« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

一年ぶりに絵本を読む

月曜日はドイツ語教室でした。

毎週通っていると、上達しているのかどうかがわからなくなってしまいます。

 

ふと、一年前に叔父からいただいたドイツ土産の絵本を開きました。

 

『Conni医者へ行く』

Img_9734  

 

Img_9733

Conniちゃんという女の子が初めて健康診断を受け、

最初は痛いのではないか?と心配していたけれど

お医者さんに身長、体重、視力、聴力などを測定してもらううち、

この体験に感激して、

”おおきくなったらおいしゃさんになりたい”

と考える話です。

 

実はこの絵本を一年前に読もうとしたのですが

途中で挫折してしまいました。

測定するあたりで???となり、結論不明のまま一年経過・・・。

 

自分で書いた訳も見つかりましたが、

まだ習っていなかった文法の箇所で明らかな誤訳ハッケン。

あれから一年、少しは進歩したのでしょうか。

 

それにしても・・・、語学というものは根気が要るのですね。

来年何が読めるのか見当もつきませんが、

ドイツ語学習を続けたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

暑い日の『遊史郎の落&P』

隔月ペースで開催中の落語とピアノのコラボ、

今回は24時間テレビと同じタイミングでの開催となりました。

 

会場のダイニング でん助では、

ご来場の皆様が開演前に食事を楽しんでいます。

 

さて、いよいよ『遊史郎の落&P』(らくぴー)の始まりです。

電子ピアノのいろいろな音を使った季節の音楽や

落語のテーマから連想されるコラボ曲などを私が演奏し、

三遊亭遊史郎師匠が落語を二席、演じます。

 

まずは電子ピアノで1曲目、「やしの実」。

続いて、「Arietty's Song」はふんわりストリングスアレンジにしました。

 

そして、落語『片棒』の前のコラボ曲は、「5匹の子ぶたとチャールストン」。

『片棒』が3匹の子ぶたのような構成の噺なので選びました。

2拍目と4拍目に手拍子をお願いして、ノリを落語につなげさせてもらいました。

 

いよいよ、落語芸術協会の真打としてご活躍中の三遊亭遊史郎師匠を

電子ピアノの生出囃子(出入りの音楽)と手拍子でお迎えです。

 

待ってました~の声とともに、アリエッティのマクラから『片棒』へ。

テンツクテンツクピーヒャラピーヒャラ♪と、口だけで演奏?する

お囃子にも一同大笑い。

 

休憩をはさみ、ピアノで「鉄のバイエル」。

ホームで聞くあの発車メロディをらくぴー用にいくつかセレクトしました。

選ぶにあたり、総武線 錦糸町-東中野間を2度ほど乗ったりも。

 

黙々と弾くべきか、曲目を配布するべきか、直前まで迷った末、

曲名やちょっとしたことを話しながら進めることにします。

 

普通の曲を弾いたときの反応とまったく異なり、

クスクスクスクス、あぁ聴いたことがある!といった空気が押し寄せてきます。

 

そうそう、私は ”てのバイエル” と紹介しましたが、

正しくは、 ”つのバイエル” ではないか、という楽しい指摘がありました♪

たしかにそうですよねぇ~。

 

渦を巻くような盛り上がりの後、落語とのコラボ曲として

シューマンの「こわいぞ」

正統派クラシックをピアノの音でお聴きいただきました。

 

落語二席目は、24時間テレビにまつわるマクラから『お化け長屋』。

貸したくない部屋について怪談をでっち上げ、

1人目を無事に怖がらせて退散させたものの、

2人目はどうも上手くいかない、という落語らしい噺。

怖い噺のはずなのに、お客様たちはとても楽しそうな表情です。

 

そして、打ち上げでは遊史郎師匠に直接落語の感想を伝えたりして

夜は更けてゆきました。

 

このイベントも4年以上、30回近く続いています。

暑い中参加してくださったお客様に心よりお礼申し上げます。

また年内に開催したいと思っていますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

平成22年9月15日には遊史郎師匠の独演会が開かれます。

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

朝食レポート 2010年8月中旬~8月下旬分

8月中旬から8月下旬の朝食をアップします。

8月の終わりになっても、こんなに暑いとは予想できませんでした。

そんな暑さの中、頭は回らないが、体は夏バテ知らずで作った朝食です。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●8/9(月)

ドイツ語教室。雨が降り、多少涼しい朝となった。

Img_9599  

・いわしの和風グリル
・トマト、アスパラガスの酢味噌和え
・ご飯
・豆腐、しめじ、わかめのみそ汁
・一保堂 煎茶雁ヶ音

 

魚屋さんの対面販売で、いわしを開いたものを買い、

しょうゆ、酒、しょうが汁、七味などに漬けて焼きました。

 

●8/10(火)

夏休み。ジムで運動。

Img_9602  

・肉じゃが(牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、ニンジン、アスパラガス、しらたき)
・ご飯
・グレープフルーツ
・鹿児島新茶

 

前日深夜に作った肉じゃがを焦がしてしまい、朝、新しいだしで煮たものです。

他にも枝豆などを出す予定でしたが、頭からとんでしまったので品数少なめ。

 

●8/11(水)

夏休み。

Img_9630  

・まぐろ、アスパラガス、わかめの酢みそ和え*
・肉じゃが*
・ご飯
・豆腐のみそ汁
・バナナ、ヨーグルト(シナモンがけ)*
・多分、一保堂のお茶

 

朝かまぐろが登場しました。酢みそでさっぱりと。

 

お茶が・・・、お茶が・・・思い出せない。

いつもは、その日のうちに献立を入力しているのですが・・・。

 

☆帰省したりして、数日間朝食はお休み☆

 

●8/17(火)

しごと。

Img_9694  

・つぶ貝焼き、ししとう焼き、ミニトマト*
・一本気豆腐
・ご飯
・なすとえのきだけのみそ汁
・一保堂 雲露

 

ほぼ、帰省みやげで構成しました。

男前豆腐の一本気豆腐はなかなか濃いぃです。

 

●8/18(水)

しごと。

Img_96982  

・ゴーヤーチャンプルー(豚肉、ゴーヤー、もやし、豆腐)
・ミニトマト
・ご飯
・水出し 一保堂 若柳

 

帰省みやげのゴーヤーを炒めました。

材料を前日のうちにカットしておき、当日は炒めるだけ。

ゴーヤーを食べると、暑さが気にならなくなります。不思議~。

 

●8/19(木)

しごと。

Img_9702  

・玉子雑炊
・ミニトマト、じゃがいも
・ヨーグルト、シナモンがけ
・水出し 一保堂 若柳

 

温まるものを食べたくなり、雑炊を作りました。

おいしい玉子だったなぁー。

 

●8/23(月)

ドイツ語教室。

Img_9708_2  

・あじのいいとこどり焼き、カンパリ・トマト
・焼きなす*
・栃尾の油揚げと小松菜の煮びたし
・ご飯
・なめこのみそ汁
・水出し 一保堂 若柳

 

写真のお茶の量が非常に少ないのは、

器の位置を調節するときに、湯呑みを倒してしまったからです。

 

あじは帰省土産のレモンをかけてさっぱりと。

 

●8/24(火)

しごと。

Img_9714  

・沖縄あぐー豚とししとうの炒め物*
・栃尾の油揚げと小松菜の煮びたし
・ご飯
・あさりのみそ汁
・梨*
・水出し 一保堂 雲露

 

煮びたしは、油揚げに味がしみこんできました。

梨で水分補給~♪

 

●8/25(水)

しごと。

Img_9717  

・まぐろ漬け丼
・カンパリ・トマト
・じゃがいもとしいたけのみそ汁
・梨*
・鹿児島新茶

 

前夜、まぐろを漬けるタレを作り、朝まで刺身を漬けておきました。

刺身についていたシソの実も一緒に漬けたら、風味がよくなりました。

 

●8/26(木)

しごと。

Img_9720  

・豚肉とじゃがいもの梅みそ炒め
・栃尾の油揚げと小松菜の煮びたし
・カンパリ・トマト
・ご飯(かなり少なめ)
・水出し 一保堂 若柳

 

酸味のある自家製梅みそでじゃがいもと豚肉、わけぎを炒めました。

梅干しの味が、朝から食欲をかきたてます。

会津のカンパリ・トマトは味が濃くておいしかったです。

 

 

来週にはもう9月が始まります。

少し涼しくなってくれると体が楽になりますが、どうなるかなぁ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

曲がるスカイツリー!?

まだまだ暑いですねぇ~。

 

今日、私はスカイツリーを見てきました。

ホームページによると、428mに達しているそうです。

Skytree1

近づくと 、のけぞって見上げる感じになります。

Skytree3

根本はこういった様子です。

Skytree4  

 

偶然にも、一枚だけ不思議な写真が撮れました。

Skytree2 

まるで暑さで曲がったように見えるのですが・・・。

 

携帯のカメラのせい?

私の気のせい?

そういうデザイン

 

ツリーが高くなるにつれ、完成が楽しみになってきました。(^o^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

忘れ物の多い日

いわきの帰省から戻り、今日は19日連続予定ありの8日目です。

さすがに注意力が散漫になり、忘れ物の多い日になりました。

 

月曜日の朝は少々あわただしく、ドイツ語教室に出かける前に

家のことをいろいろとやっておかなければなりません。

月に一度はダスキンモップ交換の準備をしたりも・・・。

 

そして今日、ドイツ語教室に着いてカバンを見ると

あああああ、ノートがない!!!

 

すぐに辞書をひき、Heft(ヘフト)が中性名詞であることを調べ、

"Ich habe mein Heft vergessen."

私は私のノートを忘れました

という作文を考えました。

 

授業が始まるやいなや、この文章を先生に伝え、

隣の席のクラスメートがルーズリーフを寄付してくれたおかげで

板書をすべて書き留めることができました。

Vielen Dank!!

 

休憩時間には、大きな鉄板でやきそばを焼いた話がはずみ、

私が

「誰が鉄板を持っているのですか?」

とドイツ語で聞くと

ダスキンから借りた」

とのこと。

 

先生にダスキンのシステムを説明したりして、にぎやかなトークになりました。

 

でも、私の心にすきま風が吹き始めました。

我が家のダスキン交換日っていつだっけ?

いつもは家の外に出しておくけど、今日は出していないよねー。

と自問自答。

 

帰宅すると、やはりダスキンモップの交換日だったようで

お知らせの紙がポストに入っていました。

 

・・・失敗

先方に無駄足をさせてしまいました。

これからは、カレンダーに大きく書いておかなければ。>_<

 

そして、出来ることなら、

今日の忘れ物デーのことを早く忘れたい私でした。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

FAX到着確認

私が毎週午前半日だけ勤務している仕事、

勤務時間が短い割に、ある意味面白い!?出来事が起こります。

 

人件費の関係で、一分たりとも残業できないのですが

間の悪いことに、勤務終了1分前にとある上部組織から電話がありました。

 

「あのー、○○の書類ですが、こちらからFAXを送った記録がないのですが

そちらに届いていますでしょうか?」

 

???

送った記録がないのに、あるかどうか確かめてくれ、という依頼???

 

「さぁ、私はそういった書類を見ていませんが・・・」

不本意ながら無責任に答えると、安心したように

「では、FAXを送らせていただきます」

と言っていました。

 

FAX到着を確認すると勤務時間を超えてしまうので

電話がカタカタ鳴るのを聞きながら、帰宅しました。

 

無駄を省けば雇用がなくなるかもしれない・・・と思うと

複雑な気分になってしまいます。(^^ゞ

 

しかし、こういった仕事の積み重ねが昼飯代やチケット代になるわけで

やっぱり私は来週もまたその後も働くのであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

Aoyama Salon Concert

金曜日夜、表参道で開かれた、素敵なコンサートを聴きに行きました。

 

Img_9706  

Aoyama Salon Concert
バリトン&ヴァイオリン あふれる名曲セレクション
~加耒徹とその仲間たち~

バリトン:加耒徹  ヴァイオリン:沖増菜摘  ピアノ:松岡あさひ

東京藝術大学の同級生たちが集まって作り上げたコンサートだそうです。

 

ようこ夫と会場近くで待ち合わせ、

青山通りから少し入った建物の地下にあるサロンへ。

すでに開演を待つ熱気で満ちあふれる中、

真ん中ブロック前から2列目の席に座りました。

 

2部構成の前半、最初の4曲は加耒(かく)徹さんのバリトンと

松岡あさひさんのピアノによるシューベルトの歌曲です。

好きなピアノとドイツ語が目の前でいっぺんに繰り広げられたので

その衝撃でひっくり返りそう!

 

続いて、松岡あさひさんが作曲した『3つのうた ~谷川俊太郎の詩による~』。

ご本人の説明の後、ピアノの伴奏で現代音楽風の歌が披露されました。

 

ひらがなで綴られた谷川俊太郎さんの詩に曲がつくと、

詩が立体的に”見えて”くるようでした。

 

私は今まで、現代音楽はたとえピアノの音がしていても

クラシックのピアノとは別物で演奏されていると信じていたのですが

(そのぐらい、ドレミファソが分かりにくい)

しかし、この日はたしかに、端正なシューベルトの後に

同じ楽器で『3つのうた』を弾くのを見ました。

ううむ、不思議だ・・・。

 

沖増菜摘さんのヴァイオリンで、『タイスの瞑想曲』。

いろいろいなところで流れるこの曲、生で聴いたのは初めてだと思います。

 

前半の最後は、イギリスの歌曲を3曲。

私が昨年初めて加耒さんの歌を聴いたのは、イギリスの歌曲で

風の香りのする、心優しくて元気づけられる歌声だったのを思い出しました。

 

休憩時間は、別室でクッキーと飲み物をいただいてくつろぎます。

サロンって感じ~。*^^*

 

そして、衣装もガラッと替わった後半は情熱の時間帯でした!

 

1曲目は沖増さんのソロで『アディオス・ノニーノ』

この曲はピアソラの名曲で、ドラマチックな出だしと

ふっとおだやかになるメロディを間近で聴けて大感激です。

 

その後も、イタリア、アイルランド、ビゼー、スペイン、

さまざまな歌が趣向を凝らして表現されます。

 

MCのかわいさと歌声の力強さで魅了する加耒さん、

サバサバしたトークと情熱的な演奏の沖増さん、

チラッと楽譜を見てさらさらと安定した演奏をする松岡さん、

3人の組み合わせもとても魅力的なコンサートです。(^^)

 

やっぱり生演奏っていいなぁと思った夜でした。

これからのご活躍も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

第39回いわき帰省(その4 イタリアンレストラン)

帰省3日目。

午前中、ようこ夫の実家で育てているミニトマト

収穫体験させてもらいました。

Img_9679  

植物自体は、私の背丈以上の大きさです。

きゅっとひねると実が取れるんですねぇ。

 

実家を出発し、いわき市の中心部 に向かいます。

Img_9687途中で見かけた標識

旅している感じがします

 

 

 

 

 

いわき出身ながら、大手予備校の関西地方の校舎に通う甥が

夜行バスに乗り、早朝、自宅に戻ってきたので

ようこ夫の姉、甥、私たち夫婦の4人でランチです。

 

いわき市の”自由ヶ丘”にあるイタリアンレストランに集合。

Img_96912  

私もかなーり前に一年間過ごした予備校で、

受験体験談を話すアルバイトなどをしていたこともあり、

「あの頃はこうだったけど、今はどうなっているの?」的な話で

一時間半ほど、盛り上がりました。

”志望校判定”という言葉、久しぶりに聞いた気がします。(^^)

 

食後、いわき中央ICから高速道路に乗り、一路自宅へ。

通常の2倍ほどの時間をかけて、

車の中で高校野球を見ながら帰りました。

にぎやかな夏も、これにておしまいです。

 

以上、いわきの夏のご報告でした。

長々と読んでくださり、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

第39回いわき帰省(その3 ダンス、ポスター作り)

帰省2日目の夜、”ようちゃん”と遊びたがる姪一家が

飼い犬とともにようこ夫の実家にやってきました。

 

お土産交換会ののち、姪たちは案の定、

「ようちゃーーん、やろうよーーーー」

と言ってきました。

 

「いいよー。病気の犬を治すお医者さんの劇?」

と答えたら、前回の帰省よりも内容が高度になっていました。

 

いろいろ話を聞いた結果、

・ダンスを取り入れたい。

・劇もやりたい。

・合わせてミュージカルのようにしたい。

・話し合いをして作り上げたい。

ということらしい。

 

願いをかなえるべく、10歳と7歳の姪と3人で

暗い廊下を通った2階の和室で話し合い開始っ。

犬も連れて行ったのですが、暑さのためギブアップ。

 

話し合いの結果、”天国と地獄”というテーマで

暗い音楽と明るい音楽を混ぜて

倒れたり、くるくる回ったりのダンスが完成しました。

ようちゃん、ダンスは超苦手なんですけど・・・。(^^ゞ

 

親戚一同に見せる前に、何度も練習することになり、

いつの間にか音楽担当になったようちゃんは、

「♪ターーーラリラリ ターーララーー ぜーぜー」

と白鳥の湖を歌わなければなりません。

 

途中、いもうと姪がノドが渇きを訴えてきたので

「じゃあ、1階で水を飲んできていいよ」

と言うと、

「やだーーーー、こわぁーーーい >_<」

 

じゃあ、ようちゃんと一緒に行こうね、と連れて行こうとすると

おねえちゃん姪が

「2階に一人で残るのはこわーーーーーい

と言い出し、結局、3人で廊下を歩いていき、

あとは姉妹で水を飲んできてもらいました。

 

さて、ダンスを一同に発表する前に、ポスター作りです。

”ダンスを見た方を劇に招待するチケット”だそうで

劇は何も出来上がっていないけれど、劇団旗揚げの勢いで

カレンダーの裏を使って、おねえちゃん姪が熱心に描きました。

イラストは各自が描きましたよー。

 

Img_9676  

”劇 ご招待”は難しい字なので、

私が書いたものをおねえちゃん姪がレタリング風にしました。

 

招待券?が出来上がったところで、皆様をダンスにご招待。

私が緊張してしまって、やり直したりもありましたが、一回目終了。

お風呂に入っていたおじいちゃん(=ようこ夫の父)が見に来て

もう一度、自主的アンコール

あまりにも抽象的な内容で、一同びっくりだったでしょうねぇ・・・。

 

今日はこれでおひらきかと思いきや、

おねえちゃん姪の強い意思により、次回帰省に向けた

劇?の構想について話し合いをもち、時間切れです。

 

紙吹雪まで用意するそうですが、さてどうなることやら。

この劇団の続きは、お正月の旅行記にて報告できる・・・かな?

 

3日目は、甥たちとランチです。

(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

第39回いわき帰省(その2 道の駅、Jヴィレッジ、海鮮丼)

帰省2日目の朝は、ようこ父が自身の郷里から贈ったそば

地元の薬味をたっぷりのせていただきました。

 

食後、ようこ夫、ようこ夫の姉、私の3人でドライブへ出発~~。

実家から北へ車を走らせ、まずは”道の駅ならは”にて入浴です。

Img_9652  

すごく広いわけでもないのですが、浴槽の種類が多く

私は渦巻き風呂?が気に入りました。

 

入浴後は、名物のジェラートをごちそうになりました。

Img_9649柚子

 

 

 

 

 

 

次の目的地は、すぐ近くのJヴィレッジです。

Img_9664

運が良ければサッカーの日本代表選手に会える場所ですが、

この日は、サッカー少年たちが大会のために集まっていました。

 

入口のドアに選手の写真。記念撮影スポットですねぇ。

Img_9661  

Img_9659  

 

建物の向こうがグラウンドです。緑ふさふさ。

Img_9654 

 

 

 

 

 

 

青い自動販売機もありました。飲料はもちろんKIRIN製品です。

Img_9662  

 

さらに、海沿いの道を車で南下して四倉(よつくら)へ。

ようこ夫の姉が推薦する海鮮ランチのお店へ向かいます。

 

お食事酒処 和(かず)

Img_9669  

テレビでも紹介されたそうで

昼時からずれていても、お客さんがぎっしりでした。

 

私は舟盛りの海鮮丼です。わかめ入りアラ汁付き。

Img_9665_2

チクチクするウニを手に取るなんて、いつ以来だろうか・・・。

刺身も分厚くて、舟底にあるご飯を見つけるのが大変でした。

 

新鮮な魚をたっぷりと味わえるお店です。

料理が出てくるのは少々ゆっくりめなので、

旅の途中、時間のあるときがオススメです。

 

この後も、いわきのあっちこっちに寄り道しながら

ようこ夫の実家に戻ったのは夕方でした。

 

夜は、姪たちと再会です。

(つづく) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

第39回いわき帰省(その1 常磐道)

お盆に2泊3日でようこ夫の実家、福島県いわき市に帰省しました。

一日目は常磐自動車道もあまり混むこともなく

(平日で1000円ではなかったからかも?)順調です。

 

よく立ち寄る友部サービスエリアが大工事中で

鉄筋がむき出しに・・・。

Img_9643

隣に仮店舗が建てられていました。

 

中郷のパーキングエリアには、とてもきれいなが植えられていました。

Img_96442_2   

 

夕方、ようこ夫の父、母、私たち夫婦でお墓参り

前より人数が増えているので、長めに拝みました。

 

夜は、ようこ夫の姉も加わり、

ビールとワインをたっぷり飲みながら

朝食レポートをプリントアウトしたものを回し読みしたりして

少しばかり夜更かししました。

 

の大好きな2人の姪には2日目の夜、

遠方の予備校に通う甥とは3日目の昼に会う予定です。

(つづく)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

上野広小路亭へ

平成22年8月11日~15日の上野広小路亭 昼の部にて

三遊亭遊史郎師匠が主任(トリ)を務めます。

私は初日の11日に行ってきました。

Img_9638

看板が出ていました。

Img_9635  

 

別件の都合で、会場への到着が遅くなってしまい、

席はほぼシニア層でぎっしり満員状態。

入れ替わりの際、やっと席を確保しました。

 

もっと観られればよかったのですが、以下、感想です。

 

■桂小南治 『ちりとてちん』

腐った豆腐をめぐる噺。明るく朗らかに演じていました。

最初はおいしそうなご馳走がたくさん出てくるのに、

最後のほうは、こちらも逃げ出したくなるぐらい、不味そうに見えました。

 

■三笑亭茶楽 『持参金』

お金のやりとりが面白い、パズル系の落語。

初めて聴く噺でしたが、機械的ではない

人情味あふれた高座でたっぷり笑いました。

 

■春風亭美由紀

会場を隅田川の船に見立てて、三味線と唄。

ちょっとぜいたくな気分になりました。

 

■三遊亭遊史郎 『稽古屋』

落語の中に三味線をバックに”びんのほつれ”などの唄も登場する、

華やかな『稽古屋』を演じるのかな?と予想していました。(^^)

 

遊史郎師匠ご出身の青山学院大学に関するマクラでドッと笑いが起き、

本編30分ほどの熱演後、お客さんたちが口々に

”びんのほつれ”、習ったことがあって懐かしかったわー」

など、まるで音楽会の後のような感想を話していたのが印象的でした。

 

会場の階段踊り場に張り出された演目のタイトルを見て、

「まぁ、『稽古屋』という題名なのね~」

と言っていく方も多かったです。

 

この後、遊史郎師匠より、出演者の皆様とのお茶にお誘いいただき、

歳の近い方たちとお話しする楽しいひとときを過ごしました。

 

またどこかの寄席へ顔を出したいと思います。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

アルミ鍋焦がし騒動

人生初、とうとうを焦がしてしまいました。>_<

 

昨日の夜中、朝食用に作った肉じゃがを

念のため、もう一息、煮込もうとしたのです。

いつもはコンロをちょっと離れる場合、必ずタイマーを持ちます。

しかし、そのときは

「力作の肉じゃがだから、忘れるわけない」

と、自信満々に立ち去り、PCの前に座ってしまいました。

 

さて寝るか、と台所の消灯を確認しようとしたら、

チリチリチリチリ音がして、焦げたにおいがします。

 

あああああああああああ、やってしまった・・・。

 

しかし、ここでうろたえてはいけません。私がやるべきことは3つ。

1.消火し、肉じゃがを救出する

2.アルミ鍋を元通りにする

3.ようこ夫に白状する

ああ、ツライ・・・。

 

肉じゃがは、しらたきが必死に焦げ付きから守ってくれたのでしょう。

一部、鍋に黒くこびりついてしまいましたが、おおかた使えそうだったので

すぐにラーメンどんぶりに避難させました。

 

そして今朝、他の料理用に冷やしておいただしを使い、

ニンジンなどに黒くついた焦げを取り除き、

水気のなくなった肉じゃがをもう一度、煮直しました。

焦げた後の対処は、千趣会の”食卓の教科書”に書いてある通りです。

 

それほど焦げたにおいもせず、事情さえ知らなければ

普通に食べられるレベルだったと思います。

 

朝食の時、ようこ夫にも白状し、残りは2番のアルミ鍋。

 

新婚の時に買った鍋が、こんなになってしまったんです・・・。

白っぽいのは、じゃがいも???

Img_96062  

ステンレスやホーローなら重曹が使えるのですが、

残念ながらアルミ鍋はNG。

 

水をはり、ゆっくりと弱火で煮込みました。

木ベラで焦げ付きをこそげ落としたりしながら

3回煮込んだ後に、少し鍋底が見える程度となりました。

Img_96162 

でもなー、これじゃー、使い物にならないなー、と

効果があるかどうか分からないけれど、水を注ぎ、ジムに逃亡。>_<

 

帰宅し、京都でアルミ鍋を買ったときにサービスしてもらった

たわしがあるのを思い出し、初めて使ってみました。

Img_9627  

 

なんということでしょう!

鍋が光り始めるではありませんか。

Img_9620 

無心になって磨き続けること30分近く。

ああ、ついに元通り、というか元の色よりきれいになりました。

Img_9625  

 

今回の件で、コンロの前を離れてはいけない、と深く反省。

火事になったらあちこちに迷惑をかけてしまいますしね。

 

そして、この鍋をこれからもずっと大事に使いたいと思いました。

 

以上、アルミ鍋焦がし騒動の報告でした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

遅れたときの言い訳

雨が降り、少し涼しい一日でした。

午前中のドイツ語に備え、

前日は喫茶店で、これでもかっっというぐらい甘いココアを飲みつつ、

涼しい環境で予習しました。

 

宿題のうちの一つ、ある状況での一言を作文する課題があり、

(その状況も、もちろんドイツ語で書いてあります)

面白かったのでご紹介します。

”友人との待ち合わせて遅れてしまい、その理由(言い訳)を説明”するのです。

 

・・・3、2、1。

さて、どんな状況を想像しましたか?

 

私はこんなふうに書きました。

 

Ich hatte Nasenbluten, als ich im Hausflur meine Schuhe angezogen habe.

玄関で靴を履いているとき私は鼻血を出した

 

え?ウソくさい??

ま、まぁあまり言い訳が上手でも・・・ということで。(^^ゞ

 

毎回、自分のドイツ語力と相談しながら

こういう作文をするのは、けっこう好きだったりします。(^v^)

ドイツ語は夏休みなしでがんばりまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

優雅なアフタヌーンティー in 六本木

今日の午前中は、週半日の福祉施設での仕事でした。

掃除機をかけ、備品を補充し、書類作成に会計処理・・・。

あわただしい数時間があっというまに過ぎていきます。

 

そんな私も、昨日はとても優雅な午後を過ごしたのです。

 

場所は、六本木ミッドタウンにあるホテル、ザ・リッツカールトン・東京

Img_9589

 

45階にある、ザ・ロビーラウンジ&バーでのアフタヌーンティーです。

今回も、季節ごとにおいしいものを紹介してくれるくらげちゃんと一緒でした。

 

天井が高くて開放的なフロアのラウンジに着くと、

窓際の席に案内されました。

 

眺めも素晴らしい!

虎ノ門、霞ヶ関の遥か彼方にスカイツリーも見えます。

ここに写っているビルも下から見ると、とても高いのですが・・・。

Img_9579  

 

私はアフタヌーンティーを経験するのは初めてでした。

最初にコーヒーか紅茶を選ぶとのことで

茶葉のサンプルで香りをかいだりして、アールグレイを選びました。

 

そして、いよいよ3段の食事が到着です!

お店の了解を得て撮影させていただきました。

Img_9576  

こちらで2人分、テレビや雑誌で見るようなアフタヌーンティーですねぇ。

 

一番下の段は、スコーンとクロテッドクリームです。

Img_9570  

 

 

 

 

 

 

クロテッドクリームは、生クリームより固く、バターのようにスコーンに塗りました。

こういうごちそうは、いつものスピードで食べてはいけません。

くらげちゃんの優雅なペースに合わせるよう、

ちらちらと手元を見てしまいました。(^^ゞ

 

真ん中の段は、カナッペ。

Img_9572  

 

 

 

 

 

 

ズワイガニやフォアグラなど・・・。

このあたりから、私もやっとゆったりペースになってきましたよ~。

Img_9584  

 

最上段は、ケーキたちです。

Img_9585 

 

 

 

 

 

 

緑色のマカロンから、他のケーキの大きさが想像つくでしょうか。

小さくて手の込んだケーキたちを、丁寧に味わいました。

 

最初に選んだ紅茶もおいしく、おしゃべりしているうちに空になり、

お店の方に何度も注いでもらいました。

 

私たちのアフタヌーンティー最後の方には、ピアノの生演奏も始まり、

好きなソナタ、モーツァルトの『トルコ行進曲付き』が聞こえてきます。

 

アフタヌーンティーというのは、食事の味がおいしいというだけでなく

席からの風景、空間のゆとり、おだやかな時間の流れ、

きめ細かいけれど疲れさせないサービス、

すべてを包含(ほうがん)したものなのだと思いました。

 

くらげちゃん、上質な時間をありがとうございました。(^v^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

朝食レポート 2010年7月下旬~8月上旬分

毎日暑いですね。

食べないとバテる・・・と言い聞かせて朝食を作りました。

7月下旬から8月上旬分をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●7/20(火)

しごと。

Img_9495  

・キムチ
・ご飯
・とうふとオクラのみそ汁
・ヨーグルト、シナモンがけ
・一保堂 煎茶雁ヶ音

 

前日、食べすぎた上に、冷たいお茶をガブガブ飲んで

胃がびっくりしてしまいました。>_<

豚キムチの予定でしたが、予定変更。

キムチさえやめようと思いましたが

ご飯のおかずがないと困るので、最後に付け加えました。

 

冷たいものの摂りすぎには気をつけないと・・・。

 

●7/21(水)

しごと。

Img_9503  

・豚キムチ
・納豆*
・ミニトマト
・ご飯
・なすとえのきだけのみそ汁
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶(常温)

 

朝起きたら室温36度!!

煮干しだしを丁寧にとっていたら、あらら、食べ始める時間だ。

急いで食事をして、家を飛び出しました。

 

冷蔵庫で水出ししたほうじ茶を朝一番で室温に戻し、

朝食のお茶としました。

 

●7/22(木)

しごと。

Img_9505  

・真鯛の塩焼き(表をシェア)*
・オクラ納豆*
・新しょうがの甘酢漬け、ミニトマト
・ご飯
・アンデスメロン
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶(常温)

 

暑い日こそ、旬の野菜を摂ると調子が良くなる気がします。

新しょうがの甘酢漬けは自家製です。

ツンとくる酸っぱさが食欲を出しました。

 

●7/26(月)

ドイツ語教室。

土用丑の日なので、うなぎを食べて元気をつけましょう。

Img_9513  

・うなぎの混ぜご飯
・シークレット*
・マスクメロン
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶(常温)

 

ぐっすり寝ていたら、ようこ夫に起こされました。

ぎゃーーーーー、45分の遅れ!!!!!!

 

セットしておいた土鍋で昆布だしのご飯を炊き、

生協の国産うなぎをボイル解凍し・・・と大忙しの朝でした。

 

マスクメロンはようこ母からの差し入れ。

甘くておいしーーい。

 

シークレットはつき大根と薄揚げの煮物です。

Img_9507_3  

生の大根をスライサーで細長く切り、煮干しだしでやわらかく煮たものです。

根菜を気軽に食べられる一品です。

 

●7/27(火)

しごと。

Img_9521  

・うな丼
・つき大根と薄揚げ
・きゅうりのぬか漬け*
・豆腐とかいわれ大根のみそ汁
・マスクメロン
・水出し 一保堂 煎茶雁ヶ音

 

この日は寝過ごさず起きられました。

豆腐とかいわれ大根のみそ汁がさっぱりして、

水分塩分補給にもなり、ヒットでした~。

 

●7/28(水)

しごと。

Img_9524  

・豚肉の豆板醤焼き、かいわれ大根のせ*
・ご飯
・なすのみそ汁
・桃*
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶(常温)

 

勤務地が遠くなり、出勤が早くなると

その分早起きしなくてはなりません。

この日は一回起きて、もう15分追加で寝たため、

食事に使える時間がどんどん短くなり、盛り付けた段階で家を出ようと思ったほど。

量を減らしてなんとか朝食を摂り、駅まで走りました。

 

この日のようこ夫は1時間近く遅い出勤なので、

残ったみそ汁を冷やすようにお願いしておきました。

 

煮干しだしのなす、おいしかったー。

 

●7/29(木)

しごと。終業後は、バースデーライブへ。

Img_9530  

・スモークサーモン、玉ねぎ、ミニトマト*
・なすと豆腐のピリ辛スープ
・ご飯
・マスクメロン*
・ミネラルウォーター

 

夢に出てきたスモークサーモンを朝食にしました。

なすは、軽く炒めてから鶏スープを注ぎ入れます。

本当はキムチを入れるレシピなのですが、なかったので豆板醤を少し加えました。

のどに唐辛子が張り付いてピリピリ

 

●8/2(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

Img_9534  

・焼き鳥、ブロッコリー、ミニトマト*
・自家製きゅうりのぬか漬け*
・ご飯
・玉ねぎ、モロッコインゲンのスープ、しょうが入り
・パイナップル
・一保堂 煎茶雁ヶ音

 

この日の夜食べようと思って買っていた焼き鳥を

気が変わって朝出しました。

 

前日、その場で切ってくれるパイナップルを買いました。

甘くてヒンヤリしておいしい!

 

●8/3(火)

夏休み。歯医者や楽譜買い出しなど。

Img_9537  

・焼きほたて貝
・納豆
・ミニトマト、ブロッコリー、とうもろこし
・ご飯
・パイナップル*
・鹿児島新茶

 

魚屋さんの対面販売で買ったほたて貝をグリルで焼きました。

カラフルな野菜でパワーアップ!

 

●8/4(水)

夏休み。

Img_9555  

・焼きほたて貝、しょうゆ風味
・ブロッコリー
・ご飯
・モロッコインゲンとしいたけのみそ汁
・パイナップル*
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶

 

ほたて貝を焼く際、しょうゆを少量たらしました。

風味が出て、なかなかおいしかったです。

暑い日のみそ汁も、水分塩分補給したくなるのか、ゴクゴク飲めます。

 

パイナップルのスティックは、パリのフラゴナールで買った”チーズ”。

Img_9559  

 

●8/5(木)

夏休み。お昼はごちそうを食べる予定なので、朝はシンプルに。

Img_9566  

・豚ひき肉のそぼろご飯
・アスパラガス、豆腐の酢味噌和え*
・桃
・ご飯
・水出し 伊右衛門茶 ほうじ茶(常温)

 

豚ひき肉をみそ風味でそぼろにしました。

2週間前に生協から届いたが、ついに食べ頃!

ひんやり甘くて、暑苦しい夏にぴったりです。

 

---

こんな感じで、夏野菜や果物を味わいつつ、

一応バテ知らずの夏を過ごしています。

土用丑の日だけでなく、またうなぎを食べたいなぁ~。(^v^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

真夏の銀座

猛暑の中、 銀座へ楽譜を買いに行きました。

 

新しくなった新ヤマハ銀座ビル

Img_95412 

楽譜売り場が充実していて、しかも涼しい!!

選びやすかったこともあって、5000円分ほどの買い物をしました。

『鉄のバイエル』=JR東日本の発車メロディの楽譜。

Img_9561  

会計の段階から、どの楽譜から手をつけようかな~とニンマリしてしまいます。

もしかすると、本のまとめ買いをする人の爽快感&達成感はこういう気持ち?

 

ささ、銀ブラ♪しようと思ったものの、散歩するような気温ではなく、

青空に映える和光を日陰から眺めました。

Img_9544_3  

 

Img_95482_5

観光バスも

通ります

 

 

 

 

 

暑さのため、ゆっくりできなくて残念でしたが、

よい買い物ができた一日となりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

夏に聴く『花』もまたよい

ふぅうううう、今日も暑い一日でした。

家を出るのに手間どっていたら、突然の豪雨!!

傘と楽譜を持って、ドイツ語教室へ出かけました。

 

たくさんノートをとり、たくさん宿題が出て

今年もまたドイツ語の夏休みはない感じです。

 

その後、月に一度行っている病院へピアノを弾きに行きました。

談話室で休憩する患者さんやご家族と会話をしつつ、

一時間の持ち時間の中で、季節の音楽や(あれば)リクエスト曲を演奏します。

 

今日は『Summer』や『夏の日の恋』などを練習していったのですが、

希望により、もう少し懐かしめの曲を弾きました。

 

意外なリクエスト曲は、春のうららの『花』

思い出深い曲なのだそうです。

 

『花』は、4月に弾いたきりだったのですが

思い出をこわさぬよう、丁寧に、丁寧に音を鳴らしたつもりです。

 

不思議なもので、歌詞は春でも、夏らしく少し勢いをつけて弾くと

キラキラした隅田川の水面と

どんどん高くなっているスカイツリーの姿が目に浮かぶようでした。

作者たちはスカイツリーを知らないのですがねぇ。

 

演奏が終わった後、いつもお会いする

心優しいボランティア仲間さんと、少しお話しして帰宅。

夏の音楽はまたの機会にどこかで弾きたいと思います。(^^)

 

 

☆「遊史郎の落&P」のご案内☆

隔月ペースで開催中のらくぴー、次回は8月28日(土)です。

皆様のご来場をお待ちしております。

-----------------------------------------

8月28日(土)  木戸銭 1500円 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏(YOKO)   
 

17:30 開店 (18:50頃、一旦オーダーストップ)
19:00 ピアノ→落語   「片棒」
19:30 休憩 (19:50頃、一旦オーダーストップ)
20:00 ピアノ→落語   「お化け長屋」
20:30頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・時間は目安です。オーダーストップの時間等につきましては
 当日ご案内いたします。
・ご希望がございましたら、終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
-----------------------------------------

お席に限りがありますので、ご予約をお願いいたします。

mixiの遊史郎コミュ、ようこ宛メッセージ、

またはPXN02635アットマークnifty.ne.jpまで

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »