« 時計ベルト、3代目 | トップページ | 『石田ゆり子 京の手習いはじめ』 »

2009年4月14日 (火)

会話は積み重ね、なのかな?

今週月曜日はドイツ語教室。

いつもに増して、丁寧に会話をチェックしてもらうことができました。

 

チェックの観点はいろいろあって

・正しい文法で話しているか?

・会話としてふさわしい接続詞、動詞や名詞を使っているか?

・相手の顔をきちんと見ているか?

・相手の話を聞いた上で、的確な質問ができているか?

など、どれも日本語の会話でも、とても大切なことばかり。

 

今回は、

「○○は△△であると、私はなんとなく思います」

というレベルのことを

「○○は△△であると、私は考えます

という動詞を使ったら、少し強すぎるという指摘を受けました。

 

この機会に、おだやかな意味合いの言い方を習い、大満足~。

「そういう感じを持っている」といった表現です。

 

きめ細かい指導の積み重ねで、きっと的確なドイツ語が話せるはず・・・と

かなーーーーり先の未来を思い浮かべてみるのでした。

 

・・・と同時に、日本語でもこういった観点が

きちんとクリアできているかなーと

普段の会話も見直すよい機会にもなったりしています。(^-^)

|

« 時計ベルト、3代目 | トップページ | 『石田ゆり子 京の手習いはじめ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/44669940

この記事へのトラックバック一覧です: 会話は積み重ね、なのかな?:

« 時計ベルト、3代目 | トップページ | 『石田ゆり子 京の手習いはじめ』 »