« 荻窪のライブハウスへ | トップページ | はためく国旗から~きれいだなぁ~ »

2009年12月15日 (火)

勘と缶

月曜日は、私にとって年内最後のドイツ語教室でした。

今年も勤勉なクラスメートたちと一緒にたくさんの表現を習い、

一週間を緊張感をもって始めることができました。

 

今回の授業では、先生のがピタリと当たる場面があったので

"Sie haben ein gutes Gespuer."

と言ってみたら通じました。(^^)

直訳すると、「あなたは、よい勘を持っている」となります。

 

ジュースのと同じ発音かどうかを先生に聞かれ、

缶は”か”にアクセント、勘は”ん”・・・と答えました。

 

缶と勘のアクセントについて考えたのは生まれて初めてかも!?

 

そういえば、ドイツ語の助動詞にも”缶”という発音があります。

Ich kann Klavier spielen.(私はピアノを弾くことができます)

発音は、イッヒ  クラヴィーア シュピーレン。

 

缶を紫色にしたのは、ファンタグレープが好きだからです。

来年も勉強を続けて、いろいろ話せるようになりたいです。(^-^)

|

« 荻窪のライブハウスへ | トップページ | はためく国旗から~きれいだなぁ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/47025301

この記事へのトラックバック一覧です: 勘と缶:

« 荻窪のライブハウスへ | トップページ | はためく国旗から~きれいだなぁ~ »