« 京都ひとり旅☆2日目その1(仁和寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その3(バス停) »

2009年3月11日 (水)

京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺)

仁和寺の次の目的地は、徒歩10分ほどの龍安寺です。

しかし、歩きながらガイドブックのモデルコースを確認すると

龍安寺→仁和寺 となっていて、たしかに逆方向の人しか見かけません。

 

テクテクテクテク。

ははぁ、なるほど。上り坂なのか・・・。

 

細い道を通ってたどりついた石庭はこちら。

Img_6301_2工事中

 

 

 

 

 

Img_63052_2光と影

 

 

 

 

 

私が行ったときには、外国人観光客が多かったです。

 

Img_6309つくばい

 

 

 

 

 

中央の”□”を共通に読んで、吾、唯、足、知 と読めますね。

工事中でしたが、風流な感じがしました。

 

Img_63102

梅???

外国人を中心に

多くの人が撮影

 

 

 

 

さて、ひとり旅だと食事をどうするか・・・と迷ってしまいます。

私は敷地内の精進料理の店に興味をひかれ、入ってみることにしました。

Img_63172

 

 

 

 

 

 

 

を眺めながら食事できます。

Img_6313

湯どうふを注文

 

 

 

 

 

Img_6314  

 

 

 

 

 

 

もっとゆっくりしたいところですが、だんだん新幹線の時間が近づいてきます。

これからの旅行記は、あせりまくる話が続きますよ~。(^^ゞ

|

« 京都ひとり旅☆2日目その1(仁和寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その3(バス停) »

コメント

光と影、つくばい・・趣があって良いですね。
精霊が舞っていそうな、梅の写真は
なんだか、とても幻想的confident
お庭をながめながらいただく、湯どうふのお味は
格別だったことでしょうheart04

投稿: うさちゃん | 2009年3月11日 (水) 22:57

湯豆腐の暖簾が「かまわぬ」の手ぬぐいのお店のと似てる~と
思ったのは私ぐらいでしょうか。
このまま手ぬぐいを売ってても不思議じゃないように見えます(^^)

京都といえばお寺めぐり、という感じが多い中で
ここは植物を愛でることが堪能できそうな印象です。
四季折々に訪ねることができるとまた違った印象が残るかもしれませんね。

投稿: lilac | 2009年3月12日 (木) 10:29

>うさちゃん
石庭自体はそれほど大きいとは思わなかったのだけど
日の当たり方によって、印象が変わって面白そうでした。
幻想的な花のところは、みんなが息をのんで写真撮影。
眺めるところのある食事処は、ひとり旅にやさしい感じですね。

>lilacさん
ふむ、かまわぬのマークに似ているかも?(一番右が特に)
池もあり、植物がふんだんに生えていて
自然の中にいるなーという印象でした。
秋はどうだろう?などと思い始めると、リピートするようになるのでしょうかねぇ。

投稿: ようこ | 2009年3月12日 (木) 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/44315672

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ひとり旅☆2日目その2(龍安寺):

« 京都ひとり旅☆2日目その1(仁和寺) | トップページ | 京都ひとり旅☆2日目その3(バス停) »