« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

台湾4人旅 三日目その2(台北 花市玉市)

小籠包で満腹したら、もっちー&もちこさん、たいわんさん、ようこ夫、私の5人で

たいわんさんの取り計らいで用意された車に乗り、半日遠足に出発です。

こういうのをチャーターっていうのでしょうかね?

 

最初の目的地は、週末だけ登場する花市玉市です。

8年ぶりに来ましたが、雰囲気はよく覚えていました。

 

Img_7642

高速道路の下!

 

 

 

 

玉市サイドと花市サイドがあります。

玉市の中に入ると腕輪のお店や茶器のお店などが

ズラリ。

ここに来ると、中国語を話してみたくなるんですよね~。

 

せっかくなので、台湾風のストラップ?を売っているお店で

4個 100元 と思われる札があるのとチラッと見て

「スーガ、イーパイ?」(4個、100元?)

と聞いてみました。

 

どうもそうらしいので、好きなデザインを選んで買い物。

 

さらに歩くと、おしゃれな器を売っている無人の台があり、

ようこ夫とおちょこを見ていると、席を外していた割と若い店主がやってきて

中国語ができなそうな私たちを見て、英語で応対してくれます。

 

続いて、台湾美人のフレンドリーな奥さんが現れ、

日本に何度も来たことがある、と流暢な英語で言っていました。

 

値切り下手な私たち、定価で茶色いおちょこ2つを購入。

家で見ると結構大きいので、小鉢として使おうかなぁ・・・。

 

Img_7640

こちらは花市

 

 

 

 

 

花屋さんがたくさん並んでいました。

あれもこれも欲しくなるところですが、

検疫の関係で日本に持って帰れない物も多く、残念!

 

といいつつ、を買う地元の方の様子なども見られて

台湾の日常風景が興味深かったりします。

 

Img_7641

2010年に台北で

花のイベントが

あるのかな?

 

 

 

 

さあ、いよいよレトロな雰囲気漂う九份へ出発でーす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

台湾4人旅 三日目その1(故宮博物院、小籠包)

旅行三日目は、台北&九份観光です。

この日もいろいろと趣向がこらされているので、どうぞお楽しみに♪

 

午前中はホテルからタクシーに乗り、4人で故宮博物院見学です。

公式サイトはこちら

 

台北は街中を黄色いタクシーがたくさん走っており、

上手に利用すると、効率よく街を周ることができるようです。

 

私たち夫婦は、故宮博物院に行くのは2回目です。

数ある展示物の中、宝石で作られた白菜や豚の角煮の形をした石などは

ガイドブックでもよく紹介されていると思います。

 

8年前、つやつや光る白菜の置物に感激し、

私はお土産に院内の売店でキーホルダーを買ったものです。

 

入場券を買い、日本語とドイツ語の無料ガイドマップを取り、いざ、入口へ!

普通は入場券を見せるのですが、何を思ったのか

日本語のガイドマップを堂々と提示してしまい、

入口のおねえさんを固まらせてしまいました・・・。

 

混雑している展示コーナーに入り、少し並んで白菜と角煮を見学。

8年前のキーホルダーと見比べられ、ちょっと楽しかったです。

後ろにいた人が、実物よりもキーホルダーをチラチラ見ていたとの情報も!?

 

きれいな色をした陶器を見ては、その歴史に思いをはせ、

想像を超える器用さで作られた象牙細工に感嘆し、

その奥の深さにまた行きたくなりました。

 

実は、建物の写真なども撮りたかったのですが、

かな~り離れないと全体像が入らなそうだったので

写真撮影はせず、お土産のために時間を使いました。

 

白菜耳かき、展示物のミニチュア、

そして白菜キーホルダーが今も売られていて何より。(^^)

 

次はあの小籠包の有名店、ディンタイフォン本店で食事です。

先に行っているたいわんさんとお会いする予定です。

 

ピューッ。(←タクシーの音)

 

Img_7623 本店

 

 

 

 

 

店の前には整理番号の順番を待つ人だかりができています。

隣の本屋さんに行ってジュースの本を買ったり、

鳥の丸焼きのお店を見に行ったりしているうちに呼ばれました。

 

活気のある店内。

セイロを10個以上重ねて運ぶお店の人々。

見るもの聞くものが初めてでワクワクします。

 

え? もったいぶらずに早く写真を出してくれ? 

では、料理の数々を・・・。

 

Img_7631

いい色

 

 

 

 

 

Img_7633鶏のスープ

肉もやわらかい!

 

 

 

 

 

Img_7635_2

小籠包

 

 

 

 

 

 

上の部分をはさみ、しょうがやしょうゆなどで味をつけます。

Img_7637  

 

 

 

 

 

 

気取りなく過ごせる時間と、どれも親しみやすい料理。

気がついたら、セイロが空っぽになっていました。

おいしかったです。ごちそうさまでした!

 

次は5人で遠足です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

台湾4人旅 二日目その3(旗津、台北の麺、マッサージ)

フィッシャーマンズワーフでの昼食後、

4人でフェリーターミナルに向かって歩きました。

 

香港のスターフェリーや広島の宮島を思い出すような短距離フェリーです。

細長い旗津という島に渡れます。

 

Img_7590

一番下の層には

スクーターがそのまま

乗り込みます

 

 

 

Img_7591

フェリーより

高雄市街をのぞむ

 

 

 

 

数分で旗津のフェリーターミナルに着きます。

 

ひなびた漁村を想像していたら・・・。

活気ある土産物店や屋台、海産物のレストランが立ち並んでいました。

Img_7596

写真左下に

「お」という文字

 

 

 

 

♪いーぶーくろが、にーこーあれば

♪いーぶーくろが、にーこーあれば

あれもこれも食べられたのに、無理でした・・・。

一応、『人生が二度あれば』の替え歌です。

 

Img_75972

砂浜にて

 

 

 

 

 

Img_7599

カニのオブジェ

 

 

 

 

 

こういった不思議なものを見た後、

あと2秒行動が遅れていたら、噴水の水を頭からかぶるような場面もあり、

みんなで大笑い。

ふたたびフェリーに乗ってMRT西子湾駅方面に戻りました。

 

帰りもHSRに乗り、台北へ!Img_7609

 

 

 

 

 

 

 

本日の夕食は4名。

ガイドブックにも出ている好記担仔麺というお店に入りました。

Img_76202店頭に実物メニュー

 

 

 

 

中国語の分かるもちこさんがテキパキと注文してくれましたよ~。

 

いろいろな料理を楽しみました。

Img_7610_2おすすめの麺

 

 

 

 

 

Img_7612

野菜たっぷり 

 

 

 

 

 

Img_7614いさきみたいな魚を

蒸したもの 

 

 

 

 

Img_7618へちま?と桜海老? 

 

 

 

 

 

Img_7619

もち米♪

 

 

 

 

 

日に日に体が大きくなっていく予感がします。

 

食後のお楽しみ☆として、足裏マッサージのお店へ。

といっても、私は8年前の台北旅行でマッサージのあまりの痛さに絶叫したため、

今回は迷うことなく、のマッサージをお願いしました。

 

一人足裏コーナーから隔離され、頭と肩、腕をマッサージしてもらいました。

数日間、肩が軽くなったので効果はあるようです。

 

足裏コーナーにいた3人は、マッサージを待つ間に

楽しそうな写真を撮りあっていました。

ううむ、足裏にすればよかったか? でも、痛いのはなぁ・・・。

 

高雄日帰りの一日は、こうして過ぎていきました。

翌日は、台北市内&九份観光です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

台湾4人旅 二日目その2(龍と虎、カレーライス)

HSR左営駅からテクテクと歩き、大きな人物にたどり着きました。

Img_7550中に入って

お参りできます

おみくじマシンがありました

 

 

 

 

 

近くに鯉のいる池があったので、えさやりが大好きな私は

目を皿のようにして、えさの販売機を探しました。

 

Img_75572

子供用の乗り物コーナーに

鯉が一匹まぎれていた!

えさの自動販売機です 

 

 

 

 

 

えさをやったら大満足。(^-^)

 

さらに歩いて龍と虎の塔に行く途中、初めてイノシシを見ました。

Img_75602_2  

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ、やっと龍と虎の塔に到着です。

Img_7570_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

から入り、の口から出ると、厄や災いを消し去るそうです。

龍側の塔にのぼりました。

Img_7575_2

上から見た

龍と虎

 

 

 

 

どうか、厄と災いが消えますように~。

 

気温の高さでノドが渇くタイミングにぴったりの場所に

ジューススタンドがあり、白い苦瓜の果汁を飲んで元気回復

 

さらに歩き、とある駅から高雄駅までタクシーで移動、

MRT(地下鉄)に乗り、西子湾駅で降りました。

フィッシャーマンズワーフでお昼を食べよう!と歩くこと小一時間。

 

Img_75782

ストローのささった

カップ看板を撮影

 

 

 

 

 

漢字の看板の続く街並みを進み、港にゴール。

Img_7583 

 

 

 

 

 

いよいよ新鮮な海の幸を昼食にしようと思ったら、人が少ない???

いぶかしがりつつ、レストランを数軒チェックしたところ、

この日は夜がメインで、まだ営業時間になっていないようです。

 

かろうじて開いていたお店に入り、私はシーフードカレーを注文しました。

急にカレーが食べたくなったもので・・・。

Img_7585_2

 

 

 

 

 

 

欧風カレーにインド風のスパイスをバサバサ入れたような味で、

暑さと合っていておいしかったです。

 

食後、MRT西子湾駅までの近道があることが分かり、

みんなは地図を見ながら納得していましたが、

私は未だに理解できていないなんて、恥ずかしくて言えません・・・。(^^ゞ

 

次はフィッシャーマンズワーフ近くから、フェリーに乗りますよ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

台湾4人旅 二日目その1(高雄 蓮池潭へ)

9/19の旅行二日目は、台北駅から台湾高速鉄道(HSR)に乗って

4人で高雄方面へ日帰り旅行です。

Img_7524_2

月台=ホーム

 

 

 

 

 

旅行記なのに悲しい話になりますが、私が高雄の地名を知ったのは

1981年の夏、作家の向田邦子さんが乗っていた航空機事故のニュースでした。

子供心にとても恐くて、空路でそちらに行くことはないだろう、と思ったものです。

 

あれから年月が流れ、今は日本の新幹線によく似ている高速鉄道が走っています。

Img_7525 

 

 

 

 

 

 

快適に走ること1時間40分、HSRの終点 左営駅はヨーロッパのようでした。

高雄駅に行くにはここからMRTという地下鉄に乗りますが、

最初の目的地・蓮池潭はHSR左営駅から歩けます。

Img_7535 

 

 

 

 

 

以前、中国語をみっちり勉強したことのあるもちこさんが

駅のインフォメーションで地図をもらってくれました。(^-^)

 

駅を出ると、熱帯のような葉っぱの匂いのまじったもわっとした空気が流れます。

車に気をつけながら、みんなで蓮池潭(湖)に向かって歩いていたときのこと、

側溝の網の上を歩いていたら、突然網が外れるというハプニングもありました。

私ではないのですが・・・。

 

溝に水が流れていなかったことも幸いし、

数分で復活できたのは、旅の運があったのでしょう。

 

以後、請勿側溝の網の上歩行。

4人は、足元に十分気をつけるようになりました。

 

さて、もう少々歩くと市場が現れます。

Img_75372 

 

 

 

 

 

Img_75402

 

 

 

 

 

 

 

Img_7544それらしき風景登場

 

 

 

 

 

・・・と思ったら、「見えるけど遠い」パターンだったようです。

もう少し進みましょう。

 

Img_75472

立派な建物に

電光掲示板!?

 

 

 

 

 

Img_7549

屋外カラオケ

 

 

 

 

 

 

この辺りは人に聴かせるカラオケが盛んなのでしょうか。

至る所で、歌声が聞こえてきました。

次に行くときはテレサ・テンを練習していこうかなぁ、なんて。

 

間もなく蓮池潭に到着でーす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

台湾4人旅 一日目その2(台北故事館、四川料理)

台湾旅行1日目の夕食までの時間、4人でぶらぶらと散策を続け、

中華工芸館に立ち寄りました。

旅先で心配な押し売りなどもなく、安心して品物を見て歩けます。

私はここで買い物をして、小さな手提げ袋に入れてもらいました。

 

近代的なビルが多い中、こういったビルも。

Img_74902   

 

 

 

 

 

 

続いて、台北駅近くの台北故事館へ。

歴史的な写真と解説を見る場所かと思ったら、

レトロな世界の広がるお台場にありそうなテーマパークでした。

 

Img_7500

写真撮影OKの

エリアにて

 

 

 

 

 

Img_7502 

 

 

 

 

私は張り切って、懐かしの遊びコーナーで

2つの缶に片足ずつのせて、缶についている紐を手で持って歩くのに挑戦しました。

↑何という遊びでしたっけ???

 

このとき、中華工芸館で買ったお土産を近くのベンチにひょいと置き、

15分ほどして、故事館を出ようとしたときに気づいて取りに戻りました。

あぶないあぶない。請勿ひょい置き。

 

さあ、どうにか忘れ物を回避したところで、

いよいよホテルのロビーでたいわんさんとの待ち合わせです。

 

ひととおりご挨拶をし、台北の街中を走る黄色いタクシーに乗って

土鍋で煮込んだ鶏のスープが有名なお店に案内されました。

店に入ってすぐのところに、ずらっと並んだ土鍋が火にかけられていたのは壮観!

 

少ししたところで、たいワン子さんが幸せオーラとともに登場しました。

8年前にお会いして以来、とても懐かしがってもらえてうれしかったです。

 

いよいよ、6人での食事が始まります。

Img_7505台湾ビールで

カンパーイ

 

 

 

 

 

Img_7508

丸ごと鶏入り

 

 

 

 

 

土鍋でじわじわと煮込まれたとろみのあるスープです。

このあと、白菜を入れて食べました。

どちらも日本ではなかなか味わえない滋養系美味。(^^)

 

Img_7509

麻婆豆腐

 

 

 

 

 

豆腐のない生活=口内炎 な私、麻婆豆腐も好物です。

 

今回、紹興酒の飲み方を教わりました。

温めたお酒にそれぞれ檸檬、生姜(日本の新生姜)を入れます。

Img_75112

 

 

 

 

 

 

紹興酒の濃いぃ感じに清涼感が加わるといえばいいでしょうか。

料理とともにお酒がすすみ、ボトル2本を空けましたよ~。

 

食後に夜市まで連れて行ってもらい、にぎわいを見学しました。

本当は買い食いしたいところなのですが、お腹いっぱいで断念。

Img_7522

 

 

 

 

 

 

二日目は遠出するので、そろそろホテルに戻ることにしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

台湾4人旅 一日目その1(ビール茶、中正紀念堂)

こんにちは。

ブログをお休みしている間、台湾5日間の旅をしていました。

 

今回は、もっちー&もちこさんご夫妻と一緒に4人であちこち周ります。

さらに、台北に住んで10年以上経つ、ようこ夫の学生時代の友人、

たいわんさんご夫妻と食事をともにする予定です。

 

私たち夫婦は8年前に台北に遊びに来たことがあり、2回目の台湾です。

さて、どんな旅行になるでしょうか。

また長い旅行記になりそうですが、どうぞお楽しみに。

 

9/18午前中の便で成田を経ち、別便で先に到着していたもっちーさんご夫妻と

台北の空港にて待ち合わせ。

一緒に台北駅近くのホテルへ移動しました。

Img_74582台北駅

 

 

 

 

 

もっちーさんとはドイツ旅行でもご一緒したことがあります。

ようこ夫もそうですが、2人とも晴れ男なので、心強いですねぇ。

 

ホテルに荷物を置いたら、早速4人で街を散策です。

Img_7460

おぉ、和民!

 

 

 

 

 

Img_7461

吉野家も

あちこちで

見かけました

 

 

 

気温は連日30度を超えていたようですが、

カラッとしていて、ほどよく汗をかき、過ごしやすかったです。

 

まずはノドを潤すため、ジューススタンドに入りました。

メニューが全部漢字で、まだ現地の言葉に目の慣れていない私が

とっさに選んだのが 雙青啤酒茶(重量杯)

多分、ビールとお茶のカクテルでしょう。

 

読み方の分かる部分だけ、「ビーチュー、チャー」と連呼したら、

バイトの若者たちが、こういうのを頼む人いるんだーと思ったのか

クスクス笑いながら、作ってくれました。

 

Img_7464

もちこさんのペンと

大きさ比較

 

 

 

 

 

柑橘系の酸味とビールとお茶が合わさった、さわやかな飲み物でした。

カップが大きくても、半分ぐらいはお茶でしょうから

アルコールのモル数もそれほど多くなさそうです。

 

ストローでおいしそうに飲むこちらの様子をチラチラうかがうバイトさんたちに

(ハオ=good)」と言って店を後にしました。

 

再び汗を拭きながら歩くと、中正紀念堂に到着です。

Img_7470

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_7473

 

 

 

 

 

 

階段をのぼったところでちょうど正時になり、

衛兵の交代を見ることができました。

 

Img_7478

向かい合う2人が

 

 

 

 

 

Img_7480

白い服の衛兵に

 

 

 

 

 

Img_7485

引継ぎ、

 

 

 

 

 

Img_7487

交代しました。

 

 

 

 

 

たいわんさんとの夕食待ち合わせ時間まで

もう少し時間があるので、散策を続けます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

朝食レポート 2009年9月上旬~中旬分

いつのまにか、秋の気配が濃くなってきました。

今回の朝食レポートは、京都旅行から帰ってきたばかりの9月上旬からです。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●8/31(月)

ドイツ語教室。台風が接近中。

Img_7358 

 

 

 

 

 

・蒸し鶏の梅和え*
・くみあげ湯葉、しょうが添え
・トマトの漬け物(西利)
・ご飯
・わかめ、しめじのみそ汁
・本山茶

 

湯葉とトマトは京都駅で買いました。

トマトをチルドに入れておいたら、甘みが出ておいしかったです。

蒸し鶏もさっぱりとして、朝に食べやすい一品。

 

●9/1(火)

しごと。台風は関東を通り過ぎたようです。

Img_7360 

 

 

 

 

 

・蒸し鶏のごま和え(バンバンジー風)
・くみあげ湯葉
・きゅうりのぬか漬け
・黒米入りご飯
・大根、ニンジン、わかめ、しめじのみそ汁
・リンゴジュース
・種子島新茶 くりたわせ 2009(常温)

 

蒸し鶏の残りにしょうがなどを加えて和えたら

バンバンジーみたいになりました。

 

●9/2(水)

しごと。

Img_7367 

 

 

 

 

 

・秋鮭のホイル包み焼き(しめじ、ねぎ、ニンジン、山科とうがらし、レモン)
・ご飯
・しじみのみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・本山茶

 

朝起きてから、ホイル包み焼きの材料を用意し、

フライパンで10分ほど蒸し焼きにしたら、秋の味です。

山科とうがらしは辛くなく、苦味の少ないピーマンのような味でした。

 

初登場のいちごジャムは、

京都産のいちごがじっくり煮込まれたもので、実がぎっしり!

ジャムに合わせ、春色の器を使いました。

 

●9/3(木)

しごと。

Img_7369 

 

 

 

 

 

・秋鮭、大根おろし*
・シークレット*
・ご飯
・油揚げ、ねぎ、わかめのみそ汁
・いちごジャム、ヨーグルト
・嬉野 玉緑茶

 

秋鮭の在庫が一切れしかなく、シェアしました。(^^ゞ

本日のヨーグルトは夏らしいガラスの器で。

 

さて、今回唯一登場のルービックくんは・・・。

Img_7371 

 

 

 

 

 

さつまいものレモン煮です。酸味がさわやかでした。(^^)

 

●9/7(月)

一年数ヶ月ぶりの微熱でようこシステムダウン。

ドイツ語も病院ボランティアもお休みせざるを得ず・・・。

Img_7398 

 

 

 

 

 

・豚肉のみそ風味そぼろ
・かぼちゃのたいたん*
・きゅうりのぬか漬け*
・冷奴、水菜のせ
・ご飯
・オレンジ、ヨーグルト
・本山茶

 

微熱ながらも、そぼろのみそ味やかぼちゃの甘みが食欲をそそります。

それにしても、習慣ってすごいですね。

具合がイマイチでも、朝食はしっかり摂ろうと思いました。

 

●9/8(火)

無事出社。回復が早くてよかった・・・。

Img_7404

 

 

 

 

 

 

・豚肉、にんじん、しめじ、水菜の蒸し物*
・かぼちゃのたいたん
・ご飯
・豆腐、わかめのみそ汁
・グレープフルーツジュース
・嬉野 玉緑茶

 

蒸し物がおいしいーーー。唐辛子をふりかけたぽん酢で。

 

●9/9(水)

しごと。

Img_7409 

 

 

 

 

 

・目玉焼き、目玉焼き専用ドレッシング
・かぼちゃのたいたん
・ニンジンのオレンジ煮
・パン、いちごジャム
・モロヘイヤ、しめじのコンソメスープ
・バナナ、ヨーグルト
・ダージリン ファーストフラッシュ2009

 

ある日、いただきものの目玉焼き専用ドレッシングを見ながら、ようこ夫がポツリ。

「めだまやき、けっこうすき」

・・・知らなかった!

 

私は雑炊のような卵とじ系は好きなのですが・・・。

弱火で蒸し焼きにし、玉ねぎ風味のドレッシングをかけたら

かなーりおいしく食べられました。

 

いちごジャム、今回はトーストしたパンに塗りました。

ポットで淹れた紅茶とぴったり。(^^)

後味すっきりなところがいいですね。

 

●9/10(木)

映画館へお出かけ。

Img_7413 

 

 

 

 

 

・鮭の寒風干し、水菜
・納豆、かつおぶし
・ご飯
・大根、ニンジン、しめじのみそ汁
・バナナ、ヨーグルト
・本山茶

 

生協(パルシステム)の冷凍鮭を焼きました。

下に葉物を敷くと、皿洗いがかなり楽になりますねぇ。

 

●9/14(月)

ドイツ語教室。

Img_7433 

 

 

 

 

 

・ぶりの塩焼き、ブロッコリー
・ニンジンのぬか漬け
・黒米入りご飯
・豆腐、水菜、えのきだけのみそ汁
・バナナ、ヨーグルト
・嬉野 玉緑茶

 

ぬか床の調子がよい今日この頃。

みそ汁の具もさっぱりとしていて、朝食によく合います。

 

●9/15(火)

しごと。

Img_7435 

 

 

 

 

 

・焼肉、目玉焼き専用ドレッシング、リバーグリーン
・トマト
・えのきの佃煮
・ご飯
・モロヘイヤのスープ
・いちごジャム、ヨーグルト
・本山茶

 

生協の有機野菜リバーグリーンをサンチュ風に使いました。

えのきだけの佃煮は、前夜煮込んだ自家製です。

いちごジャムを入れたヨーグルトは、

デザート風の味になり、肉料理ともよく合います。(^^)

 

●9/16(水)

しごと。

Img_7438 

 

 

 

 

 

・豚汁(具:ニンジン、大根、油揚げ、こんにゃく、水菜)
・トマト
・ご飯
・本山茶

 

冷蔵庫の野菜が総出演できる豚汁を作りました。

よく煮込んだ根菜は、いくらでも食べられそうです。

七味をかけると、朝からいい汗をかきますよー。

 

ご飯の器は、笠間焼の湯のみです。

湯のみにしては大きくて、飲み口の柄がザラザラするので

ミニ茶碗として使ってみたら大正解。

ご飯が少なめでよい日にぴったりです。

 

今回の朝食レポートはここまで。

遅めの夏休みをいただくため、次の更新は9月23日頃の予定です。

またぜひいらしてください。では、再見!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

はためく国旗から~内閣発足の日に~

今日は仕事の日です。

新しい内閣が発足するので、首相官邸のあたりもにぎわっているかなーと

駅を出ると、よく見かける旗がはためいていました。

 

Hata

帰りに撮影

 

 

 

 

 

まず頭に浮かんだのが、好きな食べ物ベスト3に入るペスカトーレ

続いて

「♪おぉ そぉーーーれ みぃいぃおぉおぉ」

といった元気の出る明るいです。

 

イタリア共和国大統領及び令夫人が来日とのことです。

新しい首相や大臣と会ったりするのでしょうか。

 

私はまだイタリアに行ったことがありませんが、いつか行ったら

船頭さんに歌ってもらえるに乗りたいと思っています。(^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

日曜日は上野広小路亭

日曜日は午前中ピアノ教室、一旦家に帰って用事を済ませ

三遊亭遊史郎師匠がトリを務める寄席を観に、上野広小路亭へ。

スリッパに履き替え、パタパタと3階に上がり、座椅子の席に着きました。

先客、かめくんが近くにいたのに気づかず・・・。

 

・一矢さん(相撲漫談)

”かずや”さんとお読みするのですね。初めて拝見しました。

相撲の行司のように、「ひぃがーーーしぃーーーーー」などと呼び出します。

相撲に詳しくなくても笑えました。

 

・三遊亭圓丸師匠(落語)

薬師寺と法隆寺の間のご出身だそうです。

家を借りに来た人に怪談話を聞かせ、

怖さのあまり財布を落として逃げるように仕向ける『お化け長屋』でした。

何度か聴いたことがある噺ですが、クラシック音楽と同じで

演じる方によって味わいがさまざまなので、とても面白いです。

なかなか怖がらない2番目の借家希望の人が迫力ありました。

 

・三笑亭可楽師匠(落語)

美人と結婚したら短命なのだったら、自分はきっと・・・。

という噺をユーモラスに、

そして優しい表情で味わい深く演じられました。

 

ボンボンブラザースのスリリング!?な芸で笑った後は

本日のトリ、三遊亭遊史郎師匠の登場です。

 

この日は、何度聴いても楽しい『お見立て』でした。

会いたくない人と会わない口実を考えているうちに

つい「死んだこと」にしてしまい、

会いたくない人が墓参りしたいと言い出して困ったことに!

 

一旦出まかせを言うと、取り繕うのが大変ですな。

困れば困るほど可笑しい噺です。

 

終演後、遊史郎師匠も含めて3人で上野風月堂でお茶をし、

私は上野広小路亭向かいの松坂屋に寄って帰るという、

ちょっと上野っぽい一日となりました。(^v^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

高尾山へ行きました

ビアガーデンに行くつもりの土曜日は、あいにくのでしたが、

すいているのを期待して、高尾山ビアマウントへ向かいました。

メンバーは、よく食事に行く友達と、今回初・高尾山のようこ夫と私の3人です。

 

京王線高尾山口駅から徒歩数分の清滝からリフトに乗りました。

Img_7417

下り方向のリフトを撮影

ちょっとコワくて

手元が震えたかな?

 

 

 

Img_7422_2

これから急勾配に!

 

 

 

 

 

 

 

どんどん気温が下がり、カーディガンを2枚重ね着しました。

曇っていますが、雨は降っていません。

 

Img_7426

3時前に会場到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらびっくり、予想外の人出と降雨に備えて、入場制限をしていました。

整理券をもらったら100番台。

缶ビール禁止状態で小一時間ほど待ち、入場~。

 

室内の席をとり、飲み放題のビールとバイキング料理へGo!!

2時間制限ぎりぎりまで、たっぷりと飲食しました。

やきそばを何度もおかわり。(^-^)

 

Img_7428帰りはケーブルカー

 

 

 

 

 

ひんやりした空気の山の上では、食もすすむというもの。

胃袋がかなり満足しています。また来ようっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

運動の話と10月楽ぴーのご案内♪

今日は新宿のジムに行って筋トレ有酸素運動をしました。

汗をかくとスッキリしますね~。

 

もっと頻繁に筋トレをすると、おもりをどんどん増やせるのでしょうが、

何ヶ月もそのままです。(^^ゞ

筋トレが心のおもりにならないよう、

体の中から温かくなれば・・・というぐらいの気持ちで続けることにします。

 

さて、次回の楽ぴーのご案内です。

秋の音楽を用意してお待ちしております。

ご参加希望の方は、メールにて私までご予約くださいませ。

(PXN02635アットマークnifty.ne.jp)

-----------------------------------------
三遊亭遊史郎&YO-KOの「楽ぴー」 落語とピアノの会

10月10日(土)  木戸銭 ¥1500 (御飲食別途)

 落語 二席&ピアノ演奏   
 

17:30開店
19:00 落語とピアノ   「転宅」
19:30休憩
20:00 落語とピアノ   「抜け雀」

20:30頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

毎回好評をいただいております。ご予約はお早めにどうぞ。

ダイニングでん助 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13048289/
03-3364-7858

・終演後に写真撮影の時間を設けます。
・公演中のより静かな環境を保つため、オーダーできない時間帯がございます。
・公演中の携帯電話の使用、喫煙はご遠慮くださいませ。
・お料理を楽しんでいただくため、テーブルでのPCの使用は
 ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

映画『クララ・シューマン 愛の協奏曲』

仕事の休みを利用し、渋谷のル・シネマにて

『クララ・シューマン 愛の協奏曲』を観ました。

1回目の上映で、最前列以外の席はほぼ満席でした。

 

クララ・シューマンは、ピアニストであり、

『トロイメライ』などで有名な作曲家ロベルト・シューマンのでもあります。

また、クララよりも14歳若いヨハネス・ブラームスとの心の交流は

あまりにも有名で、私もかつて本で読みました。

 

映画は、ブラームスがシューマン夫妻の前に現れるところから始まります。

口ひげを生やした肖像画のブラームスよりも、ずっと若い頃のお話。

 

作曲の才能を持ちながら病に苦しむロベルト(パスカル・グレゴリー)と

そのロベルトを家庭で、あるいは音楽の場で助けるクララ(マルティナ・ゲデック)。

明るいヨハネス青年(マリック・ジディ)が、

シューマン夫妻の子供たちの面倒を見つつ、クララに寄せる好意

大人3人の心をゆらゆらと動かし・・・。

 

シューマンとブラームスの音楽が全編に流れ、

伝記などでも紹介されているエピソードが随所に登場します。

 

映画はすべてドイツ語で、語彙が平易なため、比較的よく聞き取れました。

字幕で省略されている部分なども、ところどころ気づきました。

 

印象に残ったフレーズは、

ロベルトが自らライン川に飛び込むものの、助けられた後の

"Ich war im Rhein."(私はライン川の中にいた)

でしょうか。

普通は、am Rhein(ライン川のそば)なので・・・。

 

失礼ながら、クララの演奏シーンは

もう少し工夫の余地があったのではないか?と思ったものの、

ロベルトとヨハネスの間での苦悩がよく伝わってきました。

 

3人のうち、最も早く旅立って行ったロベルトを裏切ることなく、

クララを大切に見守ってきたヨハネス・ブラームス。

 

本で読んだ話を映像で観られてよかったです。

でも、これからどんな気持ちでシューマンとブラームスを聴けばよいのか

エンドロールの間に考えさせられもしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

季節の変わり目ですねぇ

月曜日は、一年数ヶ月ぶりにようこシステムがダウンし、

アイスクリームと2時間サスペンスの再放送とゴロゴロを与えたところ、

火曜日は無事に復旧し、仕事に出かけました。

ドイツ語教室や病院ボランティアなど、あちこちにご迷惑をおかけしましたが・・・。

 

あまりすっ飛ばしてもいけないので、

昼休みはタイミングよく開かれたランチタイムコンサートで

ゆったりとモーツァルトの弦楽四重奏を楽しみました。

 

帰宅し、(さすがに昨日は休んだ)ほうきで掃き掃き。

フローリングにも挑戦したところ、輝きを増したような・・・?

ぬか床のように習慣化しそうな予感がします。

 

季節の変わり目、夏の疲れが出る頃でもあります。

いくら治ったとはいえ、早寝するに越したことはないので

今日ぐらいは実行したいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

新宿で買い物

今日はピアノ教室で新宿に出たので、レッスン後に買い物をしました。

 

まずは紀伊國屋書店で、NHKテレビのテキスト『トラッドジャパン』を購入。

日本の文化を英語でどのように説明するか、という

今の私にぴったりなテーマの本です。

先日、テレビで偶然見て面白そうだったので

テキストのバックナンバー豊富な店に行きました。

電車の中で読もう。

Img_7392 

 

 

 

 

 

続いて、小田急百貨店の楽譜売場にて、輸入版の楽譜をチェックです。

ここの楽譜売場が好きで、よく行きます。

Img_7397

ムソルグスキーの楽譜

 

 

 

 

曲のタイトルは、Bilder einer Ausstellung(ドイツ語)=展覧会の絵 です。

所望の楽譜が手に入ってほっとしました。

 

次は、お茶のルピシアで朝食用のお茶を買いました。

50グラムずつ売ってもらえるので、二人家族にはありがたいです。

 

最後に、ユニクロ

秋向けの長袖が並んでいました。

ピンク色のカーディガンと白い長袖シャツの組み合わせを選びました。

Img_7394_3

 

 

 

 

 

すべての物をやっと所定の場所にしまったところです。(^-^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

ほうき生活、始めました☆

このたび、京都の内藤商店で購入したほうきを使い始めました。

室内でほうきを使うのは、学校の”そうじの時間”以来かもしれません。

ちりとりが必要なことすら忘れていたほどです。(^^ゞ

 

Img_7374 

 

 

 

 

  

このような状態で持ち帰りました。

敷物は、かまわぬ落花生てぬぐい。後で登場します。

 

棕櫚(シュロ)で出来ているので、まずは新聞紙の上でくずを落とします。

Img_7375 

 

 

 

 

 

ほうき故障の原因になるので、壁などでパンパンとはたかずに

ひたすら空中で左右にシェイク、シェイク。

 

Img_73772

いざ実践!

 

 

 

 

 

力を入れずに、そーっとなでるように掃きます。

・・・と書くと楽そうですが、意外と疲れました。

静かでいいですねぇ。

 

Img_7380

本当は畳の目に

沿わせます

 

 

 

 

Img_7381

和室2部屋で

これだけのホコリ!!

 

 

 

 

 

もう一度、ほうきをシェイクし、この新聞紙を丸めて捨てたらおしまいです。

 

掃除機のモーター代わり に自分が動くからでしょうか、

肩と背中と腰が痛くなりましたが、汗もかくし、なかなかよい運動になります。

 

ところで、ほうきのしまい方ですが、

風通しのよいところに吊るして保管するのが重要とのこと。

今後、気軽にほうきを手にとれるように、

とあるタイルの壁にフックを取り付けました。

Img_7384

 

 

 

 

 

 

 

そこに、先ほどのてぬぐいを両面テープで貼り付けます。

ちりとりもすぐ近くにフックで吊るしました。

Img_7386 

 

 

 

 

 

 

 

うわーーい。ほうき生活が始まりました!

 

ふと、先ほど掃いた畳を見ると、気のせいか輝いているような・・・?

今まで、畳をあまり構うこともなかったので

これを機会に、ほうきで手入れをしようかなーと思いました。(^-^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

2009夏の京都3日目(再びホウキ)

旅行3日目。最終日です。

外国人率の高い京都タワーに行こうかなーなどと思いながら

ホウキや荷物を担ぎ、ホテルのエレベーターでロビーに向かいました。

 

たまたま乗り合わせた白人のご婦人が、私のホウキを面白そうに見ています。

話をするチャンス到来☆とばかりに、ホウキで掃く真似をしながら

「ディス イズ ア ジャパニーズ ホウキ!」

と言ったら、少しの沈黙の後、

「オォー、ホォキィ!」

と反応がありました。

 

さすが、日本に観光に来るだけあって

日本文化にも詳しいなぁと、私も大喜び。

タタミなども知っていそうだなぁ・・・と。

 

でも、にこやかに

「Are you going to play?」

と質問されたんです。

 

むむむ、ホウキだったら、use や clean といった動詞を使いそうだけれど・・・?

 

あわてて、「いいえ」のつもりで、ドイツ語のノーにあたる

「ナイン、ナイン」

と答えてしまいました。

「9、9」と答える日本人になってしまい、ますます大焦り。>_<

 

「東京へ・・・」

と、かみ合わない返事をして、半ば会話を放棄するように

「Have a nice trip!」

と、ホテルを後にする私です。

”ホウキ”の英単語ぐらい調べておくべきだった・・・。

 

なんとなく、京都タワーに行くとさらにハマりそうだったので計画を変更。

 

京都駅で少し大きめの400円のロッカーにホウキと荷物を預けて

駅のデパートで食材などを買いました。

おいしいものを食べて、立ち直るんだいっ。

 

Img_7349_2 

 

 

 

 

 

 

くみあげ湯葉、トマトの漬け物(西利)、山科とうがらし

 

さて、ホウキの件です。

帰りの新幹線で小田原を過ぎるころ、突然、頭に浮かびました。

 

おそらく、エレベーターで一緒だった女性は

ホッケー

と理解したのだと。

 

笑いそうになりながら、ホウキという英単語を知らなくても

「これは、床の上のダストをきれいにする日本のブラシです」

でも通じたはず・・・と考えつつ、東京駅に到着しました。

 

失敗は明日へのエネルギー♪

faceをwashして出直したいと思います。

 

これにて、夏の京都の旅日記はおしまいです。

短い旅ではありましたが、心に残るいくつもの出来事と出合いました。

またの訪問を楽しみにしています。(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »