« 6月の京都(一日目 金地院) | トップページ | 6月の京都(二日目その2 食材買い出し) »

2010年6月18日 (金)

6月の京都(二日目その1 泉涌寺、東福寺)

旅行二日目、夜中の大雨が止み、傘がなくても観光できそうな天気となりました。

今回は静けさを求め、泉涌寺(せんにゅうじ)と東福寺を巡ろうと思います。

 

午前中、京都駅前でバスを待ってもなかなか来ません。

行き先を変えるかどうか葛藤しつつ待つこと20分、

やっとバスに乗ることができました。

どうやらこの時間帯は、1時間に2本しかないバスだったようです。

 

最寄りのバス停を降り、坂道を登ります。

Img_93172 

すぐに入口が登場しました。

ここからが長い、長い。

 

Img_93202高い木に囲まれた道を

一人でてくてく。

たまにタクシー

抜かされました。

 

 

 

 

 

ふぅ、やっと着いた!

このお寺は以前、「そうだ 京都、行こう」キャンペーンに取り上げられ、

私は新宿駅で大きな広告を見たことがありました。

Img_93232  

これらの写真を見てから、公式ホームページの写真を見るとなんとなく面白いです。

 

楊貴妃観音堂に安置される聖観音像が、楊貴妃という名にふさわしく

とてもきれいな姿をしていました。

つい、200円で"美人祈願"という御札を買ってしまったのはヒミツです。(^^ゞ

 

地図を片手に、ここから徒歩圏内の東福寺へ移動します。

紅葉でも有名なお寺とのこと。私は初めての訪問でした。

 

Img_9331

建物は大きいし、境内は広いし、どこを見てよいやら???と

迷っていたら、方丈庭園拝観の看板を見つけました。

 

なかなか興味深いデザインの庭園でした。

 

方丈南庭

Img_93342

白い石が海に見えます。

Img_93352 

 

方丈西庭

さつきのシーズンですねぇ。市松模様になっています。

Img_93382 

 

方丈北庭

Img_93452_2 

さつきの鮮やかさと、ふっくらとしたに感嘆の声があがっていました。

 

東福寺内でもう一ヶ所拝観し、

庭の景観とともにうぐいすの鳴き声を堪能しました。

 

そうこうするうちにお昼です。

東福寺駅から電車で三条京阪へ出ることにいたしましょう。

(その2に続く) 

|

« 6月の京都(一日目 金地院) | トップページ | 6月の京都(二日目その2 食材買い出し) »

コメント

この時期は緑が綺麗な季節でグリーンcloverが映えてますね。

京都のお寺の庭園は本当に綺麗にしてるなーって思いますshine
白い石をならす方や市松模様motorsportsの植木のお手入れをされる方の
ご苦労が伺えます。

市松模様はワタクシ好きですし、この苔は本当にふっくらして
ちょっと触ってみたくなりますぅhappy01

投稿: くらげちゃん | 2010年6月19日 (土) 22:08

>くらげちゃん
足跡をつけずにどうやって庭をきれいにするのか?
いつも不思議に思います。

東福寺のホームページを見ると
苔がふっくらしていない時期?の写真が出ています。
さつきの色といい、6月も庭を訪ねるのによい季節だと思いました。bud

投稿: ようこ | 2010年6月20日 (日) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/48662199

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の京都(二日目その1 泉涌寺、東福寺):

« 6月の京都(一日目 金地院) | トップページ | 6月の京都(二日目その2 食材買い出し) »