« テープで十分 | トップページ | 寄り道したくなる本屋さん »

2009年2月24日 (火)

身近なドイツ語

月曜日は、いつもに増してスピード感あふれるドイツ語の授業でした。

そんな中、身近な単語が出てきたので、ご紹介しま~す。

 

☆Bach

バッハ。

あの大作曲家と同じつづりですね。

意味は、小川

音楽ファンの間では有名かもしれません。

 

☆Eisen

アイゼン。

スキーをする方ならご存知でしょうか?

私はスキーをしたことがないので、どのような物か知らないのですが・・・。

辞書の一番目には、  と出ています。

 

☆Energie

エネルー と読みます。

何だか日本語っぽい気がして、つい「エナジー」と発音してしまいました。

それは英語ですねぇ。(^^;

 

☆Angel

この単語、私はてっきり天使だと思いました。

しかし、

「待てよ、天使は少し発音が違ったような???」

と気づき、辞書を引いたら

釣竿

と書かれていました・・・。

発音は、アンゲル。

 

天使は、Engel と書いて エンゲル です。

エンゲル係数のエンゲル氏も同じです。

 

難しい文法もいいけれど、たまに面白い単語と出合うと

ニヤリとしてしまいます。

|

« テープで十分 | トップページ | 寄り道したくなる本屋さん »

コメント

今はあまり言わないけど「ルンペン」という言葉もドイツ語ですね。辞書を引くと、襤褸(ぼろ)をまとってうろつく人、浮浪者と出ています。

学生の頃、自分で適当な文章を書いてそれをドイツ語に直せという問題が出ました。そのときに、lumpenを使って例文を作った記憶があります。

投稿: ギドスパリオ | 2009年2月24日 (火) 22:33

身近ではないですけれど、ドイツ語の『Gift』は英語とは対極な意味なので、知らずにドイツ人に『Gift』を贈ってしまうと物騒な話になりますね。

投稿: Baumkuchen | 2009年2月24日 (火) 23:32

アイゼンはスキーをする人というよりは冬山に登る登山者の必需品ですね。
雪山とか氷でも靴が滑らないように靴にはめる、スパイクの爪のようなものですな。

投稿: いちぢ | 2009年2月24日 (火) 23:34

ドイツ人は
「アレスクラー」(発音が合ってるかわからないけど)って良く使うみたいですね。
ってどういう意味なんだろ???
私は
「ツアーレン ビッテ」しかわかりましぇ〜〜ん。(笑)

「お会計お願いします。」しか言わない人なんてすごいよねって大爆笑でした。

投稿: olive | 2009年2月25日 (水) 00:13

昔、「水(Wasser)をバッサーっとかける」と覚えたことがありました。
身近じゃない言葉でも語呂合わせすると、記憶にいつまでも残りますね。

投稿: lilac | 2009年2月25日 (水) 08:58

Angelって釣竿なんですね。
英語と全く違う・・・。


今更の質問ですが、何故ドイツ語を習おうと思ったのですか??

投稿: あやぱん | 2009年2月25日 (水) 20:18

>ギドスパリオさん
へぇー、ドイツ語とは知らなかったです。<Lumpen
学生時代に独作文の問題が出たりするんですね。
ちなみに、私の持っている2001年発行の辞書には
”ぼろ、布切れ”などが出ています。
時代の流れでしょうか・・・。

>Baumkuchenさん
おおこわっ。<Gift
昨年、メタミドホス騒動でよくテレビに出てきた薬品に
sehr giftig(とっても毒な)と書いてあるのを見逃しませんでした。

投稿: ようこ | 2009年2月25日 (水) 21:07

>いちぢさん
説明ありがとうございます!
滑るためのものではなかったのですね。(^^;;
検索して写真を見たら、忍者の手裏剣みたいなとげとげがありました。

>oliveさん
すごーい、耳で覚えたのですね!
"Alles klar?"と書きます。(klar=クリアな)
いろいろな場面で使われるようですが
「大丈夫?」「OK?」といった意味かと思います。(^^)

Zahlen bitte!、旅行でも使えて便利ですよね。

投稿: ようこ | 2009年2月25日 (水) 21:14

>lilacさん
あー、思いもよらなかった語呂合わせですが、覚えやすいですね。
「ミネラールヴァッサー オーネ コーレンゾイレ」で、ガスなし水が買えます。

>あやぱんさん
英語と同じつづりだと、ついスラッと読んで
意味を調べるのをサボリがちになります。

ドイツ語を習う理由はたくさんあるのですが
ピアノ(クラシック)の楽譜に書いてあるドイツ語を読みたいのと
ビールが好きなので、ドイツの居酒屋で地元の人とトーク希望、
というのが大きいかなーーー。

投稿: ようこ | 2009年2月25日 (水) 21:19

なるほどー。


ドイツ人と居酒屋でトーク、
って笑えました。


私、前世はドイツ人で説教師、
って占い師に言われた事あります・笑

投稿: あやぱん | 2009年2月27日 (金) 02:31

Angel、私も、天使だと思ったわ!!
・・と、今、書いている途中、テレビで
「エンジェルがどうのこうの~」と
言う声がきこえてきたので、めちゃめちゃ、
びっくりしました(笑)
 
ようこちゃんなら、いつかきっと居酒屋で、
楽しく、トークできるようになると思うよwink

投稿: うさちゃん | 2009年2月27日 (金) 07:43

>あやぱんさん
ほぉー、占ってもらったことがあるんですね。
教えを説くとなると、すごく勉強しないといけなそうな前世ですね。(^^;

>うさちゃん
そのまま Angel と書いてあると、
ドイツ語の読みの法則もどこかにふっとびます。(笑)
(アラビア数字もそこだけつい日本語で読みたくなる)

ありがとう。<居酒屋トーク
今ドイツに行ったらこのぐらい話せるかな?と思いながら
会話を勉強しています。がんばるね~。

投稿: ようこ | 2009年2月27日 (金) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/44164108

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なドイツ語:

« テープで十分 | トップページ | 寄り道したくなる本屋さん »