« UNTITLEDのバッグ | トップページ | リンゴの歌2曲 »

2009年1月23日 (金)

ワークシェアリングについて

今朝、派遣会社から電話がかかってきて

来月のシフトの確認がありました。

契約終了が続出する中、ありがたや~ありがたや~、と

こちらもずいぶん謙虚になっている気がします。

 

私の仕事は、最近脚光を浴びている”ワークシェアリング”の一種で

一週間を2人で分け合っています。

私は扶養枠の関係で週3日程度の収入が限界なので

こういう仕事を見つけることができて、本当によかったです。

 

ワークシェアリングをうまく実現するのは難しい面もあって

派遣先(派遣社員が実際に仕事をする会社)が、

日ごとに仕事が完結するよう配慮しないといけません。

 

また、シェアする方との相性みたいなものもあって

「やたらに休む」、「連絡事項がもれる」、「仕事の質がかけ離れている」

といったことで、うまくいかなくなる場合もあります。

 

おそらく、何でもかんでもメールでやりとりする文化の中では

業務が完結しづらく、この勤務形態は難しいと思います。

 

今の仕事を2年近く続けていますが、

実は、ずっと仕事をシェアしている方とは一度もお会いしたことがありません。

 

しかし、連絡事項を伝える几帳面に並んだ文字と、

いつも部屋を整然とさせて帰宅している様子から

その人柄や仕事ぶりがうかがえるというのも面白いです。

 

雇用の騒動を聞くにつけ、また言葉だけが先行しないように

ワークシェアリングに適した業務とは何か、

会社と働く人の考え方はそろっているか、など

事前にもっと考えるべきではないか、と思うのでした。

|

« UNTITLEDのバッグ | トップページ | リンゴの歌2曲 »

コメント

本当の意味でのワークシェアリング(仕事が少なくて生活するために働き口を分け合う→雇用機会を増やす)は外国でかなり前から一般的なようですね。

さて文化が異なる日本ではどうでしょう?定着するのかどうかは景気しだいです。

投稿: ギドスパリオ | 2009年1月23日 (金) 12:57

>ギドスパリオさん
ワークシェアリングについては、今のところ経験ベースのことしか言えませんが
世界の動向などを調べてみると、いろいろ発見がありそうです。

日本で実施しようとする場合、もっと時間の意識を高くする等の
マネジメントの考え方を変える必要があるかもしれませんね。

投稿: ようこ | 2009年1月23日 (金) 21:59

ワークシェアリングの問題点としては…
特殊な業務に関しては、なかなか通用しない
…と言うところでしょうか?

自分の所属している半導体関連に関してだと、
それなりの基礎知識を持っていることが前提で、
そこからやっと「教育」出来る…てところなのが難しいところ。

と、教育係を務めているヲバラはそう思っていたりします。


今年もなにとぞよろしゅう。。。

投稿: ヲバラ | 2009年1月23日 (金) 23:09

>ヲバラさん
こちらこそ、昨年はいろいろありがとうございました。
今年もどうぞよろしく~~。

引継ぎ事項があまりにも多いと、同じ人がやった方がよいという話になるかなーと。
週休4日でよいと上が覚悟できれば、育成の要素があっても
できなくはないと思いますが、日本の文化だとどうでしょうねぇ?

投稿: ようこ | 2009年1月24日 (土) 15:39

ようこさんのように
「ワークシェアリング」を
利用して働いている人はいいけど、
今日私が仕事で行った会社は
(自動車の大手部品工場ですが)
今年になってから
自動車産業の不況の影響で
毎週金曜日はラインを止めて
派遣社員を休ませています。
おそらく1週間に5日働いていたのが
1週間の労働が4日になったため
賃金も2割カットされているのではないかと思います。
また、その影響で
給食弁当屋さんも
売り上げが2割減ったそうです。
そのうち、みんな弁当も持参になるのではないかと
給食弁当屋さんは嘆いていました。
給食弁当屋さんの売り上げが減れば
当然、給食弁当屋さんへ
食材を卸している業者へも影響が行き・・・
ますます、日本全体の景気が悪くなるのではないかと
感じました。
連鎖反応って怖いですね。

私も今現在行っている工事が
景気が悪くなったから途中でキャンセルにならないかと
心配です。
一応契約書は交わしてあるのですが。

投稿: 支配人 | 2009年1月24日 (土) 19:13

>支配人さん
給食弁当屋さんの嘆きを親身に聞く
支配人さんの姿が目に浮かびます。

周辺にいる人数に影響を受ける飲食関係は
たしかに打撃を受けやすい業種でしょうね。

こう景気が悪いと、支配人さんまでもが
仕事のキャンセルを心配してしまうのですか・・・。
私の仕事があるのも、製品を買ってくださる方があってのこと、とは
いつも思っています。

投稿: ようこ | 2009年1月25日 (日) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/43828502

この記事へのトラックバック一覧です: ワークシェアリングについて:

« UNTITLEDのバッグ | トップページ | リンゴの歌2曲 »