« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

ドイツ語教室→同期とランチ

月曜日、前日の家事検定の内容が頭をグルグルする中、

ドイツ語教室に出席しました。

今週も暗唱の課題があり、朝、30分一本勝負で頭に詰め込みました。

前もって覚えればよかったのですが、とてもそれどころではなく・・・。

集中力勝負というか、自転車操業といった感じの毎日です。(^^ゞ

 

そして、午後は新宿でランチです。

同じ日に入社し、同じ日に退職した会社の同期cobuyさんと

かなーーーり久しぶりの再会となりました。

ドイツ語教室のクラスメートと行ったことのあるロシア料理のお店へ。(^-^)

 

今はお互い主婦業がベースなので、午後に食事をしながら

まったり・・・というよりは、ドガガガガーとしゃべりっぱなし。

 

懐かしい方たちの消息を聞いたり、 

さまざまな貴重な経験についてもじっくり話せたり、

密度の濃いひとときとなりました。

 

4月からは、語学教室に通い始めるとのこと、楽しみながらがんばろうね~☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

第二回家事検定を受けました

青空が広がる日曜日、ピアノ教室の後、

家事検定を受けるため、三軒茶屋にある昭和女子大学へと向かいました。

2回制で、私は13時からの試験です。

 

Kajiken 

 

 

 

 

 

 

 

まだ歴史の浅い試験だからか、報道関係の人もあちこちで取材しています。

受験する方々は、ベテラン主婦の割合が高いように思いました。

 

私は、つかみどころのない『家事』というものをどう試験するのか?

ということに興味があり、受けることにしました。

 

テキストもあります。

第2回 家事検定公式ガイド模擬問題集 2009年版

(こちらのテキストは2009年用です。最新情報のチェックをお願いします)

 

第2回は、家事を

エコロジー、料理、掃除、洗濯、家計管理、収納、マナー、暮らしの手入れ

という8つのカテゴリに分け、ほぼ均等に100問(3択)出されました。

試験に合否はなく、☆の数で家事力が認定されます。

 

ある程度、経験がないと答えられないような設問になっているので

例えば、家計管理に出てくる資産運用や株関係の用語には苦戦しました。

また、育児関係のお食い初めが何日目か、などということも知らず、

範囲の広さ(というよりも、自分のいる世界の狭さ!?)にアタフタ・・・。

 

逆に、洗濯のマーク(日本のJISと海外のISO)などは

今まで勉強してきた方法で素直に覚えればよく、

衣類についているマークを読むのが楽しくなったりします。

 

試験のお約束!?、「書き直しはしない方がよい」

といつも思っているのですが

今回も3問やってしまい、1勝2敗といったところ。

 

試験の感触としては、星2つぐらいの予感でしょうか。

100問も解くと少々疲れますが、たまにはこうした試験で

ブラッシュアップしてもよいかな~と思いました。

 

☆追記

公式ホームページに問題と解答がアップされました。(13:00の回)

問74の解答で、B 片付けの途中 を選んでしまいました。

いつも途中で近所の100円ショップに行くのですが・・・。ダメ?(^^ゞ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

朝食レポート 2009年3月下旬分

暖かかったり、寒くなったりの3月もまもなく終わりですねぇ。

いつも朝食レポートを2週間分まとめてアップするか、

3週間分にするか迷うのですが

あまり時が経つと忘れてしまいそうなので、今回も2週間コースでいきます。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●3/16(月)

若いお泊まり客2名分も含めた朝食作り♪

Img_6341  

 

 

 

 

 

・鮭(甘塩)、ブロッコリー添え
・納豆*
・ご飯
・じゃがいも、ねぎ、しいたけのみそ汁
・りんご、ヨーグルト
・宇治やぶきた茶

メインは、好き嫌いのなさそうな鮭に決定。

若者たちは、りんごのヨーグルトがけをペロリでした~。

 

●3/17(火)

しごと。いつもより遠いところに出社のため、少し早く家を出ます。

Img_6350

 

 

 

 

 

 

・ほうれん草と豚肉の炒めもの
・納豆*
・ご飯
・土佐文旦
・宇治やぶきた茶

手早く作らねばならない炒めものが苦手なのですが、

久しぶりに食べたくなりました。

しょうが、しょうゆ、酒とともに一晩おいた豚肉が、よい味。

 

●3/18(水)

しごと。

Img_6354 

 

 

 

 

 

・鯛のかぶと煮*
・冷奴、しょうがのせ
・ご飯
・ほうれん草、にんじん、しめじのみそ汁
・土佐文旦、ヨーグルト
・きらら玄米茶

真鯛のかぶと煮は、尾崎亜美さんレシピより。

前の日に一緒に煮たごぼうに味がよくしみていました。

土佐文旦とヨーグルトの組み合わせに初挑戦。さっぱり☆

 

●3/19(木)

しごと。

Img_6357 

 

 

 

 

 

・鯛のかぶと煮*
・自家製にんじんのぬか漬け*
・ご飯
・ほうれん草、しめじ、豆腐のみそ汁
・いちご
・玄米茶

Img_6359_2やっと

ルービックキューブが登場!

 

 

 

 

全体的に、前日の朝食と似ています・・・。(^^ゞ

当日の朝、前日に残ったみそ汁にしめじと豆腐を追加しました。

 

●3/23(月)

ドイツ語教室。

Img_6366 

 

 

 

 

 

・手羽先の南蛮漬け*
・ゆでブロッコリー*
・ご飯
・しじみと豆腐のみそ汁(しらがねぎ入り)
・キウイ、ヨーグルト
・宇治やぶきた茶

前日、手羽先を買って帰り、家にある材料で南蛮漬けを作りました。

朝になると、ほどよい漬かり具合。

レモンの代わりに入れた土佐文旦が、漬け汁によく合います。

 

火曜日の夜に南蛮漬けを食べたら、もっとまろやかでおいしくなっていました。

もう一日置いてもよかったかな?

 

●3/24(火)

しごと。

Img_6370 

 

 

 

 

 

・鮭(甘塩)
・きんぴらごぼう
・湯むきトマト、ブロッコリー(そのままで)
・ご飯
・豆腐、ねぎ、しいたけのみそ汁
・土佐文旦
・玄米茶

前夜は外食だったので、出かける前にきんぴらごぼうを作りました。

辛さがキクーーー!

 

それにしても、朝起きたら冷蔵庫からがもれていたのですが・・・。

いつからその状態だったのでしょうか・・・。

 

●3/25(水)

しごと。 

Img_6377

 

 

 

 

 

 

・豚肉と野菜の蒸し物(水菜、しめじ、こんにゃく、ねぎ斜め切り)*
・ご飯
・キウイ、ヨーグルト
・玄米茶

月曜日の夜に外食した蒸し物を早速おさらいです。

Img_6376

この上に

豚肉をのせます

 

 

 

 

ポン酢に七味をいれたタレで。

ふっくらとした水菜、こんにゃくの歯ごたえなどなど、

お店のマネだけあって!?とてもおいしく食べられました。(^m^)

 

●3/26(木)

しごと。

Img_6383 

 

 

 

 

  

・豚汁(豚肉、こんにゃく、油揚げ、ねぎ、しめじ)
・きんぴらごぼう*
・ご飯
・宇治やぶきた茶

当日の朝までメニューが思い浮かばず大アセリ

寒い朝だったので、冷蔵庫にある材料で豚汁を作りました。

七味を効かせたら体がポカポカ。(ノドはピリピリ)

 

朝食作りに慣れてきたせいか、朝起きる時間が5分、10分と

ずるずる遅くなりつつあります。(^^ゞ

今いちど、早寝早起きを心がけないと・・・です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

東京タワーもお祝い☆侍JAPAN

WBCは、日本が見事優勝して幕を閉じました。

仕事のある日の昼休みは、お弁当を食べながら

ライブチャット観戦を楽しんでいました。

ワンセグ、持っていないんです・・・。(^^ゞ

 

その優勝チームを、あの東京タワー

5日間限定(3月25日~29日)でお祝いするそうです。

今日の今日でしたが、仕事帰りにその輝きを見に行かねば!

タワーまで歩きましたよー。

 

Tower1

ふもとから

 

 

 

 

 

携帯で撮影したので、分かりにくいですが

真ん中あたりが赤みがかっていて、日本の国旗のようになっています。

実際に見ると、白い光がとてもキレイ!

 

Tower2

赤羽橋駅近くにて

 

 

 

 

 

 

特別な東京タワーには、何人もの人がカメラを向けていました。

優勝おめでとうございまーす!(^-^)

 

東京タワーホームページ

記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

おしゃべりとともに蒸し野菜

昨夜、も(み)さんと一緒に食事&トークを楽しんできました。

 

毎回よくしゃべるのですが、今回もしゃべりっぱなし。(^v^)

心の中でもやもやしていてどこにどう整理したらよいのか???なことを

別角度からの意見をもらって、クリアにすることができます。

 

今回は、順調にキャリアを積んでいたら

出会うことのなかった人たちがいるんだよね~、ということを

再認識するよい機会にもなりました。

 

Mushiyasai

水菜の
じゅうたんの
上に
豚肉を
のせて
蒸します

 

 

 

 

 

 

 

おいしいものを食べながら、いい具合に発散して

今日は元気よく仕事に出かけられました。

年度末の忙しい時期にありがとうね~。

 

かこいや 丸の内店

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

独作文を提出

先週のドイツ語教室は来客のため、お休みしました。

今日は2週間ぶりに出席です。

 

子供向けのニュースを暗記してくる宿題があり、

途中、周りから小声でヒントをもらいながら、よれよれと暗唱終了。

ふぅ、疲れた~。

 

ところで、先日の京都旅行で外国人観光客と英会話をした際、

日→(脳内変換:独→)英 という経路で考えたことを

独作文して提出しました。

「ぜひ先生に・・・」とコメントしてくださったうさちゃん、ありがとう。

 

さすがに矢印で書くわけにはいかないので(^^ゞ

以下の日本語をドイツ語にします。

 

>>私は、ある日本語の文をドイツ語に訳しました。
>>そして、その後、私はそのドイツ語の文章を英語に訳しました。

ある=不定冠詞、その=定冠詞 使い分けるところがミソなのです。

 

先生はこの文章を添削しながら、

日本人らしくない・・・と笑っていたので、意味は通じたようです。 

 

日本語でも外国語でも、言いたいことが伝わるとうれしいものですね。(^-^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

センバツ見ながらランニング

3月末、いろいろと立て込んでいますが

3連休中日は、ようこ夫と一緒にジムに出かけました。

 

香りに包まれてストレッチをするクラスを夫婦一緒に受け、リラックス。

その後は走りましたよ~。

 

ちょうどセンバツ高校野球が始まったばかりなので

ランニングマシンについているテレビを野球に合わせました。

コリ性の私、1983年ごろまで高校野球にすごくこっていた時代があって・・・。

 

グラウンドを駆け回る若者たちを見ながら走る、

これが運動している気がして、なかなかよいのです。

 

ただ、ファーストに向かって全力疾走するバッターを見ていると

こちらもつられて速く走ろうとしてしまうのです。

さらに、外野からの送球のシーンなどを見てしまうと、

つい体を右によけてしまったりと、少々危険も伴います。

 

30分ほど走って、ダラダラと汗をかいたところで運動終了。

 

それにしても・・・。

高校野球にこっていた頃は、運動など大嫌いだったので

まさか今、ランニングしながら観戦するとは思いませんでした。(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ふぐと栗タルト

昨日は仕事の後、渋谷から一駅の池尻大橋に行きました。

いつもおいしいものを食べに行くメンバーで、ふぐを食べるのです。

うち1名は仕事先から空を飛んで駆けつけますが、間に合うかな~?

 

住宅街を抜けたあたりにたたずむ、河豚鮮

くつろげるお座敷にて、ふぐ刺し、天ぷら、鍋などをいただきました。

もみじおろしがやめられない、とまらない♪

 

創業50年でありながら、白ワインとふぐを合わせたりして

和と洋の意外なアンサンブルも楽しめます。

 

カキ厳禁な私は食べませんでしたが、岩ガキと出汁も大人気で

他のメンバーはおかわりもしていたほどです。

 

いろいろな調理法のふぐを味わっているうちに

1名、無事に羽田空港から到着。

お疲れのところ、おみやげまで運んできた心遣いに感謝です。

 

本当は最後まで全部食べていきたかったのですが

最近の生活では、きっかり定時に仕事を終えて

家のことをする習慣になっていたので

残念ながら22時半でスイッチオフ・・・。

バリバリ仕事をする方たちのパワーはすごいっ。

 

Img_6364おみやげの栗タルト

愛媛県より

 

 

 

 

 

Img_6361スライス済み!

 

 

 

 

 

ゆずの風味がさわやかでした。(^^)v

  

この調子だと、出来る範囲で・・・になってしまいますが

またどうぞお付き合いくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

仕事帰りに思い出したこと

少し暖かくなった今週も、週3日の仕事に出ていま~す。

 

今日の帰り、毎日のちょっとした手続きのために

担当者のいるフロアへ行くと、一同不在でした。

ガーーン。

 

ああーーー面倒くさいが、翌日に持ち越すかーと思ったら、

同じ会社、別ロケにいるようこ夫の学生時代のお友達さんが偶然いたのです。

突然だったのにも関わらず、こちらのお願いを

快く引き受けていただいて一件落着。(^-^)

 

私の仕事は、長時間一人でいるということもあって

知り合いを作るのが少々難しいのですね。

だから、知っている方に会うとほっとするのです。

 

といって、知り合いばかりになると

私は家事をほったらかして、毎晩飲み歩きたくなるのがミエミエで

それを考えると、今ぐらいでちょうどよいのかもしれません。

 

以前の職場近くには、大手居酒屋チェーンの本社ビルがあり、

何度も何度もそのビルに吸い込まれて

『30分一本勝負』のはずが3時間になったりも・・・。(^^ゞ

 

そんなことをふと思い出して、こみあげる笑いをこらえながら帰宅しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

都会に泊まろう

日曜から1泊で、いわき市から高校生の甥と

その同級生の男の子が遊びに来ました。

 

若いお客様に快適に過ごしてもらうには・・・と考え始めると、

押入れにしまいっぱなしだったフトンを干さなければ!

お風呂の備品に水あかが!

高校生って何をどのぐらい食べて何を飲むの?

あれこれあれこれ思い浮かびます。

 

晴れの日をねらってフトンを2回干し、

ホームセンターに車を走らせ、お風呂の手桶などを新調したり、

いつもの3倍の量、食材を買い込んだり、

ちょっと楽しいドタバタとなりました。

 

Img_6338いらっしゃいませ!

タオル3枚セットで

ございます~

 

 

 

 

Img_6340

泊まる部屋には

重曹に

ラベンダーの精油を

 

 

 

夕食は、手作りつくね鍋をつつきながら、

厚切りになってしまったニンジンを見つけてキャーキャー言ったと思えば、

真面目に進路のことを質問したり・・・。(^^)

 

大量にあったはずのつくねはなくなり、

見ただけで倒れそうな量の雑炊も見事完食。

さらに、いちごやチョコレートなど、食べる食べる・・・。

 

Img_6348ミッフィーグラスで

水やお茶を

飲んでいました

 

 

 

 

イマドキの高校生たち、朝からおしゃれに余念がなく、

朝食のヨーグルトをペロリと平らげ、2人で秋葉原へと出かけました。

今頃、いわきに戻るバスで夢の中でしょうか。

 

若いお客様のおかげで、家も少しきれいになり(^^ゞ

こちらも家族が増えたひとときをしっかり楽しませてもらいました。

また遊びにおいでね~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

朝食レポート 2009年3月上旬~3月中旬分

近況報告を兼ねて、3月の朝食レポート2週間分をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●3/2(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

久しぶりの快晴!朝食後に洗濯を干して出かけました。

Img_6243  

 

 

 

 

 

・さんまの干物、菜の花*
・昆布としいたけのたいたん*
・ご飯
・豆腐、ねぎのみそ汁
・みかん、ヨーグルト
・深蒸し煎茶「祭」

昆布としいたけを佃煮風に調理。しょうゆと酢でじっくり煮込みます。

小さいお皿に少量ずつのせて食べようかと思っています。

菜の花はさんまをすっきりさせてよい感じでした♪

 

●3/3(火)

しごと。ひなまつりに雪が降るという予報。

Img_6253 

 

 

 

 

 

・ちらしずし*
・はんぺんみそ汁
・みかん
・宇治やぶきた茶

初めてちらしずしを作りました。

トッピング素材と酢飯は前日のうちに調理。

具は、帆立・甘海老の刺身、薄焼き玉子、れんこん酢。

酢飯の中には、刻みれんこんと菜の花を混ぜました。

Img_6251せっかくなので

アップでもう一度 

 

 

 

 

はんぺん汁は、鎌倉の井上蒲鉾店のはんぺんとヒガシマルのうどんスープで。

どちらもようこ父から素材提供。

Img_6255 

 

 

 

 

 

色と形から、サンリオのキキララを思い出しました。

  

●3/4(水)

しごと。雪が降ると言われていたけれど、雨でした。

Img_6259 

 

 

 

 

 

・昆布としいたけのたいたん
・冷奴、じゃことねぎのごま油炒めのせ
・れんこん酢
・ご飯
・はまぐりと菜の花の吸い物
・みかん、ヨーグルト
・深蒸し煎茶「祭」

ちらし寿司の具の残りをおかずにしました。

吸い物に菜の花を入れると、色合いが明るくなります。

 

●3/5(木)

しごと。

Img_6261 

 

 

 

 

 

・なめことねぎのうどん、菜の花少量のせ
・冷奴、自家製昆布の佃煮のせ
・ミニトマト
・れんこん酢
・深蒸し煎茶「祭」

前日の夜、あまりにも遅い夕食だったため、

Gute Reiseの家主さんからの贈り物、小酔うどんをゆでました。

なめことよく合って、おいしかったです。

 

翌日から、京都1泊2日旅行です。

冷蔵庫の中を整理して出かけました。

  

●3/9(月)

旅行の余韻にひたりたいところですが、

スイッチを日常に戻さなければなりません。

 

すっかり忘れていたダスキン交換の準備をしてから、ドイツ語教室へ。

ランチはクラスメートたちとパスタ。楽しかった~。

Img_6327

 

 

 

 

 

 

・肉じゃが(牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、アスパラガス)
・ご飯
・えんどう、豆腐、ねぎのみそ汁
・りんご*
・宇治やぶきた茶

生協のしいたけとアスパラガスを使い、前日のうちに肉じゃがを作りました。

  

●3/10(火)

しごと。

Img_6331 

 

 

 

 

 

・真鯛の昆布〆め
・里芋の煮ころがし、さやえんどうのせ
・ゆでそら豆
・ご飯
・深蒸し煎茶「祭」

ドイツ語教室の帰りにデパ地下で真鯛を買い、昆布で包んで一晩おきました。

この日の夜食べたら、もっと身がしまっていておいしかったです。

里芋とさやえんどうの食感は合わなかったので、別に食べたほうがよいかと・・・。

少しずつ、春の味覚がやってきています。

 

●3/11(水)

しごと。

Img_6336 

 

 

 

 

 

・豚肉の叙々苑のタレ焼き、玉ねぎ、ミニトマト添え
・里芋の煮ころがし
・ご飯
・そら豆、しいたけ、玉ねぎの鶏スープ
・りんご、ヨーグルト
・深蒸し煎茶「祭」

ようこ夫がモクモクと食べているので、体調不良かと思ったら

『きょうのわんこ』(テレビの1コーナー。飼い犬のかわいい習性を放映)のために

急いで食べただけだったらしい。

満面の笑みで、わんこの様子を見ていました。

紛らわしい・・・。(^^ゞ

 

●3/12(木)

しごとは休み。

12日午前1時に夕食だったため、

朝食は赤坂bizタワーで買ったレーズンパンとりんごジュースを各自で。

 

ところで、運動を始めて一年経ちました。

運動後のスッキリ感が気に入り、ぼちぼちと続けています。

さらに風邪をひきにくくなり、心身ともに過ごしやすくなった気がします。

これからも運動と朝食をセットで続けてみようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

京都ひとり旅☆2日目その4(京都駅)

新幹線発車まで20分あまりしかないタイミングで

地下鉄の京都駅に到着。

 

頭の中は

八ツ橋よーじやロッカー

の3つがグルグルと回ります。

 

地下鉄と新幹線の改札は少々遠く、あたふたとしていると

八ツ橋の売店がありました。

30秒あれば、自宅用のお土産を買うことはできるだろう、と棚に近づくと・・・。

 

カップルの外国人観光客が、八ツ橋のサンプルを持って考え込んでいます。

 

気になってチラチラ見ていると、いきなり日本語

「すみません・・・」

と男性に話しかけられました。

 

日本語だったのでとても驚き、「は、はい!」と返事すると

その人は、4種類の八ツ橋が入ったサンプルを示し、

何味かを書いてある日本語が読めないので教えてほしい、という様子です。

 

この時点でよーじやをあきらめ、八ツ橋の解説者になることにしました。

 

その1:ピンク

「strawberry?」

「no. cherry blossom、サクラ

 

その2:緑

「tea?」

「yes. green tea、まっちゃ

 

その3:黒

「chocolate?」

「no! sesame、black sesame、ゴマ

 

その4:ニッキ

「????」

ううむ、これは普通の八ツ橋の味なのだが、そもそもニッキって何?

困った・・・。

 

しかし、カプチーノにかけるシナモンに味が似ているかも!とひらめき、

合っているかどうか自信がなかったのですが

「mm...,cinnamon!」

と答えると、日本語堪能な観光客は深くうなずいていました。

 

そして、よーじやをあきらめた私に対し、

「英語、上手ですね」

と、上手な日本語で謝辞を述べ、

私は、ビッテ シェーン(ドイツ語で”どういたしまして”)

と言いそうになるのを飲み込み、

英語で「You are welcome.」と答えるのが精一杯でした。

 

ハッと我に返り、生八ツ橋と固い八ツ橋をつかんでレジに行くと

そのカップルが4種類入りの八ツ橋を買っていて

心がホカホカしました。(^-^)

 

コインロッカーへ急ぎ、新幹線の改札を通過したのは発車5分前

この写真は、新幹線に乗る直前、名残惜しくなって

とっさに携帯で撮影したものです。

Station

 

 

 

 

 

 

短い滞在でしたが、いくつもの非日常な体験をすることができました。

またいつか訪れる日まで、会話力を磨きたいという目標も見つかり、

とても有意義な旅となりました。

 

さてさて、旅の日記はこれにておしまい。

長々とした旅行記にお付き合いくださった皆様、

本当にありがとうございました。(^^)

 

☆後から確認すると、固い八ツ橋に、CINNAMON COOKIES と書いてありました。
 一応、正解だったということでしょうかねぇ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

京都ひとり旅☆2日目その3(バス停)

龍安寺で湯どうふを食べ、そろそろ京都駅に戻って

お土産を買った方がよさそうな時間となりました。

八ツ橋とよーじやのあぶらとり紙は買って帰りたいなぁ。

 

龍安寺近くから、三条京阪行きの市バス

京都駅行きのJRバスに乗ることができます。

バス停を探していたら、市バスがスーッと行ってしまいました。

 

これがドタバタの始まりです。

 

すぐ次のバスが来るだろうと思って待っていたら

人は来るが、バスは来ない。

 

ヒマを持て余したフレンドリーな外国人ご夫婦が、

バス料金の払い方を近くの人に英語で聞いているようでした。

後払いだから?、「アフター」と答えるのが聞こえてきて・・・。(^^ゞ

 

私もクリアな英語で話しかけられたので

「どちらの国から来たのですか?」

などと、英語で質問してみました。

 

ドイツ語会話歴3年の私、日本語から直接英語に訳せなくなり、

日→(脳内変換:独→)英 で話し、英→日 で聞くと

一応会話が成立することが分かりました。

 

チリ出身でアリゾナに住んでいるとのことで

ようこ父伝授の”地名並べ立て会話”を開始っ。

 

「日本では、チリワインが有名です」

「私は(アリゾナ州の)グランドキャニオンに行ったことがあります」

「私は(お隣、ネバダ州の)ラスベガスにも行ったことがあります」

全然もうからないで、払っただけ、といった話をしました。

 

バス料金のことも気にしているようで、

「あなたがバスを降りるときに、箱の中に220円を入れます」

と説明。

 

ドイツ語に慣れると、英語で数字がさっと出てこなくなり、

一生懸命考えて(ツヴァイフンデルトツヴァンツィッヒ じゃなくて)

「トゥーハンドレッド トゥウェンティ YEN!」

と自信を持って言うと、その方たちは不安そうに

手のひらにのせた小銭を数え始めます。

 

ん?

228円を探している?

ナゼ?

 

もしかすると・・・、YEN=エイト って聞こえた?

 

責任を感じ、私が小銭の中から220円を選び出し

「for one person」

と訂正。

 

そんなやり取りをしても、まだバスは来ないので

そのご夫婦は、しびれを切らして

「タクシーで行くわね~」

と笑顔で去っていきました。

 

その後、わりとすぐにバスが来て、整理券を取って乗ろうとすると

「このバスはJRバスです。市バスではありません」

というアナウンス。

 

せこいようだが、一日乗車券が使えないことに気づいて

恥をしのんで、整理券とともにすぐに降車

結局、さらにしばらく待って、市バスに乗り込みました。

 

隣のバス停、立命館大学のあたりにはバスがたくさん。

ひょえーーー、ここまで歩けばよかったかも~。

もう少し行った金閣寺のあたりで、新幹線発車1時間前となりました。

 

バスの中では、車窓を楽しむよりも、穴があくほど地図を見て

京都駅まで最短のルートを探した結果、

烏丸今出川でバスを降り、地下鉄に乗り換えることにしました。

 

やっと京都駅に着いたときには発車まで20分少々。

しかし、お土産購入とコインロッカーからの荷物のピックアップが待っています。

大丈夫か!?

 

<<ようこのちゃんこ風旅日記、次回最終回>>

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺)

仁和寺の次の目的地は、徒歩10分ほどの龍安寺です。

しかし、歩きながらガイドブックのモデルコースを確認すると

龍安寺→仁和寺 となっていて、たしかに逆方向の人しか見かけません。

 

テクテクテクテク。

ははぁ、なるほど。上り坂なのか・・・。

 

細い道を通ってたどりついた石庭はこちら。

Img_6301_2工事中

 

 

 

 

 

Img_63052_2光と影

 

 

 

 

 

私が行ったときには、外国人観光客が多かったです。

 

Img_6309つくばい

 

 

 

 

 

中央の”□”を共通に読んで、吾、唯、足、知 と読めますね。

工事中でしたが、風流な感じがしました。

 

Img_63102

梅???

外国人を中心に

多くの人が撮影

 

 

 

 

さて、ひとり旅だと食事をどうするか・・・と迷ってしまいます。

私は敷地内の精進料理の店に興味をひかれ、入ってみることにしました。

Img_63172

 

 

 

 

 

 

 

を眺めながら食事できます。

Img_6313

湯どうふを注文

 

 

 

 

 

Img_6314  

 

 

 

 

 

 

もっとゆっくりしたいところですが、だんだん新幹線の時間が近づいてきます。

これからの旅行記は、あせりまくる話が続きますよ~。(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

京都ひとり旅☆2日目その1(仁和寺)

旅行2日目。

16時過ぎの新幹線で東京に戻るため、それまでゆったり観光です。

 

小銭を気にしなくてよい、京都観光一日乗車券で周りまーす。

JR東海の『京の遊々きっぷ』についています。

Img_6333_2  

 

 

 

 

ホテルから一旦京都駅に行って荷物を預け、

車窓を楽しめるバスを利用して御室の仁和寺に向かいました。

京都通のお友達オススメの場所なのです。(^^)v

 

Img_6280

旅してる感じ♪

 

 

 

 

 

 

Img_6283_2

南庭

 

 

 

 

 

 

Img_62842きれいな線

 

 

 

 

 

 

Img_62852北庭

 

 

 

 

 

 

 

目の前にこの庭が登場すると、うわーという歓声が起きました。

色合いから、フランスにある”モネの家”の池を連想しました。

 

Img_62902

縁側のようなところに

座って眺められます

 

 

 

 

 

Img_6294_2

中門

空もきれい

 

 

 

 

 

この奥の金堂(国宝)が特別公開になっていたのですが

猫に小判な私、少々混んでいたので見学しないで引き返してしまいました・・・。

 

Img_62982五重塔

 

 

 

 

 

 

 

 

金堂は見学しそびれましたが、静かな雰囲気がとてもよくて

しばし、ゆとりの空間を楽しむ京都の昼下がりとなりました。(^-^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

京都ひとり旅☆1日目その2(祇園)

宿でくつろぎながら、地元のテレビを見るのもまた楽しみです。

夕方、あれこれチャンネルを変えていたら、

毎日放送の『ちちんぷいぷい』というバラエティ情報番組になりました。

濃いぃタイトルですねぇ。

 

「みなさま、素敵なゲストがスタジオに生出演です!」

という司会の声とともに、我らが成宮くん&水嶋ヒロ登場~。

どうやら大阪のスタジオから映画の宣伝のために出演しているようで、

スタジオ内のコメンテーターたちが騒然とする様子に目がクギ付けに。

 

成宮くんよりも、東京にはないスタジオのどよめきぶりが面白すぎて

とうとう最後まで見てしまいました。(^^ゞ

 

夜は、祇園にお出かけ。

お店は地元の方のナビつきです。

Img_6278 

 

 

 

 

 

 

茶色っぽい木の建物が並ぶ街並みは、映画のセットの中を歩いているようでした。

着物姿の舞妓さん、芸妓さんも見かけました。

Img_6279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の入口も中も、まるで家のよう。

静かに上質な牛肉を味わいました。

 

祇園の近く、先斗(ぽんと)町という細い通りを歩き、

寄り道したお店で、うさぎさんの器をお土産に。(^^)

Img_63212

旅先では

かわいい

ラッピングも

いいものです

 

 

Img_6322

左が小さく見えますが

同じ大きさの器

朝食に使おう。

 

 

 

祇園も先斗町も、見るもの聞くもの初めてで

古都の情緒ある華やかさが伝わってきました。

 

翌日は青空が広がりそうなので、お庭見学予定です。

おやすみなさい~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

京都ひとり旅☆1日目その1(三十三間堂)

少しだけ主婦業をお休みし、金土で京都一泊ひとり旅をしてきました。

 

学生の頃から一人旅が好きで、北海道や信州によく行きましたが

結婚してからは、なかなかそういうわけにもいかず、

かなり久しぶりに、”年休”をもらったのでした。

 

午前中ののぞみに乗ると、三島のあたりで景色がゆらゆらし始め、爆睡~

 

寝る前に食べた駅弁Img_6265

 

 

 

 

 

 

京都駅に着くと、駅がすごく大きくなっていました。

コインロッカーに荷物を預けて、のんびり観光開始。(^v^)

 

まず、バスに乗って三十三間堂に向かいました。

旅先のバスで、いつお金を払うのかが分かるまではドキドキです。

均一料金で後払いでした。

 

ここは、横に長いスペースに、少しずつ表情や体型が異なる

たくさんの観音立像が並んでいるのが有名です。

Img_6270

この中に

像がいます

 

 

 

 

 

私は多くの観音立像の前にいる、国宝観音二十八部衆像に興味をもちました。

それぞれ特徴的な姿をしていて、日本風ではなくインド風

各像についてのインド起源の由来が書かれたパネルを速読していたら、

音楽の神様、緊那羅像もいました。

 

横に長くて、像を一度に見ることはできませんが

その場所に立ち込めるサンダルウッド(白檀)のような香りが心地よかったです。

 

Img_6275_2

三十三間堂の

短い辺

でも、かなり大きい!

 

 

 

 

Img_62662

庭には

池もありました

 

 

 

 

 

てくてく歩きながら普段着の街並みを楽しみつつ、京都駅に到着。

コインロッカーから荷物を出し、地下鉄に乗ってホテルにチェックインしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

いくらのお弁当を買うか?

今日は仕事。

昼休みに、近いけれどあまり行かないエリアを歩いていると

行列のできているお弁当屋さんがありました。

 

お客さんを見ると、寒そうに腕を組みながら談笑するおじさんグループ、

制服にカーディガンを羽織ったOL3人組、

携帯から目を離さない女性おひとりさま。

幅広い支持を得ている感じがしたので、私も並んでみました。

 

肉や魚のメイン4種類(すべて同じ値段)のうちから1つを選ぶ形式らしく、

チキン南蛮で即決!

(材料費の関係で、チキンがボリューム大のため、

お弁当=チキン系 を選ぶ率高し)

 

みそ汁をつけてもらって750円でした。

たしかに、栄養バランスも味付けのバラエティもよかったし、

お弁当にしては薄味で、後からノドが渇くこともありませんでした。

また買ってみよう。

 

今までは別方面に少し歩き、500円のから揚げ弁当を買う機会が多かったのですが

ある日突然、ご飯がべちょっとするようになり、

3回買っても変わらなかったので、足が遠のいてしまいました。

 

他にも、ご飯にこだわった300円台、500円台がコンビニに、

車の後ろを開けて販売する600円台もあったりします。

興味はあるが、一度に何食も食べられないので迷ってしまいます。(^^ゞ

 

仕事のある日の大いなる楽しみ、昼食。

さて、明日は何にしようかな~。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

おひなさま

月曜日はドイツ語教室経由、病院でのピアノ演奏でした。

いつも季節感にあふれた飾り付けがされているので

今回は、おひなさまを楽しみに出かけました。

 

ピアノのある部屋には、少し色がさめていましたが、

立派な七段飾りがありました。

子供の頃に和室に飾られた人形たちを思い出しながら、

しばし、じーーーーっ。

 

私は特に、下の段の方にある家財道具みたいなものが好きで

(箱から出して置くだけでよい)

今更ながら、ミニチュアなところも気に入っていたことが分かり、

一人でクスクス笑いたくなりました。

 

そして、『うれしいひな祭り』ほか、一時間ほどBGM的に演奏。

 

そんな我が家には小さなひな人形があります。

Img_6245

遠すぎ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だーいぶ前、このブログでもご紹介したミッフィーたちです。

Img_6247 

 

 

 

 

 

 

毎年玄関に置いていましたが、今年は暖かいリビングに移動です。

つるっとしてかわいいんですよ。(^v^)

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

楽ぴー、ひとまず最終回

木場のお店にて隔月開催されていた

三遊亭遊史郎師匠の落語とピアノの夕べ、楽ぴー

お店のMasterの落語好きから始まり、お客様も含めて皆で育ててきたイベントです。

 

しかし、残念ながら、2月28日(土)の楽ぴーをもってお店が閉店することになり、

突然の最終回となってしまいました。

事前のご連絡が間に合わなかった皆様、申し訳ありませんでした。

 

冒頭で最後となることをお伝えし、客席の驚きをひしひしと感じつつ、

冬の曲や携帯電話のCM曲『愛の夢 第三番 ポピュラーアレンジ』を演奏。

 

落語の前に演奏するコラボ曲は

『シューベルトの子守歌』と『ブラームスの子守歌』にしました。

眠るシーンが出てくる落語なのです。

 

その一席目の落語『夢の酒』は、夫の夢の話にヤキモチを焼いた妻が

夫の父親に頼んで、もう一度その夢に入り、小言を言いにいってもらうのだが・・・。

酒飲みの父親の葛藤が面白い噺です。

 

休憩をはさみ、『うれしいひな祭り』で始まる第二部は、

落語『愛宕山』(京都の山)にちなみ、

「そうだ、京都 行こう」の『My Favorite Things』~『すべての山にのぼれ』

をコラボ曲としました。

どちらも、映画”サウンド・オブ・ミュージック”の曲です。

 

『愛宕山』は、のぼるのが困難な山を舞台に

山登りやかわらけ投げのくだりなど、歌あり、大きな動きありで

盛りだくさんの大熱演。

 

本編最後、遊史郎師匠と私から、お客様とお店に感謝をこめて

『想い出のアルバム』を演奏して会をしめくくりました。

 

終演後は、恒例の打ち上げ。

Wine最終回乾杯のフレシネ

番号札は

伝票とリンクするため

出演:常連さん

 

 

Atagohanami

愛宕花見御膳

ちらし寿司のおにぎりなど 

 

 

 

 

最初はお互い知り合いでなくても、落語の後に話をするうち、

顔見知りが増え、回を重ねるごとにアットホームな雰囲気になっていました。

 

ひとまず最終回になってしまいましたが、

続けたいという気持ちがあれば、またできると思っています。

その日まで、寄席に行ったり、コンサートに行ったりして充電するつもりです。

 

最後になりましたが、会が始まった当初からご来場くださったたくさんの皆様、

本当にありがとうございました。

またいつかお会いいたしましょう。

 

【お願い】
いきなりで恐縮ですが、飲食できて、落語や音楽に興味をもっているお店で、
電子ピアノ(クラビノーバ等) ×キーボード不可 があるような場所があればご一報くださいませ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »