« 京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その4(京都駅) »

2009年3月12日 (木)

京都ひとり旅☆2日目その3(バス停)

龍安寺で湯どうふを食べ、そろそろ京都駅に戻って

お土産を買った方がよさそうな時間となりました。

八ツ橋とよーじやのあぶらとり紙は買って帰りたいなぁ。

 

龍安寺近くから、三条京阪行きの市バス

京都駅行きのJRバスに乗ることができます。

バス停を探していたら、市バスがスーッと行ってしまいました。

 

これがドタバタの始まりです。

 

すぐ次のバスが来るだろうと思って待っていたら

人は来るが、バスは来ない。

 

ヒマを持て余したフレンドリーな外国人ご夫婦が、

バス料金の払い方を近くの人に英語で聞いているようでした。

後払いだから?、「アフター」と答えるのが聞こえてきて・・・。(^^ゞ

 

私もクリアな英語で話しかけられたので

「どちらの国から来たのですか?」

などと、英語で質問してみました。

 

ドイツ語会話歴3年の私、日本語から直接英語に訳せなくなり、

日→(脳内変換:独→)英 で話し、英→日 で聞くと

一応会話が成立することが分かりました。

 

チリ出身でアリゾナに住んでいるとのことで

ようこ父伝授の”地名並べ立て会話”を開始っ。

 

「日本では、チリワインが有名です」

「私は(アリゾナ州の)グランドキャニオンに行ったことがあります」

「私は(お隣、ネバダ州の)ラスベガスにも行ったことがあります」

全然もうからないで、払っただけ、といった話をしました。

 

バス料金のことも気にしているようで、

「あなたがバスを降りるときに、箱の中に220円を入れます」

と説明。

 

ドイツ語に慣れると、英語で数字がさっと出てこなくなり、

一生懸命考えて(ツヴァイフンデルトツヴァンツィッヒ じゃなくて)

「トゥーハンドレッド トゥウェンティ YEN!」

と自信を持って言うと、その方たちは不安そうに

手のひらにのせた小銭を数え始めます。

 

ん?

228円を探している?

ナゼ?

 

もしかすると・・・、YEN=エイト って聞こえた?

 

責任を感じ、私が小銭の中から220円を選び出し

「for one person」

と訂正。

 

そんなやり取りをしても、まだバスは来ないので

そのご夫婦は、しびれを切らして

「タクシーで行くわね~」

と笑顔で去っていきました。

 

その後、わりとすぐにバスが来て、整理券を取って乗ろうとすると

「このバスはJRバスです。市バスではありません」

というアナウンス。

 

せこいようだが、一日乗車券が使えないことに気づいて

恥をしのんで、整理券とともにすぐに降車

結局、さらにしばらく待って、市バスに乗り込みました。

 

隣のバス停、立命館大学のあたりにはバスがたくさん。

ひょえーーー、ここまで歩けばよかったかも~。

もう少し行った金閣寺のあたりで、新幹線発車1時間前となりました。

 

バスの中では、車窓を楽しむよりも、穴があくほど地図を見て

京都駅まで最短のルートを探した結果、

烏丸今出川でバスを降り、地下鉄に乗り換えることにしました。

 

やっと京都駅に着いたときには発車まで20分少々。

しかし、お土産購入とコインロッカーからの荷物のピックアップが待っています。

大丈夫か!?

 

<<ようこのちゃんこ風旅日記、次回最終回>>

|

« 京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その4(京都駅) »

コメント

旅先での色々な方との出会いは
良い思い出になりますね。
特に外国の方との触れ合いは
挨拶一つにしても心に残ります。

バスの一件は、ニューカレドニアでフランス語がわからなくて
何台来ても方向が違うと乗せてもらえなかった
苦い思い出がよみがえりました。


ようこさんの旅の行く末はいかに・・・coldsweats01

投稿: hiro | 2009年3月13日 (金) 08:28

ドイツ語変換が当り前になっちゃってるようですね。
でもちゃんと英語でもそこまで会話できるのにオドロキです。
そろそろサビついてきて、基礎的な会話もおぼつかない私には
ようこさんの会話の度胸も尊敬もの!!
やっぱり実践編が日常に存在しないととてもじゃないけど
すぐ忘れてしまうのです。
ドタバタあたふたの隙間に外国人との会話。
ずーっと記憶に残ることでしょう。読んでると楽しいですよ!

投稿: lilac | 2009年3月13日 (金) 09:03

京都ひとり旅あこがれです(方向オンチなので、なかなかひとり旅ができない)。特に乗り物に乗るときは緊張しますね。

でも、ようこさんはどんなときもクリアして楽しんでしまうので見習いたいと思います。

場所は違いますが、久しぶりに旅に出ました。旅の時期が似ているのでまたまた驚いています。

投稿: Gute Reiseの家主 | 2009年3月13日 (金) 11:22

>hiroさん
そうですね、挨拶が通じただけでもうれしい旅先での交流。
最終回にもう一つのエピソードを書きました。pencil

ニューカレドニアでそういう出来事に遭遇したのだったら
さぞかし不安になったことでしょう・・・。
バスは風景も楽しめるし、地下に降りなくてもよく、とても便利なのですが
国内でも路線や乗り方を理解するのに毎回困ります。
言葉の分からない外国だとなおさらですね。

>lilacさん
楽しんで読んでいただけているようでうれしいです!

一時期、ドイツ語と英語が混乱していましたが
今回はドイツ語の先生に教わった
会話の基本(相手の顔を見る、しっかりした日本語を訳す等)を思い出して
挑戦しました。
自分も観光客な京都で、しかも一人だったからできたのかも・・・とも思います。

投稿: ようこ | 2009年3月13日 (金) 20:41

>Gute Reiseの家主さん
京都だと、「わたし、一人よ~」などとひたれていい感じでした。
道が座標のように分かりやすいのも助かります。

同じ頃、出かけられていたのですね。
焼酎大好きな私、薩摩旅行もとてもうらやましいです。shine

投稿: ようこ | 2009年3月13日 (金) 20:45

ドイツ語が先に、頭の中に思い浮かぶところに
会話歴3年の重みを感じました。すばらしい!!
ドイツ語教室の先生にも、今度、この話を
ぜひ、きかせてさしあげないとねwink
 
やっぱり、大学のあたりのほうが
バスがたくさんあるんだねぇ~。
そういえば、京都のバスは乗ったことがないわ。
あちらは、後払いなのね。

投稿: うさちゃん | 2009年3月14日 (土) 00:34

>うさちゃん
毎週、同じ教室で話をしていると、
上達しているのかどうか???な部分があるのだけれど
たまに国内の観光地で試してみるのもいいような気がしたよ。
(長時間飛行機に乗らずに行けるし:笑)

バス料金、先払いの東京に住んでいると
後払いがものすごく落ち着かなかったりして・・・。sweat01

投稿: ようこ | 2009年3月14日 (土) 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/44324765

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ひとり旅☆2日目その3(バス停):

« 京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その4(京都駅) »