼動までは少し時間が必要ですが、

ひとまず、携帯電話新調のご報告でした~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

秋はまだかな・・・、とピアノを弾きに行く。

毎年9月は予定が立て込み、今年は2日連続でピアノを弾きに行きました。

 

月曜日午前のドイツ語教室の後、病院で月に一度のピアノ演奏です。

早いもので、病院ボランティアは6年目に入りました。

 

いつもなら秋らしい曲を選ぶところ、

今年は猛113年ぶりの猛暑なので、何を弾くか

うーーん、うーんと悩み、私の中で秋の予感の曲となっている

ラフマニノフの『ラプソディ』 こと

『パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏』

をぜひ弾きたくて、曲目に入れておきました。

 

続いて火曜日、毎月行っているデイケアセンターでの演奏会。

ここでの活動も10年目に入りました。

光陰矢のごとし!

 

ものすごーーく久しぶりに、イタリアの『帰れソレントへ』を選曲。

8月にイタリアの曲を生で聴き、

今回はその印象(歯切れよく、思い切って)を取り入れて

人前で弾いてみたかったのです。

 

聴いている方たちが、曲を知っているかどうか心配でしたが、

全員が身を乗り出すようにして”知ってるオーラ”を出していました。

 

料理にたとえると、おいしいイタリア料理を食べて

ニンニクとオリーブオイルの使い方のコツをつかみ始めた感じでしょうかね。

 

音楽については毎日が勉強ですが、

こうして発表の場があるのは本当にありがたいことです。(^v^)

またいろいろと曲を仕入れて弾きたいなぁ~と思っています。

 

☆コメントの読み方☆

最近、ブログを読んでくださるようになった方から

質問がありましたので、回答です。(^^)

 

記事の一番下に 固定リンク  コメント() トラックバック()

と書いてあります。

その”コメント()”をクリックすると、コメントがあれば表示されます。

ぜひぜひご覧ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

丸ビル”ななは”にて、飲み会

土曜日、ようこ夫の学生時代のお友達の皆さんとの飲み会に参加しました。

このメンバーの集まりは昨年12月の忘年会以来です。

 

出会った頃はすごく年上のお兄さんたちばかりだと思っていましたが、

今となっては年もすごく近く感じます。

しみじみ~。

 

会場は、丸ビルの 旬菜美酒 ななは です。

家族ぐるみのお付き合い、全部で15人近く集まったのかな?

昨年、一緒にDSで遊んだ女の子も来ていました。(^^)

 

話題の幅も広く、ホテルのアフタヌーンティーのことから、

スリムさを保つ秘訣(答えは「特になし」でしたが・・・)、

大きすぎるテレビについてなどなど、耳が2つでは足りない感じ!?

 

ほとんどの方が久しぶりでしたが、

一人だけ、2日ぶりにお会いしたのは私の派遣先にお勤めの方でした。

あ、私服だ~なんて思うのは、仕事姿を見慣れたからでしょうか。

 

また、DSの女の子と遊ぶチャンスはあるかな、とチラ見していたら、

すぐ横に座って、DS?で写真を撮ってくれました。

そして、”ようちゃん”の画像を横に引っ張った加工をして

キャッキャッと笑っています。

 

「ちゃんとかわいい写真にしてねー」

と言ったら、一枚だけカラフルに飾り付けてくれました。

やわらかい笑顔はどんどんママに似てくるねぇ。

 

こういう感じで飲みに行く機会もなかなかないので、本当に楽しかったです。

皆さま、また遊んでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

コレド日本橋ランチ

最近、仕事の都合(おかげ?)で

コレド日本橋で一人ランチできる日があります。

和洋中選べるレストラン街があり、朝からどこにしようかそわそわするほど。(^^ゞ

 

今日はスパイスの効いたカレーが食べたくなり、

洋食のお店 グリルバール ダパウロに入りました。

Curry  

一口めはまろやかでしたが、だんだんと体がピリピリしてきて

気持ちよい汗をかくことができました。

 

もう3週間も休み無しなので、しっかり食べて乗り切らなければ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »