« 第38回いわき帰省(その3 親戚の集い) | トップページ | 第38回いわき帰省(その5 夏井の千本桜) »

2010年5月 7日 (金)

第38回いわき帰省(その4 山道ドライブ)

帰省3日目は、ようこ夫の兄の運転でお花見に出かけることになりました。

メンバーは、ようこ夫の姉、兄、ようこ夫、おねえちゃん姪、いもうと姪、私の6人です。

姪ママは仕事のため、残念ながらお花見は欠席。

もう、姪たちは遊び放題の予感・・・。

 

まず、車に乗って山の方へ出かける前に、姪2人に案内されて校庭を訪問しました。

のぼり棒や鉄棒、ブランコなどの技を披露してもらったのち、

”黒板おに”という、お絵描きと鬼ごっこを合わせた遊びをすることになりました。

もちろん、ルールを知らないのでその場で教えてもらいます。

 

木の枝で地面に絵を描き、指定の場所を走ります。

”ようちゃん”、ン十歳・・・小学生と一緒に鬼ごっこ。

予想外の展開だ・・・。

 

ひとしきり遊んだところで、山道ドライブが始まりました。

姪2人の相手は私が担当です。

 

「ホーホケキョ♪」という鳴き声が聞こえたので

つい、家にいるときのクセで口笛で再現したら面白かったらしく

2人が

「アンコール!アンコール!アルコール!アルコール!」

と言うものだから、何度も鳴き声を吹くことになり・・・。(^^ゞ

 

次は、”だるまさんがころんだ”。

鬼はいつも私で、

「えーん、えーん、だーーーるーーーまーーさんが、えーん、ころんだ」

というと、2人は泣いたポーズで静止。

「プンプンッ、だるまさんがーーー、プンプンッ、ころーーーーんだっ」

だと、ほっぺたをふくらませます。

 

このようなことを繰り返しているうちに

越代のサクラで有名な古殿町に到着しました。

 

しかし・・・。

Img_90662 

散ってしまったのではなく、まだ咲いていなかったのでした。

(大人たちのみ)ガーン。

 

でも、きれいな花を見ることができました。

Img_90682  

 

近くには、冷たい湧き水が出ているんですよ。

Img_90742  

 

 

 

 

 

大人だったら、その場で水を飲んで味わうぐらいですが

子どもたちは、ペットボトルに水を汲みたがり、

姉妹で各2回ずつ、キャーキャーと水を入れていました。

 

次は、もう一つの桜の名所の巻。

|

« 第38回いわき帰省(その3 親戚の集い) | トップページ | 第38回いわき帰省(その5 夏井の千本桜) »

コメント

芝桜?きれいですね~~
桜まだだったんですか。
今年はやはりおそいですね。
ざんねんでした!
 
うぐいすねnote
やると返ってくるんですよねnotes
私も去年軽井沢でやったら負けじと返事が
かえってきて大笑いでした。
私のは下手なので 鳴き方違うよannoy
ってうぐいす言ってるんじゃない?
って友達がsad
「やつが若いからムキになってんの!」と私
まあ どっちもどっちデシタbleah

投稿: naooba | 2010年5月 7日 (金) 21:22

>naoobaさん
空気がきれいなせいか、光がしっかり当たって
花の色がより鮮やかに見えました。

へぇーー、うぐいすに聴こえるようにしたら返ってくるんですね!
naoobaさんがやりとり経験者だったとは。chick
車の中でピーピー吹くだけでは勿体ないので(笑)
次のチャンスには、私も外で吹きたいと思います。

投稿: ようこ | 2010年5月 8日 (土) 17:32

黒板おに、初めて聞いたわ~。
鬼ごっこも、時代とともに
進化しているのね(笑)
湧水も、こんな自然の中でいただくと
いちばん、美味しく感じられるね☆

投稿: うさちゃん | 2010年5月11日 (火) 18:15

>うさちゃん
やはり初耳?<黒板おに
「パパ2つ」と言われて、結構がんばって似顔絵を描いてしまった。
「少しかっこよすぎるけど、まぁOK」だそう。(笑)

家から歩いていけるところにこのような湧水があったらいいのに~、
とここに来るたびに思います。
でも、のんびりした雰囲気があるからこそ、いいのかもしれないね。

投稿: ようこ | 2010年5月12日 (水) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/48295561

この記事へのトラックバック一覧です: 第38回いわき帰省(その4 山道ドライブ):

« 第38回いわき帰省(その3 親戚の集い) | トップページ | 第38回いわき帰省(その5 夏井の千本桜) »