« あの素晴しい楽譜を読んだ頃 | トップページ | オーストリアな午後 »

2009年10月19日 (月)

日本語の勉強のようです

月曜日の朝、ドイツ語教室に行くと

朝一番の頭の体操として、独作文をしました。

 

数種類の接続詞を使った文章を作るもので

とっさに適切な日本語が浮かんできません。

 

例えば、こういった接続詞についてです。いかがでしょう?

もちろん、過去形でもOK。

 

1: ~なので、△△する。

2: ~にもかかわらず、△△する。

3: ~する間に、△△する。

 

 

 

さて、こちらが私の書いた答えです。

 

1: 私はデザインが気に入った ので私はこのカバンを買いました

Ich habe die Tasche gekauft, weil das Design mir gefaellt.

  

2: 私は病気だったにもかかわらず私は泳ぎました

Obwohl ich krank war, bin ich geschwommen. 

 

3: 私は朝食を食べる間に私は洗濯物を洗います

Ich wasche die Waesche, waehrend ich fruehstuecke.

 

あまり使わない頭のどこかがほぐれたような気がします。

来週はもっと大変そうですが、日本語の勉強にもなるのでがんばりまーす。

|

« あの素晴しい楽譜を読んだ頃 | トップページ | オーストリアな午後 »

コメント

学生の頃このような独作文はよくやりました。
外国語が専門ではないのに、たまたま厳しい先生たちだったのでハードでしたね。4人の先生に習いました。若い頃、面倒くさいのは別として、まだ頭が柔軟だったのでそれほど苦労しませんでしたが、私の場合、今ではもう駄目でしょう。

投稿: ギドスパリオ | 2009年10月19日 (月) 22:25

>ギドスパリオさん
学生の頃にこういったことを習ったとは、うらやましい授業です。
まぁ、こういう訓練はピアノのアレンジの発想にも役立つはずなので
柔軟さの衰退にがっかりせず、続けようと思います。(^^;

投稿: ようこ | 2009年10月20日 (火) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/46530012

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の勉強のようです:

« あの素晴しい楽譜を読んだ頃 | トップページ | オーストリアな午後 »