« 暑い日の『遊史郎の落&P』 | トップページ | コレド日本橋ランチ »

2010年8月31日 (火)

一年ぶりに絵本を読む

月曜日はドイツ語教室でした。

毎週通っていると、上達しているのかどうかがわからなくなってしまいます。

 

ふと、一年前に叔父からいただいたドイツ土産の絵本を開きました。

 

『Conni医者へ行く』

Img_9734  

 

Img_9733

Conniちゃんという女の子が初めて健康診断を受け、

最初は痛いのではないか?と心配していたけれど

お医者さんに身長、体重、視力、聴力などを測定してもらううち、

この体験に感激して、

”おおきくなったらおいしゃさんになりたい”

と考える話です。

 

実はこの絵本を一年前に読もうとしたのですが

途中で挫折してしまいました。

測定するあたりで???となり、結論不明のまま一年経過・・・。

 

自分で書いた訳も見つかりましたが、

まだ習っていなかった文法の箇所で明らかな誤訳ハッケン。

あれから一年、少しは進歩したのでしょうか。

 

それにしても・・・、語学というものは根気が要るのですね。

来年何が読めるのか見当もつきませんが、

ドイツ語学習を続けたいと思います。

|

« 暑い日の『遊史郎の落&P』 | トップページ | コレド日本橋ランチ »

コメント

言葉は継続ですね
私もまったく出来なかった英語が
五年間、仕事で付き合わされ
雰囲気になれてくるとだんだん解るように
なってきました

不思議な現象ですが、続けるとなんとかなるものですな

投稿: きりん | 2010年9月 1日 (水) 00:34

>きりんさん
きりんさんは英語を使う仕事だったんですね!
やはり、継続は力なりですか。

私は今回、知っている単語の数が増えているだけでなく
前置詞の使い方がいつのまにか頭に入っているように感じました。

投稿: ようこ | 2010年9月 1日 (水) 02:49

この本のシリーズ、ドイツの本屋さんの子供向け書籍のコーナーに必ずありました!
どれもとっても身近な出来事をテーマにしていたようなので日常生活における語彙を増やすのにいいですね~
あと、このミニサイズの絵本、子供がお小遣いでノートを買えるような感覚で買えるお値段なので、本を身近にする習慣が出来てとてもいいスタイルだと思いましたよ。

絵本って、音的に美しく読めるような文章(韻を踏んでいたり・・・)になっていたりして幼児向けのものでも意外と難しいです。
私は絵本や児童書大好きなのでたくさん買ってきましたが、これがなかなかさくさくとは読めなくて、末永く楽しめそうです(笑)


>それにしても・・・、語学というものは根気が要るのですね。

本当に・・・
でも生涯学習に最適ですよね!!
私も最近始めた翻訳の通信講座がんばりま~す。

投稿: まろーね | 2010年9月 2日 (木) 20:23

>まろーねさん
そうですか、有名なシリーズ絵本のようでうれしいです!
Conniちゃんシリーズで、歯医者さんに行く本ももらいました。
昨年は歯が立たず、今年はすらすら読めました。(笑)

この絵本は挿絵が的確なので、hinやherなどの
動きの方向を表すドイツ語が出てきても、分かりやすいです。
本のお土産はじーーーっくり楽しめてよいです。

まろーねさんは翻訳の通信講座を始められたのですね。
外国語学習は日本語学習にもつながり、人生を豊かにするものだと感じています。
お互いがんばりましょう!(^^)

投稿: ようこ | 2010年9月 3日 (金) 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49307190

この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりに絵本を読む:

« 暑い日の『遊史郎の落&P』 | トップページ | コレド日本橋ランチ »