« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

朝食レポート 2009年10月中旬~10月下旬分

気がつけば、もう10月もおしまいなのですね~。

10月中旬から10月下旬の朝食を3週間分まとめてアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●10/13(火)

しごと。

Img_7818 

 

 

 

 

 

・鶏つくね
・きゅうりのぬか漬け
・いんげんのすりゴマ和え
・ご飯
・さつまいものみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・本山茶

 

前日に鶏つくね鍋をし、そのつくねとスープを取っておきました。

一晩寝かせたら、味にコクが出たかもしれない・・・?

久しぶりにさつまいもをみそ汁にしました。

濃いぃ仙台味噌で、さつまいもの甘さが引き立ちます。

 

●10/14(水)

しごと。

Img_7823

 

 

 

 

 

 

・焼き鮭、まいたけのホイル包み焼き
・シークレット*
・ご飯
・豆腐とねぎのみそ汁
・柿*
・きらら玄米茶

 

豆腐とねぎが新しい味噌によく合いました。

 

シークレットはこちら。

Img_7825

 

 

 

 

 

朝からシャキン!と、わかめときゅうりの酢の物です。

食べているうちに、乾燥わかめが増大してきましたよー。

 

●10/15(木)

しごと。朝からさわやかな空模様。

Img_7828 

 

 

 

 

 

・豚肉のしょうが焼き、玉ねぎ
・ふかしさつまいも
・黒米入りご飯
・まいたけ、ニンジン、さやいんげんのスープ
・リンゴジュース
・嬉野 玉緑茶

 

朝作ったスープの味が濃い???

もしかすると、鶏ガラスープの素の量を間違えたかもしれません。>_<

電子レンジでふかしたさつまいもの甘みがおいしい秋。

 

●10/19(月)

ドイツ語教室。

Img_7836 

 

 

 

 

 

・えぼ鯛の塩焼き、ミニトマト
・納豆、ねぎ*
・きゅうりのぬか漬け
・ご飯
・春菊、しめじのみそ汁
・オレンジ
・本山茶

 

えぼ鯛の身がたっぷりで、おいしかったです。

 

今日のぬか漬けはうまくいきました。

いつもこうだとよいのですが、コツがよく分かりません。(^^ゞ

 

●10/20(火)

休み。

Img_7841 

 

 

 

 

 

・納豆、ちりめんじゃこ、ねぎ*
・かぼちゃのたいたん
・黒米入りご飯
・ミニトマト、卵の自家製スープ
・オレンジ、ヨーグルト
・嬉野 玉緑茶

 

ふと思い立って料理したかぼちゃのたいたん(煮物)。

1切れだけでも、ホクホクして元気が出ます。

 

いつもだしをとっているかつお節を切らしてしまったので

鶏ささみのスープに挑戦!

Img_7838 

 

 

 

 

 

平松洋子さんのエッセイ『おいしい日常』を解読し、

材料は、鶏ささみ、しょうが、ねぎの青い部分、水、

仕上げに酒と塩を少々使いました。

 

シンプルな薄味で、体の中に滋味が広がります。(^^)

 

●10/21(水)

しごと。

Img_7857 

 

 

 

 

 

・えぼ鯛、ニンジン、キャベツ、まいたけの蒸し物*
・ご飯
・きゅうりとねぎの自家製スープ
・いちごジャム、ヨーグルト
・きらら玄米茶

 

蒸し物をセイロで作りたかったのですが、

魚が少し大きかったので電子レンジを使いました。

 

スープは昨日同様、鶏ささみからとったもの。

かなりの薄味ですが、濃い味に慣れてしまわないよう

たまにはこのぐらいでもいいかもしれません。

 

●10/22(木)

しごと。

Img_7858 

 

 

 

 

 

・ささみの梅和え、ミニトマト
・かぼちゃのたいたん
・生ゆば(フルール・ド・セルを数粒のせて)
・ご飯
・あさりのみそ汁
・バナナ、ヨーグルト
・加賀 金箔茶

 

かつお節を買い忘れて数日。

今日はあさりのみそ汁にしました。

濃い仙台みそとあさりのだしがぴったりで、また作りたくなる味です。

 

残り一個だった梅干しを包丁でたたき、

みりんでのばしてしょうがと一緒に蒸したささみを和えました。

朝からキクーーー。>_<

 

金箔がきらきらするお茶を買いました。

急須に葉を入れるとき、がひらひらと舞うんですよ~。

 

●10/26(月)

ドイツ語教室。

授業の後、かなり久しぶりにクラスメート3人でパスタを食べに行きました。

Img_7872 

 

 

 

 

 

・めだまやき、ルッコラの炒めもの
・しいたけご飯
・じゃがいもとわかめのみそ汁
・柿
・嬉野 玉緑茶

 

生協の新鮮な玉子でめだまやきを作りました。

前日作ったしいたけご飯は、いい感じに味がしみこんでいます。

 

●10/27(火)

しごと。

Img_7876

 

 

 

 

 

 

・子もちがれいの煮もの、ルッコラ
・ふかしさつまいも
・しいたけご飯
・なめこと豆腐のみそ汁
・柿、ヨーグルト
・加賀 金箔茶

 

久々にかれいを煮つけました。

 

●10/28(水)

しごと。

Img_7884 

 

 

 

 

 

・自家製ゆで豚丼、ぽん酢がけ
・トマト
・スープ(セロリ、ねぎ、じゃがいも、キャベツ)
・きらら 玄米茶

 

月曜日のランチでゆで豚の話題になり、

どーーーしても食べたくて早速作りました。

しょうが、にんにく、ねぎ、セロリと一緒にゆっくりと煮込みます。

 

この豚肉をゆでた汁に、具と塩コショウ少々加えてスープにしました。

薄味ですが、セロリがすごくおいしかったです。

 

ようこ夫は前日に飲み会があったため、ご飯少量といいつつ、

ゆで豚は多めにというリクエストでした・・・。

 

●10/29(木)

しごと。

Img_7887

 

 

 

 

 

 

・じゃこ炒飯
・ゆで豚、ねぎのせ
・ほうれんそう、一本気豆腐(by 男前豆腐)、かつおぶしのせ
・トマト
・加賀 金箔茶

 

お茶の金箔は見えますかねぇ?

 

朝から中華鍋で炒飯を作りました。(^^ゞ

じゃこのほのかな塩気があっさりした味になり、朝食としても十分OKでした。

 

豚肉にねぎを追加しました。風味がぐっとよくなります。

トマトはフルーツ代わりに。

 

11月はほとんど毎日予定が入っています。

朝食をしっかり摂って、体力をつけたいと思います。(^^)v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

はためく国旗から~大好きなうさぎの故郷~

仕事先の最寄り駅を出ると、雨が続いた後の青空

国旗が迎えてくれました。

Holland_3 

 

 

 

 

 

 

どこの国か分かりますか?

首を右に45度傾けたほうがよいかもしれません。

 

ヒントです。

 

風車、

ゴッホ、

ナインチェ、

チューリップ。

 

 

答えは・・・、

オランダ王国

日蘭通商400年でもある2009年、オランダ王国の首相が来日したとのことです。

 

我が家では、2003年にオランダのザーンセ・スカンスでお土産に買った

手の大きさほどの木靴を飾っています。

Img_7880

 

 

 

 

 

 

ナインチェ こと ミッフィーが旗を持っています。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

週末お出かけ報告

雨が降ったりやんだりの土日でしたが、あちこち出かけました。

 

☆土曜日午後

ようこ夫とホームセンターで買い物。

ゴミ箱、座布団、テーブルクロス、洗濯物を干すピンチハンガー、

アクを取る網、せっけん箱、何でも揃うんですねぇ~。

 

☆土曜日夜

ピアノ教室飲み会に参加。

久しぶりにヒューガルテン(ベルギービール)を飲む。

 

話題豊富なみなさんに

カップヌードルがどこのメーカーから出ているのか」

を教えてもらいました。

時々無性に食べたくなるんだよねー。

 

☆日曜日朝

ピアノのレッスン。

楽しいアレンジを勉強中です♪

 

☆日曜日午後

ようこ夫と一緒に、西新宿 芸能花伝舎で開かれた芸協らくごまつりへ。

落語などが聴けるだけでなく、学園祭風の屋台では、

落語家さんたちから直接売ってもらえたりするお得なイベントです。

 

楽ぴーでお世話になっている三遊亭遊史郎師匠は、

ビールとお茶コーナーの店員さんになっていました。

 

名物”しぞーかおでん”を食べてから、 

ファミリー寄席という子供向けのコーナーで、遊史郎師匠の

親子の会話が可笑しい『真田小僧』を聴きました。

 

Oden

温まる~(^^)

 

 

 

 

 

以上、週末のお出かけ報告でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

新しいゴミ箱

12年ぶりに台所のゴミ箱を買い換えました。

 

干支が一回りする間に時代も移り変わり、

ゴミの分別が複雑になってきています。

その結果、我が家はビン、カン、ペットボトル用の紙袋だらけに・・・。

 

さすがにそろそろイマドキの物を買おうということになり、

こちらを選びました。

Img_7863

3段式

 

 

 

 

 

 

 

1段に2種類のゴミを入れることもできます。

Img_7869 

 

 

 

 

 

 

何を捨てる場所か分かるように、マークもついていました。

Img_7864

マークだから

もえるごみ?

 

 

 

 

Img_7865

カン

 

 

 

 

 

それにしても、私が一番驚いたのは、ゴミ箱の薄さです。

12年前のゴミ箱は新聞紙の幅ぐらいありましたが

今日買った物はその6割程度。

 

台所がずいぶんとすっきりしました。(^^)

買ったときのように清潔な状態で使いたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

『THE ALFEE 35th Anniversary 2009 My Truth』(2009.10.22 東京国際フォーラム・ホールA)

10月22日木曜日、朝から仕事だった私は、ソワソワソワソワ

それもそのはず、夜はTHE ALFEEのコンサートに参加できるからです。*^^*

ころぼっくるさん、いつもお誘いありがとうございます。

 

ちょうど、秋のコンサートツアーが始まって数本目、

またしても、私の勤務日は関東、土日は遠く、というスケジュールになっており、

仕事帰りに唯一間に合うのが、今回の有楽町の東京国際フォーラムです。

 

仕事終了から開演まで30分。

せっかく行くからには、最も短時間で行けそうなタクシーを利用することにして

昼休みには、乗り場の位置を確認したり、

そこに行くまでの信号の待ち時間を計ったりしていました。

 

その甲斐あって、開演5分前にどうにか席に座れました。

ころぼっくるさんを待っているうちに、THE ALFEEがステージに登場!

以下、これからツアーに参加する方もいらっしゃるので、ネタバレなしで。

 

おぉ、あの曲がもう出てきたか!

あー、この曲は出だしの一小節でファン初期の頃を思い出すなぁ。

 

・・・などと曲を聴いているうちに、

私の背中にしょっていた重い鉄板が取り外されたよう。

むしろ、天使の白い羽がくっついたように、体が軽くなっていきます。(^^)

 

ころぼっくるさんが到着したあたりから、秋らしい曲へと移ります。

 

MCでは、いつもは桜井さんのトークの間の悪さ!?に笑っていたのが、

今回は内容自体が面白くて、心の底から大笑い。

タカミーも、いたずらっ子のようにはしゃいでいたように見えて

覚えておこーーーーー、と耳も目もしっかりとタカミーに注目してきました!!

 

坂崎さんをはさんだ3人のハーモニーのシャワーをたっぷりと味わい、 

ドラマチックな曲も聴けて、アルフィーらしい秋のコンサートで大満足しました。

 

次は12月の日本武道館に行く予定です。

これから参加される方、楽しんできてくださーい!

 

☆ツアー初参加の私はそれと気づきませんでしたが、
 ラストにサプライズが仕込まれていたようです。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

オーストリアな午後

火曜日はたまたま仕事が休みのため、

前売券を買ってある六本木の国立新美術館での展覧会に行く予定でした。

 

しかーーーし、前日夜遅く、火曜日休館ということが判明。

あらーーー、月曜日休館じゃないのか!

 

というわけで、予定変更。

渋谷のたばこと塩の博物館に出かけます。

 

Img_7851

やすらぎの

オーストリア

 

 

 

 

 

 

 

今年は”日本オーストリア交流年2009”にあたり、

国立新美術館をはじめ、いろいろなイベントが企画されています。

 

ここの博物館では、おもにカフェや喫煙具にまつわる

珍しそうな物が展示されており、

都会的でおしゃれな品々を一つ一つ見学しました。

 

そして、入場料300円だけで映画も観られました。

どうやら、この映画上映が人気のようで、整理券が配られ、

開始直前には配布終了となっていたようです。

 

今日は1955年の『プリンセス・シシー』。(主演:ロミー・シュナイダー)

エリザベートの幼少時代から結婚までの部分です。

もちろん、オーストリアのドイツ語も耳をダンボにして聞きました!

 

休館日の勘違いで予定変更となりましたが、

思いがけず、有意義な午後となりました。(^^)

 

Img_7854

記念切手も

出ています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

日本語の勉強のようです

月曜日の朝、ドイツ語教室に行くと

朝一番の頭の体操として、独作文をしました。

 

数種類の接続詞を使った文章を作るもので

とっさに適切な日本語が浮かんできません。

 

例えば、こういった接続詞についてです。いかがでしょう?

もちろん、過去形でもOK。

 

1: ~なので、△△する。

2: ~にもかかわらず、△△する。

3: ~する間に、△△する。

 

 

 

さて、こちらが私の書いた答えです。

 

1: 私はデザインが気に入った ので私はこのカバンを買いました

Ich habe die Tasche gekauft, weil das Design mir gefaellt.

  

2: 私は病気だったにもかかわらず私は泳ぎました

Obwohl ich krank war, bin ich geschwommen. 

 

3: 私は朝食を食べる間に私は洗濯物を洗います

Ich wasche die Waesche, waehrend ich fruehstuecke.

 

あまり使わない頭のどこかがほぐれたような気がします。

来週はもっと大変そうですが、日本語の勉強にもなるのでがんばりまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

あの素晴しい楽譜を読んだ頃

今日は、毎月行っている会場でピアノ演奏会です。

いろいろな秋を集めた曲を選びました。

 

いろりばたで栗の実を煮る『里の秋』は、食欲の秋、

芸術の秋には、『展覧会の絵』を。

さらに、シャンソンの『枯葉』でフランスのおしゃれな石畳にワープ!

  

大学から教員免許取得の一環で来ていた実習生とも話ができ、

有意義な土曜日の午後となりました。

 

そして、帰宅してニュースを知り、驚きました・・・。

   

中学生の頃、『あの素晴しい愛をもう一度』

親しみやすいメロディーラインときれいなコード進行、

”広い荒野”が目の前に広がるような転調など、

まるで文学少女が小説を読むように

楽譜を熟読したのを静かに思い出しているところです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

Img_7831

私物の楽譜より

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

機種変更するべきか・・・。

ここのところ、携帯電話の電池がすぐになくなるので

しょっちゅう充電しながら使っていました。

 

ところが先日、出先で宅配便の再配達を申し込んでいたら、

最後の自宅電話番号を押すところで

”充電してください”

というメッセージが出てきて、ケータイの電源が落ちてしまいました。

まさに恐れていたパターン。>_<

 

重要な連絡(おもにコンサート関係)がくるかもしれないので

今日の午前中、窓口が混まないうちに、ケータイショップへ行き

寿命を迎えた電池パックを交換してもらったというわけです。

もともと四角い電池なのですが、座布団のようにふくらむんです。

 

もう4年以上使っているので、機種変更してもいいかな、と思っていましたが

携帯電話のホームページを見たら、知らない言葉だらけ。

これでは、ショップの人にも何を質問したらよいやら・・。

 

メールがほとんどで、たまーーに電話、カメラは国旗の撮影ぐらい、

ワンセグ電子マネーは必要かどうかも分からない、といったところです。

 

今日交換した電池パックの寿命を待って機種変更するか、

もう少し早めに変えるか、物事が決められずにいます。(^^ゞ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

読書の秋ですねぇ

ひんやりとした空気の今日この頃、読書の秋とばかりに

通勤電車の中でエッセイを読んでいます。

 

平松洋子著 『おいしい日常』(新潮文庫)

 

食べ物にまつわる少し不思議な思い出、

調味料をタイトルとした、その特徴をとらえたごく短い話など

豊富な経験を竹を割ったような語り口で

テキパキとまとめあげてゆきます。

 

西荻窪にも詳しいそうで、具体的な店名入りの散策コースが

巧みな構成で綴られていました。

 

電車ひと駅でエッセイ一編、といったペースでしょうか。

食欲というよりは、「んー、そうきたか!」とうならされているうちに

目的地に到着しています。

 

巻末には、やはり西荻窪に詳しい東海林さだおさんとの対談つきで、

こちらも楽しみ。

あわてず、ゆっくり読むことにしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

タオルハンカチ

久しぶりに買い物dayとして新宿に出かけました。

 

これからの季節に使うタオルハンカチを探し、

こちらの2枚を買いました。

Img_78132

 

 

 

 

 

 

ハケンの仕事中、近くにハンカチを置くので

たまに新しい柄を手にすると、新鮮な気分になります。

 

今週も元気に過ごせますように。(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

秋の夕日の楽ぴー開催

10月10日、3連休初日の方も多い土曜日に

三遊亭遊史郎師匠と私の落語とピアノの夕べ、楽ぴーを開催いたしました。

 

会場は、中野坂上駅すぐの ダイニング でん助 です。

楽ぴーの場所を移転して3回目となり、

早めに来場してお食事を楽しまれているお客様も多かったようです。

 

会は2部構成で、それぞれ電子ピアノ→落語 と進んでいきます。

 

3日が十五夜だったのにちなみ、『うさぎ』のピアノで始まった会は、

台湾旅行の話を交え、九份が舞台となった映画『悲情城市』の音楽へ。

続いて、落語の前に演奏する”落語の題材からヒントを得て選んだ曲”は

南米の『へんな家!』を演奏しました。

新幹線が駅に到着する前の案内メロディー風の曲です。

 

ここで、いつもの電子ピアノによる出囃子で遊史郎師匠を手拍子でお迎え。

落語は『転宅』という泥棒モノです。

 

泥棒がとある家に押し入り、家にいた人からお金を巻き上げようとしたら

その話術にハマり、思わぬ結果になり・・・。

ちょっと泥棒に同情したくなるようなストーリーです。

 

以前、私がこの噺を寄席で聴いた時の印象が

「へんな家に入ったもんだ」

だったので、コラボ曲に『へんな家!』を選んだのでした。

 

秋の香りのする「『パガニーニの主題による狂詩曲』より第18変奏」を演奏後、

休憩をはさみ、第2部は秋の夕日の『もみじ』から。

 

落語2席目は、『抜け雀』

絵から雀が抜け出してしまうという不思議なお話です。

京都の知恩院に絵が所蔵されています。

 

その不思議感を出したくて、落語の前のコラボ曲は、

ムソルグスキー『展覧会の絵』より選曲し、

有名な『プロムナード』に『殻をつけたひなの踊り』を加えた

抜け雀アレンジにしました。

数小節ごとにピアノの音、ストリングスの音・・・と音色を変える操作もします。

 

そして、遊史郎師匠による大熱演の『抜け雀』が始まると

絵から出て行った雀がどうなるんだろう?とその結末に耳を傾けます。

想像力をかきたてられる噺だと思いました。

 

終演後は遊史郎師匠も一緒になっての打ち上げ

遠方からのお客様も遅くまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

静かな環境作り、空調を含めて

いろいろと工夫しながら会を続けていきたいと思いますので

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

ご来場、まことにありがとうございました。

 

☆お知らせ☆

12月7日(月)池袋の東京芸術劇場小ホール2にて
「三遊亭遊史郎の会」が開催されます。 
 
三遊亭遊史郎「寝床」「心眼」 

瀧川鯉昇 ナイツ 橘ノ双葉 前座一名 
 
予約・前売り2500円 当日2800円 

6時開場 6時30分開演 終演9時 
 

詳細は、三遊亭遊史郎の楽屋をご覧ください。

私も伺う予定です。(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

朝食レポート 2009年9月下旬~10月上旬分

こんにちは。

台風一過のすがすがしい天気の中、キンモクセイの香りがします。

 

しばらくお伝えしていなかった私の近況報告をかねて

9月下旬から10月上旬の朝食をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●9/24(木)

台湾旅行明けの出社。体型が一回り大きくなっている~。

Img_7772 

 

 

 

 

 

・ぶりの照焼き、リバーリーフ、しょうが
・ご飯
・豆腐、しいたけのみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・本山茶

 

しょうがのピリピリっとした味がいいですねぇ。

茶色っぽい食卓に、いちごジャムで彩りを。

 

●9/28(月)

ドイツ語教室。

授業の後、kiwiさんと新宿駅西口方面でランチ。(^^)

短い時間でしたが、リフレッシュできました。

ジムで走って帰宅。

Img_7773

 

 

 

 

 

 

・鶏の鍋照り焼き、レタス、ミニトマト
・冷奴、自家製えのきの佃煮のせ
・めかぶ、しょうがのせ
・ご飯
・巨峰
・嬉野 玉緑茶

 

前日からしょうゆ、みりん、酒で下味をつけた鶏肉は焼鳥風の味わいでした。

コリッとするめかぶもおいしいですね~。

 

●9/29(火)

しごと。

昼休みは、音大生による木管五重奏のコンサートを聴きに行きました。

Img_7780 

 

 

 

 

  

・えび、まいたけ、レタス(しょうがとぽん酢で)*
・納豆*
・里芋とさやえんどうのみそ汁
・ご飯
・ヨーグルト
・嬉野 玉緑茶

 

えびをしょうがとぽん酢で味をつけると、朝からさっぱりします。

里芋の季節ですね~。

 

●9/30(水)

しごと。雨が降り、肌寒い一日です。

Img_7782

 

 

 

 

 

 

・鶏そぼろご飯、さやえんどう添え
・油揚げ、まいたけ、わかめのみそ汁
・巨峰
・きらら玄米茶

 

前夜よく食べたので、軽めの朝食です。

油揚げのコクがおいしいー。

 

●10/1(木)

しごと。天気が回復しそう。

Img_7786

 

 

 

 

 

 

・いかと里芋の煮物、さやえんどう添え*
・シークレット*
・黒米入りご飯
・しじみのみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・本山茶

 

煮物が食べたくなる季節になってきました。

里芋にいかの風味がしみこんで、とても食べやすいです。

 

Img_7789 

 

 

 

 

 

今日のシークレットは、なすのぬか漬けでした。

カラシをつけると、ぴりぴりおいしそうだ。

 

実は昨日、いちごジャムを食べようと思ったらフタがあかなくなり、

一日程度、室温に置いたらあきました。よかったー。

 

●10/5(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

3日が十五夜だったのにちなみ、病院で月にまつわる曲を演奏しました。

Img_7794

 

 

 

 

 

 

・シーフードカレー、しょうが添え
・ドライマンゴー、ヨーグルト
・ラフカディオ珈琲

 

台湾で食べたシーフードカレーを思い出しつつ作りました。

具は、えび、ホタテ、じゃがいも、玉ねぎ、ニンジン、ナス、ピーマン。

福神漬け代わりに添えたしょうががピリッといい味を出しました。

 

ドライマンゴーはたいわんさんご夫妻からのお土産、

小さく切ったら、ブルガリアヨーグルトとよく合いました!

珈琲はkiwiさんからの松江土産です。

マイルドな中にうまみのある飲みやすい珈琲でした。

ごちそうさまー。

 

●10/6(火)

しごと。

Img_7799

 

 

 

 

 

 

・しらす明太子丼、海苔
・冷奴、小ねぎのせ
・ほうれんそう、えのきだけのみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・きらら玄米茶

 

急にしらすと明太子が食べたくなり、丼に決定~。

写真に出ていませんが、後から海苔を追加してご飯を巻きました。

 

冷奴の器は、台湾の玉市で買ったおちょこです。

おちょこなだけに、持ちやすくできていました。

ばたばたして全貌を写すのを忘れましたが・・・。

 

●10/7(水)

しごと。

雨の影響か、いつもの電車が激混みでした。

無理やり乗ってお腹に力を入れて踏ん張ったら

スーツの上着の取れかかったボタンが吹っ飛んでしまいました。(^^ゞ

しかし、ボタンは見つからず・・・。誰かのカバンに入ったのだろうか?

Img_7805

 

 

 

 

 

 

・水炊き風鶏のスープ(小ねぎ、ぽん酢で)
・新潟のうどん
・バナナ
・嬉野 玉緑茶

 

急に寒くなり、水炊きを食べたくなりました。

鶏ガラスープにすりごまを少々いれて

鶏肉、玉ねぎ、白菜、ニンジン、えのきだけ、絹豆腐を弱火でコトコト煮ました。

うどんも、鶏のスープで薄めたぽん酢で。

 

●10/8(木)

台風上陸。

楽ぴー準備のため、電子ピアノばかりの一日です。

Img_7810 

 

 

 

 

 

・明太子、海苔
・トマトとしらすのぽん酢がけ
・自家製なすのぬか漬け
・ご飯
・水炊き風鶏のスープ
・山梨のぶどう2種*
・きらら玄米茶

 

前日のスープ(今日は鶏肉なし)を温め直したところ、

濃縮された感じで、昨日よりも飲み応えがありました。

ぶどうもおいしい季節ですねぇ。

 

さて、ただいま落語とピアノのコラボ、楽ぴー準備中です。

次の更新は11日ごろ、楽ぴーの報告をする予定です。

どうぞ、ゆっくりお読みください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

台湾4人旅 四日目その3(最終回☆海老料理、帰国)

花蓮オプショナルツアーから台北のホテルに戻り、

もっちー&もちこさんご夫妻と私たち夫婦は

ロビーで待ち合わせたたいわんさんの案内で『金海岸』へ。

ゴールドコーストかぁ・・・と、すぐに覚えました。

 

でできたテーブルが、トロピカルムードを醸し出します。

瓶ビールはセルフでコンビニの冷蔵庫のようなところへ取りに行く方式でした。

 

海老料理の専門店とのこと、えび好きな私、張り切りましたよ~。

↑思わず漢字にしてしまいたくなる

 

たいワン子さんも合流し、旅の最後の夜を飾る反省会が始まりました。

連日の飲み会は、盆と正月がいっぺんにやってきたような気分ですねぇ。

翌朝早くに空港へ向かうことになっているのを忘れないようにしないと・・・。

 

Img_7764

空心菜の炒めもの

 

 

 

 

 

茎の部分が、マカロニのように空洞になっています。

こういった料理もこれで最後かと思うと、箸を出す手もあせってしまいます。(^^ゞ

 

海老はいろいろな味付けがされていて、何種類か注文しました。

Img_7766

レモン風味

 

 

 

 

 

手を拭きながら、壺に入った胡椒風味の海老などもいただきつつ、

ビールの瓶もどんどんと空いていきます。

 

楽しく語らう中、10年以上台北に住んでいるたいわんさんから

「今、日本でアベックという言葉を使うのか?」

という話題がふられ、

「いやーー、使わないでしょー」

と、ますます盛り上がる6人。

一つ前の日記で、特別に”アベック”を使いました。ご確認よろしくお願いします。

 

Img_7768

エスニック風

 

 

 

 

 

ふと、たいわんさんが立ち上がり、

誰もがお会計だと思って帰りの準備をしようとしたら、

ビール一本を抱えて戻ってきました。

 

また立ち上がり、ビールを持ち戻り、

またまた立ち上がり、ビール。

(以下略)

 

お店を出るときには、数え間違いでなければ14本空いていました。

飲む人が4人だったから・・・。うわわわ。

 

このあと一行は、たいわんさんのお住まい見学ツアーへ出発です。

ハッピーな名前のワンコもいるんだそうです。(^^)

 

缶ビールやフルーツをごちそうになりながら、

愛犬と対面し、写真を撮らせてもらおうと思ったところ、

私の美食と美酒に満ちたお腹のクッションが気に入ったようで

他の方たちのカメラに多数の写真が残っているようです・・・。

 

夜中過ぎてホテルに戻り、荷物整理をせずに就寝。

翌朝早くに5分間でスーツケースにパサッと詰めて空港へと出発しました。

さすがに家に着くまでビールを飲めませんでした。

 

さて、5日間の旅の日記はこれにておしまいです。

旅の思い出をまとめるのに12回もかかるとは思いませんでしたが、

写真を並べてみると、台湾のいろいろな風景を楽しんだことが分かりました。

 

旅行や食事をご一緒したご友人皆様のお力添えで

何杯も・・・じゃなかった、何倍も楽しい旅となりました。

この日記が旅の記念になればうれしいです。(^^)

 

そして、毎日のように続く旅行記を丁寧に読んでくださった皆様、

本当にありがとうございました!

毎回のことですが、コメントなどを励みに書かせてもらいました。

 

いつかまた、よい旅が出来ることを願って、旅行記をしめさせていただきます。

謝謝。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

台湾4人旅 四日目その2(昼食、タロコ)

花蓮駅からマイクロバスに乗ってのオプショナルツアーは、

昼食場所へと連れて行きます。

どんどんとの中に入って行き、

農場と民宿をやっているレストラン柏雲に着きました。

 

Img_77253

一階が

レストラン

 

 

 

 

 

 

Img_7717すでに鍋有り

 

 

 

 

 

 

どうやらメニューが決まっているらしく、葉っぱの鍋と数皿の料理が出るようです。

Img_7718

アマランサス他

 

 

 

 

 

 

状況がつかめず、葉っぱを前に固まっていると

このツアーにアベックで参加している英語の堪能な方が

食べ方を教えてくれました。

葉っぱをしゃぶっとして、タレにつけます。日本でもできますな。

 

これで4人分Img_7721

 

 

 

 

 

 

麻婆豆腐以外の料理名は分かりませんでしたが、肉も魚もおいしく

ご飯をおかわりしてしまったほどです。

好吃、謝謝。(おいしい、ありがとう)

 

Img_7724

食後、

動物を見学

 

 

 

 

 

 

続いて、本日のメインイベント、太魯閣国家公園へ出発です。

太魯閣と書いて、「タロコ」と読みます。

 

太魯閣の入口から、一本道をところどころ停車しながら

天祥へ行き、折り返しで太魯閣に戻るコースでした。

峡谷の景観を車や徒歩で観光することができます。

緑水という展示館のある場所で、多少の休憩時間が設けられていました。

 

百聞は一見にしかず。

こんな感じの景色が広がります。

 

Img_77322  

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_77382 

 

 

 

 

 

 

曲がりくねった道は、大型バスがすれ違うのも一苦労のようです。

 

看板も迫力ありImg_77402

 

 

 

 

 

 

 

 

停車のたびに、ガイドドライバーより「○分後に集合」と言われるのですが

ちょっと困っていたら、先ほどのアベックが英語で通訳してくれました。

 

Img_7744

細かい石が

落ちていました!

 

 

 

 

 

Img_77462了解! 

 

 

 

 

 

 

Img_7749

途中の区間、

無料のヘルメットを

かぶりました

 

 

 

 

崖から落ちず、落石の被害に遭うこともなく、無事に天祥を折り返します。

緑水にて、リッチそうな日本人ツアーバスを見かけました。

 

最後に長春祠を撮影したら、マイクロバスは一路、花蓮駅へ。

Img_77562

 

 

 

 

 

 

お世話になったアベックにお礼(もちろん英語)を言い、降りました。

 

何が起こるか分からないミステリーツアー(命名:たいわんさん)、

先入観なしで観光できて、すごーく面白い経験となりました。

 

Img_7761

花蓮駅

 

 

 

 

 

 

列車でもちこさんと理系女子トークをしているうちに、台北駅に到着。

いよいよこの旅の最終イベント、夜の部の反省会が始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

台湾4人旅 四日目その1(レジ袋、七星潭)

観光最終日となる旅行4日目は、台北から8時台の列車に乗り

もっちー&もちこさん、ようこ夫と私の4人で、

花蓮日帰りオプショナルツアーに参加です。

夜、台北に戻ります。

 

まずは、台北駅のコンビニで車内で飲むビールを買いました。

レジ袋をもらえないので、ビールをレジの台に置くと同時に

「よぉ めいよぉ たいず?」 (有 没有 袋子?=袋はありますか?)

と言い、有料の袋を手に入れます。

さらに、モスバーガーで朝食を調達して乗り込みました。

 

Img_7695

 

 

 

 

 

 

Img_7697

ビール準備OK

 

 

 

  

Img_7700

モスバーガー

カツサンド&アイスティー

 

 

 

日本円で約150円のカツサンドセット、

キャベツがしゃきしゃきして、かなーりおいしかったです。

 

2時間半ほどで花蓮駅に到着すると、ホームが大理石

花蓮は大理石が名産とのこと、なるほど納得です。

改札を出ると、ようこ夫のフルネームの紙を持った係員がいました。

 

実はこのツアー、台湾から申し込んでもらったので

ガイドドライバーが英語も日本語も話さない、中国語のみのツアーなのです。

もちこさんがガイドドライバーと中国語で話しているのを見て

どれほどほっとしたことか!

 

マイクロバスに乗り込むと、もちろん日本人は私たちだけです。

ドライバーの「ターチャンハオ」(大家好=みなさんこんにちは)以外、

本日のコースを含め、まーーーーーったく理解できません。

 

ともあれ、車に揺られていると、ほどなく七星潭という場所に案内されました。

海辺の大理石公園なのでしょうかねぇ。

とても美しい場所で驚きました!

 

しばし、大理石と海のある風景をお楽しみください♪ 

Img_77042

ベンチ!

もちろん

座りました 

 

 

 

 

 

 

Img_7701

歩道

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_7714

南国風  

 

 

 

 

 

 

 

Img_7713

人の背より

高い石

 

 

 

 

 

 

 

Img_7709

青い海

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、これほどふんだんに使われた大理石を見る機会はそうないでしょう。

印象に残る場所となりました。

 

は、昼食と太魯閣(タロコ)国家公園見学です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

台湾4人旅 三日目その4(お茶、北京ダック、スーパー)

たいわんさん、もっちーさん、もちこさん、ようこ夫、ようこの5人旅、

タクシーの運転手さんの安全運転で九份から台北に戻ります。

 

車の中にテレビがあって、ちょうど日本を紹介する番組が流れていました。

テレビ東京も真っ青の旅番組ぶり。

日本語もできる台湾のレポーターが

高知県の朝市、皿鉢(さわち)料理、桂浜などを紹介していました。

 

子供の頃、高知には何度も行った場所なので

北京語の字幕を頼りに熱心に視聴してしまいました!

 

一時間ほどして、たいわんさんの案内で和昌茶荘に到着。

Img_7684

オウムがお出迎え

 

 

 

 

 

 

日本語もできるご主人が淹れるお茶を

味見しながら欲しいものを選べる形式です。

 

ちょっと面白かったのが、たいわんさんがご主人と中国語で談笑し、

私は何を話しているのかわからなかったのですが、

ご主人が

「同級生ねぇ~」

日本語で感慨深そうに言っていたので、会話の内容が推測できました。

ようこ夫とたいわんさんが学生時代の同級生です。

 

水分大好きな私、淹れたてのお茶を何杯もいただき、

実家用にいくつか購入しました。

 

いよいよ、夕食は北京ダックが有名なお店、天厨菜館です。

たいワン子さんと合流し、またまた6人で個室での食事となりました。

 

Img_7685

上品なえび料理

 

 

 

 

 

次はフカヒレ。

こうした形を見たのはいつ以来か・・・。

Img_7688

 

 

 

 

 

 

もったいないので、コソッとほぐしながら食べました。

 

そして、北京ダック!

Img_7692カリッ

 

 

 

 

 

勢いよく食べると、お腹がいっぱいになるので

むしろ、スロースターターの方がいいのですかねぇ。

でも、おいしくてファストスターターになってしまいました。

 

観光地でのアヤシイ土産物の話で一同爆笑したり、

紹興酒をめぐるやりとりで心温まったする時間が過ぎていきます。

 

食後、私たちの希望でたいわんさんご夫婦に

頂好というスーパーに案内してもらいました。

 

地元の人になった気分で、カゴの中にあれ入れて~、これ入れて~。

そしてレジに並んだら、日本のコンビニのように

たばこの銘柄一覧が出ていました。

 

お土産として、27番のマイルドセブンワンを買うため、

コンビニでの頼み方に従って

「アールシー チー」(=27)

と言うと、お店の人は???。

 

あれ?”チー”の発音が違っていたかな?と少し変えてみるものの、通じず。

銘柄名を言うなんてことは頭の中に浮かぶことなく、

「トゥウェンティセブン」

と言ったらわかってもらえました。

マイルドセブン に聞こえたのだろうか?

 

後から教えてもらったところ、番号ではなく銘柄で頼むことが多いそうです。

なるほどー。

 

一覧表の前で「27」を連呼する日本人・・・。

でも、こういったことが旅の思い出になるのです。(^-^)

 

Img_7627

パッケージは

コワイデザインなので

横向きで・・・。

 

 

 

 

翌日も遠出するので、おひらきに。今日も早く寝ましょーー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

台湾4人旅 三日目その3(九份、茶芸館)

次の目的地は、レトロな雰囲気と映画の舞台として有名な観光地、九份です。

現地では「じうふん」と言っているように聞こえました。

 

台北市内から約一時間、山道をくねくねと進むと

路線バスや観光客がたくさんいるエリアに着きました。

 

細い上り坂の両脇に、いいにおいをさせるお菓子屋さんなどが並んでいます。

この後、お茶を飲む予定があるので、おやつは何となく控えてみました。

Img_7647

わさわさ

 

 

 

 

日曜日だからというのもあってか、若者率が高いように思いました。

 

Img_7648

わさわさ

 

 

 

 

 

 

5人がはぐれないように気をつけて、坂の上の展望スポットへ。

Img_7651心落ち着く風景 

 

 

 

 

 

 

今度は坂を下りましょう。

Img_76602

見上げて撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_76612

映画の看板も

 

 

 

 

 

Img_76632

『悲情城市』

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが1989年に公開された映画の舞台となったそうです。

個人的にかなりばたばたしていた年なので、映画は観そびれてしまいました。

 

数ある茶芸館の中、阿妹茶楼でお茶することになりました。

 

お茶といっても、こういう形式ですよ~。

細長い湯のみは、香りをかぐための器です。

Img_7668

 

 

 

 

 

 

最初はお店の方が説明しながら手際よくお茶を注ぎます。

ここでよーーく手順を頭にたたきこまねばなりません。

 

香り用の器に注いだお茶を手品のように、飲むための器に移します。

Img_7669えいっ 

 

 

 

 

お店の方がいなくなった後は、自分たちで順番にお茶を作りました。

 

実はこの場にいた5人は、全員理系。

この手の実験ぽい動きは得意かと思いきや、私は全然ダメダメなのです。

情報工学科だったので、コンピューターのキーを打つのは速いのだが・・・、なんて。(^^ゞ

 

一人ずつ順番にお茶をいれることになり、私もおそるおそるやりました~。

腰がひけ、肩に力が入り、左手は宙を舞い、

手順をぶつぶつ言いながら、顔は下を向いて笑っている図を想像してみてください。

 

化学系はさすが手早くて正確です!

手順が頭に入っているのでしょうねぇ。(^^)

 

そんな緊張の中、空になった細長い湯のみの香りがすごくよくて

このシステムを東京に持って帰りたいなーと思っていたら、

同じものが売られていました。

 

緊急家族会議開催。

 

慎重に議論した結果、お湯を流す下の部分(売られていたのは竹製)以外を

私のお小遣いで買ってよいことになりました。

実際に使ったら、ブログで報告いたします!

 

お店の屋上から地球儀を見たり、

Img_7672 

 

 

 

 

 

 

Img_7673

山の景色を眺めたりして、

 

 

 

 

 

 

『千と千尋の神隠し』のモデルになったとも言われているお店の入口で記念撮影。

九份から台北に向け、ふたたび山道を走りました。

 

ある時は、最後尾でガイドブックを見ながら案内し、

ある時は、私の質問を中国語に通訳してくださったたいわんさん、

どうもありがとうございました。

 

台北に戻ったら、お土産のお茶を買って夕食です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »