« 第38回いわき帰省(その4 山道ドライブ) | トップページ | 第38回いわき帰省(その6 しいたけ) »

2010年5月 9日 (日)

第38回いわき帰省(その5 夏井の千本桜)

帰省の旅3日目、古殿の桜が咲いていなかったため、

急遽、ようこ夫の兄の運転で、夏井の千本桜へ移動することにしました。

Img_90862  

小野小町生誕の地の近くにあります。

 

今度はきれいに咲いていました!

実はここが高速道路から見えた桜なのです。

Img_90772

 

たこ焼き、わたあめ、じゃがバター、ビール、いろいろなお店が出ています。

Img_90822  

車の関係で飲酒できないようこ夫の兄のご好意で

私たち夫婦はビールを飲んでよいことになりました。

 

人口密度がそう多くないので、好きな場所を取れます。

また、いもうと姪が買ってもったわたあめを少し分けてもらいました。

わたあめを食べるのは、30年以上ぶり???

 

そんな、のーーんびりとした昼を過ごしました。

Img_9084  

 

帰りの車内では、しりとり大会を提案したら、

難易度の高い”なかとり大会”となりました。

参加者は、おねえちゃん姪、いもうと姪、私の3人。

 

奇数文字の言葉の真ん中の文字をとって、つないでいきます。

小学校2年生のいもうと姪も、なかなか健闘しています。

アタマの固くなった大人にはよいトレーニングになりますよ~。

”うどん”はよくて、”まんが”はダメ、とか、意外と難しい。

 

夜はようこ夫の実家でプチ宴会。

車を運転してくれたようこ夫の兄のために

すでに飲酒している私たちはスーパーまで歩いて買いに行きました。

 

1キロ以上あるのでは?と言われていたスーパー、

実は徒歩5分だったんですけど・・・。

 

宴会ではいもうと姪は爆睡、おねえちゃん姪はしっかり遊んでいました。

 

そして、ようこ夫の兄の発案で

遠方の予備校に通う甥に携帯で電話をかけ、みんなで順番に会話。

もちろん、私も一族唯一のS台予備校の先輩として話しました。(^-^)

 

そんなこんなで、帰省最後の夜も更けてゆき、

なんとおひらきは12時過ぎていました。

 

次は、いよいよ帰宅~、の巻。

|

« 第38回いわき帰省(その4 山道ドライブ) | トップページ | 第38回いわき帰省(その6 しいたけ) »

コメント

ちゃんとcherryblossomが咲いているスポットに辿りつけて
良かったねぇ。
川沿いに並んだcherryblossomたちは青空sunの中で映えていて
よい景色ですshine
お店もあるそうで、ちょっとしたピクニック気分riceballって感じかな。
ワタクシのお花見は殆ど徒歩なのでのんびり座って昼寝sleepyでもしたいわー。

姪御ちゃんたちと遊ぶと普段は使わない部分の「脳トレ」が出来て
頭も体もいい感じでほぐれるわねrun

投稿: くらげちゃん | 2010年5月 9日 (日) 20:08

青空に映えた桜です。
桜はこう咲かなくてはという見本みたいです。

子供の頃、お金を入れるとザラメがバラバラと落ちてくる綿飴製造機がありました。割り箸の周りにクルクルと巻きつけますが、自分の指にも綿飴がくっつきました。
デパートの屋上に良くありましたが、今ではほとんど見かけることがありません。それよりもどういう仕組みで綿飴が出来るのでしょう?

投稿: ギドスパリオ | 2010年5月 9日 (日) 21:12

>くらげちゃん
東京から来た私たちはお花見ずみだけれど
福島の人にとっては、今年初のお花見だったから
無事にcherryblossomのある場所に行かれてよかったです。
この土手だったら、昼寝も十分できそうです。sleepy
この青空の下で食べるじゃがバターもなかなかの美味でした。

いやはや、よい脳トレになりました。
次の帰省に向け、なかとりの練習をしておかないといけないかも!?

>ギドスパリオさん
青空とこの木の本数のおかげで、見応えあるお花見となりました。

綿飴製造機!オレンジ色のは見たことがあるような・・・。
ザラメを加熱すると、茶色くなるような気がするのですが
あの白いふわふわになるのはなぜなんでしょうねぇ?

投稿: ようこ | 2010年5月10日 (月) 18:16

 日本列島は長いですねえ。昨夜のニュースによると桜前線は函館まで達したとの事です。
 きれいな桜が見られて良かったですね。
 こんな言い方するのもナンですが、遠距離ドライブ、お疲れ様でした。
 私の父方の田舎は宮城県松島町です。学生時代などは散々遊びに行っていたのですが、なんだか最近は億劫になっています。ちょっと遠いしなあbullettrain

投稿: シブ | 2010年5月11日 (火) 15:37

川沿いに、見事な桜cherryblossom
人の数も多すぎず、お花見の場所取りにも
必死にならずにすみそうなのがいいね!
甥っ子さんは、予備校で頑張っているんだね。
みなさんの声が聞けて、喜んでいたでしょうheart04

投稿: うさちゃん | 2010年5月11日 (火) 18:22

>シブさん
ほんと、桜の開花で長さを実感しますねぇ。
我が家の場合、帰省ぐらいしか車に乗るチャンスがないので
SAなどもけっこう面白がって見学しています。

それにしても、シブさんが東北にゆかりがあるとは!
学生の頃、ユースホステルを使って雪の松島を一人旅しました。
今だったら雪見酒をしたいところです。bottle

>うさちゃん
ゆとりのあるお花見cherryblossomもいいものだね~。
ピクニックシートを持っておらず、めいめいが手持ちの紙を敷いてのお花見、
次回は敷物持参にすると昼寝もできそうです。

一年前に家に遊びに来た甥は、あっというまに高校を卒業してしまいました。
電話口ではキャッキャッと喜んでいたよ。

投稿: ようこ | 2010年5月12日 (水) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/48314845

この記事へのトラックバック一覧です: 第38回いわき帰省(その5 夏井の千本桜):

« 第38回いわき帰省(その4 山道ドライブ) | トップページ | 第38回いわき帰省(その6 しいたけ) »