« ホテルのイタリアンランチ | トップページ | 『グレイ・ガーデンズ』(2009.11.26ソワレ シアタークリエ) »

2009年11月24日 (火)

秋の終わりに・・・『秋桜』

今日は月に一度行っている会場でピアノを弾く日でした。

実は私の頭の中は、がぐるんぐるん回っているのですが

季節を秋に戻して、『秋桜』(コスモス)を演奏曲目の一つに入れました。

 

私は山口百恵さんが歌ったのをリアルタイム(1977年頃)では知らず、

会場にいる高齢の方たちも、おそらく曲を知らないだろうと思いつつ・・・。

 

たしかに、曲をご存じない方が多いようでしたが、

山口百恵さんや作詞作曲をしたさだまさしさんの名前を出すと

「あぁー!」とうなずく人もいました。

 

ピアノで寂しげに弾かれたメロディは、

今日のような曇った寒い午後に合うようでもあり、

曲が終わる頃には、多くの方が20代に戻ったように目をキラキラさせて

口々に感想を言っていました。

 

まもなく冬がやってきます。

しかし、今度は私の中で『秋桜』がエンドレスで流れるようになり、

クリスマスソングに戻らなくなってしまいました・・・。

|

« ホテルのイタリアンランチ | トップページ | 『グレイ・ガーデンズ』(2009.11.26ソワレ シアタークリエ) »

コメント

実はこの「秋桜」、私の親友が、結婚式で歌ってくれたのです。
(結婚した季節は真冬の2月だったのですが・・・)
それを聞いた”花嫁の母@私の母(昭和20年生まれ)”は号泣!
花嫁だった私も思わず感極まり・・・というよりも
あまりの母の号泣っぷりに、思わず笑ってしまいました(*≧m≦*)

名曲ですよね。この歌を聴くと、今でも結婚式を思い出します。
きっと、ようこさんの今日の演奏で、皆様も記憶をたどったのかもしれませんね。
音楽の持っているそういう力、素敵だなあと思います。

投稿: ぶち | 2009年11月24日 (火) 22:32

秋桜は音域が狭いので演奏に苦労したのではないかと思います。77年頃と言えば沢田研二とピンクレディーぐらいしか覚えていません。歌詞を調べてみましたが、一つ一つの言葉を大事に使っているように思いました。

投稿: ギドスパリオ | 2009年11月25日 (水) 00:38

>ぶちさん
そうですか、結婚式で歌ってもらえたのですね。
母が登場するこの歌、お母様の世代的にもぴったりの選曲ですよねー。

演奏の前に、「嫁ぐ前の日の・・・」などと説明を入れました。
ピアノだけのインストゥルメンタルでも
そういう歌の心が伝わっていればいいなぁと思います。

>ギドスパリオさん
なるほど、そういう時代でしたか!
実は私の歌謡番組デビューは1983年のアルフィーからなのです。

『秋桜』は突飛な言葉を使っているわけではないのに、
情景が浮かぶ歌詞だと思いました。
音域が狭くて語るような感じがシャンソン風だったので
メロディとコードが出た楽譜を見ながら、そういったアレンジで演奏しました。

投稿: ようこ | 2009年11月25日 (水) 23:00

懐かしのメロディを扱うtv番組で
初めて聴いた時、ちょっと寂しげだけれど
とてもきれいな曲だなぁ~と思いました。
 
そろそろ、
クリスマスソングに戻ったかな?(笑)

投稿: うさちゃん | 2009年11月28日 (土) 21:40

>うさちゃん
そうかぁ、tvでも取り上げられるんだねぇ。
テレビのCMや街のxmasなどのおかげで
やっと頭はクリスマスソングに戻ってきたよ。(笑)

投稿: ようこ | 2009年11月29日 (日) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/46848871

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の終わりに・・・『秋桜』:

« ホテルのイタリアンランチ | トップページ | 『グレイ・ガーデンズ』(2009.11.26ソワレ シアタークリエ) »