« 朝食レポート 2010年8月中旬~8月下旬分 | トップページ | 一年ぶりに絵本を読む »

2010年8月29日 (日)

暑い日の『遊史郎の落&P』

隔月ペースで開催中の落語とピアノのコラボ、

今回は24時間テレビと同じタイミングでの開催となりました。

 

会場のダイニング でん助では、

ご来場の皆様が開演前に食事を楽しんでいます。

 

さて、いよいよ『遊史郎の落&P』(らくぴー)の始まりです。

電子ピアノのいろいろな音を使った季節の音楽や

落語のテーマから連想されるコラボ曲などを私が演奏し、

三遊亭遊史郎師匠が落語を二席、演じます。

 

まずは電子ピアノで1曲目、「やしの実」。

続いて、「Arietty's Song」はふんわりストリングスアレンジにしました。

 

そして、落語『片棒』の前のコラボ曲は、「5匹の子ぶたとチャールストン」。

『片棒』が3匹の子ぶたのような構成の噺なので選びました。

2拍目と4拍目に手拍子をお願いして、ノリを落語につなげさせてもらいました。

 

いよいよ、落語芸術協会の真打としてご活躍中の三遊亭遊史郎師匠を

電子ピアノの生出囃子(出入りの音楽)と手拍子でお迎えです。

 

待ってました~の声とともに、アリエッティのマクラから『片棒』へ。

テンツクテンツクピーヒャラピーヒャラ♪と、口だけで演奏?する

お囃子にも一同大笑い。

 

休憩をはさみ、ピアノで「鉄のバイエル」。

ホームで聞くあの発車メロディをらくぴー用にいくつかセレクトしました。

選ぶにあたり、総武線 錦糸町-東中野間を2度ほど乗ったりも。

 

黙々と弾くべきか、曲目を配布するべきか、直前まで迷った末、

曲名やちょっとしたことを話しながら進めることにします。

 

普通の曲を弾いたときの反応とまったく異なり、

クスクスクスクス、あぁ聴いたことがある!といった空気が押し寄せてきます。

 

そうそう、私は ”てのバイエル” と紹介しましたが、

正しくは、 ”つのバイエル” ではないか、という楽しい指摘がありました♪

たしかにそうですよねぇ~。

 

渦を巻くような盛り上がりの後、落語とのコラボ曲として

シューマンの「こわいぞ」

正統派クラシックをピアノの音でお聴きいただきました。

 

落語二席目は、24時間テレビにまつわるマクラから『お化け長屋』。

貸したくない部屋について怪談をでっち上げ、

1人目を無事に怖がらせて退散させたものの、

2人目はどうも上手くいかない、という落語らしい噺。

怖い噺のはずなのに、お客様たちはとても楽しそうな表情です。

 

そして、打ち上げでは遊史郎師匠に直接落語の感想を伝えたりして

夜は更けてゆきました。

 

このイベントも4年以上、30回近く続いています。

暑い中参加してくださったお客様に心よりお礼申し上げます。

また年内に開催したいと思っていますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

平成22年9月15日には遊史郎師匠の独演会が開かれます。

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

|

« 朝食レポート 2010年8月中旬~8月下旬分 | トップページ | 一年ぶりに絵本を読む »

コメント

素敵!素敵!
ようこさんの演奏を一度聴かせていただきたいと本当に痛切に願ってます!
祈!台湾公演!

投稿: たいワン子 | 2010年8月29日 (日) 13:21

てつのバイエル(^^)
私らてっちゃんでもそんな意識したことがないな~。
だけど、てにアクセントを置くと妙に鉄道オタクっぽいイメージになるので
あえて抑揚をつけないで話します。
すみません、ここだけ妙に気になってしまったので(笑)

投稿: lilac | 2010年8月29日 (日) 23:55

>たいワン子さん
おかげさまで、イベントが30回近くも続いております。
いつか台湾旅行をする際には、純和風の音楽もお持ちしますねー。

>lilacさん
いろいろアクセントを変えて読んでみたら
だんだん分からなくなってきました。(笑)
もともと”て”にアクセントがつく地域もあるらしく・・・。

いずれにしても、みんなでホームにいるような気分になれました。

投稿: ようこ | 2010年8月30日 (月) 18:30

今回もおかげさまで楽しい会となりました。
独演会の告知までして頂きありがとうございます。
今回が27回目だったので、まずは30回を目指して、
次回もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2010年8月31日 (火) 09:00

>三遊亭遊史郎師匠
今回も迫力の落語をありがとうございました。
早いもので、もう30回が目の前になりました。
こちらこそ、次回もよろしくお願いいたします。

独演会も盛会となりますように!

投稿: ようこ | 2010年8月31日 (火) 20:16

素敵な会のご様子が伝わってきました♪

ご連絡出来ずに申し訳ありませんでした・・・
やはり外せない用事があり、伺えませんした。
残念です・・・

クラシックからポピュラー、それも御自分でアレンジとは素晴らしい技術をお持ちで羨ましいです。
選曲も含め、とてもクリエイティブな作業ですよね~
病院のボランティアといい、すばらしいライフワークだと思います。

いずれ機会がありましたら、ぜひぜひ伺わせていただきたいと願っています。
またここでお知らせください。

少々時間がたってしまいましたが、お疲れさまでした。

投稿: まろーね | 2010年9月 2日 (木) 20:10

>まろーねさん
ねぎらいの言葉と参加希望のお話をありがとうございます。
笑点のような多回数開催を目指していますので
きっとまろーねさんとお会いできると思っています。

ピアノを習いに行って30年以上になるのですが
経験が長くなると目標を決めづらくなってしまいます。
落語という言葉を使った芸と出合い、アレンジのよい刺激になっています。
こうした経験で、少しずつでも成長していきたいと考えています。

またブログでもご案内いたしますね。
ご都合がつきましたらよろしくお願いいたします。

投稿: ようこ | 2010年9月 3日 (金) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/49282751

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い日の『遊史郎の落&P』:

« 朝食レポート 2010年8月中旬~8月下旬分 | トップページ | 一年ぶりに絵本を読む »