« 粗大ゴミ >_< | トップページ | 歯医者の椅子に座るとき? »

2009年5月24日 (日)

年齢感覚

今日の日記のテーマは、”年齢感覚”。

毎年、私の誕生日にカードと手紙を送ってくれる同級生からのリクエストです。(^^)

遅くなってごめんね~。

 

いつもブログを楽しみにしてくれていて、ブログの中に

「何歳だから・・・」

という記述が出てこないのが、不思議なのだそうです。

 

たしかにご指摘の通り、そういう発想がすっかりなくなってしまいました。

最近年齢を思い出した機会といえば、本を売りに行ったときに

住所や名前と一緒に年齢を書いたことぐらいでしょうか。

 

正社員の頃には、後輩が入ってくることもあって

何歳であるという意識も多少はありましたが、

今の派遣先では年齢を聞かれることはありません。

実年齢よりもむしろ、心身ともにいつも健康であることの方が重要なのです。

 

ピアノを演奏する活動においては、お会いする方たちの

年齢、住まい、家族構成などを聞くことは禁止されています。

知らないから特に困ることもないので、私も質問しません。

 

ドイツ語教室も、いろいろな年齢の方がクラスにいますが

クラスメートはみんなフラットな関係。

 

そんな毎日を送っていると、だんだん年齢のことを忘れてしまいます。(^^ゞ

でも、ピアノを弾きに行ったときに、何歳かは不明だけれど

曲をよく知っていて、ニコニコしながら聴く方、

表現豊かに曲の感想を言う方、

そういうのはカッコイイなぁ、私もそうなりたいなぁと思います。

 

半分人の受け売りですが、おそらく

今、汗をかいて実行していることが10年後の自分に影響し、

そのときのアクティビティがさらに充実の10年後を作るのかもしれません。

 

だから今、「○歳だからこれをしたい」ということは特になく、

その代わり、「今できることは、今実行する」を目標に

毎日を過ごそうとしているところです。

 

でも、実は一つだけ困る!?のは、

日曜日の午後に『アタック25』を見ても、解答者が何歳なのか、

週を追うごとに見当つかなくなってきたことです。

意外と落ち着かないんですよね~。

|

« 粗大ゴミ >_< | トップページ | 歯医者の椅子に座るとき? »

コメント

自分と似たような年齢の人は外見でおおよそ判断できるんですが
10歳前後してしまうとハッキリ分からないと思うことってありませんか?

また、私の年齢になると別の点から年齢を実感するようになるんです。
近々日記に書こうと思ってますが
○○歳だからじゃなく、○○歳になってしまったんだなーという実感があります。
でもそう思うのは心の中だけにして、声に出さないことという一線を守り、
他人が見たら実年齢マイナス4,5歳ぐらいに見えるぐらいでいたいなという
気持ちでいますよ。
今できることを今実行する、その気持ちが若さをつくってると思います。
年齢を感じさせない愛する御三方もそうですもんねheart

投稿: lilac | 2009年5月25日 (月) 11:10

先日誕生日を迎え、年齢のことについては最近旬なトピックです(自分にとって)。

半世紀生きたとか言って騒いではみたものの、実はあんまり感慨はなくて、ただ書類の年齢欄に書き込む時、40歳になった時とは桁違いのなんかわからん抵抗があるのは、なんなんでしょうか。

見た目とのギャップが激しすぎるからじゃな~い、と周囲からは言われてますが、なんか性同一性障害ならぬ年齢同一性障害者みたいです。へへ。

投稿: 潤吉 | 2009年5月25日 (月) 12:55

私も実年齢そのものを気にするよりも、
心身ともに健康でいられることのほうが、
はるかに大切だと思いますshine
 
毎年、年齢をかさねるたびに嬉しく感じるのは
自分よりも年上の方々とのコミュニケーションが
ますます、楽しめるようになってきたこと。
たとえば、お買いものの最中、見知らぬご婦人に
話しかけられたり、逆にこちらから話しかけてみたり。
ささやかな幸せを感じるひとときですheart04
※名前の件、どうもありがとう。

投稿: うさちゃん | 2009年5月25日 (月) 16:06

>lilacさん
たしかに、10歳以上離れると???ですし、
我が家に子供がいないこともあって、私服の子供たちの年齢も???なんです。

声に出さない、という心がけはとても大事かもしれないですね。
言ってしまうと、すごい事実のような重みが出てしまうというか・・・。
日記を楽しみにしています。
あのステージをバリバリこなすお三方も変わりなく、心強いです。scissors

>潤吉さん
一度お会いした印象から、半世紀を迎えたと聞いて
すごくビックリしたのですが、アルフィーが50代だと考えると
ふむふむと思ったりも・・・。
これからも、心も見た目も若々しくいてくださいね!

投稿: ようこ | 2009年5月25日 (月) 19:27

>うさちゃん
どういたしまして。<名前

年々、年上の方々と話しやすくなるのはよいことですねぇ。
話をする貴重な機会でもあるし。
私の行くスーパーでは、あまり人と人が話すのを見ないかも・・・。
(時間帯にもよるのかな?)

投稿: ようこ | 2009年5月25日 (月) 21:47

年齢にかかわらず、「フラットな関係」というのは、ようこさんにとっては居心地よさそうですね♪

私は長いこと、古い体質の組織に属しているので、ヒエラルキーの一切を取り外されたら、戸惑ってしまうかもしれません(笑)。

年上の人とばかり働くことが多いので、自分が年取ったという実感が持てない場面が多いのですが、尊敬する上司や、何でも知ってるおじさんなんかとお話ししていると、「この方が○歳だった時って、きっと私より老成してたんだろうな」とか、「私は×歳にふさわしい働きができているのだろうか」とか、そんな感じで年齢を意識するようになりました。

お世辞も含まれているのでしょうが、私も若く見られることが多く、10歳若く見える、と言ってくださったおばさまもいました。外見でなく、内面が成熟していない、という印象を与えてなければよいのだが・・・と思います。

投稿: kiwi | 2009年5月26日 (火) 18:38

>kiwiさん
久しぶりのコメントをありがとうございます♪

コメントに書かれている内容というのは、
年上の方と働くときの心構えともいえるかもしれませんね。
私はこういう発想ができなかったので、
うまくいかなかったのか・・・などと思いました。

どう見てもそうは見えない人には言わないでしょうから、
10歳若く見える、というのは素直に聞きましょう。(笑)
でも、「お世辞も含まれている?」と一呼吸おくバランス感覚は
私ももっていたいです。(^^)

投稿: ようこ | 2009年5月26日 (火) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/45118711

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢感覚:

« 粗大ゴミ >_< | トップページ | 歯医者の椅子に座るとき? »