« 朝食レポート 2008年10月中旬~下旬分 | トップページ | パリで紹介された東京のレストランへ »

2008年11月 6日 (木)

よくカラオケに行ったあの頃

あの大ヒットメーカーが詐欺容疑で逮捕、という残念なニュースを聞き、

全盛期の頃を久しぶりに思い出してみました。

 

ヒット曲がたくさん出たのが、ちょうど私が社会に出てから

結婚するまでの数年間だったようです。

 

自由に使える少しばかりのお金と、夢と希望に満ちあふれたあの頃、

食事の支度の心配もなく、毎日のように先輩方と

飲み会カラオケ なんていう生活を送っていたものです。

 

trfの『BOY MEETS GIRL』はキラキラとエネルギッシュだったし、

華原朋美の『I BELIEVE』、『Hate tell a lie』などは、

攻撃的な勢いがあって好きでしたねぇ。

このときは、「ウソをつくのは嫌い」って言っていたのに・・・。 

 

それにしても・・・。

たくさんのいい曲たちをこれから公の場で聴くのは難しくなるのでしょう。

 

そういえば、9月に飛行機の中で流れていた『ドリームラッシュ』(宮沢りえ)。

”らしい”メロディーラインが懐かしく、

声量のある人がカバーしたのを聴きたいなーと

空の上で思ったのが最後になってしまったようです。

|

« 朝食レポート 2008年10月中旬~下旬分 | トップページ | パリで紹介された東京のレストランへ »

コメント

昔は毎日のように・・・ですか

私はもう1年以上行ったことがありません。

音痴な私がカラオケを唄うようになったのは
若い人が大勢いる職場で働くようになった頃
(今から20年くらい前、名古屋勤務の頃)
だったような気がします。

女性歌手の歌のほうが唄い易く
よく、八代亜紀やピンクレディの歌を唄っていたような気がします。

もう、歳には勝てず唄うことはありませんが
やはり懐かしい思い出です。

投稿: 支配人 | 2008年11月 6日 (木) 23:35

20代のころはこちらも好きで好きで地元に来るコンサートに
行ったことがありました。
惚れ込んでいたんですよねーこの方に^^
シンセも扱う私には崇拝する対象でもあったんです///▽///;

もちろん曲も好きなのが多くて、I'm proud はよくカラオケで
歌ってたなぁ。
ようこさんもよく歌っていたのかな。
結婚前にアル以外のCDを殆ど売り払ってしまったのを
今ちょっと後悔してます。

投稿: lilac | 2008年11月 7日 (金) 09:49

>支配人さん
今や一人カラオケの私ですが、「みんなでカラオケ」というのは
活気ある職場の表れのような気がします。

ピンクレディを歌う支配人さん。どんな感じなんだろう?
でも、男性の唄ばかり歌う女性もいますから
あまり驚いてはいけませんね。(^^;

>lilacさん
そうでしたか~、こちらも好きでしたか!
コンサートにも行かれたのは、今となっては貴重な経験でしたねぇ。

『I'm proud』もたまに歌いましたよー。
他の曲よりも歌い上げる感じがやや難しい?(笑)
私もアルフィー以外のCDはほとんど手元にありません。
CDもたまってくると、それなりに場所をとるので、今は記憶のみです。sweat02

投稿: ようこ | 2008年11月 7日 (金) 14:36

いつかは破滅するだろうという予想は時々出ていましたが、ここまで来るまでにリセットする方法はなかったのかのでしょうか。
CDの発売までやめる必要はないんじゃないかと思います。
金銭感覚の崩壊は恐ろしいですね。

投稿: ギドスパリオ | 2008年11月 7日 (金) 19:18

Best Selection: 華原朋美というのを聞いていますが、
I'm Proud, Save Your Dream, たのしく たのしく やさしくね、Love IS ALL Music, Hate Tell A Lieなんかが好きですね。単なるプロデュース以上のものがあったのだろうと思います。
いつかようこさんが歌うのを聞く機会があればいいなと思います。

投稿: けいいち | 2008年11月 7日 (金) 21:48

ワタクシは上海駐在時に「ロジャム」にglobeのミニライブkaraoke
見に行ったことがあります。でも予定よりも2時間くらいclock開始が遅れ、
しかもその理由が小室が中華noodleを食べたいとか言って
待っている客をそっちのけで食事をしていて遅れたと知り、激怒sign03angry
人でギュウギュウ詰めの中、立ったままでガンガンの音楽を
聞かされながら待たされ、冗談抜きで「生き地獄」でしたcrying

その後も朋ちゃんを振った報道などから小室に対する印象が悪くなりましたdown
音楽においては天才ですが、事業家として、またこのようなファンや交友関係にも
だらしのない結果がこれではないかとも感じています。

投稿: くらげちゃん | 2008年11月 7日 (金) 23:40

>ギドスパリオさん
この転落を途中で止める方法はなかったのか?と私も思います。
週刊誌を買ってきて読みましたが、まあいろいろな人が周りにいたようで・・・。
自分に見合った金銭感覚の範囲にいるのが幸せなのかもしれません。

>けいいちくん
こうして曲名を並べてみると、懐かしさとともにその頃のことを思い出します。
”単なるプロデュース以上”というのに同感です。
歌をご披露する前に、一人カラオケで練習しておきますね。(笑)

投稿: ようこ | 2008年11月 8日 (土) 14:09

>くらげちゃん
うわわ、今回の件を予感させるような出来事を
リアルに体験されたのですね。

私は、たくさんの仕事をさばく人は一秒一秒を大切にし、
本当のお金持ちは一円を大切にするものと思っています。
そのどちらも出来なかった結果がこれだったのでしょうか。
せめてそういう点がしっかりした女性を選んでいれば・・・。

投稿: ようこ | 2008年11月 8日 (土) 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/43032210

この記事へのトラックバック一覧です: よくカラオケに行ったあの頃:

« 朝食レポート 2008年10月中旬~下旬分 | トップページ | パリで紹介された東京のレストランへ »