« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

新車が家にやってきた

このたび、ようこ夫が車を買い替えました。

Img_85542 

車種の決め手は、楽ぴーで使う電子ピアノと私を

同時に乗せられる大きさであること。

(今までは助手席に乗れない私が別手段で移動していました)

  

新車をディーラーさんのところに取りに行ったようこ夫は

いよいよ乗車という段階で、

ドアを開けながらディーラーさんにお礼を言っておじぎをしたら

いきなりドアに眉毛付近をぶつけたそうです。

 

ナンバーも変わったので、大きな駐車場で迷わないようにしないと・・・。(^^ゞ

安全運転で大事に乗りたいと思います。

 

 

☆楽ぴーのご案内☆

落語とピアノのコラボレーション「楽ぴー」。
落語とピアノ、そしてお食事が一度に楽しめる会です。


年度末のお忙しい時期とは思いますが
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

-----------------------------------------
三遊亭遊史郎&YO-KOの「楽ぴー」 落語とピアノの会

3月27日(土)  木戸銭 1500円 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏   
 

17:30 開店 (18:50に一旦オーダーストップ)
19:00 ピアノ→落語   「明烏」
19:30 休憩 (19:50に一旦オーダーストップ)
20:00 ピアノ→落語   「味噌蔵」
20:30頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

毎回好評をいただいております。ご予約はお早めにどうぞ。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・ご希望がございましたら、終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

予約はmixiのメッセージ、PXN02635アットマークnifty.ne.jpにて承ります。
よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

家事をしながらフィギュア観戦

今日はバンクーバーオリンピックの女子フィギュアのフリーが行われ、

金曜日は休みの私は、朝10時からテレビ観戦しました。

日本人選手は、4つのグループのうち、3番目と4番目に出場します。

 

心地よい音楽が流れる中、食器を洗ったり、掃除機をかけたり、

いつもの金曜日はなかなかはかどらないことも、

テンポよく進んでいく番組に合わせるかのように、珍しくペースよく進みました。

 

とある時間帯、テレビのない部屋で掃除機をかけていたら、

電話の音が鳴っています。

「ハイハイハイハイ」

と言いながらテレビのある部屋に戻ると、電話が切れてしまいました。

 

ふと画面を見ると、日本の鈴木明子選手が

今まさに演技を始めようとしているところ!

あぶないあぶない。

 

鈴木選手は、『ウエストサイド・ストーリー』のメロディーにのった

柔らかな印象の演技で、赤い衣装も似合っていて、とてもよかったです。

どちら様か知りませんが、お電話くださった方、ありがとうございました。

 

掃除関係がひとしきり済んだら、日本人の出番に重ならないよう、

こういう時のために買っておいた生協の冷凍うどん作り開始っ。

 

うどんをすすり終えると、いよいよ第4グループの滑走です。

安藤美姫選手のハデハデクレオパトラの後、注目のキム・ヨナ選手が登場~。

手足の長さと高いジャンプ、

そしてガーシュウィンの音楽をぐぐっと捉えているのが印象に残りました。

 

そして、場内の熱気冷めやらぬ中、浅田真央選手の滑走が始まりました。

曲は、ラフマニノフの『前奏曲 Op.3-2』。

重苦しい出だしのメロディからまもなく、高いトリプルアクセルを成功させます。

”心地よさ”とは無縁の音楽が流れる中、こちらが緊張してしまうほど・・・。

 

途中、惜しい場面があって、失敗無しという演技ではありませんでした。

しかし、人に受ける曲を無難にこなすのではなく、

このような曲を使って挑んでくる浅田選手のアスリートとしてのプライドを感じました。

 

結果、キム・ヨナ選手が圧倒的な点数で金メダル、浅田選手は銀メダルでした。

悔しかったでしょうけれど・・・、でもやはり浅田選手には

「銀メダルおめでとうございます」と書かせていただきます。

 

以上、密度の濃い午後の報告でした。

 

☆追記☆

かつてオリンピックで活躍された

旧東ドイツのカタリナ・ヴィットさんを覚えておいででしょうか?

ふと思い出して、公式ホームページ(ドイツ語)を訪問したところ、

バンクーバーでフィギュアスケートを観戦したレポートが載っていました。

 

浅田真央選手については、私の翻訳で恐縮ですが

「彼女のフリー演技は、比類のない高さと安定したトリプルアクセルを2回といった

高難度の技が詰め込まれている。

中盤でスケート靴が引っかかり、キム・ヨナ選手には追いつけなかった。

それにもかかわらず、私は彼女の演技に感動している。」

といった感想が書かれています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

昼はクラシック、夜はFusion

2月23日は音楽ざんまいの一日でした。

 

まず、仕事の昼休みは、JTアートホールアフィニスまで、

ピアノのコンサートを聴きに行きました。

本来は音楽大学の学生さんが出演するのですが、直前に手の指を骨折したそうで

ピアニストととして活動している島田彩乃さんが代役で出演しました。

 

ドビュッシーの前奏曲集より、『アナカプリの丘』はかっこよかったなぁ~。

楽譜を見たらぶっ飛びそうですが・・・。

 

今年はシューマンとショパンの生誕200年にあたり、各1曲ずつ選曲され、

ショパンは、スケルツォ 第2番 Op.31でした。

 

この曲は、私が晴れて大学生になり、一旦辞めていたピアノの勉強を

調布で再開した記念すべき1曲目です。

 

ピアニスト島田さんの

「元気の出る曲で午後からの仕事の活力になれば」

という言葉もありました。

仕事への活力どころか、ピアノを再開した頃のことを思い出すことができました。

 

夜は、調布のライブハウス GinzFusionを聴きに。

先に到着していたFusion好き音楽仲間とカンパーイ!

Harigami  

オーケストラピットのようなくぼみでミュージシャンたちが演奏します。

ちょうどkeyboardの手元がよく見える位置に席が確保されていて

つい、手元に目線がいってしまいました。

 

この日は、ピアノつながりでお世話になっている平川象士さんの

39回目のバースデーライブです。

 

ライブ後半で、ギタリスト後藤さんがアコースティックギターに持ち替え、

「次の曲は難しい」

と言いながら、『Happy Birtyday』を弾き始めたのは、とってもおしゃれ~。

 

大きなローソク3本と小さいローソク9本がささった

チョッパー柄のケーキも登場して、温かい雰囲気の中、みんなでお祝いしました。

 

やはりお世話になっている鹿島カッシー達彦さんのベースもしっかり見られたし、

プロミュージシャンたちの迫力あるのに心地よい音楽をたっぷりと楽しみました。

来年は大きなローソク4本ですね。ますますのご活躍を!

 

弾いた気になって筋肉痛になったのは情けない限りですが、

生演奏っていいなーと思った一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

かぼちゃのRezept

ドイツ語教室に通い始めて、丸4年を迎え、

少しずつ、身の回りのことを文章にできるようになりました。

 

最近面白かったのは、ドイツ語で書くRezept(レツェプト=レシピ)。

私は、和食の”かぼちゃの煮つけ”に挑戦しました。

かぼちゃは、キュルビス と発音します。

Img_8530  

例えば、

かぼちゃの皮をところどころむく

という部分では、

die Schale vom Kuerbis stellenweise schaelen

(かぼちゃの皮をところどころ削る)

というふうに訳します。

 

調味料の分量を書くところでは、ドイツ語の料理本から推測して

大さじは、1 Essloeffel(食事用スプーン)=15cc

小さじは、1 Teeloeffel(ティースプーン)=5cc

定義しました。

 

でも、”面取り”だけはどうしても書くことができなくて

すっ飛ばしてしまいました。

煮物では、必ず面取りしないと落ち着かない性格なのですが・・・。

 

やってみるとなかなか興味深い課題です。

でも、料理を5回ぐらいしたような疲労感!?が残ります。

 

・・・というわけで、5年目に突入!

来年の今頃は、どんなことができるようになっているか楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

懐かしい方たちとの同窓会

土曜日のお昼から新宿駅西口で開かれた会に参加しました。

通信業界の正社員として働いていた頃、

会社で大変お世話になった方からのお誘いです。

 

お座敷に三々五々集まる面々。

会のタイトルをつけるとしたら、

新たな旅立ちを応援する会、お子さんたちを紹介してもらう会、

rutoさんを囲む会、専業主婦の近況を聞く会、

若かりしあの頃を懐かしむ会・・・。

幹事さんの人徳もあって、何でもありの楽しい時間の始まり始まり~。

 

私も退職して5年近くなるので、

近況報告がてら、お座敷をぐるぐるぐるぐる回りました。

 

ビールをおいしそうに飲んでいたら、入社2年目頃から知っている後輩に

「お酒、飲むんですか?意外!!!」

と、ベーシックな質問が出たりも。(^^)

そういえば、一緒に飲みに行ったことはなかったなぁ。

 

新入社員の頃、私はビシーーーーーーッとしていたらしく、

冗談の一つも通じないような雰囲気だったそうです。(^^ゞ

あこがれの通信業界に就職できて、張り切っていたのでしょうかねぇ。

 

私のぺたぺた歩く姿を見て、「ペンギン」と名付けた

背の高いキリンさんとも久しぶりに再会しました。

今でも、白いシャツに紺色のカーディガンを着るとペンギンになります。

 

ところで、当時、回線交換とパケット交換のいいとこどりをする

ATM交換の仕事をしていたのですが、

実は今の私の生活は、そのATM交換をヒントに

専業主婦と働く人のいいとこどりを目指しているのです。

困ったことがあると、その頃のことを思い出して解決することも。

 

あれ?こういうことを書くから、冗談が通じないと思われるのかな。(^^ゞ

でも、とても役に立つ考え方なんですよ~。

 

それはさておき、たくさんの方とお会いできた楽しい会でした。

またいつかお目にかかりましょう。

 

Img_8524外に出たら真っ暗!

長時間お世話になりました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

ジェルソミーナと銅メダル

午後のひととき、男子フィギュアスケートをテレビ観戦しました。

すでにニュースで流れている通り、高橋大輔選手が銅メダルを獲得しました。

 

高橋選手が道化風の衣装で登場した瞬間、

映画『道』の世界に入りこんでしまいました。

 

私がこの音楽を知ったのは、

数年前、ピアノを弾いているボランティア先で

映画好きの方にリクエストされたのがきっかけでした。

毎月、リクエスト曲を弾く前に、その方が映画のあらすじをみんなに話し、

その後に私が曲を演奏するコーナーがありました。

 

イタリアの旅芸人、胸に巻かれた鎖をちぎる芸をもつザンパノと

素直な心をもつジェルソミーナの哀しい映画。

 

どんな曲かも知らずに買った「ジェルソミーナ」という楽譜を解読し、

リクエストくださった方たちの前で演奏すると・・・。

 

その方の片手は、もう動かないのでしょう。

自由に動く手で、止まらない涙を拭きながら聴いていました。

 

高橋選手の演技は、4回転ジャンプ(転倒)がどうとかこうとか、

そういう次元のものではなく、スケートという手段

映画の世界観も見事に表現していたと思います。

 

その映画好きな方は、もう何年も姿を見ていません。

もしかすると、空の上から今日の演技を見たら

涙雨が降りそそぐかも・・・。

 

日本の期待を背負ってきた高橋選手、

芸術的な銅メダル、心よりお祝い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

電車内で大玉送り

朝からが降った今日も出勤日でした。

帰りの電車は激混みで、隣の人の荷物が当たっても

身動きがとれないほどです。

 

やっとの思いで座席前のつり革を確保したら

隣の隣の人の前の席が空きました。

その人が座れば、人口密度が減少する~と期待したら、

なぜか座ってくれません。

 

人口密度についてイライラ考えていると

次の駅で多くの乗客と共にその人は降りました。

 

空いた席にはおじいさんが座り、私の中では一件落着

 

・・・と思ったら、その降りた人と連れがホームから訴える目線で、

座っていた席の上方をしきりに指差ししています。

車内は乗ってきた乗客でぎっしりだったので、席にはとても戻れない!

 

しかし、勘のよい乗客が、網棚に載っていた荷物をつかみ、

電車のドア付近でスタンバっている忘れ主に向けて

大玉送りの要領で、私も含めて周囲の乗客がリレーしました。

 

「ありがとーーーーー!」

というお礼の言葉を聞き、一同ほっとした空気が流れて一件落着

 

・・・と思ったら、なんと、忘れ主&連れを乗せて

電車が発車してしまいました。

 

あらーーー。

二人いるのだから、一人が電車のドアが閉まらないように

中途半端な位置に立っていればよいのに~。

 

バツ悪そうに次の駅で降りた二人連れ。

電車に乗り慣れていないのかもしれません。

でも、電車の遅延行為をはたらかず、話題を提供したのは素晴らしい。^_^

 

それにしてもあの忘れ物、紅くて(丸くはなかったけれど)

30年ぶりに”大玉送り”という言葉を思い出させてくれました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

意思確認

今日は3週間ぶりの出勤です。

昼休みは、予約を入れておいた職場近くの歯医者に行きました。

 

歯列矯正を含めて歯科通院歴が長い私、

口を開けて先生の治療を待っていたら

「多少チクチクしますが、麻酔をかけますか?」

と聞かれました。

 

変な見栄だとは思うのだが

ちょっとやそっとの痛みで麻酔をかけるとは、

私の治療経験が泣くぜィ、とばかりに

「あ、かけなくていいです」

と即答。

 

・ちょっとでも痛むなら麻酔をかけてほしい

・麻酔は極力かけないでほしい

と、いろいろな方がいるようです。

どちらにするべきか、悩む人もいそうだし・・・。

 

麻酔をかけなかったおかげで、

治療後に食べたホカホカのお弁当は

普段通りに噛むことができました。

また経験値アップ↑です。(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

魚と日本酒の飲み会

土曜日、ようこ夫が学生時代にスポーツつながりで交流のあった

おねえさまたちとの飲み会に参加しました。

会場は、曙橋駅と四谷三丁目駅の間にある魚のお店、海の宝です。

Kanban

ようこ夫の先輩ご夫婦も一緒に7名での会。

 

看板のイメージ!?とは異なり、

おしゃれな器に盛られた新鮮で厚いお刺身、

焼き物、竹の子の煮物、炊き込みご飯などを堪能しました。

 

それに、飲み会では久しぶりの日本酒~

お酒の好きなようこ夫の先輩が、メニューをじっと見て銘柄を選定します。

Sake  

私は翌日朝からピアノのレッスンがあるのが多少気になりますが、

おちょこがすぐに空になるので、銘柄を変えながら

何度も追加注文してしまいました。(^^ゞ

 

おねえさま方は全員医師で、さすが!の対話上手

どんな話題でもぱっと耳を傾けてくださいました。

病院ボランティアを始めた頃のことについても語れて、とてもうれしかったです。

 

先輩の奥様は、韓国語を長いこと習っていて

語学学習について、いろいろと教えてもらいました。

実はこちらのブログを見てくださっていたそうです。カムサハムニダ!

 

よいお酒の会だったので目覚めもよく、

日曜日朝は、ピアノ教室にて無事レッスンを受けていました。

これを機会に、こちらのブログもどうぞよろしくお願いします。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

忘年会、改め新年会、改め家族の集まり

02昨年末に開こうと思っていた私の実家との忘年会、

諸事情で延び延びになっていましたが、2月に入り、ついに開くことができました。

Img_8490_2  

ようこ父の招待でANAインターコンチネンタルホテル東京にある

中国料理 花梨に5人全員集合~。

 

どことなく和のテイストも入った器と料理でした。

こちらがコースの一部です。(すべて一人分)

 

Img_8492

季節の前菜盛り合わせ

冷製の前菜

 

 

 

 

 

Img_8498

フカヒレの姿煮込み

ショーロンポー添え

 

 

 

 

 

Img_8501お好み伊勢海老料理

(葱生姜)

〆のヌードル

 

 

 

 

おなじみ北京ダックも出てきました。

私が食べ方を勘違いして、お皿の上を散らかしてしまったところ、

ようこ夫とようこ妹がこちらをじーーーーーっと見て

「......間違えた?」

時々2人はタッグを組んで攻めてくるのだ。(^^ゞ

 

昔からようこ母はとにかく食事スピードが速く、

ちらを皿を見やると、必ず空になっている・・・。

 

私など、切り方や味つけについて感想を言って

で記憶しながら箸を動かすので、

めったにないごちそうでは、いつまでも食べ終わらないのです。

 

ようこ父は、接客担当の方とフレンドリーに話していました。

でも、いつの間にか紹興酒のグラスが空になっている・・・。

 

これからはホテルでごちそうという機会もなかなかないと思います。

でも、どちらの実家についても、集まれるうちに集まっておきたいという点では

ようこ夫も私も同じ気持ちでいます。

 

また、みんな揃って楽しい時間が過ごせますように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

朝食レポート 2010年1月下旬~2月上旬分

光陰矢のごとし。あっという間に2月も10日が過ぎました。

1月下旬から2月上旬の朝食をアップします。

この期間、仕事は長い休みに入っています。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●1/25(月)

ドイツ語教室。

Img_8337 

 

 

 

 

 

・寒ぶりの蔵みそ漬け(京都 一の傳よりお取り寄せ)
・きゅうりのぬか漬け
・納豆、玉ねぎ*
・ご飯
・まいたけ、ほうれん草のみそ汁
・いちご*
・きらら玄米茶

 

昨年末、京都へ行った際にタイミングが合わず買えなかった寒ぶり

ネットで取り寄せました。

お店のように上手には焼けませんが、脂ののった寒ぶりを堪能しました。

 

きゅうりのぬか漬けはよい漬かり具合。

こればかりは時の運なので、よい味だととてもうれしくなります。

 

●1/26(火)

健康診断。

Img_8341 

 

 

 

 

 

・小牧のかまぼこ
・里芋、こんにゃくの田楽
・ほうれんそうとゴマのおひたし
・みかん
・知覧 ゆたかみどり

 

午後から健康診断のため、朝食を軽くしました。

ようこ夫はこの献立+ご飯 です。

田楽味噌は自分で作りました。

健康診断が終わったら、脂っこいものを食べたーーい。

 

●1/27(水)

休み。

Img_8349

・ジョアンのコーンパン、ミニウインナークロワッサン*
・かぼちゃのたいたん*
・まいたけと玉ねぎのコンソメスープ
・豆腐としいたけのみそ汁
・オレンジジュース
・紅茶

 

前日、たまたまパン屋さんの前を通ったら、

焼き立てコーンパン販売時間でした。

電子レンジで温めると、コーンの甘みがして朝食にもぴったり!

 

かぼちゃは和食ですが、意外と合いました。

 

●2/1(月)

ランチにお出かけ。

Img_8352

・蒸し鶏 (ゴマだれで)
・万願寺唐辛子 自家製味噌のせ*
・納豆、ほうれんそう*
・ご飯
・しめじとねぎのみそ汁
・ブルーベリー、ヨーグルト
・ミネラルウォーター

 

玄米茶を淹れようと思って、ピーピー音のなるやかんを持ち上げると

軽くてドッキリ。

どうやら、空だきをしてしまったようです。あぶないあぶない。>_<

というわけで、飲み物は水になりました・・・。

 

●2/1(月)

ドイツ語教室、病院ボランティア。

Img_8370

・ぶり大根
・納豆、かつおぶし*
・ご飯
・キャベツとえのきだけのみそ汁
・ブルーベリー、ヨーグルト
・柚子茶

 

生協で買った”雪下キャベツ”を使ってみそ汁にしました。

厚手の立派な葉っぱです。

 

●2/2(火)

休憩。

Img_8374

・キャベツと貝柱のくず煮
・大根のぬか漬け*
・ご飯
・シークレット*
・きらら玄米茶

 

キャベツと缶詰の貝柱、えのきだけを水と酒で煮たスープです。

しょうがも入っていて体の中からぽかぽかしてきました。

 

久しぶりに登場のルービックくん

Img_8378  

ありそうでなかった、フルーツが入っていました~。

キウイの色と合うかなー、とふと思いついたもので。(^^)

 

●2/3(水)

節分。落語を聴きに行く。

Img_8380

・鮭(辛塩)*
・キャベツと海苔の和え物*
・ぶり大根の大根*
・ご飯
・まいたけと白髪ねぎのみそ汁
・キウイ、ヨーグルト
・知覧 ゆたかみどり

 

キャベツはさっとゆでています。ごま油と相性のよい一品。

大根に煮汁がよくしみこんでいて、おいしかったです。

 

●2/4(木)

休憩。

Img_8391

・小酔うどん(玉ねぎ、まいたけ、卵入り)
・節分の豆*
・いちご*
・きらら玄米茶

 

この日の朝は、体が温まりそうなうどんにしました。

関西風のだしも本を見ながら作りました。

玉ねぎがさくさくして、うどんによく合います。

 

●2/8(月)

ドイツ語教室。

前の週の運動不足を取り戻すため、ジムで50分ほど早歩き。

Img_8473

・えびの土佐酢づけ
・小松菜と厚揚げの煮びたし(冷)
・ご飯
・里芋、しいたけ、ねぎのみそ汁
・いちご
・柚子茶

 

えびが食べたくなり、家で土佐酢を作って前日から漬けておきました。

甘酢系の味です。

いちごが旬のうちに味わっておきたいと思っています。

 

●2/9(火)

休み。

Img_8482

・しらすご飯、海苔
・小松菜と厚揚げの煮びたし(温)
・シークレット*
・しじみのみそ汁
・いちご*
・知覧 ゆたかみどり

 

オーストリアの器を使いました。

こうした汁物に対する深さがちょうどよいです。

海苔をたくさん食べようと思ったら、一人1枚ずつしかなかった!

 

本日のシークレットはこちら。

Img_8484

キャベツのおひたしでした~。

少量のお湯で蒸したキャベツをごま油とぽん酢で軽く味付け。

キャベツの甘みが口に広がりました。

 

●2/10(水)

ジムで久しぶりの筋トレと早歩き30分。

腹筋はどこへ行ってしまったのでしょうか・・・。(^^ゞ

Img_8489

・豚肉、しめじ、キャベツの蒸し物 (ゴマだれで)
・ご飯
・しじみと豆腐のみそ汁
・ブルーベリー
・柚子茶

 

蒸し物に初めてしゃぶしゃぶ用の薄い豚肉を使ったところ、食感が◎。

蒸す前に酒をもみこんでおきました。

キャベツも蒸すのに時間がかかりましたが、甘ーーい。(^^)

 

みそ汁は、前日のものに豆腐を加えました。

かさも増して、味わいもまろやかになりました。

 

ヨーグルトを買い忘れてしまったため、デザートはブルーベリーのみです。

 

これにて私の長い休みもおしまい。

仕事のある日の朝食準備は、一層ばたばたしそうです。

私の方が出発が早いので、少し早めに起きようかなぁと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

ラジオからトヨータ

最近、PCを立ち上げている間に

ドイツ語のラジオを聴くようにしています。

 

全体的にさっぱり分からないながらも、

少しだけ聴き取れるようになってきました。

 

まず耳が認識できるのが、数字です。

ただ、桁数が増えてくると、?????

 

続いて、国名が聴けるようになりました。

ウーエスアーだっらたら、アメリカ合衆国といった風に。

国名とともに、ブンデスカンツラリンという言葉が出てくることが多いので

おそらくドイツ首相の動向について流れているのでしょう。

 

その次は、天気予報。

内容からして、雪模様のような気がします。

 

そんな中、ここ数日は「トヨータ」というニュースも出てきました。

Japan(ヤーパン)やプリウス(発音はそのまま)、レクスス、

車の台数と思われる大きな数字などが読み上げられます。

そして、ABS(アーベーエス)というキーワードも登場。

 

トヨタ車が海外でも使われていることを耳で実感しました。

 

それにしても、ドイツのラジオが家にいながらにして聴けるとは!

今さらですが、通信とPCの発展ぶりに驚いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

シャーレを買いました

突然ですが、シャーレという言葉を覚えているでしょうか?

 

シャーレ=”理科の実験室にある丸い囲いのある皿”だと思っていましたが

食事に使う小さい皿もSchaleということを知りました。

 

私は、先日行った東京ドームでのテーブルウェアの展示会の際、

たくさん出店されていた中、オーストリアのグムンデン陶器を購入。

 

その話を月曜恒例のドイツ語教室で話すため、

「Ich habe zwei Schalen gekauft.」(私は2つの皿を買いました)

と切り出しました。

 

とっさに思いついた説明はグダグダでお恥ずかしい限り・・・。>_<

でも、その買い物はちょっと面白い体験となりました。

 

展示会の見学最後にお店を見て歩いていたら、

たまたまグムンデンのお店にたどり着いたので

近づいていくと、あらら、オーストリア人女性が店番中。

 

もしかすると、ドイツ語を話すチャンス?????

 

「グリュース ゴット」(こんにちは)と挨拶して

陶器を見ながら、ドイツ語を話すチャンスをうかがいます。

 

その女性がペラペラの日本語で話しかけてきたので

「私は少しドイツ語を話します」

と、ドイツ語で言ってみました。

 

こちらがどのぐらい話せるか分からなかったのでしょう。

最初は日本語:ドイツ語=10:0だったのが

だんだんドイツ語の割合が増えていきます。

 

結局、ドイツ語を話せた喜びで、2つも買ってしまいました。(^^ゞ

Img_84772  

黄色い方は、

「ゲルプ(gelb=黄色)はヒュップシュ(huebsch=かわいい)ですね」

などと言いながらの買い物となりました。

 

これからは、おひたしにも合いそうなオーストリアの陶器を

楽しんで活用していきたいと思います。(^^)

ドイツ語もがんばります~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

東京ドームにテーブルウェアが大集合

電車の車内広告で見て気になっていた東京ドームでのイベント、

テーブルウェア・フェスティバル2010

に一人で出かけました。

 

野球をするエリアにたくさんの展示があります。

なんだか不思議な感じです。

Img_8466  

このイベントでは、三脚・一脚を使わなければ

写真撮影自由なんですよ~。

  

いくつかの企画のうち、まずは地元産業の展示からどうぞ。(^^)

 

秋田のわっぱは、とても軽かったです。

Img_8399

 

越前の漆。

Img_8401

 

津軽の編み組。リスが出てきそう?

Img_8406

 

続いて、第18回テーブルウェア大賞 ~優しい食空間コンテスト~の作品です。

ドラマのセットのようなテーブルがたくさん並んでいました。

テーマは、「我が家のハレの日」だそうです。

 

長野の方の「おんばしら祭に」は、品のよさがうかがえます。

大賞・経済産業大臣賞受賞作。

Img_8412  

 

「新緑のNatural Lunch」は人気が高く、カメラを向ける方多数。

Img_8420  

 

こちらは、「おしゃべりティータイム」というテーマです。

「秋のほっこりカフェ」

Img_8418

 

最優秀奨励賞受賞の「十五夜のアフタヌーン・ティー」

Img_8429_2

 

こちらのコーナーは、著名人のテーブルセッティングです。

 

料理学校の江上栄子さんのテーブルセッティングは

ナチュラル系で、家に1セット欲しくなりました。

Img_8433

 

写真撮影の人だかりがあったのはこちらのテーブル。

黒柳徹子さんです。

Img_8435

 

テーブルコーディネーターのクニエダヤスエさんは赤でまとめていました。

右奥には、交換用のお皿テーブルもあるのです!

Img_8438  

 

最後に、世界の器たちです。花にご注目~。

ハンガリーのヘレンド。

Img_8443  

きれい~。でも、ドレスを着て座らないといけないかな?

 

オーストリアのアウガルテン。

Img_8446  

上品だなぁ・・・。

 

フランスのカンペールは、東京オペラシティにお店があり、

いつもお店の外から器をのぞいていました。

Img_8449

 

こちらもオーストリアより、グムンドナー。

くっきり系ですねぇ。緑色のしましまカップを見たことがあります。

Img_8452  

 

ベトナム、ミンロンの器もエキゾチックでした。

これまで、器と食欲は特に結びつかなかったものの、

この展示の前ではフォーを食べたくなりました。

Img_8461 

  

日本からは京都の陶好堂より。

スタイリッシュな和、といえばいいでしょうか。

Img_8459 

 

広くてとにかく歩き回ること以外は、ドームにいることを忘れる空間でした。

展示を取り囲むように出展されているお店もぐるっと回り、

目のよい保養となりました。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

『2月上席』(2010.2.3 国立演芸場)

節分の2月3日、ようこ母を誘って

国立演芸場の『2月上席』公演を観に行きました。

終演後に豆まきもあるそうです。(^^)

 

Img_8382

白い壁は最高裁

 

 

 

 

 

 

Img_8387

入口で豆のプレゼント♪

 

 

 

獅子舞の箱を配っているのかと思いました。(^^ゞ

 

約3時間の公演。

トリは「笑点」に出演中の三遊亭小遊三師匠です。

実は初・小遊三な私、とても楽しみにしていました。

 

本編は次の通りです。

 

■雷門花助 『辻占』

現代の婚活サギを予兆させるような噺とも思えます。

 

■新山ひでや・やすこ

ほんわか系の漫才。気楽に笑えます。

 

■三遊亭遊馬 『谷風の人情相撲』

時事ネタを織り込みつつ、強い横綱と弱い力士の取り組みの噺へ。

タイムリーな熱演でした。

 

■東京ボーイズ

歌謡漫談。別々の歌を同時に歌ったりも。

持ち歌の数はかなりのものと思われます。

 

■三遊亭圓雀 『浮世床』?

男同士のおしゃべりが中心でありながら、頭に情景を思い浮かべやすい夢系の噺。

サゲは現実的で笑ってしまいます。

 

お仲入り~。

暖かい空調だったので、売店で缶ビールを買ってしまいました。

 

■三遊亭遊史郎 『六尺棒』

いつもお世話になっている遊史郎師匠の一席です。

道楽息子と、その息子をこらしめようとする父親のドタバタ。

父と子の役割が交代する場面は、何度聴いても可笑しいですねぇ。

 

■桂歌助 『?』

歌丸師匠のお弟子さんだそうです。

申し訳ありません。>_<

どんな噺だったか、キーワードが思い出せません・・・。

追記:落語のあと、奴さんの踊りを披露しました。

折り紙の奴さんみたいだなーと興味をもって観ていたから!?

落語のことが頭から出ていったのかも・・・。

 

■鏡味正二郎

傘に湯のみを乗せて回したりする曲芸。

目の前で見ると、信じがたいけれど、現実でした。すごーい。

 

■三遊亭小遊三 『粗忽の釘』

あらすじを超短く言うと

「ほうきをつるすため、長屋の壁に長い釘を打ったら隣の家に飛び出してしまった」

という、ほうきユーザーの私にはうれしさ倍増の落語。

 

要領を得ないあわて者のキャラクターが立っていて、ずっと笑いっぱなし。

小遊三師匠はテレビで見るよりもずっと貫禄があるな、と思いました。

 

この後、出演者が舞台にそろって

「ふくはーーーうち!」

の掛け声とともに、袋入りの豆を客席にまきました。

 

客席のフットワークの良さに負けそうになりつつ、

なんとか、親子2人分の豆をゲット。笑いのある節分となりました。

福のおすそわけがありますように~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

新理事の部屋

昨日、ちょっとした野次馬の気持ちもあって

テレビでおなじみのこちらに行ってみました。

Takanohanabeya

 

 

 

 

 

 

 

報道陣にコメントを求められたらどうしよう・・・などと思いながら

午後一に到着すると、もう取材は終わっていたようで

誰もいませんでした。

相撲は朝早いからねぇ。

 

日本相撲協会に理事選挙があることすら知らなかった私、

今回の定員オーバーの立候補&選挙騒動で

多少関心をもつようになりました。

 

貴乃花親方には、

「長い伝統の中、想像以上の困難があると思いますが

まっすぐな気持ちでがんばってください」

・・・という気持ちです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

雪やこんこ

ドイツ語教室と病院でのピアノボランティアを終えて帰宅し、

遅ればせながら、カレンダーをペリペリとめくりました。

もう2月ですねぇ。

 

先ほど、外があまりにも静かだったので、窓の外を見たら

東京にも雪が降り始めていました。

Img_8372_2

 

ドイツ語で「雪」をSchnee(シュネー)といいます。

Es schneit.(エス シュナイト)で、「雪が降っている」。

 

すこしの雪は、空気に湿気を与えてくれますが

今後、交通機関が乱れないことを願っています・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »