« 『J亭 談笑落語会 四季 春 Part3』(2009.5.29) | トップページ | 月曜日のごほうび »

2009年5月31日 (日)

楽ぴー、復活!

2月に突然の最終回を迎えた落語とピアノのコラボ、楽ぴー。

場所を移動し、5月30日(土)に復活いたしました。

 

駅歩1分のダイニング でん助が新しい会場です。

駅から20分ほどかけて到着したお客様が2名ほど。

もう少し丁寧にご案内すればよかったですね、すみません・・・。

 

当日午後、いろいろな音の出る電子ピアノを車で2回に分けて搬入し、

前会場から高座カバーと座布団を引き継ぎ、

いよいよ新しい楽ぴーの始まりです。

 

ブログをご覧の遠方にお住まいの方々からお花が届きました。

Img_6808

静岡の方より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_68062

茨城の方より

 

 

 

 

 

 

高座に飾らせていただきました。

とても華やかになりました。ありがとうございます。

 

ピアノは、ハープシコードの音色で『メヌエット』(バッハ)、

懐かしの唱歌をつないだレトロの香りただよう『雨メドレー』。

 

そして、落語一席目の『お血脈』(おけちみゃく)に合わせて

オッフェンバッハの『天国と地獄』(♪カステラ一番、電話は二番・・・ の曲)

をコラボ曲として演奏。

 

そして、いよいよ三遊亭遊史郎師匠の落語です。

『お血脈』は、額に押すと極楽に行ける”お血脈スタンプ”のせいで

極楽にばかり人が集まってしまうので

どうにかして地獄に人を集めよう、と、

地獄の面々が、極楽からスタンプを盗み出す

どろぼう会議を開くというコミカルな噺。

 

休憩をはさんで、落語二席目の前に、シューベルトの『ます』を弾きました。

続く落語が『野ざらし』という噺で、釣りの場面がたくさん出てきます。

釣りをしながら歌を歌ったりする、迷惑な釣り人なのですが・・・。

 

音楽の時間に習った『ます』も、実は釣りの歌で

うまくいかなくなった釣り人が、川をぐちゃぐちゃにして魚を釣ります。

ドイツ語の授業で習うまで知りませんでした・・・。(^^ゞ

 

Img_68042

高座にて

 

 

 

 

 

 

間近で落語の迫力を堪能した後は、

お客様たちと和やかなひとときを過ごしました。

 

新しい会場に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

もしも第2回が決まりましたら、またブログでご案内いたしますので

残念ながら今回参加できなかった皆様も、ぜひお越しください。

 

☆お知らせ☆

三遊亭遊史郎師匠が、浅草演芸ホールにて

平成21年6月上席(6月1日より6月5日まで)の夜の部主任(トリ)をつとめられます。

私も応援に行くつもりです。

ご都合つきましたら、ぜひ浅草までお運びください。

|

« 『J亭 談笑落語会 四季 春 Part3』(2009.5.29) | トップページ | 月曜日のごほうび »

コメント

再開おめでとうございます。

「もしも第2回が決まりましたら・・・」
って書いてあるけど・・・・
そのうち機会を見て行きたいと思っているので
是非続けてください。

投稿: 支配人 | 2009年5月31日 (日) 14:27

お疲れ様でした。
再開には大変なご苦労が伴ったと思いますが、以前のお客さんの姿も見られて嬉しかったです。
地元の方の参加がより増えると、もっと楽しくなりますね。

投稿: 政之助 | 2009年5月31日 (日) 17:32

楽ぴー復活おめでとうございます!

まだまだ大陸ボケから立ち直れないあたくしですが、

そのうち亭主を伴ってお邪魔させていただきたいと思います。

師匠によろしくお伝えください。

投稿: きよすみしらかわ | 2009年5月31日 (日) 18:15

お疲れ様です。もう20回も開催されていたんですねflair
私が以前お邪魔したのは確かまだ2回目でした。
その時は確かボサノバ風にアレンジした曲notesなどを弾かれていたと
記憶しています。

お店のピアノとご自分で購入したピアノ、使い心地やいろいろな
種類の音が使えるかどうかで演奏曲の選択も変わってくるのかしらねー?。
rainをテーマにした童謡は湿っぽい今日のような天気mistの時でも
綺麗な音色での演奏で爽やかさを感じることがですますねwink
季節感を感じさせる曲はhospitalでも喜ばれることと思います。

投稿: くらげちゃん | 2009年5月31日 (日) 19:24

>支配人さん
ありがとうございます。
そう言っていただけるとうれしいです。
遊史郎師匠は「電子ピアノを買ったモトをとるためにも、10年は続けたい」
といって場を沸かせていました。

>政之助さん
ご来場ありがとうございました。
おなじみの皆様が来てくださって心強かったです。
地元のお客様(美容師さん)から、口コミで広がるのを期待しています。scissors

投稿: ようこ | 2009年5月31日 (日) 22:43

>きよすみしらかわさん
ありがとうございます。
日本に慣れたら!?ぜひご夫婦でいらしてください。
・・・と、その前に次回を決めなくては~。
今後ともよろしくお願いいたします。

>くらげちゃん
ご来場ありがとうございました。
月日は流れ、落語が20回、ピアノも入って18回を数えていました。

自分の電子ピアノを持ち込むと、音色を事前に確認したり、
そのピアノで練習できることもあって、やはり選曲しやすい面があります。
雨のメドレー、さわやかに感じてもらえたのならうれしいです。(^^)
あじさいの葉っぱに乗ったかたつむりを思い浮かべて曲を選びました。

投稿: ようこ | 2009年5月31日 (日) 22:50

復活おめでとうございます!
ぜひとも行きたかったのですが、早くから予定があったものですみません。またお伺いしたいと思います、どうぞ次からもお願い致します。

投稿: はぴ | 2009年5月31日 (日) 23:30

お疲れさまでした。始まる前や最初の落語が終わるまではようこさんも遊史郎さんもお客さんも店員さんも慣れていないのでざわついた感じでしたが、休憩後は何とかいつもの楽ぴーに戻った感じでしたね。とても楽しめました。電子ピアノもいい音でした。
でん助さんは鹿児島料理店なんですかね。母が串木野の出身ですので、串木野の薩摩揚げは懐かしくいただきました。東京でこのレベルの薩摩揚げはなかなかないと思います。他のお料理もおいしかったです。
次回を楽しみにしています。

投稿: けいいち | 2009年6月 1日 (月) 01:20

>はぴさん
ありがとうございます。
参加したい気持ちを書いていただけると、お誘いしやすくなります。good
こちらこそよろしくお願いいたします。

>けいいちくん
ご来場ありがとうございました。
まさに、初回ならではのざわつきがありましたね。
こういう会は、みんなで作り上げるものだと改めて思いました。
ご協力に感謝です。

焼酎が充実しているお店なので、九州系でしょうかね?
薩摩揚げを食べがてら、お店の方に聞いてみますね。

実は楽ぴーを楽器のあるレンタルスペースで開催することも検討しましたが
(料理はケータリング)
食事もできることにこだわって、場所を探しました。
2回目のご案内もできるよう、がんばります。

投稿: ようこ | 2009年6月 1日 (月) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/45186260

この記事へのトラックバック一覧です: 楽ぴー、復活!:

« 『J亭 談笑落語会 四季 春 Part3』(2009.5.29) | トップページ | 月曜日のごほうび »