« 春は名のみの~♪楽ぴー開催 | トップページ | 東京駅にて和雑貨ショッピング »

2010年3月30日 (火)

20cm滑走

ドイツ語教室で始まる月曜日、

今回はフィギュアスケートについてフリートークをしました。

 

ドイツ語では、フィギュアスケートのことを

Eiskunstlauf(アイスクンストラウフ=氷芸術滑走)といいます。

 

話の中で、自分自身でスケートをしたことがあるか?という質問があり、

私はドイツ語でこう答えました。

「はい。私が高校生の時、20cm滑りました」

ふむ、cmをZentimeter=ツェンティメーターというのですな。

 

しかし、話をしているうちに、先生が

cmではなくmではないか?と心配して私に確認したので

自信をもって

"ツヴァンツィッヒ(=20) ツェンティメーター!"

と答えました。

 

一同、「ツェンティメーター!?」と驚くものだから、

みなさんは、よい耳を持っていますSie haben gute Ohren.)」

と言ったら笑いが起きました。ハハハ。

 

だって、氷の上に立って足に体重をかけるとツルッと滑るんですよ。

時間が経って、氷の上がざらついてきて

やっと滑りにくくなってほっとしたら整氷タイム・・・。

もう、こわくてこわくて、スケートリンクの片隅で手すりをずっと磨いていました。

 

こんな私、Ski(ドイツ語でシー)は未経験です。

きっと

「雪の上に立って足に体重をかけたら下の方に動く」

などと言いそうなので・・・。

 

でも、どちらもテレビ観戦は好きです。(^^)

 

まぁ、スケートよりはドイツ語の方が素質がありそうなので

引き続きがんばることにします。

|

« 春は名のみの~♪楽ぴー開催 | トップページ | 東京駅にて和雑貨ショッピング »

コメント

20㎝は滑走じゃなくて歩幅と言われてしまいそうですね。
手すりのお掃除おつかれさまでした(^^)
へっぴり腰にならないようにすれば大丈夫だったのにもったいないです。
子どもの頃、球技以外は何でも得意だったけど
今となってはドイツ語もスケートもダメだなぁ・・・。
ようこさんの方がずっと上を行ってる感じです。

投稿: lilac | 2010年3月30日 (火) 23:35

>lilacさん
この時、”手すり磨き”ってうまい表現だなーと実感しました。(笑)
そうそう、腰がひけると安定しなくて危ないですよねー。
バスケをやっていた方から、球技の難しさを聞いたことがあります。
(道具を使うか使わないかでも大きな差があるらしい)

私は少しでも好きだと思えたら、テンション低く!?続けてみるようにしています。

投稿: ようこ | 2010年3月31日 (水) 18:19

20㎝(笑)
先生も、他の皆さんも聞き間違えたかと
思われたのだろうねぇ~。
氷の上に立つなんて、私は考えられません!!
もちろん、スキーもスケートも未経験。
この先も、全くやる気ないです。
想像しただけで、手に汗が出てくるわsweat01

投稿: うさちゃん | 2010年4月 2日 (金) 09:20

>うさちゃん
うさちゃんは、数少ないスキー未経験者仲間だよね。
私は20cmぐらいしか滑れないのに、
学生時代にもう一度行ってしまった。run(笑)
スキーもスケートも、楽しく滑れればよい趣味だと思うけれど
あまりの怖がりぶりに、この先も無理だろうなぁ~。sweat01

投稿: ようこ | 2010年4月 2日 (金) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/47948043

この記事へのトラックバック一覧です: 20cm滑走:

« 春は名のみの~♪楽ぴー開催 | トップページ | 東京駅にて和雑貨ショッピング »