« 『SEASONS CONCERT 春 上松美香+弦楽四重奏』(2009.4.18) | トップページ | はためく国旗から~料理もおいしい国~ »

2009年4月19日 (日)

3種類の精油で芳香剤作り

本日は風通しもよい日曜日。

毎月1日に作るはずの芳香剤を作りました。

いや、いつの間にか3週間近くズレこんでしまって・・・。(^^ゞ

 

Img_6525

  

 

 

 

 

 

 

いつもは1~2種類の精油で作るのですが、今回は3種類に挑戦です。

精油の種類が増えるほど、組み合わせが難しくなるので

前日のコンサートでもらったしおりに書かれたレシピから

3種類を選ぶことにしました。

 

りんご風の香り、カモミールローマン2滴に

柑橘系の香りを加えるため、スウィートオレンジ(写真の大きいビン)を1滴。

これだけだと、甘いお菓子みたいなので

エキゾチックでオトナ~なイランイランを1滴たらしました。

 

熱帯のリゾート地にリンゴが一個置いてあるような香りがします。

 

精油の種類が多い分、香りも複雑になって面白いです。

でも、あまりコリすぎないように気をつけよう・・・。(^^ゞ

 

☆精油の名前は、使用している”生活の木”ブランドに合わせました。

|

« 『SEASONS CONCERT 春 上松美香+弦楽四重奏』(2009.4.18) | トップページ | はためく国旗から~料理もおいしい国~ »

コメント

ようこさんは字もきれいですね。
さて、インターネットが香りを伝えられるようになるのはいつになるでしょうか。香り転送プロトコル(Aroma Transfer Protocol:ATP)の提示を待ちましょう。

投稿: けいいち | 2009年4月19日 (日) 20:33

>けいいちくん
ありがとうございます。
どうやら、文字というよりも図形認識的に字を書いているようです。

ATP、非常に興味ありますね~。(笑)
n種類の香りの素をお互いに持ち、どの香りをどの程度組み合わせるかを
ペイロードに書く、といった感じでしょうかね。

投稿: ようこ | 2009年4月20日 (月) 14:16

芳香剤もおもしろそうですが、
自分で精油を作ってみたくなりました。
精油の成分は抽出や蒸留をして作るのでしょうが、
できると楽しいと思います。
イグ・ノーベル賞受賞の研究成果に、
うん○からバニラの香りの成分を分離したというのがありました。

投稿: ギドスパリオ | 2009年4月21日 (火) 00:09

>ギドスパリオさん
ひええ、バニラの香りを・・・。

今回使用のスウィートオレンジは圧搾法、他の2つは水蒸気蒸留法で作ります。
(一年前の検定試験のときに覚えた)
昨年、パリの香水博物館で蒸留器を見学しました。
使い方は???でしたが、ギドスパリオさんならマスターできるかもしれません。

投稿: ようこ | 2009年4月21日 (火) 00:29

3種類の精油が混ざり合った香りを嗅ぐと
芳香剤作りも、ますます面白くなりそうねnotes
家はあいかわらず、酢の中に甘い香りの
精油をたらし、お手洗いに置いています。

投稿: うさちゃん | 2009年4月21日 (火) 16:19

>うさちゃん
うさちゃんはずっと酢の芳香剤を続けているんだね。shine

組み合わせを誤ると、すごいことになりそうな3種盛り!?(^^;
今もエキゾチックな空気がただよっています。

投稿: ようこ | 2009年4月21日 (火) 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/44720604

この記事へのトラックバック一覧です: 3種類の精油で芳香剤作り:

« 『SEASONS CONCERT 春 上松美香+弦楽四重奏』(2009.4.18) | トップページ | はためく国旗から~料理もおいしい国~ »