« 炭酸注意 | トップページ | 朝食レポート 2009年6月下旬~7月上旬分 »

2009年7月 7日 (火)

「電車が遅れました」

月曜日はドイツ語教室でした。

 

行きがけ、

「JR○○線は車両点検のため遅延

という表示が出ていたので

ああ~、かつての同僚たちも影響を受けたかなーなどと思いました。

 

そういったいきさつがあり、ドイツ語での言い方を習いました。

Der Zug hatte Verspaetung.(デア ツーク ハッテ フェアシュペートゥング)

無理矢理訳すと、「その列車は遅延を持っていました」になりますかね。

 

先生になぜ?と聞かれて、車両点検と答えようとして

以前、健康診断の話題で教わった

Untersuchung(ウンターズッフング=検査)

という単語を言ってみました。

 

しかし、私は日本語でも”車両点検”が何なのか知らないのです。

ドライバーの箱を持ったエンジニアが

ドアの開閉を直すイメージを勝手に持っているものの、まだ見たことがありません。

 

車両の調子が戻ったら、

しばらくは順調に通勤、通学できるとよいのですが・・・。

|

« 炭酸注意 | トップページ | 朝食レポート 2009年6月下旬~7月上旬分 »

コメント

普段はダイヤとおり走るのがあたりまえ
と思って電車に乗っていますが、
冷静に考えるとそのためには
念入りな車両整備に携わっている人の
技術力の賜物
私なんか仕事上のちょっとたミス
たとえば、パソコンの画面で「3」と「8」を見間違えたり・・
これが人命にかかわるような仕事だったら・・

投稿: 支配人 | 2009年7月 8日 (水) 07:05

>支配人さん
まさに、技術力の賜物ですね~。
電車に無理させているなーと思うことがよくあります。
(扉より出っ張った人を扉が閉まる勢いで中に押し込めたり)

そのうち私も「3」と「8」の見分けがつかなくなるのでしょうか。
そのときにはご相談に伺います。

投稿: ようこ | 2009年7月 8日 (水) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/45566445

この記事へのトラックバック一覧です: 「電車が遅れました」:

« 炭酸注意 | トップページ | 朝食レポート 2009年6月下旬~7月上旬分 »