« オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) | トップページ | オーストリア旅行3日目その2(お茶、ホイリゲ) »

2010年9月26日 (日)

オーストリア旅行3日目その1(メルク修道院、ドナウ川下り)

旅行3日目・・・の前に、2日目の歩数を発表します。

なんと、21573歩

足首がちょっと痛くなったぐらいなので、まだまだいけそうです。

 

そして3日目は、日本から予約しておいたオプショナルツアー

ワインが名物というヴァッハウ渓谷めぐりです。

日本語ガイドつきのバスに乗って出かけるので、個人旅行も小休止といったところ。

 

朝食を売店で買ったサンドイッチで簡単に済ませ、

大型バスにて、ウィーンから西へ一時間あまりの

メルクという街に向かいました。

 

ここで修道院を見学&昼食ののち、ドナウ川の遊覧船に乗り、

ウィーン寄りの小さな町デュルンシュタインを散策するコースです。

 

メルク修道院の門をくぐると

Img_0054 

 

中庭のようになっていました。この写真はそのうちの一面。

Img_0055  

11世紀に建てられた修道院を18世紀に建て直したとのことです。

やはりこのイエローが使われています。

 

グループごとに入場時間を予約し、

先にいるグループを抜いてはいけないらしく、

前にいる陽気なイタリア人グループ

せっかちな私たち日本人が何度も待つことになりました。

 

長い廊下

Img_0061  

 

展示方法は現代アートのようで、一同びっくり。

Img_00621  

 

Img_0065教会

ちょうどミサのタイミングでした

 

 

 

 

 

 

 

修道院からのどかな街並みと川が望めます。

Img_00682 

天井画、10万冊の蔵書ともいわれる本の間などを

興味深く見ることができました。

 

敷地内のレストランでツアーの方たちと食事をすませ、船着場へ。

バスは陸路で私たちを追いかけます。

 

Img_00853メルク

 

 

 

 

 

 

 

洗練された遊覧船

Img_00832  

 

ドナウ川の風を感じながら、沿岸の景色を撮影。

他の日本人ツアーも乗船していました。

Img_0088  

 

せっかくなので、船内のカフェレストランで白ワインを注文。

Img_0093_4

ぶどう畑を見ながら乾杯です。

Img_0095  

 

約1時間半後、目的地デュルンシュタインが見えてきた!

Img_0108 

青い教会と左上のケーンリンガー城跡が町の名所だそうです。

 

Img_0110町の看板

 

 

 

 

 

 

 

メインストリート

Img_0113 

後からガイドブックを見たら、人口880人とのこと。

 

小道に並ぶお店のうち、リキュールショップに入ると

試飲用の小さなプラスチックのカップがあったので

"Kann man das probieren?" (試飲できますか?)

と尋ね、お店の方と簡単な会話をしてから

アプリコットリキュールを一つ買いました。

 

散策を終え、再びバスに乗り、一路ウィーンに戻ります。

 

しかし、実は船を降りた頃からお腹の調子がどうも良くない。>_<

団体行動を乱すわけにもいかず、帰りのバスは冷や汗をかきながら

ただひたすら時が過ぎるのを待ち、やっとの思いでホテルに戻ったのでした。

 

というわけで、私の記憶はかわいい町並みまで。

残念ながら、帰りのバスからの車窓はまったく覚えていません・・・。

 

ホテルでのお茶、ホイリゲでの夕食に続く。

|

« オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) | トップページ | オーストリア旅行3日目その2(お茶、ホイリゲ) »

コメント

ほう、これが修道院ですねflair。この前の宮殿に色合いが似てて「仲間」って感じshine
街並みも絵本に出てくるような景色で、かわいらしいですheart04
遊覧船も静かで快適なんだねー。shipと教会と城跡のお写真は
とても素敵に撮れてます。

ところでワタクシも、海外旅行中、bus移動時に急にお腹が痛くなったことがあります。
しかもtoilet休憩後に出発したばかりのタイミングで…sweat02
またトイレとも申し出せず、1時間頑張ったのですが、遂に耐えきれずcoldsweats02
やむなく申し出て、最寄りのtoiletに臨時停車してもらいました。
その後も、ツアー客たちから「お腹は大丈夫?」と気遣われる始末sweat01
この時は2時間ノンストップだったのでかなり辛かったですbearing
ですからようこさんのこの時のお辛さもよ~く分かりますよ。うんうん。
その後は落ち着かれたでしょうか?

投稿: くらげちゃん | 2010年9月26日 (日) 19:37

>くらげちゃん
ハプスブルクカラーとでもいうのでしょうか、きれいな塗装でした。
こういった建物やかわいい屋根の家を見ると旅行気分増大です。notes
shipのカフェレストランは、ホテルのラウンジのようで
船独特の油のにおいもなく、すごく快適でした~。

あらまぁ、旅慣れているくらげちゃんも腹痛で苦しんだことがあるんですね。
旅先は食生活も変わるし、体調の急変もやむを得ないと思います。
でも、ツアーだ逆に言い出しにくいよねぇ。

私は幸いメルクから船でウィーン寄りに移動していたので
バスの乗車時間もそれほど長くなく、どうにかなりました。
こんなことは初めてだったので、自分でもびっくりです。sweat01

投稿: ようこ | 2010年9月26日 (日) 23:52

お写真を拝見して「美しく青きドナウ」より「ドナウ川のさざ波」が合うような…

と勝手な妄想を(^-^; 

投稿: La liebre de Inaba, | 2010年9月29日 (水) 00:24

> La liebre de Inaba,さん
ですよねー。
実際に見ても青というよりはエメラルドグリーンで、流れもゆったりとしていました。

投稿: ようこ | 2010年9月29日 (水) 01:26

外国の建築物は、やっぱり、見ごたえがあるよね。
展示も、現代アート風ってところがおもしろいしshine
天井画は、どんな感じだった?
 
遊覧船からの眺めも美しいね!!
アプリコット・リキュールは、カクテルで
楽しまれるのかしら?bar
 
いやぁ~
しかし、最後は読んでいて、こちらまで
手に汗を握ってしまったよcoldsweats01
ようこちゃんは、こんなの滅多にないだろうから
さぞかし、辛かっただろうなと思って・・。
ツアーだから、なかなか言い出せないしね。
なんとか、持ちこたえられたようで良かったね。

投稿: うさちゃん | 2010年10月12日 (火) 02:26

>うさちゃん
このあたりからヨーロッパの建築物にも目が慣れてきたよ。

天井画の端が少しカーブしていて、
目の錯覚で絵が伸びたり縮んだりして面白かったです。

アプリコットのお酒はアルコールが割と強くて
水割りか氷多めのロックにして飲もうかなと思っているところ。wine

腹痛ねぇ・・・普段具合が悪くなることがほとんどないものだから、
誰にどう伝えればいいのか分からず・・・。sweat01
正直に上手にガイドさんに伝えられる人もいるのだろうと思いつつ、
とにかく無事に戻ってこられてよかったです。

投稿: ようこ | 2010年10月12日 (火) 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49562168

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリア旅行3日目その1(メルク修道院、ドナウ川下り):

« オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) | トップページ | オーストリア旅行3日目その2(お茶、ホイリゲ) »