« オーストリア旅行2日目その1(NORDSEE、シェーンブルン宮殿) | トップページ | オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) »

2010年9月23日 (木)

オーストリア旅行2日目その2(アラビアータ、自然史博物館、カフェ)

迷路で遊んだ後は、地下鉄に乗って街中に戻りましょう。

まずは昼食を・・・ということで、麺(スパゲッティ)を食べられる店を探しました。

 

500mlのビールとスパゲッティアラビアータで乾杯~☆

Img_0005  

Img_0007  

麺は日本の方がアルデンテだと思いましたが、

唐辛子のピリ辛トマトソースをおいしくいただきました。

 

お店の方も、こちらが話そうとするドイツ語にきちんと耳を傾けてくれて

短い時間で語学体験をしなければならない私には、よい思い出となりました。

 

ここから歩いて、2つの博物館が向かい合うエリアへ。

美術史博物館

Img_0012_2  

自然史博物館

Img_0027 

こういった場所を見学するには、休館日のチェックが重要ですが

事前にやっておかなかったため、美術史博物館は休みと判明。

自然史博物館だけに入ります。

 

重厚な雰囲気の理科室のような館内は、写真撮影もできました。

 

はるか彼方昔の葉っぱ

Img_0019  

 

恐竜って本当にいたんですね・・・。

Img_00232

風格ある建物にて、自然の歴史をゆっくり丁寧に振り返ることができました。

 

さぁ、たくさん歩いたので、カフェでお茶をしましょうか。

Img_0033  

Img_0031  

うわーい!温かいりんごのケーキとバニラアイスクリームです。

なかなか大きくて食べごたえがありました。

 

もう一ヶ所、このエリアの名所を見ておかなくては!

Img_00392  

ちょっとアップ過ぎました。(^^ゞ

 

ト音記号の花とモーツァルト像

Img_00352_2  

ト音記号に気を取られたら、写真が斜めになってしまいました・・・。

 

ここで一旦ホテルに戻ります。夜はミュージカル観賞♪なのです。

|

« オーストリア旅行2日目その1(NORDSEE、シェーンブルン宮殿) | トップページ | オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) »

コメント

重厚で趣きのある、建物のパワーが加わって、
恐竜の骨が、美しいオブジェみたいでカッコいい!

人間のように、恐竜くんの首も、
優雅にS字カーブしているのが面白いです。

投稿: もちこ | 2010年9月23日 (木) 20:32

 写真を見ていると、庭園も公園も宮殿をはじめとするいろいろな建物も、空間的なゆとりと格式を感じますね。妙に賑々しくなく、市民も近寄りやすく(多分)、しかし首都にふさわしい都会的センスもある。
 こういう都市が他にあったかなあ、とつい自分の乏しい旅行経験に照らしてしまうのですが、うまく思いつきません。東京の皇居周辺(中には余り入れませんが)や赤坂御用地や新宿御苑って、こういう香りがするでしょうか?

投稿: シブ | 2010年9月23日 (木) 22:12

>もちこさん
おおっ、首がS字カーブしていますね!
実際に見ると、あまりにも大きいので気がつきませんでした。
海外での博物館めぐりは、あまり混んでいないこともあって
ゆっくりできました。

>シブさん
はい、ゆとりと格式を感じました。
ウィーンは人口約170万人とのことで(東京は1300万人)
今回の旅行範囲内では、人とぶつかったりせずに快適でした。
博物館や美術館・・・という意味では、上野の文化エリアに似ているかもしれません。

投稿: ようこ | 2010年9月24日 (金) 00:14

自然史博物館、うちの息子が大の恐竜好きなので行きました!
はじめ、え~、ウィーンでなんで恐竜よ~!?って思っていましたけれど、圧巻のコレクションが重厚かつ優雅な建物と相まってすっかり感動してしまい、結局2回も行ってしまいました(笑)
マリアテレジアの愛犬の剥製には驚きました!
それからモーツアルト像の前ではしっかり写真を撮りましたよ~
みんな写真の順番待ちをしていて、面白かったです。
カフェ、多分同じところに行きました!
ウィーン観光はこのカフェ巡りも楽しみの一つですよね♪
そしてウィーンスタイルのアップルパイ、すっごく美味しいですよね~
日本でも冷凍のパイ生地を使って、生クリームとアイス添えで再現出来そうですね・・・
そして、ミュージカル・・・楽しみです☆

投稿: まろーね | 2010年9月24日 (金) 09:39

>まろーねさん
今回の日記は行ったところが出てきたようでよかったです。shine

私も自然史博物館に入る前と後で、まろーねさんと同じ感想をもちました。(笑)
恐竜というと、ドラえもんの映画の世界だったので
この目で見られてよかったです。

旅行の中で、立派なアイスとケーキを食べたのはこのときだけでしたが
ウィーンのカフェを堪能しました~。
(カフェは王宮の中?近く?です)

投稿: ようこ | 2010年9月24日 (金) 17:19

伝統ある町並みは、14年経っても変わらないですね。

路線の経路の形から、私たちが勝手に「ウイーンの丸の内線」と名づけた路線も、今も特に延伸されてないようで、嬉しいようなそうでもないような、なんか複雑な気分です。

カフェでの飲み物やケーキは、ドイツ語だろうがなんだろうが、そのままの名前が日本でも通っているので、ついつい気楽に立ち寄ってしまったけれど、今ではすっかり普通のお料理もドイツ語で注文してるなんて、さすが「継続は力」ですね

投稿: kiwi | 2010年9月24日 (金) 18:27

>kiwiさん
ドイツ語はビジネスクラスで旅行できるほど!?
お金と時間をつぎ込んだので、今回通じて正直ほっとしました。

14年前と1つだけ大きく変わったといえば、
電車内から何から携帯電話で話す人がすごく多かったことでしょうか。
日本って静かなんだな・・・と思いました。

日本の地下鉄は私鉄との乗り入れや新しい路線など
よく乗る私も????です。
ウィーンの地下鉄は観光客にも比較的分かりやすいのではないかと。

投稿: ようこ | 2010年9月25日 (土) 11:05

先程、博物館が舞台の映画を観ていて、
こんな恐竜が登場したので、ようこちゃんの
この日のブログが頭に浮かびましたhappy01
カメラ持って、恐竜の生きていた時代に
タイムスリップしてみたくなったわ~。
 
りんごのケーキ、美味しそうだねcake
ボリュームあるけど、甘さは控えめだったのかな?

投稿: うさちゃん | 2010年10月 6日 (水) 01:53

>うさちゃん
博物館といえば恐竜。flair
恐竜らしい恐竜に出会えてうれしかったよ~。
とても大きいので、タイムスリップしたら少し遠くから撮影したほうがいいねぇ。(笑)

アイスもケーキも頭が痛くなるような甘さではなかったよ。
生クリームにいたっては、あまり味がなくて
アイスで冷えた舌を温めるものなのかなー?と思いました。
(役割が分からないから、そんな感じで食べた:笑)

投稿: ようこ | 2010年10月 6日 (水) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49540127

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリア旅行2日目その2(アラビアータ、自然史博物館、カフェ):

« オーストリア旅行2日目その1(NORDSEE、シェーンブルン宮殿) | トップページ | オーストリア旅行2日目その3(Ring、軽食、ミュージカル) »